先人の知恵に学ぼう!驚くほど役に立つ「名言集」

驚くほど役に立つ「名言集」では、世界の名言・金言・格言・故事・ことわざをご紹介します。

わが国は、このように小さくて資源が何もないんです・・・ / リー・クアンユー

      2015/08/14

2015.03.27-Vol.0673
—————————————————————–
■先人の知恵に学ぼう!驚くほど役に立つ「名言集」■
—————————————————————–
★今日の名言★
=============================================

わが国は、このように小さくて資源が何もないんです。

ですから外国からきていただいたり、

工業国家になる以外に生きていく道がなかったんです。

資源が何もないことが、ここまできた秘密なんです。

<リー・クアンユー>

リー・クアンユー

=============================================

◆一口豆知識◆◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇広辞苑より◇◇◇◇

資源(しげん)・・・

生産活動のもとになる物質・水力・労働力などの総称。

=============================================

※喫煙室(雑談コーナー)

3月23日、シンガポール「建国の父」といわれるリー・クアンユー元首
相が亡くなられた。享年91歳である。

国民に絶大な人気を誇り、世界中の指導者からも尊敬を集めているリ
ー・クアンユーだが、そのずば抜けた慧眼と知見・戦略的思考が現在
のシンガポールを東南アジア随一の豊かさに押し上げてきたのである。

東南アジアで国土も資源もない小国シンガポールに半ば強権的な政治
手法を用い、「開発独裁」と揶揄されているが独裁政権下ながらも経
済的繁栄を実現した稀代のリーダーであることは誰もが認めるところ
である。

異論を許さない独裁的な政治手法に批判があることは分かっている。

イギリスの植民地下にあったシンガポールが日本軍に占領された三年
半の間に受けた彼の過酷な境遇は、その思想に大きな影響を及ぼすこ
とになる。

彼の政治手法には、この時期に日本軍から受けた虐待や様々な経験か
ら導き出されたものが色濃く影を落としているのである。

リー・クアンユー氏の国葬は、3月29日の午後2時(現地時間)からシ
ンガポール国立大学の講堂で執り行われる。

心からのご冥福をお祈りしたい。

時事通信社による中曽根元首相のコメントを転載させていただく。

「類いまれな先見性と指導力をもって祖国シンガポールの発展と東南
アジア諸国連合(ASEAN)の進展をけん引し、世界におけるアジアの発
言力を強化した」

「世界が変化する激動の時代だけに指導者を失うことは誠に残念だ」

以下、リー・クアンユー元首相が語った名言である。

「政治面でアジアが一つにまとまるのは100年経っても不可能だろう
。しかし、経済面で一つになる時間は数十年もかからないだろう」

「民衆を喜ばせるには二つの方法がある。1つは満足な衣食住を与え
てやること、もう1つは輝かしい未来への展望を与えてやることだ」
(1965年のオーストラリア外遊中)

「シンガポールの統治はトランプ遊びといった軽いことではない。一
生を懸けて築き上げた国を、私の目の黒いうちは誰にも壊すことはで
きない」(1980年の国連演説)

「高学歴の女性こそたくさんの赤ちゃんを出産し、国家の出生率を下
げないように努力すべきだ」(1983年の建国記念集会)

「たとえ墓に埋葬されたとしても、シンガポールの未来が間違った方
向に行こうとすれば私は立ち上がるだろう!」
(Even if you lower me into my grave, and I feel something is
going wrong I WILL GET UP!)(1988年の建国集会)

「ヨーロッパ型の民主主義は、アジアでは安定した政治成果を残さな
い」(1990年のシンポジウム)

☆——————————☆

リー・クアンユー

リー・クアンユー(英語: Lee Kuan Yew, 中国語: 李光耀、1923年9月
16日(旧暦8月6日) – 2015年3月23日)は、シンガポールの政治家、
初代首相。首相退任後、上級相、内閣顧問を歴任した。

初代首相就任以降、長期にわたり権威主義的政治体制、いわゆる「開
発独裁」を体現し、独裁政権下ながらシンガポールの経済的繁栄を実
現した。

<中略>

[首相時代]

1965年8月9日に、マレーシア議会は、マレーシアの州としてのシンガ
ポールとの関係を断ち切る決議を可決し、これにより独立国家として
のシンガポールが成立した。天然資源の欠乏や水源の乏しさ、国防能
力の脆弱さなど、リーとシンガポール政府が取り組まなければならな
い問題は山積していた。

自叙伝によると、リーはマレーシア時代に不眠症に悩まされ続け、シ
ンガポールの独立直後は病に倒れたこともあったという。

イギリスのハロルド・ウィルソン政権で高等弁務官を務めていたジョ
ン・ロブから、シンガポールの国家としての資質について懸念された
こともあったが、その際リーは「シンガポールについて心配する必要
はありません。われわれは、どんな苦境に置かれたとしても正気でい
られる理性的な者たちです。われわれは、政治というチェス盤の上で
どんな行動を起こす際も、可能な結果を全て導き出します」と国家運
営に関する自信を述べている。

シンガポールは、独立国としての国際的な認知を広めるための活動を
開始し、1965年9月21日に国際連合に加盟し、1967年8月8日には他の東
南アジア4カ国と共に東南アジア諸国連合 (ASEAN) を設立した。1973
年5月25日にはリーがインドネシアを訪問し、以降インドネシアとは良
好な関係を築く。

シンガポールには移民の同化対象となる優位な文化がなかったことか
ら、リーをはじめとするシンガポール政府は、1970年代から1980年代
にかけてシンガポール独自のアイデンティティーを創り上げる運動を
行った。

宗教的な寛容性と人種的な調和を維持することの重要性を強調し、宗
教的な暴力や民族のアイデンティティーを刺激する言動など、宗教・
人種によって引き起こされると考えられるあらゆる脅威に対処するた
めの法律を制定した。多数の死傷者を出した天安門事件(六四天安門
事件)の際には、中国共産党による鎮圧に対して「私でも同じことを
したであろう」と述べ、個人として「歓迎の意」を表明した。

<中略>

[晩年]

2011年5月14日には上級相のゴー・チョクトンと共同で閣僚ポストから
退く意向を表明した。

(今回の選挙で)われわれは新しい政治的状況を知るに至り、そして
それがどのように未来に影響を与えるか考慮しました。われわれはシ
ンガポールの発展に貢献しました。複雑で難しい状況の中、シンガポ
ールをさらに前進させる若者たちの時代がやって来たのです。首相や
彼を支える若い世代のリーダーは、新鮮でクリーンな基盤を持つべき
です。若い世代は、汚職がなくしかも実力主義(知的エリート階級の
)の政府を持つこと、加えて高い生活水準を享受すること以外にも、
自分自身に影響を及ぼす決定により多く携わりたいと願っています。
重要な分岐点となる今回の選挙の後、 私たちは、内閣を去る決意をし
ました。そして、完璧に若返った内閣に、未来のシンガポールを形作
りつつあるこの若い世代と前進してもらうことにしました。
しかし、この若い内閣たちは古い世代のためにも存在していることを
忘れてはいけません。この古い世代は、シンガポールに貢献してきた
のであり、十分に省みられなければなりません。
<リー・クアンユー、ゴー・チョクトン共同辞任声明>

2015年3月17日に肺炎のため同年2月15日から入院中だったが、感染症
により容体が悪化したと報じられた。

2015年3月23日、シンガポール首相府より死去したことが発表された。
91歳没。<抜粋>

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

リー・クアンユーの本
自己啓発書のベストセラー

——————————

★☆「keiko通信 from NewYork」☆★

「新しい生活」

別れや出逢いの季節、卒業進学就職の慌しい春。
寮、アパート、マンション入居、新生活が始まる季節ですね。

ニューヨークの家賃は決して安くはありません、ホテル滞在にしても
高額です。

アパートを借りる時はリース契約が必要で、厳しい審査が伴い年収や
クレジットヒストリーが必要になります。

アパートタイプは、
スタジオ   $1300~(一部屋)
1ベッドルーム $1600~
(1つの寝室にリビングルーム、キッチン、バスルーム)
2ベッドルーム $2000~
3ベッドルーム $2400~

キッチンには冷蔵庫、ガスレンジ、オーブンが必ず付いているので、
管理人が地下室で調節して入居当日から使用可能です。

ヤンキース時代にNYにお住まいだったイチロー選手の家賃は、月2万
3500ドルで6ベッドルーム、6.5バスルームもあるところでした。

Keiko

★ちょっと一言!

※皆さん、お元気ですか?

どうも忙しくてゆっくりと考える時間がありません。
一昨日まで富良野へ三日間の出張・・・やっと終わりました^^;
ストレス解消に美味しいものを沢山食べてきました^^v

源太は我が家の愛犬です。

 - リー・クアンユー, 外国人の名言

スポンサードリンク

スポンサードリンク

Message

  関連記事