川口淳一郎 日本人の名言

机上の理論と実践が異なるように・・・ / 川口淳一郎

投稿日:2020年12月11日 更新日:

2020.12.11-Vol.0974
—————————————————————————
■先人の知恵に学ぼう!驚くほど役に立つ「名言集」■
—————————————————————————
★今日の名言★
=================================

 机上の理論と実践が異なるように、
 研究とプロジェクトは
 全くの別物であることを
 忘れてはなりません。

 研究というのは究極を追求していく
 「終わりがないもの」ですが、

 プロジェクトは全く逆で、
 期限が決められている中で
 成果が求められる
 「終わりしかないもの」です。

 研究者は完璧にやり遂げようとしますが、
 プロジェクトとして
 及第点に達しているのであれば、

 リーダーが「ここまででいい」
 と見極めて決断を下さなくてはなりません。

 つまり、「勇気ある妥協」
 が求められるのです。

              <川口淳一郎>

=================================

◆一口豆知識◆◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇広辞苑より◇◇◇◇

妥協(だきょう)・・・

対立している双方(または一方)が折れ合って一致点を見出し、事をま
とめること。おりあい。

=================================

※喫煙室(雑談コーナー)

2014年12月3日に、鹿児島県の種子島宇宙センターから打ちあげられた小
惑星探査機「はやぶさ2」は、6年もの間約50億キロメートルという膨大
な距離を航行して2020年12月6日地球に帰還した。

日本中が「JAXA」の小惑星探査機「はやぶさ2」の成功に歓喜している。

「はやぶさ2」は2019年2月と7月に「りゅうぐう」に着陸。地表や地中の
砂をカプセルに取り込んだものとみられている。月より遠い天体の物質
を地球に持ち帰ることが出来れば世界初の快挙だという。

この間、幾つもの重篤な危機を乗り越えて、地球に「玉手箱」を持ち帰
ってくれたのだ。

「りゅうぐう」の砂が含む物質を調べれば、太陽系の成り立ちや地球の
生命の由来に関する手がかりがつかめる可能性があるという。

「はやぶさ2」は、小惑星リュウグウの科学観測やサンプル採取を目的と
した探査機で、小惑星のサンプルを回収したと期待されるカプセルの周
囲は1万℃、カプセル表面も3,000℃に達する過酷な環境を乗り越えての
帰還である。

いわば、日本の最高の頭脳と技術を駆使して作られた探査機である。

「はやぶさ2」は地球にサンプルを持ち帰り、すぐに次の惑星探査に乗り
出した。次のミッションは、地球と火星の間を回る小型の小惑星1998 K
Y26に接近して探査することで、11年後の2031年7月に予定されているそ
うだ。

今日の名言は、初代「はやぶさ」のプロジェクトを率いた川口淳一郎氏
の言葉である。

氏の信条は「どんなに足下を固めても、高いところに上らなければ水平
線は見えて来ない」である。

         ☆—————————————-☆

川口淳一郎

川口 淳一郎(かわぐち じゅんいちろう、1955年9月24日 – )は、日本
の工学者(制御システム論・応用飛行力学)。学位は工学博士(東京大
学・1983年)。国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構シニアフェロー
、宇宙科学研究所宇宙飛翔工学研究系教授。

宇宙科学研究所宇宙航行システム研究系教授、宇宙科学研究所宇宙航行
システム研究系研究主幹、宇宙科学研究所深宇宙探査センターセンター
長、独立行政法人宇宙航空研究開発機構シニアフェロー、内閣官房宇宙
開発戦略本部事務局局長などを歴任した。

[概要]

青森県弘前市出身の宇宙工学者であり、特に制御システム論や応用飛行
力学といった分野を専攻している。アストロダイナミクス、軌道力学、
姿勢・軌道制御、航法・軌道決定論、惑星探査ミッション解析、システ
ム制御論などの研究に従事した。宇宙科学研究所にて助手、助教授を経
て教授に就任し、宇宙航行システム研究系の研究主幹や深宇宙探査セン
ターのセンター長など要職を歴任した。さらに、宇宙科学研究所を設置
・運営する宇宙航空研究開発機構においては、シニアフェローを務めた
。そのほか、内閣官房の宇宙開発戦略本部事務局にて局長を務めた。

[来歴]

[生い立ち]

青森県弘前市生まれ。1974年に青森県立弘前高等学校を卒業後、京都大
学工学部機械工学科に進む。京都大学卒業後に東京大学大学院工学系研
究科航空学専攻に進学した。

[研究者として]

1983年に東京大学大学院工学系研究科博士課程修了後、文部省の宇宙科
学研究所に助手として着任し、1988年の助教授就任を経て2000年に教授
に就任した。

その後、宇宙科学研究所は、文部省から文部科学省を経て宇宙航空研究
開発機構に移管された。宇宙科学研究所 (ISAS/JAXA) においては、宇宙
航行システム研究系の教授を務め、研究主幹にも就任した。また、宇宙
科学研究所の深宇宙探査センターにてセンター長も兼務した。月・惑星
探査プログラムグループ (JSPEC/JAXA) においては、月・惑星探査推進
ディレクターを務めた。2011年8月、宇宙科学研究所を設置・運営する宇
宙航空研究開発機構にて、シニアフェローとなった。

また、2012年から2014年にかけて、内閣官房の宇宙開発戦略本部事務局
にて局長を務めた。そのほか、宇宙開発委員会の専門委員や、日本学術
会議の連携委員などを務めた。

[研究・業績]

専門は工学であり、特に制御システム論や応用飛行力学といった分野の
研究を手掛けている。

宇宙科学研究所において「さきがけ」「すいせい」「ひてん」「GEOTAI
L」「のぞみ」「はやぶさ」「IKAROS」などの科学衛星ミッションに携わ
り、「はやぶさ」ではプロジェクトマネージャを務めていた。「のぞみ
」ミッションにおいて探査機の重量制限緩和の為に二重月スイングバイ
と地球パワースイングバイを併用した軌道を提案し、また、主推進器の
逆止弁の故障によってパワースイングバイを行えなかった際の救出ミッ
ションにおいて、二重地球スイングバイを考案している。また、「はや
ぶさ」ミッションにおいては電気推進の特性を生かした「EDVEGA」と呼
ばれる航法を考案した。現在はソーラーセイルを用いた惑星探査に関す
る研究を行っており、「IKAROS」ミッションは川口研究室が中心となっ
て実現した。

科学衛星ミッション以外にもロケット等の姿勢・誘導制御について研究
を行っており、「M-3SIIロケット」「HIMES」「M-Vロケット」「SS-520
ロケット」などに携わった。

2003年には、本人に因んで小惑星の一つに「川口淳」という名が与えら
れた。

学術団体としては、日本航空宇宙学会、米国航空宇宙学会 (AIAA)、計測
自動制御学会、システム制御情報学会、日本惑星科学会などに所属して
いる。

[宇宙政策・ 主張]

2011年、政府の平成24年(2012年)度予算に関する閣議決定で、宇宙関
連予算では利用に重点を置いた方針がとられたことについて、利用に徹
する姿勢から新たな技術を拓くことは期待できず、(他国から)新たな
技術開発やイノベーションが現れるのを待つだけに陥る危険があると訴
え、日本が閉塞する大きな原因の一端であると述べた。2015年に政府が
策定した宇宙基本計画で出口戦略が強調された際も、川口は、出口戦略
はセレンディピティという科学や技術の本質に逆行するもので、出口が
見えるような短期的な視点で生産性を追うだけでは、革新的な技術は生
まれないと指摘した。

[人物]

宇宙工学分野を目指したきっかけは、「アポロ計画の月探査やバイキン
グ探査機の火星探査の見事なミッションに感銘を受けたため」だと語っ
ている。趣味は「非常に遅くじっくり泳ぐこと」、信条は「どんなに足
下を固めても、高いところに上らなければ水平線は見えて来ない」であ
る。

2011年には、中山秀征、杉浦太陽、佐々木健介らと共にベスト・ファー
ザー賞を受賞した。<後略>

        フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

川口淳一郎の本
自己啓発書のベストセラー

         ☆—————————————-☆

★☆「keiko通信 from NewYork」☆★

「ロックフェラーセンターのクリスマスツリー」

2日の夜にロックフェラーセンターの巨大ツリーの点灯式がありました。

コロナの影響で今年は見物禁止、スケートリンクも使用禁止の為、光輝
いているもののポツンと寂しげにツリーは立っています。

高さ約23メートルのドイツトウヒはニューヨーク州中部から運ばれてき
ました。

5万個のLED で飾られ、最上部の星は昨年同様スワロフスキー社のクリス
タル製です。

                 Keiko

★ちょっと一言!

※皆さん、お元気ですか?「名言集」の宮口です。

旭川の基幹病院で発生した日本最大のコロナクラスターで不名誉な日本
一の汚名を受けてしまいました。感染拡大が続く旭川市では、自衛隊の
看護官ら10人が8日から支援活動を開始しています。日本では、大阪と旭
川が自衛隊に「災害派遣要請」を行いました。一日も早い収束を願わず
にはいられません。誰もが感染する可能性があります。

颯太(ふうた)は、我が家の愛犬です♪

★皆さんのメールが何よりの励ましです。
出来る限り、お返事は差し上げますのでお気軽にメールして下さい。
当メルマガで掲載させていただくこともありますが、匿名希望と書いて
いただければ実名を出すことはありません。

まずは自分自身を信じ、愛することから始めよう!

■今号はいかがでしたか?
驚くほど役に立つ「名言集」へのコメントをどうぞ!
⇒ http://clap.mag2.com/sloulaiphu/input

=================================

☆お勧めの「無料レポート」大公開☆

◆先人の知恵に学ぼう!驚くほど役に立つ「名言集」part1◆
※今まで、メルマガでご紹介したvol.創刊号1~vol.50までの「名言」
を素敵な「名言集」に仕上げてレポートにしました。
⇒ http://maxim.no1wizard.com/page-34

=================================

編集後記+++++++++++++++++++++++++++++

世の中には人間の一生をも左右してしまうような、心の底から魂を揺さぶら
れるような素晴らしい金言や格言が数多くあります。
あなたも辛い時や悲しい時、何気ない一言で勇気づけられた経験はないだろ
うか?

仕事をしながらメルマガを発行しようと決意したのは、そういう名言の数々
を一人でも多くの方々に紹介したいと思ったからです。
今までの仕事だけの人生に物足りなさを感じていたということもあります。

「生きることとは自分自身を表現することである!」と言ったのは誰だった
ろう?自分自身を表現することにより、ほんの少しでも周りの人たちを幸せ
にするお手伝いが出来れば望外の幸せです。

+++++++++++++++++++++++++++++++++

ここまでお読み頂きありがとうございます。
皆さまからのご意見・ご感想をお待ちしています。

豊かで、より良き人生を共に歩んで行くことが出来ますように!

=================================
※メルマガ解除はご自身でお願い致します※
★まぐまぐ ≫ http://www.mag2.com/m/0000147942.html
★ミニまぐ ≫ http://www.mag2.com/m/M0038759.html
———————————————————————————-
-先人の知恵に学ぼう!驚くほど役に立つ「名言集」-

■発行者 ≫ 宮口栄治
■連絡先 ≫ lupin2936★yahoo.co.jp (★→@)
■H.P ≫ 先人の知恵に学ぼう!驚くほど役に立つ「名言集」
■H.P ≫ 北海道の魅力
■H.P ≫ 旭川時事英語研究会
●ウェブログ ≫ Miyaguchi Diary
———————————————————————————-

-川口淳一郎, 日本人の名言
-, , , , ,

執筆者:

関連記事

人の命とはつくづく不思議なもの・・・ / 中村久子

2013.04.26-Vol.0572 ———————————&#8 …

何のためにあなたたちは生きているのですか・・・ / 武者小路実篤

2013.07.05-Vol.0582 ———————————&#8 …

ブタのようにおしりのよごれた子・・・ / 永井隆

2012.08.10-Vol.0534 ———————————&#8 …

人間とは弱いもの / 大西良慶

★今日の名言★ 2005.01.30 ===========================================================  人間とは弱いもの    愛とは厳しさ   …

人のやっていないことに挑戦することが大事・・・ / 安藤百福

2018.07.27-Vol.0848 ———————————&#8 …

検索

ブログをメールで購読

驚くほど役に立つ「名言集」読者登録

メルマガ登録

「名言集」カテゴリ

Adsbygoogle