先人の知恵に学ぼう!驚くほど役に立つ「名言集」

驚くほど役に立つ「名言集」では、世界の名言・金言・格言・故事・ことわざをご紹介します。

人間というやつ、遊びながらはたらく生きものさ・・・ / 長谷川宣以

   

2015.10.30-Vol.0704
—————————————————————–
■先人の知恵に学ぼう!驚くほど役に立つ「名言集」■
—————————————————————–
★今日の名言★
=====================================

 人間というやつ、遊びながらはたらく生きものさ。

  善事をおこないつつ、知らないうちに悪事をやってのける。

   悪事をはたらきつつ、知らず識らずに善事をたのしむ。

                 <長谷川宣以>

戒行寺の長谷川平蔵宣以供養之碑

=====================================

◆一口豆知識◆◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇広辞苑より◇◇◇◇

善事(ぜんじ)・・・ よいこと。また、めでたいこと。

=====================================

※喫煙室(雑談コーナー)

漫画やテレビでお馴染みの痛快な時代劇「鬼平犯科帳」、主人公の長
谷川平蔵の元になった実在の人物が長谷川宣以(はせがわ のぶため)
である。

池波正太郎原作の「鬼平犯科帳」だが、歴史上の資料は極めて少ない
ようである。

私も大好きな番組の一つだが、何とも豪快で人情味あふれた火付盗賊
改役の鬼平の人柄に魅了された人も多いのではないだろうか。

後段のWikipediaに書かれた人物像を是非お読みいただきたい。
非常に面白く波乱に満ちた人生を歩んだ様子が窺われる。

八代も続いている長寿番組だが、中でも私が最も好きな役者は実在の
宣以に一番似ているのではないかと言われた二代目の中村吉右衛門で
ある。

遠山景元を題材にした「遠山の金さん」や徳川光圀の「水戸黄門」な
ど歴史上の人物を描いた痛快時代劇が復活することを期待しているの
だが・・・。

☆——————————☆

長谷川宣以

長谷川 宣以(はせがわ のぶため、延享2年(1745年) – 寛政7年5月
19日(1795年6月26日))は、江戸時代の旗本。火付盗賊改方の長であ
る火付盗賊改役を務めた。幼名は銕三郎(てつさぶろう)、あるいは
銕次郎(てつじろう)(銕は鉄の異体字)。家督相続後は父・長谷川
宣雄と同じく平蔵(へいぞう)を通称とした。池波正太郎の小説『鬼
平犯科帳』の主人公「鬼平」として、日本の時代小説・時代劇ファン
に知られている。

[生涯]

延享2年(1745年)、400石の旗本である長谷川宣雄の長男として生ま
れる。母の名は不詳で、『寛政重修諸家譜』には某氏と記されている
。明和5年(1768年)12月5日、23歳の時に江戸幕府10代将軍・徳川家
治に御目見えし、長谷川家の家督相続人となる。時期は不明であるが
旗本の大橋与惣兵衛親英の娘と結婚し、明和8年(1771年)に嫡男であ
る宣義を授かっている。

青年時代は放蕩無頼の風来坊だったようで、「本所の銕」などと呼ば
れて恐れられたと記録にある。父の宣雄は火付盗賊改役を経て安永元
年(1772年)10月に京都西町奉行の役に付き、宣以も妻子と共に京都
に赴く。安永2年(1773年)6月22日、宣雄が京都で死去。宣以は父の
部下の与力・同心たちに「まあ皆さんがんばってください。私は江戸
で英傑といわれるようになってみせる」と豪語して江戸に戻り、同年
9月8日に30歳で長谷川家の家督を継ぎ、小普請組支配長田備中守の配
下となった。

父がためた金も使い果たし、遊郭へ通いつめて当時はやりの「大通」
といわれた粋な服装をしていたと伝えられる宣以であるが、安永3年(
1774年)、31歳で江戸城西の丸御書院番士(将軍世子の警護役)に任
ぜられたのを振り出しに、翌年には西の丸仮御進物番として田沼意次
へ届けられたいわゆる賄賂の係となり、天明4年(1784年)、39歳で西
の丸御書院番御徒頭、天明6年(1786年)、41歳で番方最高位である御
先手組弓頭に任ぜられ、順調に出世していった。火付盗賊改役に任ぜ
られたのは天明7年(1787年)9月9日、42歳の時である。

寛政の改革で人足寄場(犯罪者の更生施設)の建設を立案し、石川島
人足寄場の設立などで功績を挙げた。しかし、この時上司である老中
首座・松平定信に予算の増額を訴え出たが受け入れられず、やむなく
宣以は幕府から預かった資金を銭相場に投じるという方法で資金を得
る。辣腕とも言えなくは無いが、当時の道徳的には認められるような
ものではなく(現代においては、役人が国家予算を相場投機で殖やす
のは、道徳のみならず法的に認められるものではないが)、またこの
ような手法はかつての田沼意次を思い起こさせるようなものであり、
このため意次を毛嫌いしていた定信とは折り合いが悪かった。定信は
自伝『宇下人言』において敢えて名を呼ばず「長谷川某(なにがし)
」とまで記し、功績は認めたものの「山師などと言われ兎角の評判の
ある人物だ」と述べたほどであった。また前述のように清廉潔白とい
うわけでもなかったので『よしの冊子』(定信の元に集まってきた隠
密情報を整理した文書)によると「長谷川平蔵のようなものを、なん
で加役に仰せ付けるのか」と同僚の旗本たちは口々に不満を訴えたと
いう。

寛政元年(1789年)4月、関八州を荒らしまわっていた大盗、神道(真
刀・神稲)徳次郎一味を一網打尽にし、その勇名を天下に響き渡らせ
る。また、寛政3年5月3日(1791年6月4日)には、江戸市中で強盗及び
婦女暴行を繰り返していた凶悪盗賊団の首領・葵(あおい)小僧を逮
捕、斬首した。逮捕後わずか10日という異例の速さで処刑している。

非常に有能だが幕閣(特に前述の定信)や同僚からはあまり信頼され
ていなかったようで出世はままならなかったが、的確で人情味溢れる
仕事振りに庶民からは「本所の平蔵さま」「今大岡」と呼ばれ、非常
に人気があった。宣以も出世できないことを愚痴っていることもあっ
たが「越中殿(定信)の信頼だけが心の支え」と勤務に励んでいたと
いう。

寛政7年(1795年)、8年間勤め上げた火付盗賊改役の御役御免を申し
出て、認められた3ヵ月後に死去した。死の直前、11代将軍・家斉から
懇ろな労いの言葉を受け、高貴薬「瓊玉膏」(けいぎょくこう)を下
賜されている。東京都新宿区須賀町の戒行寺に供養碑がある。戒名は
「海雲院殿光遠日耀居士」(かいうんいんでんこうえんにちようこじ
)。長谷川家の家督は嫡子長谷川宣義が継いだ。

なお、長谷川宣以の住居跡には数十年後に江戸町奉行となる遠山景元
が居を構えた。

[フィクションにおける長谷川平蔵]

池波正太郎の小説『鬼平犯科帳』、およびそれを原作としたテレビド
ラマの主人公として知られている。『鬼平』における人物像について
は、鬼平犯科帳の登場人物を参照。

テレビドラマ版で長谷川平蔵を演じた俳優には、八代目・松本幸四郎
、丹波哲郎、萬屋錦之介、二代目・中村吉右衛門がおり、二代目・吉
右衛門は平蔵のイメージを最も忠実に演じたと評され長く演じた。

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

長谷川宣以の本
自己啓発書のベストセラー

——————————

★☆「keiko通信 from NewYork」☆★

「ハロウィーン」

アイルランド移民と共にアメリカでも始まったハロウィーン、10月31
日はハロウィーンを祝う日です。

子供のいる家庭では10月になればオレンジ色のカボチャをくりぬい
て作った「ジャック・オー・ランタン」を窓際に飾り始めます。

この時季はカップケーキ、ドーナツ、コーヒーにもカボチャ味のもの
が販売され、レストラン、カフェはオレンジ色にデコレーションされ
ます。

先日、可愛らしいカボチャのイヤリングをつけている人とすれ違いま
した。

学校ではコスチュームをつけてのパーティーが行われ(怖いマスクは
禁止)、夜は誰でも参加できるビレッジ・ハロウィーンパレードは有
名。ナイトクラブでは大人の仮装パーティーも行われます。

keiko

■「まぐまぐ!かんたんクリック投票」メッセージより

★住吉さん、メッセージ有難うございます。

メッセージ:いつも、金言を紹介してくれてありがとう。それにして
も、忙しい中、えいちゃんは勉強家だなあ!すごい!

★宮さん、子供に限らず能力を伸ばす秘訣が簡潔に書かれている名文
だと思います。これからも宜しくお願い致します。

メッセージ:毎週楽しみに、読ませて頂いています。先週の「子供が
育つ魔法の言葉」のお礼が遅くなり、今日になりました。職場で今、
小学生の母親が子育てで悩んでいる母親が、いるところに「魔法の言
葉」を紹介したら、大変元気つけられたと喜んで貰えました。
有難う御座いました。
これからも皆様が元気を貰える「言葉」の発信をよろしくお願いしま
す。

★A.Mさん、長文のメッセージ有難うございます。何事もやり過ぎは弊
害が多いということですね。参考にさせて頂きます。

メッセージ:滋賀のA.Mと申します。

「名言集」vol.0703 森信三 を読ませていただきました。
立腰とは、
一、まず尻をウンと後に引く
二、つぎに腰骨(お尻のやや上方)の中心をウンと前へ突き出す
三、軽くアゴをひき、下腹に力を入れ、持続させる
と記載されておりました。

私が高校で弓道を始めたのが1970年頃だったと思いますが、その中で
「胴造り」という動作の方法が上記のようであったと記憶しておりま
す。

両足を肩幅よりやや広く開いて、立った状態の姿勢です。
練習が終わると、リキミからか腰骨が痛くなっていました。

部員数の少ない同好会でしたので、自分だけの痛みと思っておりまし
たが、数年後に他校の部員とお話をしましたら、多くの方が、腰痛が
原因でクラブを辞めていったとか・・・。

現在の指導では、
「両脚の上に上体を正しく安静に置き、腰を据え、左右の肩を沈め、
脊柱および項を 真っ直ぐに伸ばし、総体の重心を腰の中央に置き、
心気を丹田に納める動作である。」になっています。

小生の勘違いかも知れませんが、ふと思い出しましたので、記載いた
しました。「立腰」をされた後、腰に痛みが残るようであれば、長く
続けられない方が良いと思います。私はそれがきっかけかどうか解り
ませんが、その部位が今も痛いです。

当家にもポメラニアンがいます。
年は・・・・5歳だったかな?男の子でポーちゃんと言います。
体重は、太っているのに2.8kgしかありません。
鼻炎持ちの、ビビリ症ですが、春と秋に「豆柴カット」にする散髪が
楽しみです。

ではでは、失礼します。

※皆さんからのご意見・ご要望をお待ちしております。

★ちょっと一言!

※やっと一連の出張も終わり一段落、と言いたいところですが仕事が
溜まってしまいました。11月5日には札幌で仕事の講習会があります。

早いものですね。もうすぐ11月です。旭川には雪も降り、日毎に寒さ
が増して暖房の欠かせない季節になりました。
体調は如何でしょうか?源太はいつも元気です♪
お元気で毎日をお過ごしくださいね。

源太は我が家の愛犬です。

★皆さんのメールが何よりの励ましです。
出来る限り、お返事は差し上げますのでお気軽にメールして下さい。
当メルマガで掲載させていただくこともありますが、匿名希望と書いて
いただければ実名を出すことはありません。

まずは自分自身を信じ、愛することから始めよう!

■今号はいかがでしたか?
面白かった、役に立ったと思った方は是非ワンクリックをお願いします!
⇒ http://clap.mag2.com/sloulaiphu

========================================

☆お勧めの「無料レポート」大公開☆

◆先人の知恵に学ぼう!驚くほど役に立つ「名言集」part1◆
※今まで、メルマガでご紹介したvol.創刊号1~vol.50までの「名言」
を素敵な「名言集」に仕上げてレポートにしました。
⇒ http://maxim.no1wizard.com/page-34

========================================

編集後記+++++++++++++++++++++++++++++

世の中には人間の一生をも左右してしまうような、心の底から魂を揺さぶら
れるような素晴らしい金言や格言が数多くあります。
あなたも辛い時や悲しい時、何気ない一言で勇気づけられた経験はないだろ
うか?

仕事をしながらメルマガを発行しようと決意したのは、そういう名言の数々
を一人でも多くの方々に紹介したいと思ったからです。
今までの仕事だけの人生に物足りなさを感じていたということもあります。

「生きることとは自分自身を表現することである!」と言ったのは誰だった
ろう?自分自身を表現することにより、ほんの少しでも周りの人たちを幸せ
にするお手伝いが出来れば望外の幸せです。

+++++++++++++++++++++++++++++++++

ここまでお読み頂きありがとうございます。
皆さまからのご意見・ご感想をお待ちしています。

豊かで、より良き人生を共に歩んで行くことが出来ますように!

========================================
※メルマガ解除はご自身でお願い致します※
★まぐまぐ ≫ http://www.mag2.com/m/0000147942.html
★melma ≫ http://www.melma.com/mag/95/m00131695/
★ミニまぐ ≫ http://mini.mag2.com/pc/m/M0038759.html
———————————————————
-先人の知恵に学ぼう!驚くほど役に立つ「名言集」-

■発行者 ≫ 宮口栄治
■連絡先 ≫ lupin2936★yahoo.co.jp (★→@)
■H.P ≫ 先人の知恵に学ぼう!驚くほど役に立つ「名言集」
■H.P ≫ 北海道の魅力
■H.P ≫ 旭川時事英語研究会
●ウェブログ ≫ Miyaguchi Diary
———————————————————

 - 日本人の名言, 長谷川宣以

スポンサードリンク

スポンサードリンク

  関連記事