水木しげる

幸福の七ヶ条・・・ / 水木しげる

投稿日:

2015.12.04-Vol.0709
—————————————————————–
■先人の知恵に学ぼう!驚くほど役に立つ「名言集」■
—————————————————————–
★今日の名言★
=================================

「幸福の七ヶ条」

第一条 成功や栄誉や勝ち負けを目的に、ことを行ってはいけない。

第二条 しないではいられないことをし続けなさい。

第三条 他人との比較ではない、あくまで自分の楽しさを追及すべし。

第四条 好きの力を信じる。

第五条 才能と収入は別、努力は人を裏切ると心得よ。

第六条 怠け者になりなさい。

第七条 目に見えない世界を信じる。

              <水木しげる>

=================================

◆一口豆知識◆◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇広辞苑より◇◇◇◇

幸福(こうふく)・・・

心が満ち足りていること。また、そのさま。しあわせ。

=================================

※喫煙室(雑談コーナー)

今日の名言は、「水木サンの幸福論」より引用させて頂いた。

妖怪というマイナーな題材を生涯追い求め、漫画を通して世界的に有名
にした水木しげる氏の代表作は皆さんもご存じの「ゲゲゲの鬼太郎」で
ある。

日本の民話を元にした妖怪の少年が悪い妖怪と戦う「ゲゲゲの鬼太郎」
は、「悪魔くん」と共にTVのアニメシリーズにもなったものである。

死と破壊、そして再生が多くの作品に共通するテーマだったという。

私が子供の頃、愛読していた少年マガジン。水木しげる氏の「ゲゲゲの
鬼太郎」が連載されていたが、何故か気持ちの悪さに毛嫌いして読み飛
ばしていた記憶がある。

TVなどでも放映されて大人気になり不動の地位を築いたが、何よりも
NHKで連載された朝ドラ「ゲゲゲの女房」で私も水木夫妻の大ファンに
なってしまった。

過酷な戦争体験で片腕を失くされ、若い頃は極貧生活を余儀なくされた
体験を元に、生きることの大切さを教えてくれた水木氏。

日本にとっても本当に惜しい人を失くしたものである。

水木氏の残した有名な名言をもう2点載せておこう。

「私は片腕がなくても他人の3倍は仕事をしてきた。
 もし両腕があったら、他人の6倍は働けただろう。
 命を失うより片腕をなくしても生きている方が価値がある。」

「私が幸福だと言われるのは、
 長生きして、勲章をもらって、エラクなったからではありません。
 好きな道で60年以上も奮闘して、ついに食いきったからです。
 ノーベル賞をもらうより、そのことの方が幸せと言えるでしょう。」

——————————

2015.12.01 水木しげるの家族から皆様へ

「お父ちゃんが亡くなる」

信じられないことでした。
「100歳まではいくようだネ、いや120歳かな」と水木はいつも話してい
ました。

これからも淡々と歳を重ねていつの間にか100歳を迎える、今後もずっと
同じような日々が続いていく、と思っていました。

昨年暮れに心筋梗塞で倒れ2か月入院して、今年2月には車いすでの退院
でした。

すっかり体力が落ちたのですが、その後持ち前の強さを発揮して少しず
つ歩けるようになりました。

家から会社までの1kmの道のりを歩けるまでに回復。
食欲も戻って「何かうまいものはないの?」が口癖でした。

「最期は神様が決めることに従ったらええ」と言っていた水木。

苦しまず自然に最期を迎えられたことは良かったと思います。
家族に囲まれて穏やかに逝きました。

自宅で転倒したことがきっかけになったのはとても残念でしたが
これも神様が決めたことだったのかも知れません。

家族を一番大切に思ってくれたお父ちゃん。これからもきっと見
守っていてくれると思います。

今は、亡き戦友との再会を喜んでいるかもしれないですね。

最後になりましたが、ファンの皆様、関係者の皆様、
長い間、水木を応援していただきまして、ありがとうございました。

「水木しげるプロダクション公式サイト」<げげげ通信>より転載。

※悲しみに暮れるご家族の辛い心情が伝わってきます。
ご冥福をただただお祈りするほか言葉がありません。(宮口)

☆——————————☆

水木しげる

水木 しげる(みずき しげる、男性、1922年3月8日 – 2015年11月30日)
は、日本の漫画家。文化功労者、傷痍軍人。本名は武良 茂(むら しげ
る)。

大阪府大阪市住吉区出生、鳥取県境港市入船町出身、東京都調布市在住
。ペンネームは、紙芝居作家時代に兵庫県神戸市で経営していたアパー
ト「水木荘」から名付けた。1958年に漫画家としてデビュー。代表作の
『ゲゲゲの鬼太郎』『河童の三平』『悪魔くん』などを発表し、妖怪漫
画の第一人者となる。武蔵野美術学校(のちの武蔵野美術大学)中退。

<概要>

大阪で生まれ、鳥取県で育つ。幼少時、まかない婦として家に出入りし
ていた景山ふさ(のんのんばあ)に可愛がられ、彼女が語り聞かせた妖
怪話の強い影響を受けた。

高等小学校卒業を経て、画家を目指して大阪で働きながら学ぶ。やがて
徴兵年齢に達し、近眼であったが体躯壮健で徴兵検査は乙種合格、補充
兵役編入(現役兵ではなく補充兵のため入営はせず)。

1943年、夜間中学3年生在学時に召集され帝国陸軍の軍人(兵)となった
。太平洋戦争下のニューギニア戦線・ラバウル方面に出征、過酷な戦争
を体験。同地で爆撃を受け左腕を失う。一方で、現地民のトライ族(英
語版)とは親しくなり、ニューブリテン島に残ることも希望したが叶わ
ず、再会を約束して帰国した。

復員後、貧窮により画家になるのを諦め、生活のために始めた紙芝居作
家を経て上京。1958年、貸本漫画『ロケットマン』で貸本漫画家として
デビュー。1961年、飯塚布枝と見合い結婚。

1963年、代表作『悪魔くん』を貸本の東考社から出版したが、貸本漫画
界が下火になったことから、1964年に『ガロ』で商業誌デビュー。1965
年に『テレビくん』が講談社児童まんが賞を受賞したほか、貸本時代に
描いていた『ゲゲゲの鬼太郎』や『河童の三平』といった作品が『週刊
少年マガジン』『週刊少年サンデー』にそれぞれ掲載され、以降、妖怪
を扱った作品により人気作家となった。

1966年には『悪魔くん』が水木作品として初めてテレビドラマとして映
像化された。最大のヒット作となった『ゲゲゲの鬼太郎』は1968年より
5度TVアニメ化されている。1993年、幼少期を過ごした境港市に町おこし
として水木しげるロードが建設され、2003年には水木しげる記念館が開
館した。

長年の漫画と妖怪文化への功績が称えられ、1991年に紫綬褒章、2003年
に旭日小綬章を受章。2007年、『のんのんばあとオレ』によりフランス
・アングレーム国際漫画祭で日本人初の最優秀作品賞を受賞。また1973
年に執筆した『総員玉砕せよ!』がアングレーム国際漫画祭遺産賞、米ア
イズナー賞最優秀アジア作品賞をそれぞれ受賞している。

妖怪研究家として、世界妖怪協会会長、日本民俗学会会員、民族芸術学
会評議委員などを歴任。調布市名誉市民、東京都名誉都民。2010年に文
化功労者にも選ばれた。

2013年、『水木しげる漫画大全集』の刊行が開始される。

2015年11月11日、自邸で転倒して頭部を打撲し硬膜下血腫で緊急手術を
受け、入院治療中で、一時は回復したものの、同年11月30日午前7時18分
、多臓器不全のため入院先の東京都三鷹市の杏林大学医学部付属病院で
死去した。満93歳没。<以下略>

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

水木しげるの本
自己啓発書のベストセラー

——————————

★☆「keiko通信 from NewYork」☆★

「クリスマスツリーの点灯式」

毎年行われるロックフェラーセンターのクリスマスツリーの点灯式は19
33年から続いています。

今年の巨大ツリーはアルスター郡のノルウェートウヒ。樹齢約80年のも
ので高さはおよそ24メートル、4万5000個のLEDライトで1月7日までライ
トアップされます。

26日の感謝際パレードでは最後にクリスマスソングが歌われ、この日を
境にアメリカはクリスマス一色に変わりアメリカ人が最もお金を使うと
きです。

ラッピングしてリボンをかけプレゼントを贈る習慣。

日本や中国のようにお年玉としてお金を渡す習慣はあまりありません。

keiko

★ちょっと一言!

※皆さん、お元気ですか?
いよいよ師走に入り、何かと気忙しくなってきました。
忘年会はもうお済みになったでしょうか?
飲み過ぎ・食べ過ぎに注意して健康な毎日をお過ごし下さいね。
源太はいつも元気です♪

源太は我が家の愛犬です。

★皆さんのメールが何よりの励ましです。
出来る限り、お返事は差し上げますのでお気軽にメールして下さい。
当メルマガで掲載させていただくこともありますが、匿名希望と書いて
いただければ実名を出すことはありません。

まずは自分自身を信じ、愛することから始めよう!

■今号はいかがでしたか?
面白かった、役に立ったと思った方は是非ワンクリックをお願いします!
⇒ http://clap.mag2.com/sloulaiphu

=================================

☆お勧めの「無料レポート」大公開☆

◆先人の知恵に学ぼう!驚くほど役に立つ「名言集」part1◆
※今まで、メルマガでご紹介したvol.創刊号1~vol.50までの「名言」
を素敵な「名言集」に仕上げてレポートにしました。
⇒ http://maxim.no1wizard.com/page-34

=================================

編集後記+++++++++++++++++++++++++++++

世の中には人間の一生をも左右してしまうような、心の底から魂を揺さぶら
れるような素晴らしい金言や格言が数多くあります。
あなたも辛い時や悲しい時、何気ない一言で勇気づけられた経験はないだろ
うか?

仕事をしながらメルマガを発行しようと決意したのは、そういう名言の数々
を一人でも多くの方々に紹介したいと思ったからです。
今までの仕事だけの人生に物足りなさを感じていたということもあります。

「生きることとは自分自身を表現することである!」と言ったのは誰だった
ろう?自分自身を表現することにより、ほんの少しでも周りの人たちを幸せ
にするお手伝いが出来れば望外の幸せです。

+++++++++++++++++++++++++++++++++

ここまでお読み頂きありがとうございます。
皆さまからのご意見・ご感想をお待ちしています。

豊かで、より良き人生を共に歩んで行くことが出来ますように!

=================================
※メルマガ解除はご自身でお願い致します※
★まぐまぐ ≫ http://www.mag2.com/m/0000147942.html
★melma ≫ http://www.melma.com/mag/95/m00131695/
★ミニまぐ ≫ http://mini.mag2.com/pc/m/M0038759.html
———————————————————
-先人の知恵に学ぼう!驚くほど役に立つ「名言集」-

■発行者 ≫ 宮口栄治
■連絡先 ≫ lupin2936★yahoo.co.jp (★→@)
■H.P ≫ 先人の知恵に学ぼう!驚くほど役に立つ「名言集」
■H.P ≫ 北海道の魅力
■H.P ≫ 旭川時事英語研究会
●ウェブログ ≫ Miyaguchi Diary
———————————————————

Sponsored Links
Sponsored Links

-水木しげる
-

執筆者:

ブログをメールで購読

メルアド登録で更新をメールで受信できます

1,936人の購読者に加わりましょう

「名言集」カテゴリ