日本人の名言 黒田博樹

40歳になりますし、あと何年野球ができるか分からない・・・ / 黒田博樹

投稿日:2015年2月27日 更新日:

Sponsored Links

2015.02.27-Vol.0669
—————————————————————–
■先人の知恵に学ぼう!驚くほど役に立つ「名言集」■
—————————————————————–
★今日の名言★
======================================

40歳になりますし、

あと何年野球ができるか分からないですし、

カープで野球をすることの方が1球の重みを感じれる。

<黒田博樹>

Kuroda

======================================

◆一口豆知識◆◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇広辞苑より◇◇◇◇

努力(どりょく)・・・

目標実現のため、心身を労してつとめること。ほねをおること。

======================================

※喫煙室(雑談コーナー)

私は野球を全く見ないので広島東洋カープのファンには失礼だが、黒
田投手のことは、ほとんど知らなかった。

2006年10月16日、FA移籍がスポーツ紙で話題になっていたシーズンの
終盤、広島市民球場に突如現れたファンからの贈り物、巨大垂れ幕は
語り草になっているが、この言葉が黒田選手の心を大きく動かすこと
になる。

「我々は共に闘って来た 今までもこれからも・・・
未来へ輝くその日まで 君が涙を流すなら 君の涙になってやる
Carpのエース 黒田博樹」

この感動的な言葉を目にした黒田投手はFA権を放棄して広島に残留。

「僕が他球団のユニフォームを着て、
広島市民球場でカープのファン、
カープの選手を相手にボールを投げるのが
自分の中で想像がつかなかった。」

「力が残っている時に日本に戻る。もちろん広島で。」

1年間のご恩返しをした後、上記の言葉を残してLAドジャースと契約を
交わし広島を去るが、黒田は何故かドジャースの提示した4年契約を断
り、3年契約(3530万ドル)を選択したという。

2012年にニューヨーク・ヤンキースに移籍したが、その時も単年契約
を希望したというのだ。

「怠けたくはない。登板するたびに自分を完全燃焼させたい。
期待に応えられない時の怖さを維持したい。」

という理由で・・・。黒田は常に引退を覚悟して投げたのである。

報道によると、ヤンキースの再契約の希望やサンディエゴの年棒1800
万ドルの提示を拒否して8年間に及ぶアメリカ米国生活に別れを告げ
古巣の広島に戻ることを決断したという。

なんと米国で提示された年棒の2割にも満たない4億円の1年契約だと
いうのだ。

「広島のユニホームを着て投げるのは
私の野球人生の最後の決断であり挑戦。」

使い古された言葉だが、なんとも男気のある痛快な生き方に拍手喝采
を送りたい。

☆——————————☆

黒田博樹

黒田 博樹(くろだ ひろき、1975年2月10日 – )は、大阪府大阪市出
身のプロ野球選手(投手)。広島東洋カープ所属。
父は元プロ野球選手の黒田一博。

<中略>

[人物]

・両親をガンで失ったため、癌の研究や啓発を行う活動に多額の寄付
をしており、ロサンゼルスのメディアに紹介されたこともある。父が
肺ガンになった際は入院先の広島に足しげく通い、メジャー挑戦を1年
先延ばしにしたのは父の闘病を支えたい気持ちが強かったというのも
理由のひとつだった。

・ドジャース時代にほぼ毎日キャッチボールを共にしたクレイトン・
カーショウと仲が良い。カーショウとは10歳以上の年齢差があり、国
籍や考え方、生活習慣も違ったが、お互いに尊重し合いながら成長し
ていったという。投球についてたびたび話し合うだけでなく、プライ
ベートでも頻繁に食事を共にしたり、プレゼントを贈り合ったりもし
ていた。

2011年にトレードでの移籍に心が傾いた際にもカーショウにだけ心境
を明かした他、この年ドジャースで最後の登板となった試合前にカー
ショウとキャッチボールをした際には、この年233イニングを投げたカ
ーショウは、既にシーズン最後の登板を終えてキャッチボールを禁じ
られていたためコーチたちに止められたが、「いいんだ、ヒロが先発
するんだから、僕がキャッチボールの相手をするのは当然だろう」と
してキャッチボールを続けたといい、カーショウはこの年最後のミー
ティングでも「ヒロに話しておきたい。ドジャースに来年も残ってほ
しいんだ」と話し、ミーティングが終わってロッカールームに戻った
黒田は感極まって泣いてしまったという。

この年のオフにFAとなり移籍先の球団を選んだ際には、「カーショウ
と投手同士としては対戦したくないな」という思いからナショナル・
リーグの球団への移籍は避けたという。2013年7月31日のドジャース戦
でカーショウとの対戦が実現した際には、試合はヤンキースが勝利し
たが、黒田が7回5安打無失点、カーショウが8回5安打無失点とそれぞ
れ好投し互いに勝敗はつかず、黒田は「カーショウなら仕方がないと
思ってましたし、こういう展開だとなかなか勝つチャンスがないと思
っていたんで、僕はもう常に0点に抑え続けるしかないかなと思ってま
した」、カーショウも「彼はアメリカン・リーグで最も良い投手のひ
とりだから負けるのは仕方がない」とそれぞれ語った。

・日本とはやり方の違うアメリカのトレーニングについて「アメリカ
に来たのでアメリカの野球を受け入れないと、自分のことも受け入れ
てもらえないと思った。こっちに来た以上はこっちのやり方も自分で
トライしてみないと。そういう姿勢というのは、みんなに伝わると思
う。アメリカの野球をしに来たので、調整法であれ、トレーニングで
あれ、一度受け入れることは大事」として積極的に取り入れ、「結果
も毎年良くなっているので、アメリカのやり方を信じてトライしたの
も僕にとっては良かった」と語っており、また、日本でプレーしてい
た頃は「練習や試合だけの日もあれば、ゆっくりする日もあるんだろ
うな」とメジャーについてのイメージを漠然と描いていたが、毎日の
ようにユニフォームを着て球場に行かなければならない実状を経験し
て、練習時間が長いと言われる日本のほうがむしろ「しんどくない」
と思ったという。そのため「日本と同じような調整では絶対に身体が
もたない」と思い、調整法を変えていくことに至ったという。

・高校時代、西郷隆盛が自らの甥市来政直に贈った漢詩の一節『雪に
耐えて梅花麗し』に感銘を受け、以来それを座右の銘としており、ヤ
ンキース時代の2012年のスプリング・キャンプのミーティングで各選
手の好きな言葉として黒田が紹介した。この言葉には主将のデレク・
ジーターや監督のジョー・ジラルディも共鳴したという。<抜粋>

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

黒田博樹の本
自己啓発書のベストセラー

——————————

★☆「keiko通信 from NewYork」☆★

2015年、凍えるような寒さの冬、今年もレストランウィークが始まっ
ています。(2月16日~3月6日)

これはマンハッタン市内にある300店あまりのレストランが参加して
高級レストランへ行けるチャンス、ニューヨーカーは楽しみにしてい
ます。

3コースプリフィックス ランチ$25、ディナー$38
ただし飲み物、チップ、消費税は含まれておりません。

今回は、どこの国のレストランに行こうか思案中の私です。

珍しい美味しいお料理を召し上がられた方、是非挑戦したほうが良い
メニューなど教えていただけないでしょうか?

Keiko

★ちょっと一言!

※皆さん、お元気ですか?

仕事が忙しくて、個人的にはちょっと大変です。
3月一杯は出張などが続きそうです。

源太は我が家の愛犬です。

Sponsored Links

-日本人の名言, 黒田博樹
-

執筆者:


comment

関連記事

その人がどれだけの人かは、人生に日が当たっていない時に・・・ / 勝海舟

2015.05.01-Vol.0678 ———————————&#8 …

わが行く道に茨多し / 武者小路実篤

★今日の名言★ ===========================================================  -人生についてー    わが行く道に茨多し     されど生命 …

理想は一人の青年の夢想ではなく・・・ / 南原繁

2017.02.17-Vol.0772 ———————————&#8 …

命はなぜ目に見えないか・・・ / 日野原重明

2017.07.28-Vol.0795 ———————————&#8 …

言葉というものには、強力な暗示力が固有されている・・・ / 中村天風

2014.06.13-Vol.0632 ———————————&#8 …

「名言集」記事一覧

Sponsored Links