先人の知恵に学ぼう!驚くほど役に立つ「名言集」

驚くほど役に立つ「名言集」では、世界の名言・金言・格言・故事・ことわざをご紹介します。

誠実でなければ、人を動かすことはできない・・・ / ウィンストン・チャーチル

      2015/08/14

2014.02.14-Vol.0615
—————————————————————–
■先人の知恵に学ぼう!驚くほど役に立つ「名言集」■
—————————————————————–
★今日の名言★
======================================================

誠実でなければ、人を動かすことはできない。

人を感動させるには、自分が心の底から感動しなければならない。

自分が涙を流さなければ、人の涙を誘うことはできない。

自分が信じなければ、人を信じさせることはできない。

<ウィンストン・チャーチル>

======================================================

◆一口豆知識◆◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇広辞苑より◇◇◇◇

誠実(せいじつ)・・・

(他人や仕事に対して)まじめで真心がこもっていること。

======================================================

※喫煙室(雑談コーナー)

皆さんもご存じのウィンストン・チャーチルは、第二次世界大戦時に
首相を務め、時の大英帝国を勝利に導いたイギリスの政治家である。

1953年には、「第二次世界大戦回想録」でノーベル文学賞を受賞する
ほどの文才も持ち合わせていた政治家で、2002年に行われたBBCの「偉
大な英国人」の投票で1位に選ばれている。

数多くの名言を残しているが、私の好きな名言を幾つかご紹介したい。

どれも貴重な経験や辛い体験から得られた非常に重い教訓を含んでい
るように思われる。

強烈な個性を持ったチャーチルが自分自身を鼓舞するアファメーショ
ン(affirmation)ととして好んで用いていた言葉なのだろう。

affirmationとは、一般的に「肯定的な断言をすること」である。

★「絶対に屈服してはならない。絶対に、絶対に、絶対に!」

Never, never, never give in!

★「成功は決定的ではなく、失敗は致命的ではない。
大切なのは続ける勇気だ。」

Success is not final, failure is not fatal:
it is the courage to continue that counts

★「悲観主義者はすべての好機の中に困難をみつけるが、
楽観主義者はすべての困難の中に好機を見いだす。」

A pessimist sees the difficulty in every opportunity;
an optimist sees the opportunity in every difficulty

★「危険が迫った時、背中を向けて逃げ出すようではだめだ。
かえって危険が2倍になる。
しかし、決然として立ち向かえば、危険は半分に減る。
何事に出会っても決して逃げ出すな。決して!」

One ought never to turn one’s back on a threatened danger
and try to run away from it.
If you do that, you will double the danger.
But if you meet it promptly and without flinching,
you will reduce the danger by half.
Never run away from anything. Never!

☆——————————☆

ウィンストン・チャーチル

サー・ウィンストン・レナード・スペンサー=チャーチル(Sir Wins
ton Leonard Spencer-Churchill, KG, OM, CH, TD, PC, DL, FRS, Ho
n. RA、1874年11月30日 – 1965年1月24日)は、イギリスの政治家、作
家。

1900年に政界入りした。はじめ保守党の政治家だったが、1904年に自
由党へ移籍し、自由党政権で閣僚職を歴任した。第一次世界大戦時に
は海軍大臣(英語版)、軍需大臣(英語版)として戦争を指導した。

1925年に保守党へ復党し、大蔵大臣を務める。1930年代の停滞期を経
て、第二次世界大戦の開戦とともに海軍大臣となる。1940年に首相と
なり、1945年に退任するまでイギリスの戦争を主導した。チャーチル
の半ば独裁的な指導のもとにイギリスは戦争を戦い抜き、アメリカと
ソ連のおかげで戦勝国に名を並べた。しかしイギリス軍は戦時中にア
ジアやアフリカでドイツ軍や日本軍に惨敗して威信を傷つけられるこ
とが多く、植民地での反英闘争激化を招いた。その結果、イギリスは
戦後に植民地のほぼ全てを失うこととなり、世界一の大国の座を失っ
て米ソの後塵を拝する国に転落した。1951年に再び首相を務め、米ソ
に次ぐ原爆保有を実現した。1955年4月にアンソニー・イーデンに首相
職を譲って政界の第一線から退いた。

ノンフィクション作家としても活躍し、1953年にはノーベル文学賞を
受賞している。

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ウィンストン・チャーチルの本
自己啓発書のベストセラー

——————————

★☆「keiko通信 from NewYork」☆★

今年もバレンタインデーの季節になりました。

どこのお店もすぐに目のつくところに赤、ピンクのハート型チョコレ
ートが何種類も並んでいます。

いつの頃からか日本では恋人達の『愛の告白』の日になっていますね。

プレゼントに添えるカードは夫から妻へ、孫からおばあちゃんへ・・
・これらの逆のもの、もちろん恋人同士や先生などへセクションごと
に売られているカード。どれにしようか迷うほど豊富にあります。

アメリカでは特に『愛の告白』ではなくお世話になった方々への感謝
やお礼として花束やチョコレートを贈る習慣があります。特別高価な
品物でなくてかまいません。

1本の真紅の薔薇の花を持った男性もいれば、花束を抱えた男性もい
て嬉しそうな顔で歩いていきます。

(私はカーネーションのお花がいいな。とさりげなく言ってみました
、定期的にヒーターが入るアメリカのお部屋で一番長持ちするお花だ
からです)

『告白』のプレゼントを贈ったすべての方の想いが叶うといいですね。
keiko

★ちょっと一言!

※皆さん、お元気ですか?

源太は私の横でスヤスヤと眠っています。
なにかと今の時期は忙しくて心身共にバテ気味の毎日ですが、それで
も行ける時には毎朝のテニスだけは欠かせません。

今朝の気温は-10℃、少しずつ暖かくなってきたようです。
今日も出張ですが、皆さんも車の運転には気を付けて下さいね。

皆さん、素敵なバレンタインを♪

源太は我が家の愛犬です。

 - ウィンストン・チャーチル, 外国人の名言

スポンサードリンク

スポンサードリンク

Message

  関連記事