先人の知恵に学ぼう!驚くほど役に立つ「名言集」

驚くほど役に立つ「名言集」では、世界の名言・金言・格言・故事・ことわざをご紹介します。

私が思うのに、この世で一番大きな苦しみは・・・ / マザー・テレサ

      2016/01/01

2014.03.21-Vol.0620
—————————————————————–
■先人の知恵に学ぼう!驚くほど役に立つ「名言集」■
—————————————————————–
★今日の名言★
=======================================

私が思うのに、この世で一番大きな苦しみは一人ぼっちで、

誰からも必要とされず、愛されていない人々の苦しみです。

また、

温かい真の人間同士のつながりとはどういうものかも忘れてしまい、

家族や友人を持たないが故に

愛されることの意味さえ忘れてしまった人の苦しみであって、

これはこの世で最大の苦しみといえるでしょう。

               <マザー・テレサ>

mother Teresa

=======================================

◆一口豆知識◆◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇広辞苑より◇◇◇◇

絆(きずな)・・・

(1)馬・犬・鷹など、動物をつなぎとめる綱。
(2)断つにしのびない恩愛。離れがたい情実。ほだし。係累。繋縛。

=======================================

※喫煙室(雑談コーナー)

<家庭と家族>

平和も戦争も家庭から始まります。
もし本当に世界平和を願っているなら、
まず自分の家族が相互に愛し合うことから始めてゆきましょう。
もし、喜びを広げてゆきたいなら、
まず、一つひとつの家族が
喜びをもって生活することが必要なのです。

<淋しさ>

先進国にも、一つの貧しさがあります。
それは、お互い同士、心を許していない貧しさ、精神的貧困、
淋しさ、愛の欠如からくる貧しさと言っていいでしょう。
愛の欠如こそ、
今日の世界における最悪の病です。

私が思うのに、この世で一番大きな苦しみは一人ぼっちで、
誰からも必要とされず、愛されていない人々の苦しみです。
また、温かい真の人間同士のつながりとはどういうものかも
忘れてしまい、家族や友人を持たないが故に愛されることの
意味さえも忘れてしまった人の苦しみであって、これはこの世
で最大の苦しみと言えるでしょう。

<ほほえみ>

平和は ほほえみから始まります。

何でもないほほえみが及ぼす効果には、計り知れないものが
あります。

<出典:PHP文庫 マザーテレサ渡辺和子訳 「愛と祈りの言葉」>

※マクドナルド京王○○○店で出された「ホームレスお断り」という
張り紙がネット上で問題になり、賛否両論の非難合戦が行われている
という記事を目にした。

ホームレスへの人権侵害か、店側の当然の措置なのか問題になってい
るのだ。

「ネカフェ難民」や「マック難民」など行政側の貧困層へのセーフテ
ィーネット含めた対応が求められているそうである。

中国や韓国で行われている日本人への差別的な発言やツイッターや2チ
ャンネルで繰り広げられている国家的な中傷や民族的な差別意識を助
長するヘイトスピーチと同等に論じること勿論出来ないが、この種の
差別的な意識が多くの問題を含んでいることは間違いない。

マザー・テレサが聞いたら何と答えるのだろう?

精神的な貧しさが日本中、否、世界中を覆っている現状を嘆くに違い
ない。

☆——————————☆

マザー・テレサ

マザー・テレサ(Mother Teresa、本名はアルーマニア語でアグネサ
/アンティゴナ・ゴンジャ・ボヤジ (Agnesa/Antigona Gongea Boiag
i)、アルバニア語でアグネス・ゴンジャ・ボヤジュ (Agnese Gonxhe
Bojaxhiu)、1910年8月26日 -1997年9月5日)はカトリック教会の修道
女にして修道会「神の愛の宣教者会」の創立者である。

「マザー」は指導的な修道女への敬称であり、「テレサ」は修道名で
ある。カトリック教会の福者。コルカタ(カルカッタ)で始まったテ
レサの貧しい人々のための活動は、後進の修道女たちによって全世界
に広められている。

生前からその活動は高く評価され、1973年のテンプルトン賞、1979年
のノーベル平和賞、1980年のバーラ・ラトナ賞(インドで国民に与え
られる最高の賞)、1983年にエリザベス2世から優秀修道会賞など多
くの賞を受けた。1996年にはアメリカ名誉市民に選ばれている(アメ
リカ名誉市民はわずか7人しかいない)。2003年10月19日、当時の教
皇ヨハネ・パウロ2世によって列福された。

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』<抜粋>

マザー・テレサの本
自己啓発書のベストセラー

——————————

★☆「keiko通信 from NewYork」☆★

セント・パトリックス・デー・パレード

3月17日月曜日は雪の予報と言われた寒い空の下で253回目のセント・
パトリックス・デー・パレードが行われました。

ニューヨークにはアイルランドからの移民者が多く5番街で演奏隊な
どが行進して大規模なものでした。この日は緑色に染まるともいわれ
、マフラー、帽子、コート、Tシャツ、ブローチなど何か緑色のもの
を身に着けて出かけます。

男性のプリーツスカート姿、バグパイプ演奏者のコスチュームを見る
のはちょっとドキドキ感がありました。

聖パトリックは5世紀頃キリスト教をアイルランドにもたらした宣教
者で、この日は彼の命日を祝うためでもあり盛大に行われます。

アイリッシュ・パブはコーンビーフを食べながらビールを飲む人達で
遅くまで大賑わいです。
Keiko

★ちょっと一言!

※23日には愛妻と子供達が私の還暦祝いをしてくれるようです。
楽しみです♪

今月一杯は滅茶苦茶忙しい日が続きそうです^^;
源太は私の机の横でスヤスヤと寝ています。

源太は我が家の愛犬です。

 - マザー・テレサ, 外国人の名言

スポンサードリンク

スポンサードリンク

Message

  関連記事