名言・格言他

人間は、人間がこの世を創った時以来・・・ / きけわだつみのこえ

投稿日:2012年8月17日 更新日:

2012.08.17-Vol.0535
—————————————————————–
■先人の知恵に学ぼう!驚くほど役に立つ「名言集」■
—————————————————————–
★今日の名言★
=================================================================

 人間は、人間がこの世を創った時以来、少しも進歩していないのだ。

 今次の戦争には、もはや正義云々の問題はなく、

 ただただ民族間の憎悪の爆発あるのみだ。

 敵対し合う民族は各々その滅亡まで戦を止めることはないであろう。

 恐ろしき哉、浅ましき哉

 人間よ、猿の親類よ。

              <きけわだつみのこえ>より

=================================================================

◆一口豆知識◆◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇広辞苑より◇◇◇◇

わたつみ(海神・綿津見)・・・
 (ワダツミとも。ツは助詞「の」と同じ、ミは神霊の意)

(1)海をつかさどる神。海神。わたつみのかみ。
(2)海。

=================================================================

※喫煙室(雑談コーナー)

 苦しいこともあるだろう。
 言いたいこともあるだろう。
 不満なこともあるだろう。
 腹の立つこともあるだろう。
 泣きたいこともあるだろう。
 これらをじっとこらえてゆくのが男の修行である。

  「海軍大将 山本五十六」

8月15日の終戦記念日を迎え、戦没者の慰霊祭が各地で厳かに執り行
われた。

私達は二度と再び同じ過ちを繰り返さないように歴史から学ぶ必要が
あるのだ。

しかし、残念ながら今なお世界各地で大小さまざまな紛争が繰り広げ
られているのが現実である。

人類の英知を集めて「争いのない平和な世界」にすることは出来ない
のものなのだろうか?

その努力を、平和への希求を声高に叫び続けることこそが人々を動か
す平和への原動力になるという神話を今なお信じ続けることしか出来
ないのだろうか?

少なくとも、平和への努力を放棄することだけは絶対に避けなければ
ならない。

       ☆——————————☆

きけ わだつみのこえ

『きけ わだつみのこえ』は第二次世界大戦末期に戦没した日本の学
徒兵の遺書を集めた遺稿集。1947年(昭和22年)に東京大学協同組合
出版部により編集されて出版された東京大学戦没学徒兵の手記集『は
るかなる山河に』に続いて、1949年(昭和24年)に出版された。BC級
戦犯として死刑に処された学徒兵の遺書も掲載されている。編集顧問
の主任は医師、そして戦没学徒の遺族である中村克郎をはじめ、あと
の編集委員として渡辺一夫・真下信一・小田切秀雄・桜井恒次が関わ
った。

『きけ わだつみのこえ』の刊行をきっかけとして1950年(昭和25年)
4月22日に日本戦没学生記念会(わだつみ会)が結成された。

類似した題名の映画が何本か製作されている。また、この刊行収入を
基金にして、戦没学生記念像わだつみ像が製作され、立命館大学で展
示されている。

[名前の由来]

学徒兵の遺稿を出版する際に、全国から書名を公募し、応募のあった
約2千通の中から京都府在住の藤谷多喜雄のものが採用された。藤谷
のそもそもの応募作は「はてしなきわだつみ」であったが、それに添
えて応募用紙に「なげけるか いかれるか/はたもだせるか/きけ はて
しなきわだつみのこえ」という短歌を添付した。なお、この詩は同書
の巻頭に記載されている。

現在「わだつみ」は戦没学生をあらわす普通名詞のように使われる。
「わたつみ(わだつみ)」は海神を意味する日本の古語である。

[評]

『きけ わだつみのこえ』は、若い戦没者に人間としての光を当てた
だけでなく特に学徒兵の多くは己の学業が心ならずも頓挫し、自分が
異常な状況に置かれていることを深く見つめた内容を記述しており、
本来であれば平和に生きていたはずの若者が、免れようのない死と直
に向き合ったとき、どのように感じるのか、ということを伝えてくる。
当時の軍国主義的潮流下にあった戦陣訓世代などと呼ばれていた人々
の評価を覆すものとして大きな衝撃を与えた。

[批判]

[戦前の軍国主義のスタンスを批判する立場からの批判]

戦争の被害者としての若い世代ということを強調しようということか
ら、軍国主義的内容に共感を覚えたり、国家への絶対的な忠誠を誓う
文章については、初版本において、編集側の方針で削除されていた。
こうした文章の改編に対しては、そうした文章を削除すると軍国主義
的内容への共感や国家への絶対的な忠誠を誓うようになった背景を知
る手がかりがわからなくなり、すべてを客観的事実として掲載するべ
きであるとの批判があった。

[上記以外のスタンスからの批判]

また、立花隆も『天皇と東大』(文藝春秋)でこれを左側からの「歴
史の改竄」であると批判した。富岡幸一郎も『新大東亜戦争肯定論』
にて「遺された言葉が、戦後の反戦平和運動のスローガンに利用され
た」と述べている。

このほか、『きけ わだつみのこえ』は、当時ごく少数であった高等
教育を受けたインテリの文章を集めたものであり、人間本来の死では
なく、インテリの死だけを美化したのではないかとの意見や、インテ
リと教育を受けていない一般民衆との間には価値観の違いがあり、一
般民衆の戦争観の視点に編集側が欠けているのではないかとの批判が
ある。

本書の内容への批判のほかにも、遺書が遺族に返還されなかったこと
などには大きな批判がある(これについては、改竄が暴露されるのを
防ぐためであったとする説がある)。

     フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』(抜粋)

きけ わだつみのこえ
自己啓発書のベストセラー

        ——————————

■「まぐまぐ!かんたんクリック投票」メッセージより

●メッセージ:
今日の名言、一口豆知識、喫煙室等は、大変、すばらしい等と思いま
した。名言は、姪の子3人に読んで上げたいと思ってます。原爆許す
まじの歌は懐かしく思いました。広辞苑の原爆症の説明は大変、わか
りやすく、的確等と思いました。
精読等させて頂きました。大変有難う御座いました。早々、乱筆

※曽我部様、ご愛読有難うございます。
こちらこそ励みになるメッセージ有難うございます。
どうぞ今後ともご指導よろしくお願い致します。

★ちょっと一言!

※皆さん、お元気ですか?
お盆休みも昨日で終わりの方が多いのではないでしょうか?
私と愛妻も家族で15日にお墓参りに行ってきました。
先祖の霊に手を合わせると何故か心が安らぎます。
源太は家で吠え続けています。

源太は我が家の愛犬です。

★皆さんのメールが何よりの励ましです。
出来る限り、お返事は差し上げますのでお気軽にメールして下さい。
当メルマガで掲載させていただくこともありますが、匿名希望と書いて
いただければ実名を出すことはありません。

まずは自分自身を信じ、愛することから始めよう!

■今号はいかがでしたか?
驚くほど役に立つ「名言集」へのコメントをどうぞ!
⇒ http://clap.mag2.com/sloulaiphu/input

=================================

☆お勧めの「無料レポート」大公開☆

◆先人の知恵に学ぼう!驚くほど役に立つ「名言集」part1◆
※今まで、メルマガでご紹介したvol.創刊号1~vol.50までの「名言」
を素敵な「名言集」に仕上げてレポートにしました。
⇒ http://maxim.no1wizard.com/page-34

=================================

編集後記+++++++++++++++++++++++++++++

世の中には人間の一生をも左右してしまうような、心の底から魂を揺さぶら
れるような素晴らしい金言や格言が数多くあります。
あなたも辛い時や悲しい時、何気ない一言で勇気づけられた経験はないだろ
うか?

仕事をしながらメルマガを発行しようと決意したのは、そういう名言の数々
を一人でも多くの方々に紹介したいと思ったからです。
今までの仕事だけの人生に物足りなさを感じていたということもあります。

「生きることとは自分自身を表現することである!」と言ったのは誰だった
ろう?自分自身を表現することにより、ほんの少しでも周りの人たちを幸せ
にするお手伝いが出来れば望外の幸せです。

+++++++++++++++++++++++++++++++++

ここまでお読み頂きありがとうございます。
皆さまからのご意見・ご感想をお待ちしています。

豊かで、より良き人生を共に歩んで行くことが出来ますように!

=================================
※メルマガ解除はご自身でお願い致します※
★まぐまぐ ≫ http://www.mag2.com/m/0000147942.html
★melma ≫ http://www.melma.com/mag/95/m00131695/
★ミニまぐ ≫ http://www.mag2.com/m/M0038759.html
———————————————————————————-
-先人の知恵に学ぼう!驚くほど役に立つ「名言集」-

■発行者 ≫ 宮口栄治
■連絡先 ≫ lupin2936★yahoo.co.jp (★→@)
■H.P ≫ 先人の知恵に学ぼう!驚くほど役に立つ「名言集」
■H.P ≫ 北海道の魅力
■H.P ≫ 旭川時事英語研究会
●ウェブログ ≫ Miyaguchi Diary
———————————————————————————-

Sponsored Links
Sponsored Links

-名言・格言他
-, , , ,

執筆者:

関連記事

がんばっていれば、いつか報われる。持ち続ければ、夢はかなう・・・ / HONDA

2012.05.18-Vol.0522 ———————————&#8 …

危機的状況ではあるが・・・ / 河岡義裕

2020.07.10-Vol.0952 ———————————&#8 …

私は奴隷であるよりもむしろ反逆者でありたい・・・ / エメリン・パンクハースト

2020.11.27-Vol.0972 ———————————&#8 …

各自衛隊の性格を現す言葉・・・ / 防衛庁記者クラブ

2013.05.03-Vol.0573 ———————————&#8 …

広島平和記念式典 / 「平和への誓い」全文

================================= ♪配信スタンド「メルマ!」サービス終了のお知らせ♪ 「メルマ」が、2020年1月末をもって終了となります。 読者の皆様にはお手数です …

ブログをメールで購読

メルアド登録で更新をメールで受信できます

1,936人の購読者に加わりましょう

「名言集」カテゴリ