先人の知恵に学ぼう!驚くほど役に立つ「名言集」

驚くほど役に立つ「名言集」では、世界の名言・金言・格言・故事・ことわざをご紹介します。

ウイスキーの仕事は私にとっては恋人のようなものである / 竹鶴政孝

      2015/08/14

2014.10.10-Vol.0649
—————————————————————–
■先人の知恵に学ぼう!驚くほど役に立つ「名言集」■
—————————————————————–
★今日の名言★
=================================================

ウイスキーの仕事は私にとっては恋人のようなものである。

恋している相手のためなら、どんな苦労でも苦労とは感じない。

むしろ楽しみながら喜んでやるものだ

<竹鶴政孝>

竹鶴政孝p02_ph01

=================================================

◆一口豆知識◆◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇広辞苑より◇◇◇◇

熟成(じゅくせい)・・・

(1)十分に熟してできあがること。
(2)〔化〕(ripening)物質を適当の温度に長時間放置して化学変化
を行わせること。発酵やコロイド粒子の粒径の調節などにいう。
時効。
(3)動物体の蛋白質・脂肪・グリコーゲンんどが、酵素や微生物の
作用により、腐敗することなく適度に分解され、特殊な香味を
発すること。なれ。

=================================================

※喫煙室(雑談コーナー)

竹鶴政孝は、NHKの連続テレビ小説「まっさん」の主人公のモデルとな
ったニッカウィスキーの創業者である。

竹鶴氏の名言に以下のようなものもあるが、時代の先駆者たちに共通
した強烈な個性と信念の持ち主だったようである。

「ウィスキーでもそうだが、良い酒をつくるためには、
規模や設備では解決できないものがある。
熟成をじっくり辛抱して待つ精神や気質がないと、
決してよいものはできないというのが私の信念のひとつである。」

折しも、今回ノーベル物理学賞を受賞された3氏は受賞後の記者会見で
興味深いコメントを残している。

いずれも省エネで長寿命の照明に使われる青色発光ダイオード(LED)
を開発した功績を称えて授与されたものである。

名城大学終身教授の赤崎勇氏は、「やりたいことをやってきた」「一
人で荒野を行く心境だった」「実験に失敗はつきもので諦めたら元も
子もない。自分で経験することが力になる」、また多くの研究者が脱
落していくのを目の当たりにしながらも、「成否は考えていなかった
」「私はちっとも考えを変えず、自分がやりたいことをやってきた」
と。

カリフォルニア大学の教授を務める中村修二氏は、記者会見で「独創
的な研究には自由な環境が欠かせないが、日本には自由がない」と主
張し、青色発光ダイオードの発明の対価を巡り元の勤務先の日亜化学
工業との訴訟を繰り広げた苦い思い出から「原動力は怒り」だと強調
している。

一方、名古屋大学教授の天野浩氏は、「必ずできるとの信念があれば
、あとは諦めないことだ」、「実験が失敗するたびにめげたけど、下
宿に帰って寝て起きると新しいアイデアが出てきた。若いころはその
繰り返し」だったと述べている。

面白いことに、「忍耐力」・・・失敗をバネにする「絶対にあきらめ
ない心」と、必ずやり遂げるという「信念」、そして「楽しみながら
やる」ということが共通項として挙げられるのではないだろうか。

☆——————————☆

竹鶴政孝

竹鶴 政孝(たけつる まさたか、1894年6月20日 – 1979年8月29日)は
、広島県賀茂郡竹原町(現・竹原市)出身の日本の実業家。ウイスキ
ー製造者、技術者。会社経営者。ニッカウヰスキーの創業者であり、
「日本のウイスキーの父」と呼ばれている。

[人物概要]

竹鶴という苗字は、家の裏にあった竹林に鶴が巣を作ったことから由
来している。かつて親会社(アサヒビール)に完全子会社化されるま
で大株主になっていた元オーナー一族の竹鶴威は養子(実の甥)にあ
たる。

1929年、鳥井信治郎に招かれ寿屋(現在のサントリー)山崎蒸溜所初
代工場長として、日本初の本格スコッチ・ウイスキー製造を指揮。そ
の後、より本格的なスコッチの製造を指向して大日本果汁(現在のニ
ッカウヰスキー)を興した。あくまでも品質にこだわり続けた技術者
として知られる。

1962年、イギリスのヒューム副首相が来日した際、“一人の青年が万
年筆とノートでウイスキー製造技術の秘密を全部盗んでいった”とい
う意味の発言をしたといわれている。もちろんこれは竹鶴に対する賞
賛であった。このとき話題に出たノート(竹鶴ノート)はしばらく所
在不明であったが、のちに竹鶴が当時所属していた摂津酒造(1964年
10月、宝酒造に合併された)関係者の子孫が保存していることが分か
り、ニッカウヰスキーに寄贈された。

酒量はウイスキー1日1本。ニッカウヰスキーハイニッカを好んで飲ん
だ。ただし、晩年には3日で2本に減らしたという。

<後略>

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

竹鶴政孝の本
自己啓発書のベストセラー

——————————

★☆「keiko通信 from NewYork」☆★

「子育ての違い」

アメリカは子供を対象とした犯罪が日本より多いことが背景にある為
か子供を守る法律が厳しいです。

●子供が一人でバス・電車通学をする。
●子供だけで長時間お留守番をさせる。
●親が買い物中、車の中に子供を残し待たせる。

など日本では普通に行われているようですが、児童保護法違反になり
通報される場合もあります。

特に何歳からという規定も許可もあるわけではなく、中学生頃から一
人で留守番、外出を始めます。

それから、和室で親子が川の字に寝る日本人。これは仲良く微笑まし
い姿に思いますが、アメリカでは1歳を過ぎた頃には自分の部屋で寝か
せています。
Keiko

★ちょっと一言!

※皆さん、お元気ですか?

今週初めに旭川では初霜が降り、源太もビックリ!
いよいよ寒くなってきましたね。
ところで、3年振りの皆既月食は見られたでしょうか?昨夜は素晴らし
い満月でしたね。一転、今朝は荒れ模様の天気です^^;
季節の変わり目、お体を大切になさって下さいね。

源太は我が家の愛犬です。

 - 日本人の名言, 竹鶴政孝

スポンサードリンク

スポンサードリンク

Message

  関連記事