先人の知恵に学ぼう!驚くほど役に立つ「名言集」

驚くほど役に立つ「名言集」では、世界の名言・金言・格言・故事・ことわざをご紹介します。

人の思いは、言葉に変わることで無駄にされているように、私には思えるのです / フローレンス・ナイチンゲール

      2015/08/14

2014.10.24-Vol.0651
—————————————————————–
■先人の知恵に学ぼう!驚くほど役に立つ「名言集」■
—————————————————————–
★今日の名言★
================================================

人の思いは、

言葉に変わることで無駄にされているように、

私には思えるのです。

それらは皆、結果をもたらす行動に変わるべきものなのです。

<フローレンス・ナイチンゲール>

I think one’s feelings waste themselves in words;
they ought all to be distilled into actions which bring results.

<Florence Nightingale>

Florence_Nightingale

================================================

◆一口豆知識◆◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇広辞苑より◇◇◇◇

結果(けっか)・・・

(1)実を結ぶこと。結んだ実。結実。
(2)〔哲〕原因によって生み出されたもの。また、ある行
為によって生じたもの。その生み出された状態。副詞的にも用いる。

================================================

※喫煙室(雑談コーナー)

Wikipediaによると、ナイチンゲールは「イギリスの看護師、社会起業
家、統計学者、看護教育学者。近代看護教育の母」と書かれているが
、私は「クリミア戦争で敵味方の別なく献身的に傷病兵の看護を果た
した看護婦」だということ以外は全く知らなかった。

他にも病院建築で非凡な才能を発揮したり、統計に基づく医療衛生改
革等の分野でも活躍したと書いてある。

ところで、私がいつも引用する「Wikipedia」だが、誰が投稿しても、
また他の方が投稿したものを改変しても良いことはご存じだろうか?

以前、ある著名な方に依頼されて、その人物評を書き変えたことがあ
るのだが、根拠のない噂や誹謗・中傷などの書かれた記事には特に注
意をして欲しいのだ。

勿論、著作権の侵害や中立性の問題など投稿に当たって色々な制約は
あるのだが、それでも余りにも酷い記事が氾濫してるのだ。

実は、ナイチンゲールの記事を読み進めているうちに腹が立ってきた
のだ。非常に読みづらい長文の文章である。

途中で何度読み返しても理解し辛い文章に出会い困惑している。

内容は理解出来るのだが、日本語としての文章が全くなっていないよ
うに思えるのだ。

私もよく誤字や脱字で指摘されることはあるが、何度か読み返して出
来る限り分かり易い文章を書くように努めているつもりなのだが・・
・。

☆——————————☆

フローレンス・ナイチンゲール

フローレンス・ナイチンゲール(Florence Nightingale、1820年5月12
日 – 1910年8月13日)は、イギリスの看護師、社会起業家、統計学者
、看護教育学者。近代看護教育の母。病院建築でも非凡な才能を発揮
した。クリミア戦争での負傷兵たちへの献身や統計に基づく医療衛生
改革で著名。

ギリシア哲学についても造詣が深く、オックスフォード大学のプラト
ン学者、ベンジャミン・ジョウェット(英語版)とも親しく交流した。

[人物]

裕福なジェントリの家庭である両親の2年間の新婚旅行中にトスカーナ
大公国の首都フィレンツェで生まれ、フローレンス(フィレンツェの
英語読み)と名づけられる。幼少期は、贅の限りを尽くした教育(フ
ランス語・ギリシャ語・イタリア語(姉妹とも読み書き話しができた
)、ラテン語(聖書や哲学の勉強の基礎となるものとして学ぶ)など
の外国語、ギリシア哲学(プラトン)・数学・天文学・経済学・歴史
(イギリス、外国)、美術、音楽、絵画、英語(英文法、作文)、地
理、心理学、詩や小説などの文学)が施される。しかし、慈善訪問の
際に接した貧しい農民の悲惨な生活を目の当たりにするうちに、徐々
に人々に奉仕する仕事に就きたいと考えるようになる。

<中略>

スクタリ病院の看護師の総責任者として活躍。後に判明することであ
るが、着任後に死亡率は上昇 (42%) したが、『衛生委員会』の査察で
衛生状態の改善により好転した。当時、その働きぶりから「クリミア
の天使」とも呼ばれた。看護師を「白衣の天使」と呼ぶのは、ナイチ
ンゲールに由来する。夜回りを欠かさなかったことから、「ランプの
貴婦人」とも呼ばれた。ナイチンゲール自身はそういったイメージで
見られることを喜んでいなかったようである。本人の言葉としては、
「天使とは、美しい花をまき散らす者でなく、苦悩する者のために戦
う者である」が知られる。

<中略>

ナイチンゲールのこうした態度に影響されてか否か、赤十字国際委員
会の創設者の一人であるアンリ・デュナンがナイチンゲールの活動を
高く評価していたため、委員会が「傷病者や障害者または紛争や災害
の犠牲者に対して、偉大な勇気をもって献身的な活躍をした者や、公
衆衛生や看護教育の分野で顕著な活動あるいは創造的・先駆的貢献を
果たした看護師」(全世界で隔年(西暦で奇数年)で50人以内)に対
して贈る記念章に名前を残している。なお、ナイチンゲールは赤十字
社活動には関わっておらず、むしろボランティアによる救護団体の常
時組織の設立には真っ向から反対していた。これはマザー・テレサと
同様、「構成員の自己犠牲のみに頼る援助活動は決して長続きしない
」ということを見抜いていたためである。そして「構成員の奉仕の精
神にも頼るが、経済的援助なしにはそれも無力である」という考え方
があったからだといわれている。

超人的な仕事ぶりと必要であれば相手が誰であろうと直言を厭わない
果敢な姿勢により、交渉相手となる陸軍・政府関係者はナイチンゲー
ルに敬意を示し、また恐れもした。オールド・バーリントン通りにあ
ったナイチンゲールの住居兼事務所は関係者の間で敬意と揶揄の双方
の意味を込めて「小陸軍省」 Little war office とあだ名された。

<中略>

彼女自身が看護師として負傷兵たちに奉仕したのはクリミア戦争従軍
時の2年間だけであり、むしろその象徴的献身や統計に基づく医療衛生
改革で名声を得た。クリミア戦争に従軍していた37歳(1857年)の時
に心臓発作で倒れてしまい、その後は慢性疲労症候群に由来すると考
えられる虚脱状態に悩まされた。死去するまでの約50年間はほとんど
ベッドの上で過ごし、本の原稿や手紙を書くことが活動の柱となった。

晩年は年老いた親の看病などに当たるが、1880年に母親が没したあと
は活動も少なくなり、1890年以降はずっと自宅にいることが多くなっ
た。1910年8月13日死去。

現在、聖トーマス病院にナイチンゲール博物館がある。

2007年、1890年にロンドンで蝋管に録音された肉声(内容はクリミア
戦争で戦った兵士達が無事に帰還できるよう祈るものである)が、東
大先端科学技術センターにより公開された。

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

フローレンス・ナイチンゲールの本
自己啓発書のベストセラー

——————————

★☆「keiko通信 from NewYork」☆★

「ビッグアップル・サーカス」

リンカーンセンターにBig Apple Circusがやってきていて、このサー
カスは毎年秋から冬にかけて行われています。

サーカステントが張られ、アクロバットをはじめ動物たちのショーが
繰り広げられます。

ピエロの笑いを誘う活躍は楽しみですが、動物たちの臭いは避けられ
ません。

子供達は大喜びでドキドキする体験ができるでしょう。

以前私が見たのはマジソンスクエアーガーデンでのサーカスを見たこ
とがあります。。

3カ所でショーが行われた広い場所。左を見ていれば中央と右がわから
なくなり、さすがアメリカのサーカスは規模が大きいと感じました。

・・・動物の臭いも強烈でした。
Keiko

★ちょっと一言!

※皆さん、お元気ですか?
今、富良野のホテルでこのメルマガを書いています。
もう暫くは忙しい日が続きそうです。

源太は我が家の愛犬です。

 - フローレンス・ナイチンゲール, 外国人の名言

スポンサードリンク

スポンサードリンク

Message

  関連記事