先人の知恵に学ぼう!驚くほど役に立つ「名言集」

驚くほど役に立つ「名言集」では、世界の名言・金言・格言・故事・ことわざをご紹介します。

子供というものは、両親の分身ですぞ・・・ / ミゲル・デ・セルバンテス

      2015/08/14


2013.12.27-Vol.0607
—————————————————————–
■先人の知恵に学ぼう!驚くほど役に立つ「名言集」■
—————————————————————–
★今日の名言★
=======================================================

子供というものは、両親の分身ですぞ。

したがって、よい子であろうと悪い子であろうと、

我らに生命を与えてくれる魂を愛するように、

愛さねばなりません。

<セルバンテス>

=======================================================

◆一口豆知識◆◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇広辞苑より◇◇◇◇

分身(ぶんしん)・・・<古くはフンジン>

(1)〔仏〕仏が衆生を教え救うために種々の姿をとって現れること。
また、その姿。
(2)一つの身が二つ以上に分かれること。また、分かれて生じた身。
生まれた子や派生した組織などを指す。

=======================================================

※喫煙室(雑談コーナー)

波乱万丈の生涯を終えたセルバンテス(スペイン)の名著「ドン・キ
ホーテ」は皆さんもご存じだと思う。

私も学生の頃、貪るように読み終えた記憶がある。

騎士道物語を読み過ぎて妄想に陥った下級貴族の主人公が、自らを伝
説の騎士と思い込み、「ドン・キホーテ・デ・ラ・マンチャ」(<ラ
・マンチャの騎士・キホーテ卿>と言った意味合い)と名乗り、痩せ
こけた馬のロシナンテにまたがり、従者サンチョ・パンサを引きつれ
遍歴の旅に出かける物語である。(Wikiより)

今日の名言は、子供に限らず全ての人々への愛情の大切さを説いたも
のだが、日本の子供の幸福度が先進国31か国の中で総合6位だという記
事が気になっていたのだ。

【日本の順位】
・物質的な豊かさ(21位)
・健康と安全(16位)
・教育(1位)
・日常生活上のリスク(1位)

2013/12/25付けの朝日デジタルによると、ユニセフ(国連児童基金)
と国立社会保障・人口問題研究所は報告書で、日本の順位が一番低か
ったのが「物質的な豊かさ」だという。

少し意外な感じがする。

景気の低迷が長期化しているとはいえ、先進国の中でも物質的には比
較的不自由のない暮らしをしていると思っていたのだ。

日本では貧困ラインを下回る子供の割合が高く、世帯所得が低いこと
などが主な原因らしい。

教育のレベルが1位というのは心強い限りだが、心の教育は一体どうな
っているのだろう?

粘り強い性格や他者への愛情など、根本的な教育の基本になる筈の家
庭での親子関係そのものが崩れて来ているような気がしてならない。

未来を担う子供達の幸せを願わずにはいられない。

☆——————————☆

セルバンテス

ミゲル・デ・セルバンテス・サアベドラ(Miguel de Cervantes Saave
dra, 1547年9月29日 アルカラ・デ・エナーレス – 1616年4月23日、マ
ドリード)は、近世スペインの作家で、『ドン・キホーテ・デ・ラ・
マンチャ』(Don Quijote de la Mancha)の著者として著名。

[生涯]

セルバンテスは、イダルゴ(下級貴族)の家の次男として1547年9月2
9日にマドリード近郊のアルカラ・デ・エナーレスで生まれた。父は外
科医であったため、セルバンテスはコンベルソ(カトリックに改宗し
たユダヤ教徒)ではないかという研究者もある。

少年時代から、道に落ちている紙切れでも字が書かれていれば手にと
って読むほどの読書好きであったが、父の仕事がうまくいかず、バリ
ャドリード、コルドバ、セビーリャと各地を転々とする生活であった
ので、教育をまともに受けられなかった。だが1564年ごろ、マドリー
ドに転居したセルバンテスはルネサンスの人文学者ロペス・デ・オヨ
スに師事する。オヨスは1568年に出版された詩文集にてセルバンテス
を「わが秘蔵の弟子」と呼び、高く評価した。1569年に教皇庁の特使
であったアックアヴィーヴァ枢機卿の従者としてローマに渡り、ナポ
リでスペイン海軍に入隊するまでの生い立ちについては、あまり解明
されていない。この時期に、セルバンテスが決闘相手に傷を負わせた
罪を告発する文書が残っているが、同名の別人かどうかは定かではな
い。

スペイン最盛期の象徴であるレパントの海戦(1571年)において被弾
し、左腕の自由を失った後も4年間従軍を続け、ナヴァリノの海戦やチ
ュニスへの侵攻にも参加した。そして本国へと帰還する途中、バルバ
リア海賊に襲われ捕虜となる。このとき仕官のための推薦状を持って
いたことが仇になり、とても払えない巨額の身代金を課され、アルジ
ェで5年間の虜囚生活を送る。この間、捕虜を扇動して4回も脱出を企
てるがことごとく失敗。このとき処刑されなかった理由は、推薦状に
より大物と見られていたためと思われるが、定かではない。三位一体
会(キリスト教の慈善団体)によって身請けされ本国に戻ったが、仕
官を願うも叶わず、1585年に彼の最初の牧人小説『ラ・ガラテーア』
を出版するが、あまり評価されなかった。

1585年に父親ロドリーゴが亡くなると、セルバンテスの家庭は本人・
姉・妹・姪・妻・娘(私生児)の六人家族となり、稼ぎ手の少ない家
計は逼迫した。セルバンテスは無敵艦隊の食料調達係の職を得てスペ
イン各地を歩き回って食料を徴発するが、教会から強引に徴発したか
どで投獄され、さらに翌年アルマダの海戦で無敵艦隊が撃破されたた
め職を失う。

その後なんとか徴税吏の仕事に就くが、税金を預けておいた銀行が破
産、30倍の追徴金を負債として負うこととなり、これが払えず1597年
に投獄される。そのセビーリャの監獄の中には、ピカレスク小説『グ
スマン・デ・アルファラーチェ』(1559年)の作者マテオ・アレマン
もいたという。セルバンテスは『ドン・キホーテ』の序文で、牢獄に
おいて構想したことをほのめかしている。

そして1605年、マドリードにて『ドン・キホーテ・デ・ラ・マンチャ
』が出版された。『ドン・キホーテ』は出版されるやいなやたちまち
大評判となり、同年中に6版が重ねられた。『ドン・キホーテ』の成功
にもかかわらず、版権を安く売り渡していたため、生活は良くならな
かった。しかし、その後も創作活動は続き、有名なものに『模範小説
集』(1613年)、『ドン・キホーテ 後編』(1615年)、遺作『ペルシ
ーレスとシヒスムンダの苦難』(1617年)などを世に送り出した。16
16年、69歳でその波瀾に満ちた人生を終えた。

イギリスのシェークスピアと死亡した日が同じであるとされることが
多いが、当時はヨーロッパ大陸とブリテン島とで異なる暦を使用して
おり、実際には同じ日ではない。これは、1582年にローマ教皇がユリ
ウス暦からグレゴリウス暦へ暦の変更を決定し、大陸のカトリックや
プロテスタントの国々が順次変えていったのに対し、当時のイギリス
は、カトリック教会の権威が及ばないイギリス国教会が優勢だったた
めに新しいグレゴリウス暦を受け入れることが遅れたからである。

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

セルバンテスの本
自己啓発書のベストセラー

——————————

★☆「keiko通信 from NewYork」☆★

学校はすでに冬休みですが、アメリカでは25日のクリスマス当日は会
社、お店はほとんどのところが閉まります。

クリスマス・イブまでに各家庭に飾られたツリーの下にはプレゼント
が置かれクリスマスディナーで賑やかな夜を過ごし、翌日25日の朝目
覚めてからそれぞれプレゼントを開けます。とても静かなクリスマス
を迎えます。(アメリカ人は普段のギフトはその場ですぐに包みを破
って中をみるのですが、クリスマスは静かに25日まで待っています。
日本人はテープをはずし、丁寧に包みを開ける人が多いですね。)

私は欲しいと願ったものが必ず25日の朝には届いていたので小学校3年
生までサンタクロースが実在すると信じていました。

両親がいつも耳を傾けていてくれたのだと大人になり感謝しました。
今の子供達に話すと笑われそうですが・・・

皆様も願いが叶ったプレゼントは届いたのでしょうか?
Keiko

★ちょっと一言!

※皆さん、お元気ですか?
今日が今年最後のメルマガになります。

今年一年間のご愛読、心から感謝申し上げます。

来年は一月一日元旦特別号からの発行になります。

来年が皆様にとって素晴らしい一年になりますように!

源太は我が家の愛犬です。

 - ミゲル・デ・セルバンテス, 外国人の名言

スポンサードリンク

スポンサードリンク

Message

  関連記事