バラク・オバマ 外国人の名言

アメリカでは平凡な市民こそ非凡なことを成し遂げる勇気を心に見出すことができるのです・・・ / バラク・オバマ

投稿日:2014年4月25日 更新日:

Sponsored Links

2014.04.25-Vol.0625
—————————————————————–
■先人の知恵に学ぼう!驚くほど役に立つ「名言集」■
—————————————————————–
★今日の名言★
====================================================

アメリカでは平凡な市民こそ

非凡なことを成し遂げる勇気を心に見出すことができるのです。

その変化は容易いことではないが、いつでも可能性があります。

暴力や争い、

お互いに反目させて恐怖を煽りたてるような政治から

変化は生まれるのではなく、

規律や全米有色人地位向上協会のような組織、

そして力強い希望のメッセージから生まれるのです。

<バラク・オバマ>

In America ordinary citizens can somehow find in
their hearts the courage to do extraordinary things.
That change is never easy, but always possible. And it comes
not from violence or militancy or the kind of politics
that pits us against each other and plays on our worst fears;
but from great discipline and organization, and from a strong
message of hope.

====================================================

◆一口豆知識◆◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇広辞苑より◇◇◇◇

反目(はんもく)・・・にらみ合うこと。仲の悪いこと。

====================================================

※喫煙室(雑談コーナー)

折しも国賓として来日中のアメリカ合衆国大統領のバラク・オバマ氏
、今日は紙面の都合上、昨日24日夜行われた宮中晩餐会でのスピーチ
の全文(翻訳)を載せて「今日の名言」に代えさせて頂くことにする。

◆「私たちは共にいます」 オバマ大統領スピーチ全文◆

グッドイブニング。こんばんは(日本語で)。

天皇、皇后両陛下、

本日は私ども一行を格別に温かく歓迎していただき、ありがとうご
ざいます。また今夜は、このように丁重におもてなしいただき、感謝
を申し上げます。安倍首相ご夫妻、ご来賓の皆さま。

私が母と一緒に初めて日本を訪れてから50年近く経ちました。け
れども国を遠く離れた6歳の少年に示してくれた日本の皆さまの親切
を、私は忘れたことがありません。その後、陛下の即位20年の年に
、大統領として再び日本を訪問した際には、両陛下が歓迎してくださ
いました。今でも感謝しております。そして今夜、国賓として両陛下
と同席させていただき、大変名誉に思います。これは日米両国民の素
晴らしい友情のしるしです。

これはまた、この上なく光栄なことでもあります。私は第44代ア
メリカ合衆国大統領ですが、陛下は日本の125代目の天皇陛下です
。日本の皇室は2000年以上の長きにわたり、日本人の精神を体現
してきました。今夜、その精神を、陛下の平和への思いの中に感じる
ことができます。またこれまでの困難な日々や、3年前の東日本大震
災の悲劇にもかかわらず、その強さと規律正しさと高潔さで世界の人
々に影響を与え続けている日本国民の立ち直る力の中にも感じられま
す。

私は本日、この精神に触れました。荘厳な明治神宮では、日本の古
来からの宗教的儀式の美しさを体験しました。安倍首相との会談では
、現在の日米同盟を強化することができました。この同盟が壊れるこ
とは決してありません。また熱意を持った学生との懇談や、素晴らし
い技術の視察を通して、日米両国が協力して築くことのできる将来の
姿を垣間見ました。

日米両国民は、太平洋という広大な海を挟んでいますが、日々あら
ゆる分野で協力しています。私たちは共に創造し、つくり上げること
により、世界を変える新たなイノベーションを生み出します。共に学
び研究して、病気を治療し命を救う新たな発見をします。平和を維持
し、空腹の人々に食べ物を提供するため、共に世界の果てまで出かけ
ます。宇宙の神秘を理解するため、共に宇宙にも行きます。日本人選
手が大リーグのチームの勝利に貢献した時のような喜びの時にも、3
年前のようなつらい時にも、私たちは共にいます。

そのつらく苦しい日々に、天皇陛下が皇居から直接、日本国民に語
りかけたことを、私たちは決して忘れることはありません。最後に、
当時の陛下のおことばの精神を思い起こして、私のあいさつとさせて
いただきます。なぜなら、この精神は、日米両国の友情と同盟に対す
る、今夜ここに集まった私たちの願いでもあるからです。決して希望
を捨てることなく、互いを大切にし、明日も強く生きていけますよう
に。

☆——————————☆

バラク・オバマ

バラク・フセイン・オバマ(Barack Hussein Obama II、1961年8月4日
– )は、アメリカ合衆国の政治家である。民主党所属。上院議員(1
期)、イリノイ州上院議員(3期)を歴任。2009年1月20日、第44代ア
メリカ合衆国大統領に就任した。現職アメリカ合衆国大統領として、
2009年にノーベル平和賞を受賞。

アフリカ系としてアメリカ合衆国史上3人目となる民選上院議員(イリ
ノイ州選出、2005年 – 2008年。また、アフリカ系、1960年代以降生ま
れ、ハワイ州出身者としてアメリカ合衆国史上初となる大統領である。

身長6フィート1インチ(約185.4cm)。左利き。

[生い立ち]

1961年8月4日に、ハワイ州ホノルルにある病院で生まれる。 実父の
バラク・オバマ・シニア(1936年 – 1982年)は、ケニアのニャンゴ
マ・コゲロ出身(生まれはニャンザ州ラチュオニョ県Kanyadhiang村
)のルオ族、母親はカンザス州ウィチタ出身の白人、アン・ダナム
である。 父のオバマ・シニアは奨学金を受給していた外国人留学生
であった。2人はハワイ大学のロシア語の授業で知り合い、1961年2月
2日に周囲の反対を押し切って結婚、 アンは妊娠しており、半年後に
、オバマ・ジュニアを出産する。

父であるオバマ・シニアは、ムスリム(イスラム教徒)であり、イス
ラム教の戒律(イスラム法)では「ムスリムの子は自動的にムスリム
になる」とされている。 イスラム法が適用される国において、脱教
は、現在においても死刑とされている。 バラク・オバマ自身は
、現在、キリスト教徒の中において、プロテスタントに属している。
、キリスト合同教会(英語では”the United Church of Christ (UCC)
“で、キリスト連合教会、合同キリストの教会、統一キリスト教会な
どとも訳される。)である。オバマは自伝で、「父はムスリムだった
が殆ど無宗教に近かった」と述べている。

バラク・オバマは、自分自身の幼年期を、「僕の父は、僕の周りの人
たちとは全然違う人に見えた。父は真っ黒で、母はミルクのように白
く、そのことが、心の中ではわずかに抵抗があった」と回想している
。彼は自身のヤングアダルト闘争を、「自身の混血という立場につい
ての社会的認識の調和のため」と表現した。

1963年、両親が別居。1964年、両親が離婚した。 1965年、父である
オバマ・シニアは、ケニアへ帰国した後、政府のエコノミストとなる
。オバマ・シニアは、ハワイ大学からハーバード大学を卒業したため
、将来を嘱望されていた。 バラク・オバマの両親は、結婚歴が複数
回ある。彼は、その為、後述の異父妹が一人、異母兄弟が八人いる(
うち、4人死没)。 1971年、バラク・オバマの父であるオバマ・シニ
アは、息子であるバラクと再会を果たした。 1982年、オバマ・シニ
アは、自動車事故が原因で逝去した。46歳であった。<後略>

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

バラク・オバマの本
自己啓発書のベストセラー

——————————

★☆「keiko通信 from NewYork」☆★

桜祭り

日本がアメリカの首都ワシントンに桜を寄贈したことは有名なお話で
す。(アメリカはお礼としてDogwood ハナミズキを日本へ贈っています

この季節はワシントンポトマック川の桜祭りをはじめニューヨークで
も週末はクイーンズ、ブルックリン、ホワイトプレーンズ、コネティ
カット、ハリソンで次々に桜祭りが開催されています。

太鼓や日本舞踊、空手、コーラス、野点などのイベントが行われ日本
文化に触れるチャンス! 多くの人が詰め掛けます。浴衣で歩くアメリ
カ人の姿も見かけます。

特にブルックリンのボタニカルガーデンには日本庭園もあり事前にチ
ケット購入をしなければ入場できないほどの混雑です。

20日のイースター(復活祭)にはマンハッタン47丁目~57丁目までを生
花やイースターエッグを飾り付けたコスチュームを着て歩くパレード
もありました。
keiko

■「まぐまぐ!かんたんクリック投票」メッセージより

メッセージ:いつも名言集、愛読しています。
自分のところへメールが来たのは久しぶりです。
ありがとうございます。
何も出来ませんが、大切に保存して何度も読み返しています。
ありがとうございます
大変でしょうが、次回も楽しみに待っています。

※西川優さんからメッセージをいただきました。
こちらこそ、いつもご愛読ありがとうございます。
迷惑メールにでも入っていたのでしょうか?
毎週金曜日の10時に配信していますので、皆さんもご覧になって下さ
いね。

★ちょっと一言!

※昨夜、旭川文化会館で行われた菅原文太さんの講演を聞きに行って
きました。80歳になられるとは思えないほどお元気で、2時間近くの講
演で自らの体験から平和の大切さと躾の大切さを説いておられました。

皆さん、お元気ですか?
今日は20℃近くまで気温が上がるそうです。やっと旭川にも春が訪れた
ようです^^v
今度の日曜日は庭の冬囲いを外したり、夏タイヤに交換したり忙しい休
日になりそうです。源太は手伝ってくれません^^;

源太は我が家の愛犬です。

Sponsored Links

-バラク・オバマ, 外国人の名言

執筆者:

「名言集」記事一覧

Sponsored Links