先人の知恵に学ぼう!驚くほど役に立つ「名言集」

驚くほど役に立つ「名言集」では、世界の名言・金言・格言・故事・ことわざをご紹介します。

怪物と戦う者は、そのあいまに自らも怪物と・・・ / フリードリヒ・ニーチェ

      2015/08/14

2014.09.26-Vol.0647
—————————————————————–
■先人の知恵に学ぼう!驚くほど役に立つ「名言集」■
—————————————————————–
★今日の名言★
==============================================

怪物と戦う者は、

そのあいまに自らも怪物と化さないよう気をつけなければならない。

深淵を長く覗き込む時、

深淵もまた等しくこちらを覗き返しているのだから。

<フリードリヒ・ニーチェ>

640px-Nietzsche1882

==============================================

◆一口豆知識◆◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇広辞苑より◇◇◇◇

深淵(しんえん)・・・

ふかいふち。比喩的にも用いる。「両者の間には-が横たわる」「心の-」

==============================================

※喫煙室(雑談コーナー)

[善悪の彼岸]
Jenseits von Gut und Bose

怪物と闘う者は、その過程で自らが怪物と化さぬよう心せよ。
おまえが長く深淵を覗くならば、深淵もまた等しくおまえを見返すのだ。
–146節

“Wer mit Ungeheuern kampft,
mag zusehn, dass er nicht dabei zum Ungeheuer wird.
Und wenn du lange in einen Abgrund blickst,
blickt der Abgrund auch in dich hinein.”

フリードリヒ・ニーチェ(1844年 – 1900年)ドイツの哲学者。
<wikiquoteより>

妙に心に響く恐ろしい響きを持った言葉である。

今日の名言は哲学者ニーチェの言葉だが、色々な所で紹介されている
のでご存じの方がいるかもしれない。

以前、有名になった話題作「羊たちの沈黙」を執筆した作家のトマス
・ハリスはFBI行動科学課の主任捜査官ロバート・K・レスラーに情報
を提供されたことによりこの種の作品を多く残すことが出来たと言わ
れている。

私が興味を持ったのは、数々の怪事件・難事件を解決したレスラーの
方である。

ロバート・K・レスラーは、FBIプロファイリングの技術を確立した人
物である。

このニーチェの名言は、異常犯罪者をプロファイリングしたロバート
・K・レスラーの座右の銘だったそうである。

「羊たちの沈黙」では、ジョディ・フォスターが行動科学課の捜査官
となり連続殺人犯にインタビューをする場面がある。

異常な凶悪犯罪者と対峙し、行動・心理を分析して人物像を描き出し
て犯人を特定していく手法の先駆者がレスラーなのである。

日本でも神戸連続児童殺傷事件で、日本の警察がレスラー氏にプロフ
ァイリングを依頼して犯人特定に非常に役立ったという。

しかし、異常犯罪者の内面深く入り込み、行動・心理を分析し理解し
ようと相手の懐に飛び込む訳で、余程強靭な精神力の持ち主で無い限
りシンパシーの効果で分析官自身の精神に害を及ぼす可能性も否定で
きないのである。

「怪物と闘う者は、その過程で自らが怪物と化さぬよう心せよ。
おまえが長く深淵を覗くならば、
深淵もまた等しくおまえを見返すのだ。」

・・・非常に深い意味のある言葉である。

☆——————————☆

ロバート・K・レスラー

ロバート・K・レスラー(Robert K. Ressler、1937年2月15日 – 2013
年5月5日 )は、アメリカ合衆国の元FBI捜査官。コンサルタント。司
法行動学研究所(FBS)所長。

[来歴]

1937年、シカゴ生まれ。9歳の時、ウィリアム・ハイレンズ(“リップ
スティック・キラー”の異名で知られる連続殺人犯)の事件に強く惹
かれ、犯罪捜査及び殺人者の心理に対して強い関心を持つようになる
。ミシガン州立大学、大学院を経て、アメリカ陸軍へ入隊。憲兵の指
揮官として過ごした後、FBI特別捜査官となる。1974年、クワンティコ
にあるFBI行動科学課の主任プロファイラーとして、大勢の凶悪犯と面
談して得た知識により数々の事件の解決に貢献。引退後は、法執行機
関のコンサルタントや裁判の専門家証人をする一方、司法行動学研究
所を設立。所長を務めている。

チャールズ・マンソン、ジョン・ウェイン・ゲイシー、リチャード・
チェイス、エドモント・ケンパー、ジェリー・ブルドス、ジェフリー
・ダーマー、デビッド・バーコウィッツ、テッド・バンディを初めと
する殺人犯たちと対談を行い、彼らの心理分析を行った。それらの対
談の様子は、レスラーの著書『FBI心理分析官』に収録されている。

1994年、著書『FBI心理分析官』が日本でベストセラーとなったことか
ら、1990年代半ばから後半にかけて、日本のテレビのワイドショーに
たびたび出演し、つくば市母子殺人事件、オウム真理教事件、神戸連
続児童殺傷事件など有名殺人事件のプロファイリングを行ない、日本
でもプロファイリングの手法とともに、レスラー自身の名も知られる
ようになった。近年も時折、日本のTV番組に出演している。

[プロファイリング]

1974年当時、設立されたばかりのFBI行動科学課において プロファイ
リング技術の確立に貢献。「シリアルキラー」(連続殺人犯)という
言葉を提唱して現在使われるようになった。作家のトマス・ハリスは
レスラーに情報を提供されたことにより『レッド・ドラゴン』『羊た
ちの沈黙』を執筆した。映画『コピーキャット』の題材にもなった。

[秩序型と無秩序型]

レスラーは、著書『FBI心理分析官』の中で、殺人を『秩序型』と『無
秩序型』の2つに分類している。秩序型の犯人は、事前に犯行計画を練
っており、自分の空想を現実にする。その空想は、何年も前から犯人
の頭の中で徐々に形作られていくという。秩序型犯罪の被害者の大半
は、犯人とは面識が無く、犯人にはたまたま狙われたという場合が多
い。特定の地域を歩いて、年齢、容姿、職業、髪形、生活様式が決定
的な要素となる。また、秩序型の犯人は、被害者を自分の思うままに
するため、謀略によって相手を騙すという手段を取ることが多く、口
が達者で、被害者を上手に誘い込むだけの高い知能を持っているとい
う。また、被害者を殺害する前に、会話をかわすなどして人間として
扱う。レスラーは、この類型をジョン・ウェイン・ゲイシーやテッド
・バンディに当てはめている。

一方の無秩序型は、被害者を気まぐれに選ぶ。殺す標的が、自分にと
って殺すのに危険を伴う、状況を思いのままに支配できない相手を選
ぶという。被害者の遺体を見ると、被害者が激しく抵抗したことを示
す防御創が見られる場合があるとレスラーは言う。また、無秩序型の
犯人は、被害者の人格には一切の関心を示さない。会話をかわさず、
すぐに相手の意識を失わせたり傷を付けたりして、人格を抹殺し、人
間扱いをしないことが多いという。この点も、秩序型の犯人とは大き
く異なる点である。秩序型の犯人の犯罪は計画的に行われるため、犯
行には犯人の論理が示されているが、無秩序型の犯人の犯行には、論
理が欠如しており、捕らえられてから自分の犯した行為について説明
させない限り、なぜその被害者を選び、その犯行を犯したのかが分か
らないことが多い、という。

17人を殺害したジェフリー・ダーマーについては、レスラーは秩序型
にも無秩序型にも当てはまらない、「混合型」の殺人者であると見て
おり、「精神異常」を理由として、裁判では情状酌量の余地があり、
刑務所ではなく精神病院に収容すべきだと考えた。

レスラーは、大昔から現代に至るまで、どの時代、どの国にも、無秩
序型殺人犯は一定の割合で存在しており、何かの拍子で見境いなく人
間を殺し、捕まるか殺されるかしない限り、やむことはないという。
いつの世にも、こうした殺人犯は存在してきたし、現実の犯罪(殺人
)を防ぐことはできないとしている。

ロバート・K・レスラー

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ロバート・K・レスラーの本
自己啓発書のベストセラー

——————————

★☆「keiko通信 from NewYork」☆★

「2015年ミスアメリカ」

ミスアメリカ・コンテストが、先週ニュージャージー州アトランテッ
クシティーで開催されました。

13年のミスアメリカ マロリーさん、14年に選ばれたニーナさんもニ
ューヨーク州の代表者。

今年も決勝大会でニューヨーク州代表のキーラさんがミスアメリカの
座を射止めました。

3年連続ニューヨーク州代表が優勝するのは大会始まって以来のこと。
賞金は5万ドル。彼女は、「外交官になるのが夢です。」と語りまし
た。

キーラさんは、お父様がロシア系移民の容姿端麗な女性です。

Keiko

★ちょっと一言!

※皆さん、お元気ですか?
昨日まで三日間の地方出張でした。10月が終わるまで気が抜けません。
何とか、メルマガの発行も間に合ったようです。
暫くは忙しい日が続きます。

季節の変わり目、朝晩の気温差に気を付けて下さいね。
源太はいつも元気ですよ♪

源太は我が家の愛犬です。

 - フリードリヒ・ニーチェ, 外国人の名言

スポンサードリンク

スポンサードリンク

Message

  関連記事