先人の知恵に学ぼう!驚くほど役に立つ「名言集」

驚くほど役に立つ「名言集」では、世界の名言・金言・格言・故事・ことわざをご紹介します。

悩んで落ち込んだとき、必要なのは理性・・・ / 美輪明宏

      2015/08/14

2014.07.25-Vol.0638
—————————————————————–
■先人の知恵に学ぼう!驚くほど役に立つ「名言集」■
—————————————————————–
★今日の名言★
==================================================

悩んで落ち込んだとき、

必要なのは理性。

いらないのは感情。

原因をクールに分析して、

解決方法を見つける習慣を。

<美輪明宏>

==================================================

◆一口豆知識◆◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇広辞苑より◇◇◇◇

原因(げんいん)・・・

(1)ある物事を引き起こすもと。また、その働き。

(2)事物の変化を引き起こすもの。アリストテレスは形相因・資料
因・動力因<作用因>・目的因の4種を区別した。今の科学でい
う原因は動力因にあたるもの。

==================================================

※喫煙室(雑談コーナー)

「辛い思いはすべてプラスになる。
苦しかったこと、
悲しかったことが、
いつか必ず花開く時が来る。
辛いこと、悲しいことは
幸せになるための必要事項。
花開き、実を結ぶときに
辞めてしまってはいけない。」

「すぐキレるのは、
自分の気持ちを表現する
適切な言葉を知らないから。
たくさんの本を読んで言葉を知れば
ストレスは溜まらない。」

美輪明宏さんの異様な風貌と霊的な言動や独特な語り口に違和感を覚
える方は少なくないと思う。

NHK朝ドラ「花子とアン」は25%もの平均視聴率を稼いでいるというが
、そのナレーターをやられているのが美輪明宏氏である。

私が強烈に印象に残っているのは学生時代に聞いた「ヨイトマケの詩
」を聞いた時である。

「ヨイトマケ」とは美輪の言葉によると、炭坑町の日雇い労働者が地
固めをする際に、重量のある槌を数人掛かりで滑車で上下する時の掛
け声であり、滑車の綱を引っ張るときの「ヨイっと巻け」のかけ声を
語源とするそうである。

何とも悲哀のこもった切ない詩である。

ところで、私はいつもNHK「クローズアップ現代」の国谷裕子(くにや
ひろこ)キャスターの問題意識と視点を非常に興味深く拝見している
が、24日放送された精神医療の現実を知り、私が昔聞いた精神病院の
実態となんら変化の無いことに愕然としている。

番組によると、日本の精神科病床の数は30万を超えており、他の先進
諸国に比べても突出して多いと言われるそうである。

患者の症状が改善されても地域に戻ることができない「社会的入院」
は、政府の無策のつけであり患者に大きな負担を負わせ続けてきた現
実がある。

今月、厚労省は問題の解消に向け、病床の大幅削減の方針を打ち出し
たが、退院者の受け皿に病棟内の施設認めるなど全く患者の視点を欠
いた政策に抗議の声が上がっているという。

当然である。

私の知人に統合失調症の友人や難病で知恵遅れの青年がいるが、彼ら
は援助を受けながらも立派に社会生活を営んでいるのだ。

適切な投薬治療や家族・周囲の温かい援助により社会復帰できる可能
性がある多くの精神疾患を患っている方々が数年、時には数十年に渡
り精神科の病棟の中で暗い悲惨な生活を強いられているとしたら・・
・。

受け入れ態勢や周囲の偏見など難しい問題を含んではいるが、政治が
社会復帰を後押し出来るような態勢が残念ながら今の日本には欠けて
いるとしか思えないのだ。

☆——————————☆

美輪明宏

美輪 明宏(みわ あきひろ、1935年5月15日 – )は、日本のシンガー
ソングライター、俳優、演出家、タレント。長崎県長崎市出身。本名
:丸山 明宏、幼名 臣吾(しんご)。海星中学を経て国立音楽大学附
属高校中退。愛称はマルさん、美輪さん。自らの個人事務所である、
オフィスミワ所属。
1971年までは本名の丸山 明宏名義で活動していた。兄と姉と弟のいる
五人兄弟の次男。

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

美輪明宏の本
自己啓発書のベストセラー

——————————

★☆「keiko通信 from NewYork」☆★

「ニューヨーク本願寺盆踊り」

マンハッタンの六番街42丁目にあるBryant Parkは近くに紀伊国屋書
店、日本人経営のカフェや日本食料品店、大戸屋レストランもある場
所です。

そこで行われた盆踊りを初めて見に行ってきました。

和太鼓、日本舞踊のパフォーマンスもあり、太鼓をたたく人はなぜか
全員アメリカ人。

浴衣姿の人達が踊る中、飛び入りの人達もいて揃っていないところが
また楽しく和やかな雰囲気。

浴衣にスニーカーという思わず笑いを誘うような姿の人もいました。

中央にやぐらが組み立てられていないこと、お店が出ていないことが
残念でしたが・・・。

カーディガンを羽織っても肌寒いニューヨークの日曜日でした。

驚いたことは今回が65回目の盆踊り、随分昔から行われていたのです
ね。法衣姿の外国人僧侶も見受けられ将にここはアメリカ!と実感し
た次第です。
Keiko

★ちょっと一言!

※一体ぜんたい、夏は涼しくて過ごし易いという北海道のイメージは
どうなってしまったのでしょうか?旭川は連日30℃前後の蒸し暑い日
が続いています。

皆さん、お元気ですか?

暑さによる熱中症や脱水症などにならないように水分をこまめ補給し
て体調の変化に気を付けて下さいね。

源太は涼しい所を見つけるのが得意です♪

源太は我が家の愛犬です。

 - 日本人の名言, 美輪明宏

スポンサードリンク

スポンサードリンク

Message

  関連記事