手塚治虫

「ダメな子」とか、「わるい子」なんて子どもは・・・ / 手塚治虫

投稿日:2016年11月11日 更新日:

2016.11.11-Vol.0758
—————————————————————–
■先人の知恵に学ぼう!驚くほど役に立つ「名言集」■
—————————————————————–
★今日の名言★
=================================

「ダメな子」とか、「わるい子」なんて子どもは、

  ひとりだっていないのです。

 もし、そんなレッテルのついた子どもがいるとしたら、

  それはもう、

   その子たちをそんなふうに見ることしかできない

    大人たちの精神が貧しいのだ。

              <手塚治虫>

tedukaosamu

=================================

◆一口豆知識◆◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇広辞苑より◇◇◇◇

レッテル【letter(オランダ)】・・・

(1)商品に製造会社などが貼りつける紙札。商標。ラベル。
(2)転じて、ある人物や物事に対する特定の評価。

=================================

※喫煙室(雑談コーナー)

子供の頃、私は手塚治虫(てづか おさむ)の漫画が大好きだった。

「鉄腕アトム」「ジャングル大帝」「火の鳥」「ブラックジャック」な
ど思いつくまま羅列してみても思い出深い作品ばかりである。

「漫画の神様」と呼ばれているが、余りにもその功績は大きく後に続く
漫画家の多くは手塚治虫に影響されているという。

Wikipediaに詳しく書かれているので是非お読みいただきたい。

以下、手塚作品に共通するテーマが興味を引いたので転載させて頂こう。

[手塚作品のテーマ]<抜粋>

手塚は自らの戦争体験によってもたらされた「生命の尊厳」を自身のテ
ーマの一つとして挙げている。

手塚は、自身はマンガに置いて時代の流れに合わせ転向を繰り返す転向
者であるとした上で、「ただ一つ、これだけは断じて殺されても翻せな
い主義がある。それは戦争はご免だということだ。だから反戦テーマだ
けは描き続けたい。」と語っている。

手塚は子供を「未来人」と呼び、以下のように語っている。

「私は、暗い時代といわれた昭和初期のなかでも、実に恵まれた環境で
子ども時代をすごせたと思っています。しかしそれも、青春期には、空
襲と窮乏生活によってほとんど失ってしまいました。父は戦争にとられ
るし、勉強はできず、腹をすかせ、大勢の友人を失いました。

空襲に襲われて周囲が火と死体の山となったとき、絶望して、もう世界
は終末だと思ったものです。だから戦争の終わった日、空襲の心配がな
くなって、いっせいに町の灯(ひ)がパッとついたとき、私は思わずバ
ンザイをし、涙をこぼしました。これは事実です。心の底からうれしか
った。平和の幸福を満喫し、生きていてよかったと思いました。これは
、当時の日本人のほとんどの感慨だと思います。

 もう二度と、戦争なんか起こすまい、もう二度と、武器なんか持つま
い、孫子(まごこ)の代までこの体験を伝えよう。もう二度と、戦争な
んか起こすまい、もう二度と、武器なんか持つまい、孫子(まごこ)の
代までこの体験を伝えよう。

あの日、あの時代、生き延びた人々は、だれだってそういう感慨をもっ
たものです。ことに家や家族を失い、また戦争孤児になった子どもたち
は、とりわけそう誓ったはずです。それがいつの間にか風化し形骸化し
て、またもや政府が、きな臭い方向に向かおうとしている。

子どもたちのために、当然おとながそれを阻止しなければならないと同
時に、子ども自身がそれを拒否するような人間にはぐくんでやらなけれ
ばならないと思うのです。

それは結局、先に述べたように、子どもに生きるということの喜びと、
大切さ、そして生命の尊厳、これを教えるほかないと思うのです。人命
だけでなく生命あるものすべてを戦争の破壊と悲惨から守るんだという
信念を子どもにうえつける教育、そして子どもの文化はそのうえに成り
立つものでなければならない。

けっして反戦だの平和だのの政治的のみのお題目では、子どもはついて
こない。率先して、生命の尊厳から教えていくという姿勢が大事なので
はないでしょうか。」

続いて、手塚治虫の語録を拾ってみよう。

「睡眠は三日間で三時間。
 こんなつらい仕事を四十年続けるなんて、
 馬鹿じゃないとできないですよ。」

「好奇心というのは
 道草でもあるわけです。
 確かに時間の無駄ですが、
 必ず自分の糧になる。」

「医者は生活の安定を約束していた。
 しかし、僕は画が描きたかったのだ。」

「数えきれないほど、
 悔しい思いをしてきたけれど
 その度にお袋の
 ”我慢しなさい”って言葉を思い浮かべて、
 なんとか笑ってきたんです。」

「人を信じよ、
 しかし、
 その百倍も自らを信じよ。」

「一攫千金は偽りの成功。
 真の人生の勝負は、
 じっくり腰を落ち着かせてかかるべきだ。」

「ぼくたちは、
 かけがえのない地球に
 「同乗」している、
 仲間です。」

「終始一貫して
 僕が自分の漫画の中で描こうとしてきたのは、
 次の大きな主張です。
 ”命を大事にしよう!”」

「君たち、
 漫画から漫画の勉強するのはやめなさい。
 一流の映画をみろ、
 一流の音楽を聞け、
 一流の芝居を見ろ、
 一流の本を読め。
 そして、
 それから自分の世界を作れ。」

「40年間負けん気でもってたみたいなもんです。
 逆に言うと、
 劣等感や怯えがあったから、
 続いたともいえるんですね。」

       ☆——————————☆

手塚治虫

手塚 治虫(てづか おさむ、本名:手塚 治(読み同じ)、1928年(昭和
3年)11月3日 – 1989年(平成元年)2月9日)は、日本の漫画家、アニメ
ーター、アニメーション監督。 大阪帝国大学附属医学専門部を卒業、医
師免許取得、のち医学博士(奈良県立医科大学・1961年)。

血液型A型。戦後日本においてストーリー漫画の第一人者として、漫画の
草分け存在として活躍した。兵庫県宝塚市出身(出生は大阪府豊能郡豊
中町、現在の豊中市)、同市名誉市民。

大阪帝国大学附属医学専門部在学中の1946年1月1日に4コマ漫画『マアチ
ャンの日記帳』(『少国民新聞』連載)で漫画家としてデビュー。1947
年、酒井七馬原案の描き下ろし単行本『新寶島』がベストセラーとなり
、大阪に赤本ブームを引き起こす。1950年より漫画雑誌に登場、『鉄腕
アトム』『ジャングル大帝』『リボンの騎士』といったヒット作を次々
と手がけた。

1963年、自作をもとに日本初となる30分枠のテレビアニメシリーズ『鉄
腕アトム』を制作、現代につながる日本のテレビアニメ制作に多大な影
響を及ぼした。1970年代には『ブラック・ジャック』『三つ目がとおる
』『ブッダ』などのヒット作を発表。また晩年にも『陽だまりの樹』『
アドルフに告ぐ』など青年漫画においても傑作を生み出す。デビューか
ら1989年の死去まで第一線で作品を発表し続け、存命中から「マンガの
神様」と評された。

藤子不二雄(藤子・F・不二雄、藤子不二雄A)、石ノ森章太郎、赤塚不
二夫、横山光輝、水野英子、矢代まさこ、萩尾望都などをはじめ数多く
の人間が彼に影響を受け、接触し漫画家を志した。

長男に映像作家の手塚眞、長女にプランニングプロデューサーの手塚る
み子、次女に女優の手塚千以子がいる。また、姪は声優の松山薫。
<抜粋>

        フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

手塚治虫の本
自己啓発書のベストセラー

        ——————————

■「まぐまぐ!かんたんクリック投票」メッセージより

メッセージ:若い時に本を読めとの立花先生の言葉身に沁みます。

※jinnnohさん、いつもメッセージありがとうございます。
全くその通りですよね。読書が人格形成に役立つことには疑いの余地は
ありません。自分以外の人間の体験や考え・思考方法を追体験すること
が出来ます。出来れば良い本を数多く読むことですよね。因みに私の場
合は乱読でした。ジャンルを問わず興味のあるものを読んでいました。

★ちょっと一言!

※皆さん、お元気ですか?

何とアメリカの大統領が大方の予想を覆しトランプ氏に決まりました。
アメリカは変わってしまうのでしょうか?アメリカの本音を見たような
気がします。

旭川は異例の大雪で除雪が大変でした。
草葉の陰で源太もビックリしていることでしょう。
源太は我が家の愛犬でした。

★皆さんのメールが何よりの励ましです。
出来る限り、お返事は差し上げますのでお気軽にメールして下さい。
当メルマガで掲載させていただくこともありますが、匿名希望と書いて
いただければ実名を出すことはありません。

まずは自分自身を信じ、愛することから始めよう!

■今号はいかがでしたか?
面白かった、役に立ったと思った方は是非ワンクリックをお願いします!
⇒ http://clap.mag2.com/sloulaiphu

=================================

☆お勧めの「無料レポート」大公開☆

◆先人の知恵に学ぼう!驚くほど役に立つ「名言集」part1◆
※今まで、メルマガでご紹介したvol.創刊号1~vol.50までの「名言」
を素敵な「名言集」に仕上げてレポートにしました。
⇒ http://maxim.no1wizard.com/page-34

=================================

編集後記+++++++++++++++++++++++++++++

世の中には人間の一生をも左右してしまうような、心の底から魂を揺さぶら
れるような素晴らしい金言や格言が数多くあります。
あなたも辛い時や悲しい時、何気ない一言で勇気づけられた経験はないだろ
うか?

仕事をしながらメルマガを発行しようと決意したのは、そういう名言の数々
を一人でも多くの方々に紹介したいと思ったからです。
今までの仕事だけの人生に物足りなさを感じていたということもあります。

「生きることとは自分自身を表現することである!」と言ったのは誰だった
ろう?自分自身を表現することにより、ほんの少しでも周りの人たちを幸せ
にするお手伝いが出来れば望外の幸せです。

+++++++++++++++++++++++++++++++++

ここまでお読み頂きありがとうございます。
皆さまからのご意見・ご感想をお待ちしています。

豊かで、より良き人生を共に歩んで行くことが出来ますように!

=================================
※メルマガ解除はご自身でお願い致します※
★まぐまぐ ≫ http://www.mag2.com/m/0000147942.html
★melma ≫ http://www.melma.com/mag/95/m00131695/
★ミニまぐ ≫ http://mini.mag2.com/pc/m/M0038759.html
———————————————————
-先人の知恵に学ぼう!驚くほど役に立つ「名言集」-

■発行者 ≫ 宮口栄治
■連絡先 ≫ lupin2936★yahoo.co.jp (★→@)
■H.P ≫ 先人の知恵に学ぼう!驚くほど役に立つ「名言集」
■H.P ≫ 北海道の魅力
■H.P ≫ 旭川時事英語研究会
●ウェブログ ≫ Miyaguchi Diary
———————————————————

Sponsored Links
Sponsored Links

-手塚治虫
-, , , , ,

執筆者:

「名言集」カテゴリ