レオナルド・ダ・ヴィンチ 外国人の名言

このところずっと、私は生き方を学んでいるつもりだったが・・・ / レオナルド・ダヴィンチ

投稿日:2014年8月15日 更新日:

Sponsored Links

2014.08.15-Vol.0641
—————————————————————–
■先人の知恵に学ぼう!驚くほど役に立つ「名言集」■
—————————————————————–
★今日の名言★
================================================

このところずっと、

私は生き方を学んでいるつもりだったが、

最初からずっと、

死に方を学んでいたのだ。

<レオナルド・ダヴィンチ>

================================================

◆一口豆知識◆◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇広辞苑より◇◇◇◇

盂蘭盆(うらぼん)・・・

<梵語ullambana 倒懸と訳され、逆さ吊りの苦しみの意とされるが
、イランの語系で霊魂の意のurvanとする説もある>盂蘭盆経の目蓮
<もくれん>説話に基づき、祖霊を死後の苦しみの世界から救済する
ための仏事。陰暦7月13日~15日を中心に行われ、種々の供物を祖先
の霊・新仏・無縁仏(餓鬼仏)に供えて冥福を祈る。一般には墓参・
魂祭(たままつり)を行い、僧侶が棚経(たなきょう)にまわる。地
方により新暦7月・8月など日が異なる。盆。うらぼん。盂蘭盆会(う
らぼんえ)。精霊会(しょうりょうえ)。

================================================

※喫煙室(雑談コーナー)

今日8月15日、69回目の終戦記念日を迎えた。
私が生まれる9年前のことである。

私の両親は樺太で終戦を迎え、命からがら身一つで日本に逃げ帰って
きたと聞いている。

近くで盆踊りの太鼓と歌が聞こえてくる。

お盆は祖先の霊を祀る一連の行事を指すが、亡くなられたご家族や祖
先への供養と感謝の気持ちを込めてお墓参りに行かれる方も多いので
はないだろうか。

残念ながら、昨今の世界の政治情勢は先の戦争から何を学んだのか疑
わざるを得ないような忌まわしき状況に陥っている。

今なお世界の各地で大小様々な紛争や争いが後を絶たない。

地球環境に異変をもたらしている温暖化や飢餓問題、エボラ出血熱な
ど世界の英知を結集して解決に当たらなければならない喫緊の課題が
山積しているのに・・・。

世界の指導者は、祖先の築いてくれた平和と命の大切さをもう一度考
えてもらいたいものである。絶えざる努力の結果であるということを。

話は変わるが、私の住む旭川のK薬局に大きな看板がかかっている。
以前から気になっていたのだが、一体誰の詠んだ唄なのだろう?

禅宗のお坊さんの教えだという説もあるが・・・。

人の世は山坂多い旅の道
年令の六十に迎えがきたら

還暦(かんれき) 六十才  とんでもないよと追い返せ
古希(こき)   七十才  未だ未だ早いと突っ放せ
喜寿(きじゅ)  七十七才 せくな老楽はこれからよ
傘寿(さんじゅ) 八十才  なんの未だ未だ役に立つ
米寿(べいじゅ) 八十八才 もう少しお米を食べてから
卒寿(そつじゅ) 九十才  年令に卒業はない筈よ
白寿(はくじゅ) 九十九才 百才のお祝いが済むまでは
茶寿(ちゃじゅ) 百八才  未だ未だお茶が飲み足らん
皇寿(こうじゅ) 百十一才 そろそろゆずろか日本一

因みに、天寿(てんじゅ)は百二十五才。
調べてみると、似たような警句に以下のようなものもある。

「人生は 山坂多い旅の道」長寿の心得

還暦・・・60歳でお迎えの来た時は、只今、留守といえ
古稀・・・70歳でお迎えの来た時は、まだまだ早いといえ
喜寿・・・77歳でお迎えは、せくな老楽、これからといえ
傘寿・・・80歳でお迎えは、まだまだ役に立つといえ
米寿・・・88歳でお迎えは、もう少しお米を食べてから
卒寿・・・90歳でお迎えは、そう急がずともよいとえ
白寿・・・99歳で、頃合いに こちらからボツボツ行くといえ
気は長く 心は軽く 腹立てず
口をつつしめば 命ながらえる

☆——————————☆

レオナルド・ダ・ヴィンチ

レオナルド・ダ・ヴィンチ (伊: Leonardo da Vinci)1452年4月15日
– 1519年5月2日(ユリウス暦))はイタリアのルネサンス期を代表す
る芸術家。フルネームはレオナルド・ディ・セル・ピエーロ・ダ・ヴ
ィンチ (Leonardo di ser Piero da Vinci ) で、絵画、彫刻、建築、
音楽、科学、数学、工学、発明、解剖学、地学、地誌学、植物学など
様々な分野に顕著な業績を残し、「万能人 (uomo universale )」 と
異名などで親しまれている。

レオナルドはルネサンス期を代表する博学者であり、「飽くなき探究
心」と「尽きることのない独創性」を兼ね備えた人物といわれている
。史上最高の呼び声高い画家の一人であるとともに、人類史上もっと
も多才の呼び声も高い人物である。アメリカ人美術史家ヘレン・ガー
ドナー(Helen Gardner )は、レオナルドが関心を持っていた領域分
野の広さと深さは空前のもので「レオナルドの知性と性格は超人的、
神秘的かつ隔絶的なものである」とした。しかしながらマルコ・ロッ
シは、レオナルドに関して様々な考察がなされているが、レオナルド
のものの見方は神秘的などではなく極めて論理的であり、その実証的
手法が時代を遥かに先取りしていたのであるとしている。

レオナルドは、公証人セル・ピエーロ・ダ・ヴィンチと農夫の娘カテ
リーナとの間に非嫡出子としてフィレンツェ共和国のヴィンチに生ま
れた。当時有名だったフィレンツェの画家ヴェロッキオの工房に弟子
入りし、画家としてのキャリア初期にはミラノ公ルドヴィーコ・スフ
ォルツァに仕えている。その後ローマ、ボローニャ、ヴェネツィアな
どで活動し、晩年はフランス王フランソワ1世に下賜されたフランスの
邸宅で過ごした。

レオナルドは多才な人物だったが、存命中から現在にいたるまで、画
家としての名声がもっとも高い。とくに、その絵画作品中もっとも有
名でもっとも多くのパロディ画が制作された肖像画『モナ・リザ』と
、もっとも多くの複製画や模写が描かれた宗教画『最後の晩餐』に比
肩しうる絵画作品は、ミケランジェロ・ブオナローティが描いた『ア
ダムの創造』以外には存在しないといわれている。また、ドローイン
グの『ウィトルウィウス的人体図』も文化的象徴 (en:cultural icon
) と見なされており、イタリアの1ユーロ硬貨、教科書、Tシャツなど
様々な製品に用いられている。現存するレオナルドの絵画作品は15点
程度と言われており決して多くはない。これはレオナルドが完全主義
者で何度も自身の作品を破棄したこと、新たな技法の実験に時間をか
けていたこと、一つの作品を完成させるまでに長年にわたって何度も
手を加える習慣があったことなどによる。それでもなお、絵画作品、
レオナルドが残したドローイングや科学に関するイラストが描かれた
手稿、絵画に対する信念などは後世の芸術家へ多大な影響を与えた。
このようなレオナルドに匹敵する才能の持ち主だとされたのは、同時
代人でレオナルドよりも20歳余り年少のミケランジェロ・ブオナロー
ティだけであった。

レオナルドは科学的創造力の面でも畏敬されている。ヘリコプターや
戦車の概念化、太陽エネルギーや計算機の理論、二重船殻構造(doub
le hull )の研究、さらには初歩のプレートテクトニクス理論も理解
していた。レオナルドが構想、設計したこれらの科学技術のうち、レ
オナルドの存命中に実行に移されたものは僅かだったが、自動糸巻器
、針金の強度検査器といった小規模なアイディアは実用化され、製造
業の黎明期をもたらした。また、解剖学、土木工学、光学、流体力学
の分野でも重要な発見をしていたが、レオナルドがこれらの発見を公
表しなかったために、後世の科学技術の発展に直接の影響を与えるこ
とはなかった。<後略>

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

レオナルド・ダヴィンチの本
自己啓発書のベストセラー

——————————

★☆「keiko通信 from NewYork」☆★

「Petrossian Restaurant」

ペトロシアン・レストランといえば、ロシア料理?とほとんどの人が聞
き返します。

マンハッタンウエストサイドにあるこのレストランはフランスが本店
のフレンチです。

カーネギーホールからワンブロック離れたアールデコのビルディング
の一階、中にはブロンズ像が飾られ雰囲気も素晴らしく、キャビア、
スモークサーモンが有名なお店。

今日のスープを尋ねたら、『ナスのスープ』ということで早速注文し
てみると想像もつかない色のスープが運ばれ、しかしそこはスモーク
サーモンとトリュフオイルが演出をかもし出す一皿。ナスをスープに
する調理法があったことに頭の中で閃きのマークと感嘆詞が音をたて
ました。

そしてニューヨークステーキを注文したのは付け合せの珍しい野菜、
ルバーブ、セロリヤックを調理したことがなく試してみたいと思う好
奇心からでした。
Keiko

★ちょっと一言!

※皆さん、お元気ですか?
お盆休みの真っ最中でしょうか?

私はいつものようにこれから朝テニスに行ってきます。
帰ってから家族でお墓参りに行きます。

源太は相変わらず吠えまくってます♪
源太は我が家の愛犬です。

Sponsored Links

-レオナルド・ダ・ヴィンチ, 外国人の名言

執筆者:

「名言集」記事一覧

Sponsored Links