先人の知恵に学ぼう!驚くほど役に立つ「名言集」

驚くほど役に立つ「名言集」では、世界の名言・金言・格言・故事・ことわざをご紹介します。

説明して相手がわからないのは、相手にわかるように説明できない自分の力不足です・・・ / 池上彰

      2015/08/14

2015.02.20-Vol.0668
—————————————————————–
■先人の知恵に学ぼう!驚くほど役に立つ「名言集」■
—————————————————————–
★今日の名言★
=========================================

説明して相手がわからないのは、

相手にわかるように説明できない自分の力不足です。

常にそういう気持ちで話せば、

「私の説明が支離滅裂でした」

という言葉が自然と出てくるはずです。

<池上彰>

IkegamiAkiraDyor

=========================================

◆一口豆知識◆◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇広辞苑より◇◇◇◇

支離滅裂(しりめつれつ)・・・

統一もなくばらばらに乱れて、筋道が立たないさま。
めちゃめちゃなこと。

=========================================

※喫煙室(雑談コーナー)

テレビや新聞・報道などマスメディアで大活躍の池上彰氏を知らない
人はいないだろう。

ニュース解説においては、氏の右に出る者はいないと言われるほど「
分かり易い解説」で定評がある。

池上氏は鋭い切り口で問題の本質を追求する反面、余り自分の意見を
前面に出すことは無いという。

この件については、「NHKの報道は客観的に公正、公平、中立でなけれ
ばならないと叩きこまれてきました。自分の意見は述べてはいけなか
ったんですね。NHKでずっとやってきたことが、民放テレビ局でビジネ
スとして成り立ったということですよね」と控えめに答えている。

ジャーナリストとしての池上氏の真骨頂ともいえる反骨精神が如実に
表れたのが「朝日新聞」への批判問題である。

池上氏自身がニュース解説のコラム「新聞ななめ読み」を連載してい
る「朝日新聞」の慰安婦問題の検証記事について、「朝日新聞は謝罪
するべきだ」とする批判記事の原稿を拒否された際に取った行動であ
る。

池上氏は、信念を曲げることなくコラム連載の中止を申し出たのであ
る。

この事件は反響が大きく、マスコミでも話題になり朝日新聞への批判
の渦が巻き起こることになる。

結果、朝日新聞は池上氏の原稿をそのまま掲載することになり、今年
1月から「新聞ななめ読み」の連載を続けることになったのである。

以下、池上彰氏の名言をご紹介したい。

「私は子供のころから就職して1~2年目まで、ずっと内気で引っ込
み思案でした。それがいまでは、国内外の様々な人に会って取材した
り、テレビに出たり。記者になって、存分に仕事をしたいという思い
が私を変えていきました。伝える力はいくつになっても伸ばすことが
できると強調したいです。」

「人は自分の話を聞いてもらうと、存外嬉しいものです。ましてや、
初めて会った人が自分の話を熱心に聞いてくれると、感動すら覚えた
りします。自分の話を聞いてくれる相手には当然、親しみを持つし、
好感度も増します。反対に、相手の話を聞くのも楽しいけれど、一方
的に聞かされると、苦痛になってしまいます。」

「話している内容が同じでも、伝える姿勢や態度によって、相手が受
ける印象は大きく異なります。たとえよいことでも、仏頂面で言って
は、相手は不愉快になるかもしれないし、自信なさげだったら相手の
心に届かないことも十分にあり得ます。」

「本は読みっぱなしにせず、実際に誰かに伝えてみることが一番有効
です。知識のない人間に、「そうだったのか!」と理解されるよう専
門情報を的確に簡便に伝えるのは案外難しいですよ。」

「教養を1人で身につけるにあたって、誰でもできるのは、本を読む
こと。読書です。NHKを辞めて独立したとき、肩書がない厳しさを
初めて味わいました。でもそのとき、記者時代に夜回りの合間などを
使って、本を読み、独学した英会話から経済学の古典に至るまでの様
々な教養が、自分の武器となりました。その後の執筆活動などにも大
いに役立ったのです。」

☆——————————☆

池上彰

池上 彰(いけがみ あきら、1950年8月9日 – )は、日本のジャーナリ
スト。東京工業大学教授、信州大学・愛知学院大学特任教授、京都造
形芸術大学客員教授、特定非営利活動法人「日本ニュース時事能力検
定協会」理事、毎日新聞「開かれた新聞」委員会委員。

かつてはNHKで、社会部記者やニュースキャスターを歴任。記者主幹だ
った2005年で退職したことを機に、フリーランスのジャーナリストと
して各種メディアで活動している。

[来歴]

[生い立ち]

1950年、長野県松本市に生まれ、東京都練馬区で育つ。父親は銀行員
。子供の頃の愛読書は『クオレ』だった。小学生の時に、地方新聞記
者の活躍を描いた『続地方記者』(1962年、朝日新聞社)と出会った
事と、東京都立大泉高等学校在学中に、広島抗争に於いて暴力団と対
決した中国新聞記者がモデルのドラマ『ある勇気の記録』(NETテレビ
(現・テレビ朝日))を観たことがきっかけで、記者を志すようにな
る。慶應義塾大学経済学部へ進学後、当時は学園紛争の真っ只中であ
ったが、自身が目の当たりにした紛争と、報道される内容とのギャッ
プに違和感を覚え、正しい報道をすべく実家の購読誌でもあった朝日
新聞社と、日本放送協会(NHK)への就職を希望した。しかし、「これ
からは、テレビの時代」と最終的に日本放送協会への入社を決める事と
なった。

[NHK時代]

1973年、日本放送協会(NHK)に記者として入局。同期にはアナウンサ
ーの宮本隆治、大塚範一がいる。入局当初から「初任地は小さな町で
」「通信部への転勤」を自ら希望し、松江放送局、広島放送局呉通信
部などで勤務した。1976年のロッキード事件ではNHKの全国各局から若
手記者が召集され、池上も松江放送局から取材の応援に加わった。ま
た、呉通信部勤務では取材中に暴力団に囲まれるという『ある勇気の
記録』さながらの体験もしたという。

1979年8月より東京放送局報道局社会部に異動し警視庁・気象庁・文部
省・宮内庁などを担当する。

1980年8月の新宿西口バス放火事件や、1982年2月のホテルニュージャ
パン火災、日本航空350便墜落事故、1983年5月に発生した日本海中部
地震でも、実際に事故や事件、震災の現場に自ら赴いた。1985年8月の
日航ジャンボ機墜落事故では、池上が都内で書いた第一報を当時の松
平定知が7時の定時ニュースで伝えている。この事故をテーマにしたド
ラマ『クライマーズ・ハイ』(2005年12月 NHK)で、劇中で使用され
た当時の実際のニュース映像中で取材中の池上を確認できる。

1989年4月から『ニュースセンター845』、1991年からは『イブニング
ネットワーク』のキャスターをそれぞれ担当する。前者では、番組の
最後に何気なくダジャレを交えることがあった。更に1994年から退職
する2005年まで『週刊こどもニュース』で、ニュースに詳しい「お父
さん」役として編集長兼キャスターを担当する。ニュースについての
解説本『これが「週刊こどもニュース」だ!』(2000年集英社文庫)も
注目を集めた。

2005年3月、定年前でNHKを退職しフリーランスのジャーナリストに転
進する。

<中略>

[人物]

読書や新聞スクラップ、地図収集が趣味で、海外に行くと必ずその国
の地図を購入する。下戸である。テレビ出演が多いが、「本が“本”
業」と述べており、「本“も”書いている」よりも「テレビ“にも”
出ている」と言われる方が嬉しいという。

宗教関連の本を多く執筆している。その本人は仏教徒であり、海外に
行く時は自らをそう名乗るという。

インターネットについては、情報収集の目的で積極的に活用する一方
で、比較的自身の露出には消極的な姿勢を取っている。『週刊こども
ニュース』のディレクターだった杉江義浩が運営する「池上彰ファン
クラブ」および同クラブの公式ウェブサイトを公認したり、インター
ネット向けにコラムを掲載したり、近年ではニコニコ生放送に出演す
るなど、表現の場として裾野は広げているが、個人として、公式ブロ
グやTwitter・Facebookの公式アカウント等は一切持っていない。その
一方で、中東調査会の会員として、同会を通じて得た中東関連の情報
を、解説や執筆の参考にしていることを『池上彰の経済教室』(テレ
ビ東京)などで明かしている。

ドイツの女性革命家ローザ・ルクセンブルクの言葉「両側から燃え尽
きるロウソクでありたい」を座右の銘としている。「全力でいろいろ
なことに当たりたい」という意味である。

NHK記者時代から、一貫して「難しく思われがちな社会の出来事を、な
るべく分かりやすく噛み砕く」というスタンスを持っており、ニュー
スや自著、番組内でのコメントなどでも、それはうかがえる。ほかに
も「国際問題は地図を見れば分かる」「歴史にif(イフ、意:もしも
)はない」という持論を繰り返し唱えている。『そうだったのか!池上
彰の学べるニュース』において、右翼・左翼といったデリケートな用
語の解説を行ったり、2010年の参議院選挙の特別番組『池上彰の選挙
スペシャル』において、日本遺族会や創価学会、日本教職員組合、全
特といった支持母体を取り上げたりしたこともある。

大平正芳を、特徴的な口調の「アー、ウー」を除いて記録すると、理
路整然とした文章となることを理由に、歴代で最も聡明な総理大臣と
して挙げている。また細川護熙首相であった当時、自らと同じく、新
聞スクラップが趣味であることに親近感を抱いていた。

朝日新聞阪神支局襲撃事件については、「政治や社会のあり方を批判
するのは、日本を良くしたいから。それを「反日」って何? 怖い時代
に入りつつあるのかな、と思ったよね」と、インタビューに答えてい
る。2008年5月3日の「第21回言論の自由を考える5・3集会」(朝日新
聞労働組合主催)では司会を務めた。

「売国」という言葉については、「日中戦争から太平洋戦争にかけて
、政府の方針に批判的な人物に対して使われた言葉。問答無用の言論
封殺の一環です」とし、少なくとも言論報道機関は使うべき言葉では
ないとしている。

[時事ニュース解説]

ニュース解説で多用する「いい質問ですねぇ!」は2010年、ユーキャン
の主催する「新語・流行語大賞」の上位10位入りした。池上によると
、この言葉が使われるケースは2つあり、1つは番組の流れ上、本来解
説したい話題から離れてきている時に、本筋に戻せるような質問がさ
れた時。もう1つは、質問そのものによって、池上自身がそのニュース
に対しての認識を新たにする場合である。梶原しげる(文化放送出身
のフリーアナウンサー)も、「素朴な疑問を投げかけてくれた聞き手
への感謝の言葉である」と分析している。

また梶原は、池上の話術の特徴として、「『アメリカは強いなあ』と
北朝鮮は心配した」などさまざまなものを擬人化した上で直接話法を
多用していること、さらに聞き手の好奇心を刺激し解説に引き込ませ
るために質問したくなる話を用意していることなどを挙げている。

自身の人気については「単なるバブル」と冷静に捉えつつも、「ニュ
ースを知ろうとするきっかけになったのであれば望外の喜び」として
いる。テレビでの解説は、最大公約数的にならざるを得ず、深く掘り
下げられないことは、本を執筆する動機になるとしている。テレビで
の解説は「起承転結」で言うところの「結」を最初に持ってくること
で、移り気な視聴者の興味を引くようにしているのに対し、講演会で
はじっくり聞いてもらうため、起承転結の通りに話すと述べている。

知人が検察審査会に選ばれた時に、その知人に頼まれて検察審査会に
ついて、本人曰く「テレビでやってるのと同じ」解説をした。これを
聞いた、劇団ひとりに「池上さん、プライベートでも解説してるんで
すか!?」と言われた。

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

池上彰の本
自己啓発書のベストセラー

※「ウィキペディア」の記事には非常に曖昧な表現を使った単なる言
葉の羅列のような表現が見られるものもあり、今回の池上彰氏の人物
評は非常に纏まりのない文章に見受けられる。どなたが書いたのであ
ろうか?池上氏の了解のもとで書かれているのだろうか?

——————————

★☆「keiko通信 from NewYork」☆★

「ジャパンウィーク2015」

グランドセントラル駅構内のバンダービルトホールでジャパンウィー
クが20日まで開催されています。

これは日本政府観光局が主催するプロモーション・イベントで日本文
化をニューヨーカーに知ってもらおうと企画されたものです。

3月に開通する北陸新幹線の紹介や日本独自の「デパチカ」スイーツ、日
本式結婚式の紹介、日本酒が好きな方が楽しめる酒バーに人気は集中。

そして1組のカップルに日本行き航空券が当たる抽選は誰もが望むとこ
ろです。

レストラン「酒蔵」では日本の銘酒が200種、お猪口で日本酒を飲む粋
なアメリカ人男性の姿は日本人に勝るとも劣らず素敵です。

Keiko

★ちょっと一言!

※皆さん、お元気ですか?

北海道の旭川にもやっと春の気配が感じられる季節になりました。
今でもインフルエンザが流行っているそうです。

2~3月と出張が多くなります。
メルマガ、続けられるように頑張りま~す。

私も源太も風邪をひきません!?
源太は我が家の愛犬です。

 - 日本人の名言, 池上彰

スポンサードリンク

スポンサードリンク

Message

  関連記事