先人の知恵に学ぼう!驚くほど役に立つ「名言集」

驚くほど役に立つ「名言集」では、世界の名言・金言・格言・故事・ことわざをご紹介します。

若い人で、何度かつまずいたり・・・ / 周恩来

      2015/08/14


2013.11.29-Vol.0603
—————————————————————–
■先人の知恵に学ぼう!驚くほど役に立つ「名言集」■
—————————————————————–
★今日の名言★
=======================================================

若い人で、何度かつまずいたり、

障害にぶつかったりしない者はいない。

しかし、障害にぶつかっても落胆してはならない。

いちばん苦しいときでも、気を落としてはならない。

前進を続ける気概をもて。

勇気をもて。

希望の光が、我々を照らしている。

<周恩来>

=======================================================

◆一口豆知識◆◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇広辞苑より◇◇◇◇

落胆(らくたん)・・・失望してがっかりすること。力を落とすこと。

=======================================================

※喫煙室(雑談コーナー)

11月26日、Yahooニュースを見ていて目に付いた記事をシェアさせて
いただこうと思う。

中国人の見た日本人を見る目を垣間見せるなかなか興味深い記事であ
る。

お互いに憎悪の応酬という悪循環に陥っている中国や韓国との関係に
おいて、冷静に日本人を分析し理解しようと試みる中国人もいるよう
である。

古くは、アメリカ人が書いた「菊と刀」やイザヤ・ベンダサンの「日
本人とユダヤ人」、ドイツ人哲学者オイゲン・ヘリゲルの「弓と禅」
などを思い出す。

日本人や日本文化の比較研究と、この短い記事を比較する訳にはいか
ないが、多種多様な民族や国家との交渉においてより優位に立つ為に
も、また違いを克服するための手段としても異なるものと自らを知る
ことが必要なのではないだろうか。

その視点が非常に面白いので、是非お読み頂きたい。

——————————

日本人は頭が固い、それは日本人の聡明さの裏返し―華字紙

Record China 11月26日(火)0時44分配信

2013年11月23日、日本華字紙・中文導報は「日本人の柔軟性と非柔軟
性」と題した記事を掲載した。以下はその内容。

子供の頃、とても好きだった抗日小説がある。そこには、生死にかか
わる状況下でも、軍の規律を守り抜こうとする日本兵の姿が描かれて
あって、私は「日本人って、どこまでも頭が固いんだな」と思ったも
のだ。

実際に日本に来て、その小説通りの日本人に遭遇したことがある。私
がいつも利用していた小さな商店では、私が250円の煙草を2箱買うの
に、店主がいつも電卓を使用する。店主の妻も、その息子も必ず電卓
を使った。

日本で暮らす多くの中国人は、電話会社やインターネットサービスの
会社に電話をした経験がある。そこでは、担当者が変わるたびに、名
前、住所、電話番号を繰り返し伝えねばならず、本来の用件にたどり
着くまでに恐ろしく時間と手間がかかる。さらに外食しよううとする
と、寿司が食べたかったら寿司屋に、ラーメンが食べたかったらラー
メン屋に、焼き鳥が食べたかったら焼き鳥屋に行かねばならず、それ
らの食べ物を一度に食べられる場所がない。

こうした例を挙げると、日本人は融通が利かないように見えるが、そ
れは裏を返せば、彼らの誠実さや真面目さ、規律遵守などを意味する
。日本と日本人はその強固なまでの真面目さとたゆまぬ努力で、国際
社会から高い評価を得てきた。日本人の非柔軟性をあえて表現するな
ら、「聡明な非柔軟性」が妥当だろう。

日本人の規律を守る性質が、彼らを中国に侵略させたといえる。当時
を生きた中国の高齢者たちに日本人について問うと、多くの人が複雑
な心情をのぞかせて「普通の日本人はみな友好的できちんとしていた
」と話す。終戦のどさくさにまぎれて侵入してきたソ連兵の悪行を罵
る彼らの態度とは、とても対照的で驚かされたものだ。

実際、日本人はとても聡明だ。日本の電化製品や自動車は、常に新し
い技術を開発する努力を惜しまず、永遠に世界の新潮流の先駆けとな
っている。日本の風俗業に従事している女性さえも、自己を高める努
力を怠らない。

日本人の非柔軟性と聡明さは一見矛盾しつつも、日本人の本質を表し
ている。日本人は融通が利かないように見えるが、それはとても小さ
なことがほとんどで、大局から見れば、日本人は絶対的に聡明で優秀
なのだ。

日本人とビジネスをしたことのある人間は、「日本人のことは永遠に
計り知れない」と思っている。彼らは非柔軟性を十分に利用して、決
して引かず、最後には大きな利益を獲得していく。つまり、実は非常
に融通を利かせているのだ。日本人はその聡明さを非柔軟性の下に隠
しているといえよう。(翻訳・編集/本郷)

☆——————————☆

周恩来

周 恩来(しゅう おんらい、ヂョウ・オンライ、1898年3月5日 – 197
6年1月8日)は中華人民共和国の政治家。字は翔宇。中華人民共和国が
建国された1949年10月1日以来、死去するまで一貫して政務院総理・国
務院総理(首相)を務めた。毛沢東の信任を繋ぎとめ、文化大革命中
も失脚しなかったことなどから「不倒翁」(起き上がり小法師)の異
名がある。1972年に、日本国首相の田中角栄(当時)と日中共同声明
に調印したことでも知られている。

妻は鄧穎超、子女は孫維世(養女・文化大革命で迫害死)、李鵬(養
子・のちに首相)。

[評価]

[外国人による評価]

1972年のニクソン大統領訪中のお膳立てをしたキッシンジャーは、周
恩来を「今までに会った中で最も深い感銘を受けた人物」の一人に数
え、「上品で、とてつもなく忍耐強く、並々ならぬ知性をそなえた繊
細な人物」と評している。

国連事務総長だったダグ・ハマーショルドは「外交畑で今まで私が出
会った人物の中で、最も優れた頭脳の持ち主」と証言している。

ノロドム・シハヌークはクメール・ルージュに苦しめられた経験など
から反共主義者だったが、周恩来だけは高く評価していた。その理由
を尋ねられたシハヌークは「だって、彼のほうが私よりよっぽど王族
らしいじゃないか」と答えている。

『周恩来伝』を書いたジャーナリストのディック・ウィルソンは、周
恩来をケネディやネルーと比較し、「密度の濃さが違っていた。彼は
中国古来の徳としての優雅さ、礼儀正しさ、謙虚さを体現していた」
と最大級の賞賛をしている。

また、1954年以来チャーリー・チャップリンとも親交を持ち(ジュネ
ーヴ会議出席の際、1952年からスイス在住であったチャップリンを訪
ねている)、彼の作品の一つ「黄金狂時代」の名シーンであるチャー
リーが靴を食べる場面を見て、長征の際の苦難を思い出し、懐かしが
ったと言う。

日本でも周恩来に傾倒した著名人は多く、日本人70名が寄稿した文集
『日本人の中の周恩来』がある。

[中国人による評価]

鄧小平は周恩来が文革期に毛沢東に妥協して走資派(実権派)粛清に
協力したことに複雑な胸中だったと言われるが、周の没後ジャーナリ
ストに対しては以下のように語っている。

「彼(周恩来)は同志と人民から尊敬された人物である。文化大革命
の時、我々は下放(地方、農村での思想矯正)したが、幸いにも彼は
地位を保った。文化大革命のなかで彼のいた立場は非常に困難なもの
であり、心に違うことをいくつも語り、心に違うことをいくつもやっ
た。しかし人民は彼を許している。彼はそうしなければ、そう言わな
ければ、彼自身地位を保てず、中和作用をはたし、損失を減らすこと
が出来なかったからだ」

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』<抜粋>

周恩来の本
自己啓発書のベストセラー

——————————

★☆「keiko通信 from NewYork」☆★

毎年11月第4木曜日はサンクスギビング・デー(感謝祭)です。

メーシーデパート主催の恒例のパレードがマンハッタンでは華やかに
行われるのですが、ヨーロッパからの移民者がアメリカインディアン
から土地を奪うためにインディアンを大量に殺害しました。

インディアンにとってサンクスギビング・デーは追悼の日でもあると
いわれています。

25日にJFKに到着した私は人、人、人に埋め尽くされイミグレーショ
ンの長蛇の列に唖然としました。

祝日となっている感謝祭のために全米から、また世界からの帰国者で
混雑していました。
Keiko

※イミグレーション【immigration】
空港などの出入国審査カウンター、出入国審査場。
◇そのカウンターで行われる出入国管理)「immigration control」の
略称としても用いられる。

★ちょっと一言!

※keikoさん、暫く日本に戻られていたそうです。またアメリカから
の記事が楽しみですね♪

北海道の旭川は、一昨日から雪が降り続きいよいよ本格的な冬の到来
といったところです。

12月に入ると何かと気忙しくなってきますが、皆さん健康には気をつ
けて下さいね。
今年の風邪は長引くそうです^^;今朝の気温は-3℃です。

毎朝のテニスがちょっと辛くなってきました。

源太は我が家の愛犬です。

 - 周恩来, 外国人の名言

スポンサードリンク

スポンサードリンク

Message

  関連記事