先人の知恵に学ぼう!驚くほど役に立つ「名言集」

驚くほど役に立つ「名言集」では、世界の名言・金言・格言・故事・ことわざをご紹介します。

人間だから衝突することもある・・・ / アウンサンスーチー

   

2015.11.06-Vol.0705
—————————————————————–
■先人の知恵に学ぼう!驚くほど役に立つ「名言集」■
—————————————————————–

★今日の名言★
=================================

 人間だから衝突することもある。

  それを解決する手段は、銃で殺しあうのではなく対話です。

   必ず協調点はあります。

 絶えず相手の気持ちをわかろうとすること。

  自分が希望や恐れを抱いているのであれば、

   相手も希望と恐れを持っていることを、

    共感を持って理解することからはじめましょう。

             <アウンサンスーチー>

Remise_du_Prix_Sakharov_à_Aung_San_Suu_Kyi_Strasbourg_22_octobre_2013-18

=================================

◆一口豆知識◆◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇広辞苑より◇◇◇◇

希望・冀望(きぼう)・・・(ケモウとも)

(1)ある事を成就させようとねがい望むこと。また、その事柄。のぞみ。
(2)将来によいことを期待する気持ち。

=================================

※喫煙室(雑談コーナー)

「世界中の人々は、
 自分たちの十分な可能性を実現させることができるための
 自由と安全を必要としているのです」

「私にとっての愛とは惜しみなく与えることです。
 人々の苦悩をやわらげ、彼らを幸せにすること。
 そのために持てるすべてを与える。
 それは自己犠牲などではなく喜びなのです」

「民主主義は一言でいえば責任です。
 リーダーが責任を持つと同時に国民も責任を持つ。
 一方だけが責任を持つということはあり得ません。
 ある意味では独裁主義よりきついものといえます。
 その責任を両方がまっとうできて初めて自由を謳歌できるのです。
 リーダーは国民の浴していることと
 国家が必要としていることのバランスを常に考えねばなりません。
 このバランスを見分けられるのが優れたリーダーだと思います」

「自分の人生を自分が決めるということは、
 自分の心に自分が打ち勝つことです」

中学生の頃、竹山道雄原作の「ビルマの竪琴」の読書感想文を書いたこ
とを思い出した。

ビルマ(現在のミャンマー)の戦線で英軍の捕虜になった日本軍の兵隊
は敗戦後日本に帰ることになるが、ビルマに留まった一人の兵士 水島
上等兵を主人公とした児童向けのいわゆる反戦映画である。

話は変わるが、自分の現在ある姿・境遇を何でも他人の所為にする他罰
的傾向のある人は多い。不満だらけの人間である。精神的に行き詰まる
と他傷行為にまで及ぶことがあるといわれている。

反面、自罰的傾向といって何でも自分の考え方や行為の所為にする傾向
のある人は嵩じると自傷や自殺などの極端な行動に走ることもあるとい
う。

どちらも行き過ぎは禁物だが、どちらかというと自罰的傾向のある人の
方が伸びるといわれているのは頷けることである。

不遇や迫害すらもバネにして信念を貫き通すアウンサンスーチー女史へ
のノーベル賞授与は記憶に新しいが、民主化に反発する軍政により長期
にわたる自宅軟禁や迫害を受け続けた女史への世界からの支持は届かず
、民主化への歩みは遅々として進まず混沌を深めるばかりである。

一体、私たちはどこへ向かおうとしているのだろうか?

☆——————————☆

アウンサンスーチー

アウンサンスーチー、ラテン文字転写: Aung San Suu Kyi。1945年6月
19日 – )は、ミャンマーにおける非暴力民主化運動の指導者、政治家
。現在、連邦議会議員、国民民主連盟中央執行委員会議長。京都大学名
誉フェロー(2013年)。 オックスフォード大学名誉博士(1993年)。
ノーベル平和賞受賞(1991年)。

ビルマの独立運動を主導し、その達成を目前にして暗殺された「ビルマ
建国の父」ことアウンサン将軍の娘である。

日本での報道では「スー・チー」「スー・チーさん」などと表記される
こともあるが、原語では姓名の区別なく「アウンサンスーチー」と一語
で表記する。

[来歴]

ビルマの首都だったラングーンに生まれた。1960年に母親のキンチーが
インド大使に着任すると、アウンサンスーチーはデリーで学ぶことにな
る。1962-1963年にはデリー大学レディ・スリラム・カレッジで政治学を
学ぶ。

1964-1967年にはイギリスのオックスフォード大学セント・ヒューズ・カ
レッジで哲学、政治学、経済学を学び、学士号を取得する。なお1990年
には名誉フェローに選出された。

ロンドン大学東洋アフリカ研究学院(SOAS)で研究助手を務めた後、1969
-1971年にはニューヨークの国際連合事務局行政財政委員会で書記官補と
なる。

1972年にオックスフォードの後輩でチベット研究者のマイケル・アリス
(1946-1999)と結婚し、アレキサンダーとキムの2人の息子をもうける。

ブータン外務省研究員、オックスフォード大学ボーダリアン図書館の研
究員を務める。その後1985-86年には京都大学東南アジア研究センターの
客員研究員として来日し、父アウンサン将軍についての歴史研究を進め
る。当時の受け入れを行ったのは、当時同センター長の石井米雄(前神
田外語大学学長)らである。

[軍事政権との対峙]

1988年4月、病気の母を看護するためビルマに戻る。1987年9月の高額紙
幣廃止令などをきっかけに、学生を中心に始まった反政府運動(8888民
主化運動)は、デモ中の学生が虐殺された同年3月以降に激化した。同年
7月には1962年の軍事クーデターより独裁政治を敷いていたネ・ウィン将
軍・ビルマ社会主義計画党議長が辞任した。戒厳令下では学生、市民ら
が大規模なデモを行った。アウンサンスーチーは8月26日にシュエダゴン
・パゴダ前集会で50万人に向け演説を行った。9月18日には国軍がクーデ
ターを起こし、ソウ・マウン議長を首班とする軍事政権(国家法秩序回
復評議会、SLORC。のちのSPDC―国家平和発展評議会)が誕生した。民主
化運動は徹底的に弾圧され、数千人の犠牲者が出た。アウンサンスーチ
ーは9月に、翌1990年に予定された選挙への参加を目指し、国民民主連盟
(NLD)の結党に参加する。全国遊説を行うが、1989年7月に自宅軟禁され
た。国外退去を条件に自由を認めるともちかけられたが拒否したと言わ
れる。

軍事政権は1990年5月27日に総選挙を行い、アウンサンスーチーの率いる
国民民主連盟が大勝した。しかし、軍政側は、「民主化より国の安全を
優先する」と権力の移譲を拒否した。この強硬な姿勢は国際的に激しい
非難を招き、アウンサンスーチーは1991年にノーベル平和賞を受賞した
。賞金の130万ドルはビルマ国民の健康と教育のための基金の設立に使わ
れた。ただし自宅軟禁中のため授賞式には出席できず、受賞演説を行っ
たのは軍政が民主化に本腰を入れ始めてから21年後の2012年6月16日のこ
とであった。

1995年7月10日に自宅軟禁から解放される。週末に自宅前集会を行って大
勢の聴衆を集めたが、軍政によって中止に追い込まれる。NLDは同年11月
に制憲国民会議のボイコットを決断し、軍政は、対抗措置として同党側
委員を除名した。会議は事実上休眠状態となる(2003年に再開)。

NLDは1996年5月、アウンサンスーチー釈放以後初の党大会を計画したが
、軍政側は国会議員235人を拘束する弾圧策に出た。軍政はアウンサンス
ーチーにヤンゴン外への移動を禁止していた。アウンサンスーチー側は
1996年と1998年にこれに抵抗したが、いずれも妨害された。NLDは1998年
9月、国会招集要求を無視した軍政に対抗し、アウンサンスーチーら議員
10人で構成する国会代表者委員会(CRPP)を発足させる。

1999年3月、夫マイケル・アリスが前立腺癌で死亡。ビルマ入国を求めた
アリスの再三の要請を軍政は拒否した。再入国拒否の可能性があるアウ
ンサンスーチーは出国できず、夫妻は再会することができなかった。

[度重なる自宅軟禁]

[国際社会からの支援]

[政治活動の再開]

2010年1月21日、軍事政権のマウン・ウ内相が地方の会合でアウンサンス
ーチーについて「軟禁期限となる11月に解放される」と述べていたこと
が判明し、11月13日に軟禁を解除された。政治活動の再開を進めるアウ
ンサンスーチーに対し、政府は2011年6月28日に活動停止を通告。7月25
日、8月12日には政府側と会談し、国家の発展のため協力していくことで
合意したが、これには懐疑的な見方もある。8月14日には地方都市での政
治活動を再開させた。2012年4月1日に行なわれたミャンマー連邦議会補
欠選挙にNLDより立候補し、当選を果たす。だが軍事政権が定めた憲法に
反対する立場から、議員就任の際に求められる憲法遵守の宣誓を拒否す
ることを理由に、4月23日の初登院に応じず宣誓内容の修正を求めた。そ
の後方針転換し、5月2日に正式に議員に就任した。

2012年1月10日、国民民主連盟中央執行委員会議長に選出。1月13日、ニ
コラ・サルコジフランス大統領が、レジオンドヌール勲章コマンドゥー
ル(3等)の授与を電話で伝える。1月25日、アースィフ・アリー・ザル
ダーリーパキスタン大統領より、ベナジル・ブット賞を授与される。2月
10日、国際連合教育科学文化機関が、2002年に授与が決定していたマダ
ンジート・シン賞を授与する。

2013年4月13日、27年ぶりに来日。在日ミャンマー人や、京都滞在中に家
族ぐるみの付き合いをしていた日本人との懇談や、経済界へのミャンマ
ーへの支援の呼びかけ、安倍晋三首相などの日本政府要人との会談を行
う。

<抜粋>

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

アウンサンスーチーの本
自己啓発書のベストセラー

——————————

★☆「keiko通信 from NewYork」☆★

「New York City Marathon」

日曜日はニューヨーク・シティマラソンが開催されました。

ニューヨーク市5つの地区を貫くもので、ルートはスタッテン島から始
まりブルックリン・クィーンズ・ブロンクス、ゴールはセントラルパー
クです。

ブルックリン在住の友人、美保子さんはランナーの先頭者を見るためマ
ンハッタンアベニュー沿道で毎年応援観戦者の一人として立っています。

男女共に優勝者には10万ドルが贈られ、賞金総額は70万5千ドル。

男性優勝者はSTANLEY、女性優勝者はKEITANYどちらも余裕あるゴールで
した。

6位の日本人KAWAUCHIさんのインタビューが聞けなくて残念に思いました。
(11/1日から冬時間、日本との差が14時間になっています)

Keiko

★ちょっと一言!

※皆さん、お元気ですか?

日曜日にやっと庭の冬囲いも終わりひと安心。
旭川では、毎朝の気温が0℃前後と寒い日が続いています。

兎に角、忙しい日が続いています。昨日は仕事関係の勉強会で札幌へ行
ってきました。・・・何とかメルマガの発行も間に合いました♪

源太は我が家の愛犬です。

★皆さんのメールが何よりの励ましです。
出来る限り、お返事は差し上げますのでお気軽にメールして下さい。
当メルマガで掲載させていただくこともありますが、匿名希望と書いて
いただければ実名を出すことはありません。

まずは自分自身を信じ、愛することから始めよう!

■今号はいかがでしたか?
面白かった、役に立ったと思った方は是非ワンクリックをお願いします!
⇒ http://clap.mag2.com/sloulaiphu

=================================

☆お勧めの「無料レポート」大公開☆

◆先人の知恵に学ぼう!驚くほど役に立つ「名言集」part1◆
※今まで、メルマガでご紹介したvol.創刊号1~vol.50までの「名言」
を素敵な「名言集」に仕上げてレポートにしました。
⇒ http://maxim.no1wizard.com/page-34

=================================

編集後記+++++++++++++++++++++++++++++

世の中には人間の一生をも左右してしまうような、心の底から魂を揺さぶら
れるような素晴らしい金言や格言が数多くあります。
あなたも辛い時や悲しい時、何気ない一言で勇気づけられた経験はないだろ
うか?

仕事をしながらメルマガを発行しようと決意したのは、そういう名言の数々
を一人でも多くの方々に紹介したいと思ったからです。
今までの仕事だけの人生に物足りなさを感じていたということもあります。

「生きることとは自分自身を表現することである!」と言ったのは誰だった
ろう?自分自身を表現することにより、ほんの少しでも周りの人たちを幸せ
にするお手伝いが出来れば望外の幸せです。

+++++++++++++++++++++++++++++++++

ここまでお読み頂きありがとうございます。
皆さまからのご意見・ご感想をお待ちしています。

豊かで、より良き人生を共に歩んで行くことが出来ますように!

=================================
※メルマガ解除はご自身でお願い致します※
★まぐまぐ ≫ http://www.mag2.com/m/0000147942.html
★melma ≫ http://www.melma.com/mag/95/m00131695/
★ミニまぐ ≫ http://mini.mag2.com/pc/m/M0038759.html
———————————————————
-先人の知恵に学ぼう!驚くほど役に立つ「名言集」-

■発行者 ≫ 宮口栄治
■連絡先 ≫ lupin2936★yahoo.co.jp (★→@)
■H.P ≫ 先人の知恵に学ぼう!驚くほど役に立つ「名言集」
■H.P ≫ 北海道の魅力
■H.P ≫ 旭川時事英語研究会
●ウェブログ ≫ Miyaguchi Diary
———————————————————

 - アウンサンスーチー, 外国人の名言

スポンサードリンク

スポンサードリンク

  関連記事