日本人の名言 豊田佐吉

あきらめなければ必ず道はある・・・ / 豊田佐吉

投稿日:2020年6月26日 更新日:

2020.06.26-Vol.0950
—————————————————————————
■先人の知恵に学ぼう!驚くほど役に立つ「名言集」■
—————————————————————————
★今日の名言★
=================================

 あきらめなければ必ず道はある。必ず。

              <豊田佐吉>

=================================

◆一口豆知識◆◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇広辞苑より◇◇◇◇

遺憾千万(いかんせんばん)・・・

物事が思い通りにいかず、この上なく残念に思うこと。

=================================

※喫煙室(雑談コーナー)

発明家,実業家。静岡県の人。大工職の家に生まれる。当時の手織機の
改良に熱中し,人力織機,次いで木製動力織機を発明した(1897年)。
1924年には自動織機を完成,これを製造する豊田自動織機製作所(現豊
田自動織機)を創立した。日本の近代織物工業の発展に貢献し,トヨタ
自動車の基礎を築いた。<マイペディアより>

「努力は人を裏切らない」という言葉がある。最近、自分自身が惰性に
流されて毎日を安易に過ごしていないか不安になることがある。

忙しさにかまけて、やるべきこと、やらなければならないことをやって
いないのではないか・・・言い換えると、本当にやりたいことをやって
いないのではないか、と。

ストレスという難物は、心がワクワクしている時には感じないものだ。

コロナの影響で外出を控えたり、趣味や興味を控えたり、ストレスの溜
まる時代である。心から没頭できる何かを失ってしまったようだ・・・。

以下、豊田佐吉の名言をご覧いただきたい。

★わしは他人よりよけいに創造的知能に恵まれているわけではない。す
 べて努力の結晶だ。世間は、その努力を買ってくれないで「天才だ」
 と言って片付けてしまう。私には遺憾千万。

★仕事は人がさがしてくれるものではなく。自分で身付けるべきものだ
 。職は人が作ってくれるものではなく、自分自身でこしらえるべきも
 のだ。それがその人にとっての、本当の仕事となり、職業となる。と
 にかくその心掛けさえあれば、仕事とか職業とかは無限にあるといっ
 ていい。

★世の中の多くの人のために、また、お国のためにという考えで一生懸
 命に働いてゆけば、食う物も着る物も自然とついてくるものじゃ。

★金は借りやすいところから借りてはいかん。慎重な貸し手は相手の人
 格を見て、仕事の内容を検討する。そんな人は、こちらが悪くなると
 さらに金をつぎ込んでくれる。その反対に、安易に金を貸してくれる
 人は、こっちが一番金が欲しいときに返済を迫ってくる。

★わしの今日あるのは、天の心というものだ。それなら、こちらも社会
 へ奉仕せにゃいかん道理だ。「誠実」というその字を見ろ。言うこと
 を成せという言葉なんだよ。

★発明発見とか創意工夫の世界は、あくまでも広大無辺で、今まで人間
 の踏み込んだ地域は九牛の一毛にも達していない。その大きな未開の
 秘庫は「早く扉を開けてくれ」と、中からいつもわれわれに呼びかけ
 ている。しかもその扉を開く鍵は、いつも、どこにも、誰の足下にも
 転がっておるのである。

         ☆—————————————-☆

豊田佐吉

豊田 佐吉(とよだ さきち、1867年3月19日(慶応3年2月14日) – 1930
年(昭和5年)10月30日)は、日本の発明家、実業家。豊田式木鉄混製力
織機(豊田式汽力織機)、無停止杼換式自動織機(G型自動織機)をはじ
めとして、生涯で発明特許84件、外国特許13件、実用新案35件の発明を
した。

豊田紡織(現 トヨタ紡織)、豊田紡織廠、豊田自動織機製作所(現 豊
田自動織機)を創業、トヨタグループの創始者である。

<中略>

[人物]

[放浪と発明]

佐吉は生涯、発明という夢を追い続けた。そして、青年時代は放浪と出
奔を繰り返した。

19歳の時、佐吉は同じ大工見習いの佐原五郎作を誘い、家出をした。2人
は徒歩で東京まで行った。しかし観光ではなく、佐吉は工場ばかりを見
て回った。23歳の時は上野で開催されていた第3回内国勧業博覧会を見る
ために上京した。目的は外国製の機械と臥雲辰致の発明品を見たかった
からである。この2回の家出をはじめ、青年期の佐吉は一ヶ所に長く留ま
ることがなかった。彼はひたすら各地を回り続けた。

家を飛び出した若い佐吉が頼りにしたのが、豊橋の母方の叔父・森重治
郎であった。その家には同年代の従弟・米治郎もいた。また、佐吉はふ
らっと尾張の企業地へ出掛けることもあった。木曽川町玉ノ井で1889年
(明治22年)、佐吉が1年間ほど、艶嘉と田上の有力機屋に寄寓し、研究
したことが町史に記載されている。また稲沢市下津(おりづ)において
は野村織工場に滞在して、バッタン機の改良装置を試作したと伝えられ
ている。また、東京浅草外千束に住んでいた時は、埼玉県の企業地の蕨
まで足を伸ばし、高橋新五郎を訪ねた。

知多郡乙川村の7代目石川藤八に巡り合うまでは、佐吉は発明のヒントを
探すために全国各地どこへでも出かけていった。

納屋へとじこもってもっぱら織機の改良に集中した佐吉の発明生活は、
きわめてけわしいものであった。佐吉自身の語るところによると、それ
は次のようなものであった。

    —————————————–

愈々(いよいよ)織機の改良と云うことに目的を極めたが、然らば是を
如何に改良するか、今日でこそ織機と云えば動力で動かすものと極まっ
て居るが、明治の初年に於ては動力など云うことを考える人は、余程“
はいから”の部類の人であった。

左様な雰囲気の中に於て考えるのであるから、其苦心懊悩は一通りでは
なかった。・・・人の手ばかり借りて居っては、仕事が思う様に運ばぬ
。自分にも大工の真似事もやる。朝から晩まで毎日毎日こつこつと何か
拵えて見ては壊す、造っては又造り直す。それを後から考えて見ると、
随分へまな事もやった。まるで狂人じみたやり方さ。傍人が眺めて狂人
扱いにし、変り者扱いにしたのも、尤も至極の事さ。弟を連れて東京に
出掛けた事もある。

・・・東京で折角仕事を進めかけると、ひどい脚気症に罹った。命辛が
らで遠州の我家に帰って来た。失意どころか旗揚げもせずに帰ったのだ
から、周囲の空気は冷たい。唯一人労わってくれる者もない。労るどこ
ろか、謗る者ばかりである。それもその筈じゃ。田舎の小百姓と言いな
がら、田畑の少しはあったものを、ぼつぼつと売り減らして、あてども
ない発明に皆つぎこむのだから、とても周囲の人達が良く言うてくれそ
うな筈がない。

<後略>

        フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

豊田佐吉の本
自己啓発書のベストセラー

         ☆—————————————-☆

★☆「keiko通信 from NewYork」☆★

「Bulk Pack」

コロナの影響を受けて消費者は質の高い商品よりも安価な商品を好む傾
向になってきています。

ファミリーサイズのものバルクパックのものを購入する人が増えていま
す。

6月22日(月曜日)からレストラン、オフィス、美容室などもリオープン
しました。

レストラン、美容室には行きたいけれど半分はまだ怖いという気持ちが
あるのですが、日本の皆様はいかがですか?

                  Keiko

★ちょっと一言!

※皆さん、お元気ですか?「名言集」の宮口です。

片眼が見づらいというのは本当に不自由なものです。視力の良かった左
目の視力が落ち始めたのは今年に入ってからです。急速に進むタイプの
白内障だそうです。手術がある8月の初めまで我慢します♪

颯太(ふうた)は、我が家の愛犬です♪

★皆さんのメールが何よりの励ましです。
出来る限り、お返事は差し上げますのでお気軽にメールして下さい。
当メルマガで掲載させていただくこともありますが、匿名希望と書いて
いただければ実名を出すことはありません。

まずは自分自身を信じ、愛することから始めよう!

■今号はいかがでしたか?
驚くほど役に立つ「名言集」へのコメントをどうぞ!
⇒ http://clap.mag2.com/sloulaiphu/input

=================================

☆お勧めの「無料レポート」大公開☆

◆先人の知恵に学ぼう!驚くほど役に立つ「名言集」part1◆
※今まで、メルマガでご紹介したvol.創刊号1~vol.50までの「名言」
を素敵な「名言集」に仕上げてレポートにしました。
⇒ http://maxim.no1wizard.com/page-34

=================================

編集後記+++++++++++++++++++++++++++++

世の中には人間の一生をも左右してしまうような、心の底から魂を揺さぶら
れるような素晴らしい金言や格言が数多くあります。
あなたも辛い時や悲しい時、何気ない一言で勇気づけられた経験はないだろ
うか?

仕事をしながらメルマガを発行しようと決意したのは、そういう名言の数々
を一人でも多くの方々に紹介したいと思ったからです。
今までの仕事だけの人生に物足りなさを感じていたということもあります。

「生きることとは自分自身を表現することである!」と言ったのは誰だった
ろう?自分自身を表現することにより、ほんの少しでも周りの人たちを幸せ
にするお手伝いが出来れば望外の幸せです。

+++++++++++++++++++++++++++++++++

ここまでお読み頂きありがとうございます。
皆さまからのご意見・ご感想をお待ちしています。

豊かで、より良き人生を共に歩んで行くことが出来ますように!

=================================
※メルマガ解除はご自身でお願い致します※
★まぐまぐ ≫ http://www.mag2.com/m/0000147942.html
★ミニまぐ ≫ http://www.mag2.com/m/M0038759.html
———————————————————————————-
-先人の知恵に学ぼう!驚くほど役に立つ「名言集」-

■発行者 ≫ 宮口栄治
■連絡先 ≫ lupin2936★yahoo.co.jp (★→@)
■H.P ≫ 先人の知恵に学ぼう!驚くほど役に立つ「名言集」
■H.P ≫ 北海道の魅力
■H.P ≫ 旭川時事英語研究会
●ウェブログ ≫ Miyaguchi Diary
———————————————————————————-

Sponsored Links
Sponsored Links

-日本人の名言, 豊田佐吉
-, , , ,

執筆者:

「名言集」カテゴリ