先人の知恵に学ぼう!驚くほど役に立つ「名言集」

驚くほど役に立つ「名言集」では、世界の名言・金言・格言・故事・ことわざをご紹介します。

貴方が持ち合わせた力に余る強さなど、人生は要求しない / ダグ・ハマーショルド

      2015/08/14

2014.03.28-Vol.0621
—————————————————————–
■先人の知恵に学ぼう!驚くほど役に立つ「名言集」■
—————————————————————–
★今日の名言★
=====================================================

貴方が持ち合わせた力に余る強さなど、人生は要求しない。

貴方にたて得るただひとつの手柄は、そこから逃げないこと。

<ダグ・ハマーショルド>

=====================================================

◆一口豆知識◆◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇広辞苑より◇◇◇◇

要求(ようきゅう)・・・必要である、当然であるとして強く求めること。

=====================================================

※喫煙室(雑談コーナー)

今日の名言は、第2代国連事務総長ダグ・ハマーショルドの言葉として
知られているが、これはWikiの後段に「自らをキリスト教の神秘主義
者になぞらえ・・・」と書いてあるように、聖書に書かれている言葉
と深く関わっているようである。

調べてみると、新約聖書のコリントの信徒への手紙一(コリント人へ
の第一の手紙)の10章13節に以下のように書いてあるようだ。

「あなたがたの会った試錬で、世の常でないものはない。神は真実で
ある。あなたがたを耐えられないような試錬に会わせることはないば
かりか、試錬と同時に、それに耐えられるように、のがれる道も備え
て下さるのである。」(口語訳)

どうも私のような不信心者には荷の重い言葉だが、確かに何か問題が
起きた時にその困難から逃げようともがいても益々重くのしかかって
来るように思われる。

逃げても、問題はますます大きくなるばかりで何も解決しないのだ。

襲いかかる困難に正面から向き合い、恐怖に打ち勝つ努力をすること
こそが困難に打ち勝つ唯一の解決法なのだ。

——————————

◆新約聖書の中の1節-コリント人への手紙第1 10章13節

あなたがたを襲った試練で、人間として耐えられないようなものはな
かったはずです。神は真実な方です。あなたがたを耐えられないよう
な試練に遭わせることはなさらず、試練と共に、それに耐えられるよ
う、逃れる道をも備えていてくださいます。
<日本語・新共同訳>

No temptation has overtaken you but such as is common to man;
and God is faithful, who will not allow you to be tempted
beyond what you are able, but with the temptation will provide
the way of escape also, that you may be able to endure it.
<英語・New American Standard Version>

☆——————————☆

ダグ・ハマーショルド

ダーグ=ヤルマル=アグネ=カール・ハマーショルド(Dag Hjalmar
Agne Carl Hammarskjold, 1905年7月29日 – 1961年9月18日)は、ス
ウェーデンの外交官。第2代国連事務総長(任期は1953年4月 – 1961
年9月)。1961年、北ローデシアで墜落死した。

[生い立ちと教育]

スウェーデンのイェンシェーピンに生まれる。スウェーデンの首相ヤ
ルマル・ハマーショルド (Hjalmar Hammarskjold)の四男であり、母
はアグネス・アルムクヴィスト(Agnes Almquist)。祖先は17世紀まで
王家に仕えていた。少年時代の大半をウプサラで過ごす。ウプサラ大
学で法学士と政治経済学修士を取得し、優秀な成績で卒業する。卒業
後ストックホルムに移り、大蔵省に入省した。

[政界]

1930年から1934年まで、政府の失業問題委員会の秘書官を務める。こ
の間、経済学の学位論文「景気循環の展開 (Konjunkturspridningen:
en teoretisk och historisk undersokning) 」を書き、ストックホ
ルム大学から博士号を得る。1936年から1945年まで大蔵次官を、1941
年から1948年までスウェーデン銀行総裁を務めた。1945年、内閣の財
政・経済問題担当の顧問に就任。大戦後の経済問題緩和についての政
府案に関し、調整を行った。

1947年、スウェーデン代表として、ヨーロッパ16か国がマーシャル・
プラン受け入れを決定したパリ会議に臨んだ。1948年にはパリで開催
された欧州経済協力機構 (OEEC) の会議に、再び代表として出席。
1949年、外務次官となる。1950年、ユニスカンのスウェーデン代表団
団長となる。1951年、内閣の無任所大臣に任命され、実質的には外務
副大臣の役割を果たした。彼はスウェーデン社会民主労働党内閣のた
めに働いたものの、公式には政党に属さなかった。1954年12月20日、
スウェーデン・アカデミー会員に選ばれる。父の死去による世襲をす
る格好になった。

1951年に国連総会のスウェーデン代表団の副団長に、1952年には国連
総会のスウェーデン代表団団長に就任した。

[国連事務総長]

1953年、国連事務総長のトリグブ・リーが辞任すると、国連安全保障
理事会は、後任にハマーショルドを推薦することを決定した。彼にと
っては驚きであったが、3月31日安全保障理事会参加12か国中10か国
が彼を推薦し、4月7日から4月10日まで開催された国連総会において
も60票中57票が彼を選任した。

国連事務総長の最初の仕事として職員数約4000人の事務局を設立し、
その職責範囲を定める規則を策定した。また事務総長が安全保障理事
会ないし総会の事前承認なしに緊急行動をとることを可能とすべきで
あると主張した。

国際関係の面では、イスラエルとアラブ諸国の関係改善に尽力した。
1955年には、国連非加盟国である中華人民共和国に赴き、朝鮮戦争に
従軍して中国共産党政府の捕虜となった15人のアメリカ人パイロット
の釈放交渉に成功した。在任中で特に顕著な功績を挙げたのは、スエ
ズ戦争である。1956年、第一次国際連合緊急軍(UNEF)を組織した。

ソビエト連邦は、ハマーショルドの行動が「反ソビエト的である」と
非難し、事務総長職の辞職を強く求めたが、1957年、ハマーショルド
は「辞めることは簡単であるが、職を続ける方が難しいのである」と
主張し、再任した。

[墜落死]

ダグラスDC-6Bの同型機
1960年、ベルギーの植民地から独立を果たしたコンゴは、激化する内
乱(コンゴ動乱)の沈静化のため国連に援助を求めた。ハマーショル
ドは4度にわたりコンゴを訪問したが、ソ連は彼のアフリカ非植民地
化への努力を不充分と評価した。1960年9月ソ連は平和維持活動のた
めの国連緊急軍を派遣する彼の決定を非難、国連事務総長の辞任を要
求し、代案としてあらかじめ拒否権を持つ3人の国連事務総長による
トロイカ体制を提案した。これはソ連のニキータ・フルシチョフの自
伝において「資本主義諸国・社会主義諸国・新興独立国の3つのグル
ープの利害を対等に代表」と言及されている。

1961年9月17日夜、コンゴ動乱の停戦調停に赴く途上で、搭乗機のダ
グラスDC-6B(機体記号SE-BDY)が北ローデシア(現在のザンビア)
のンドラで墜落。事故死した。

現職の国連事務総長の事故死というニュースに加え、操縦士が警護上
の理由から事前にフライトプランを提出していなかったこと、国連の
コンゴ動乱への介入をソ連から「反ソビエト的」だと非難され事務総
長辞任を求められていたことなどから、撃墜説や暗殺説が信憑性をも
って広まった。現在のように機内にブラックボックスが搭載されてい
なかった時代で、事故に至るまでの経緯は事故後の推定と調査に依存
するほかなかったが、調査の結果事故機に被弾や爆発の痕跡は発見さ
れず、謀殺説は否定された。 なおコンゴ動乱に参加していた柘植久
慶によると国連軍に敵対していたカタンガ傭兵隊が北ローデシアに潜
入し撃墜したと主張している。

同機の経由地、北ローデシアのンドラは海抜1270m、最終目的地コン
ゴのンドロ (Ndolo) は海抜279mで、この名称がよく似た二つの空港
を操縦士が混同した結果、ンドラ空港への着陸進入中高度が低くなり
すぎ、地表に機が激突したと結論された。

[没後]

ハマーショルド没後の1961年、ノーベル平和賞が授与された。また、
同年11月にフォード財団から寄託された国際連合本部併設の図書館は
、「ダグ・ハマーショルド図書館」と命名された。1963年、彼の唯一
の著作『道しるべ』が出版された。日記形式の回想録集で、1925年(
20歳)から死亡した1961年までのことが記されている。自らをキリス
ト教の神秘主義者になぞらえ、外交を「内なる旅」と主張している。

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ダグ・ハマーショルドの本
自己啓発書のベストセラー

——————————

★☆「keiko通信 from NewYork」☆★

今年もシルク・ドゥ・ソレイユのニューヨーク公演が3月20日から始ま
っています。

会場はニューヨーク、メッツの本拠地シティ・フィールドの駐車場に
ビッグトップ(サーカスの原点ともいえるテント)が設置されていま
す。

7番線の電車から見える青と黄色のビッグトップはキッスチョコレート
を大きくした形。

「アマルナ」はアマ(母)ルナ(月)を併せた造語で、彼らの作品32
番目のショーです。女神たちの支配のもと、月の周期に導かれる神秘
的な島が舞台となっています。

特記すべきことは衣装の美しさ、涙、笑いありの高度な技術のショー
に必ず感動があることでしょうか。

日本人パフォーマーの境野智美、友香さん姉妹も出演なさっています。

Keiko

★ちょっと一言!

※皆さん、お元気ですか?

やっと一連の出張も昨日で終わりましたが、まだまだ仕事が残ってい
ます。今日・明日は残業の予定です^^;

疲れましたが、真正面にスキー場が見える富良野のナトォールヴァル
トホテルの朝食が美味しいのでいつも楽しみです。焼きたてのクロ
ワッサンや地場産の採れたて野菜など食事や温泉も出張の楽しみの一
つです♪

源太は我が家の愛犬です。

 - ダグ・ハマーショルド, 外国人の名言

スポンサードリンク

スポンサードリンク

Message

  関連記事