日本人の名言 金子みすゞ

私が両手をひろげても、お空はちっとも飛べないが・・・ / 金子みすゞ

投稿日:2015年5月22日 更新日:

Sponsored Links

2015.05.22-Vol.0681
—————————————————————–
■先人の知恵に学ぼう!驚くほど役に立つ「名言集」■
—————————————————————–
★今日の名言★
===================================

【私と小鳥と鈴と】

私が両手をひろげても、
お空はちっとも飛べないが、
飛べる小鳥は私のやうに、
地面(じべた)を速くは走れない。

私がからだをゆすっても、
きれいな音は出ないけど、
あの鳴る鈴は私のやうに、
たくさんな唄は知らないよ。

鈴と、小鳥と、それから私、
みんなちがって、みんないい。

<金子みすゞ>

180px-Kaneko_Misuzu

===================================

◆一口豆知識◆◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇広辞苑より◇◇◇◇

相異(そうい)・・・たがいに異なっていること。

相違(そうい)・・・たがいに違っていること。一致しないこと。ちがい。

===================================

【わたしと小鳥とすずと】

わたしが両手を広げても、
お空はちっともとべないが、
とべる小鳥はわたしのように
地べたをはやくは走れない。

わたしがからだをゆすっても、
きれいな音はでないけど、
あの鳴る鈴はわたしのように
たくさんのうたは知らないよ。

すずと、小鳥と、それからわたし、
みんなちがって、みんないい。

これね、
ADHD(注意欠陥・多動性障害)
と診断された息子が小学生のとき、
一生懸命に暗唱の練習をしていた
金子みすずさんの詩。

「ママ、聞いて! ボク、頑張るから」

息子が言っているのはもちろん、
「暗唱を頑張る・・」という意味。

でも、当時の私には
「皆とは違うけど、ボク、頑張って生きるから」
というふうに聞こえて仕方が無かった。

毎日、毎日顔を合わせると
この言葉を皮切りに暗唱の練習が始まる。

何度繰り返しても
思うように覚えられない息子。

それでも「なんかねー、スキなの。このお話し」
と笑顔で繰り返す。

毎日毎日繰り返される詩の朗読。

少しは慣れてもいいはずなのに、
いつも涙が溢れ出す。

「なんで泣くの?」と不思議がる息子に
「ママはこのお話しが大好きなの。
それをさ、毎日一生懸命聞かせてくれるから
嬉しくて泣いちゃうんだよ。ありがとうね」
と答える私。

今まで、
ほんのチョット活動的だと思っていた息子が、
ふとした事をきっかけに病名を付けられ、
障害児との判断を下された。

見た目には何ら他の子と変わらない。
言葉も話せれば絵も描ける・・・

何を基準にそんな事を言うのかと
教育関係者に食って掛かった事もある。

夫、学校の先生、医療スタッフ・・
誰の話も耳に入らない中で、
それでもまだ誰かに救いを求めていた私は、
公的相談機関に電話を掛けた。

何を相談したいのかさえわからない。

何かを聞いてもらいたいわけでもなかったけど、
ただ何らかの救いを求めて握った受話器。

その向こうで、同年代の男性相談員が
きっぱりとした口調でこう言った。

「お母さん、例え誰がなんと言おうと
あなたが諦める必要はないんだよ。

お子さんに可能性を信じさせてあげられるのは
お母さん、あなたなんだよ」

泣いたなぁ、この時も。

自分で電話を掛けたのに、
何かを口にしたくても言葉にならない。

溢れ出すのは大きな嗚咽。

この言葉が欲しくて
あちこち相談しまくってたんだわ、きっと。

「この薬で覚醒させましょう」とか、
「こういう遅れは仕方ありません」とか、
「お母さんの責任では有りません」・・とか。

私が欲しかったのはそんな言葉じゃない。

「人に言われただけで、なんで諦めちゃうの?」
という単純で重みのある前向きな言葉。

障害児という判を押されただけで、
出口のわからない迷路に
置き去りにされたような気がして苦しかったけど、
よーく考えたら見えてきた。

障害児と診断される前と後で
息子は何一つ変わっていない。

診断される前は、
めっちゃくちゃ元気で、
人懐っこくて可愛い
と思えていた息子の長所。

それが診断された途端、
多動で落ち着きが無い・・
人との距離感が保てない・・
なんて短所に見えて不安になる。

『思考』ってある意味恐ろしい。

誰かの些細な一言で、
今までと真逆の見え方になる。

だとしたら・・・

今を辛く捉えている人へ、
前向きな言葉を届けることで、
少しは楽になるのかも・・・
少しは一息つけるかも・・・

「障害は個性」というならば、
いつかこの「障害」という言葉自体を、
素敵な言葉に塗り替えたい。

今日は畑でカラフルなコーンをほぐして
遅すぎる種まきの準備をしていた私。

1本のコーンにびっしり並ぶ色とりどりの小さな粒。

「コーンは黄色でしょ!」

一般常識を見事にぶち破るこの子達を見ていたら、
ちょっと昔のことを思い出しちゃいました。

息子?

その人並外れた行動力と、
コミュニケーション能力を買われ、
今は一部上場企業で活躍中。

あの頃涙に暮れていたのが嘘の様。

「みんな違ってみんないい」

無邪気な息子が教えてくれた
私の中に深く根ざしている言葉。

違うのは当たり前、
そうじゃなきゃ、気持ち悪いでしょ。

なのにどうして
「同じでなくっちゃ・・」
そんな風に思っちゃうんでしょうね。

Miecoさんのメルマガ

★ ★ ★

※喫煙室(雑談コーナー)

今日は、Facebookの友人 Mieco Lnumaさんが5月19日に投稿された体験
談を、承諾を得てそのまま転載させて頂いた。

この相談員の方の「お母さん、例え誰がなんと言おうと、あなたが諦
める必要はないんだよ。お子さんに可能性を信じさせてあげられるの
は、お母さん、あなたなんだよ。」と、その一言がMiecoさんの心の琴
線に触れ、大きな気付きを得られたそうである。

「みんな違ってみんないい」「障害は個性」・・・素敵な言葉である。

Miecoさんの障害児(普通の子と違う)と言われた息子さんの可能性を
信じ続ける勇気と信念、そして大きな愛情が息子さんの個性を伸ばし大
きな人間に育て上げたのである。

Miecoさんのご主人が大病を患った時にも、夫婦間臓器移植という大き
な勇気ある決断をされたそうである。

それにしても、医師の診断と言葉の重みを考えずにはいられない。逆
に言うと、私達は余りにも症状についての病名を知りたがる傾向があ
りはしないか?原因が分からないことが不安なのである。

安易な言葉が人の一生を左右することがある・・・しかし、それをど
う受け取るかは私たち自身の判断に委ねられているのである。

紙面の都合上、多くを書けないのが残念である。

☆——————————☆

金子みすゞ

金子 みすゞ(かねこ みすず、1903年(明治36年)4月11日 – 1930年
(昭和5年)3月10日)は、大正時代末期から昭和時代初期にかけて活
躍した日本の童謡詩人。本名、金子 テル(かねこ テル)。

大正末期から昭和初期にかけて、26歳の若さでこの世を去るまでに500
余編もの詩を綴ったとされる。1923年(大正12年)9月に『童話』『婦
人倶楽部』『婦人画報』『金の星』の4誌に一斉に詩が掲載され、西條
八十からは「若き童謡詩人の中の巨星」と賞賛された。

[作品]

代表作には「私と小鳥と鈴と」や「大漁」などがある。
仙崎は古くから捕鯨で成り立っていた漁師の村であった。鯨に対する
畏敬の念から鯨墓が存在する。金子みすゞは鯨の供養のために、鯨法
会をする地域の慣わしに感銘し「鯨法会」という作品を書いている。
自然とともに生き、小さないのちを慈しむ思い、いのちなきものへの
優しいまなざしが、金子みすゞの詩集の原点とも言われ、「お魚」「
大漁」などに繋がっている。<後略>

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

金子みすゞの本
自己啓発書のベストセラー

——————————

★☆「keiko通信 from NewYork」☆★

「個展」

MoMA(近代美術館)で 故ジョン・レノンの奥様でアーティスト、オ
ノ・ヨーコさんの「ワン・ウーマン・ショー」が開催中です。

期間は5月17日から9月7日まで。

ニューヨーク、東京、ロンドンと拠点を移動して活動を続け、床に置
いたキャンバスを来場者が踏みつけて完成させる作品。

床に座るオノ・ヨーコさんの服を観客がはさみで切るパフォーマンス
など、彼女独自の表現された個展は入場料が大人25ドル。

でも、金曜日4時から8時は入場料無料なので是非お勧めいたします。

Keiko

■「まぐまぐ!かんたんクリック投票」メッセージより

メッセージ:

日々のたゆまぬ努力が必要なことは痛感しています。そして、それが
出来ない自分を日々叱咤激励しています。現在、64歳、それなりに努
力したという気持ちもあり、もっともっと努力が出来たはずという反
省もあります。その両方が現在の自分だと思います。『言うは易し、
行うは難し』不断に自分を前進させるMotivation を、どう取り込んで
行けるか?に腐心しています。名言もその一つです。

宮口さん、何時も名言集の送付有難うございます。

※シカゴ在住の山下さんからメールを頂きました。
いつもご愛読ありがとうございます。
挫折や悩みは幾つになっても無くなることはないのでしょうね。
今は成功されている山下さんにして然り・・・今でも成長するための
自己啓発と努力を続けられていることに頭が下がります。

★ちょっと一言!

※Miecoさん、素敵なお話を有難うございます。
これからもF.Bでのお付き合い、どうぞ宜しくお願い致します。

皆さん、お元気ですか?

昨日は源太の10歳の誕生日でした。
人間でいえば何歳になるのでしょうね~?
もう既に還暦を過ぎているのでしょうか?
源太、一緒に暮らしてくれてありがとう♪
勿論、・・・愛妻にも感謝してますよ^^;

源太は我が家の愛犬です。

★皆さんのメールが何よりの励ましです。
出来る限り、お返事は差し上げますのでお気軽にメールして下さい。
当メルマガで掲載させていただくこともありますが、匿名希望と書いて
いただければ実名を出すことはありません。

まずは自分自身を信じ、愛することから始めよう!

■今号はいかがでしたか?
面白かった、役に立ったと思った方は是非ワンクリックをお願いします!
⇒ http://clap.mag2.com/sloulaiphu

========================================

☆お勧めの「無料レポート」大公開☆

◆先人の知恵に学ぼう!驚くほど役に立つ「名言集」part1◆
※今まで、メルマガでご紹介したvol.創刊号1~vol.50までの「名言」
を素敵な「名言集」に仕上げてレポートにしました。
⇒ http://maxim.no1wizard.com/page-34

========================================

編集後記+++++++++++++++++++++++++++++

世の中には人間の一生をも左右してしまうような、心の底から魂を揺さぶら
れるような素晴らしい金言や格言が数多くあります。
あなたも辛い時や悲しい時、何気ない一言で勇気づけられた経験はないだろ
うか?

仕事をしながらメルマガを発行しようと決意したのは、そういう名言の数々
を一人でも多くの方々に紹介したいと思ったからです。
今までの仕事だけの人生に物足りなさを感じていたということもあります。

「生きることとは自分自身を表現することである!」と言ったのは誰だった
ろう?自分自身を表現することにより、ほんの少しでも周りの人たちを幸せ
にするお手伝いが出来れば望外の幸せです。

+++++++++++++++++++++++++++++++++

ここまでお読み頂きありがとうございます。
皆さまからのご意見・ご感想をお待ちしています。

豊かで、より良き人生を共に歩んで行くことが出来ますように!

========================================
※メルマガ解除はご自身でお願い致します※
★まぐまぐ ≫ http://www.mag2.com/m/0000147942.html
★melma ≫ http://www.melma.com/mag/95/m00131695/
★ミニまぐ ≫ http://mini.mag2.com/pc/m/M0038759.html
———————————————————
-先人の知恵に学ぼう!驚くほど役に立つ「名言集」-

■発行者 ≫ 宮口栄治
■連絡先 ≫ lupin2936★yahoo.co.jp (★→@)
■H.P ≫ 先人の知恵に学ぼう!驚くほど役に立つ「名言集」
■H.P ≫ 北海道の魅力
■H.P ≫ 旭川時事英語研究会
●ウェブログ ≫ Miyaguchi Diary
———————————————————

Sponsored Links

-日本人の名言, 金子みすゞ

執筆者:

「名言集」記事一覧

Sponsored Links