日本人の名言 緒方貞子

文化、宗教、信念が異なろうと・・・ / 緒方貞子

投稿日:

=================================
♪配信スタンド「メルマ!」サービス終了のお知らせ♪
「メルマ」が、2020年1月末をもって終了となります。
読者の皆様にはお手数ですが、「まぐまぐ」への変更をお願い致します。
⇒ 「まぐまぐ」登録
=================================

2019.11.01-Vol.0915
—————————————————————————
■先人の知恵に学ぼう!驚くほど役に立つ「名言集」■
—————————————————————————
★今日の名言★
=================================

 文化、宗教、信念が異なろうと、

  大切なのは苦しむ人々の命を救うこと。

   自分の国だけの平和はありえない。

              <緒方貞子>

=================================

◆一口豆知識◆◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇広辞苑より◇◇◇◇

信念(しんねん)・・・

ある教理や思想などを、かたく信じて動かない心。

=================================

※喫煙室(雑談コーナー)

人道主義を貫いた「信念の人」として知られ、世界各地で難民の支援活
動を指揮された緒方貞子さんを悼む声が世界中から沸き起こっている。

国連難民高等弁務官や国際協力機構(JICA)理事長を務めた緒方貞子さ
ん(92歳)が10月22日に亡くなられた。

「現場主義」を貫き、世界中の難民救済に駆け付けた緒方貞子さん。

緒方さんは1927年、東京で生まれ、曽祖父は犬養毅元首相で、「貞子」
という名前は犬養元首相が名付け親だという。

国際政治学者としてご活躍されていたが、国際機関に活躍の場を移した
のは1976年。日本人女性として初の国連公使に就任した。

91年には日本人として、女性としても初めての国連難民高等弁務官に就
任された。

以下、HAFFPOSTより転記させていただく。

国連難民高等弁務官としての緒方さんを語る上で、外すことができない
のが、就任早々に発生した、湾岸戦争中のイラクでのクルド人避難民へ
の対応だ。クルド人避難民はイラク国内から隣国トルコに向かったが、
トルコは入国を拒否。国境付近にとどまらざるを得ない状況になってい
た。

国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)はそれまで、国を逃れた難民を支援
対象としていた。イラク国内にとどまっている場合は支援対象外となる
が、緒方さんは「国家によって生命と安全を保障されない国内避難民」
も対象に拡大。UNHCRの活動にとっても大きな転機となる決断を下した。

緒方さんはこの決断について、2016年10月3日朝日新聞夕刊で「私は人間
を助けるということが何より大事であると考えました」と語っていた。

■高等弁務官退任後も、アフガニスタン支援日本政府特別代表やJICA理
事長を歴任

緒方さんはその後も、旧ユーゴスラビアの紛争やルワンダ虐殺など、各
地の紛争地から逃れる難民の支援に奔走。防弾チョッキ、ヘルメット姿
で現地入りする緒方さんの姿が、TVや新聞で報道されて人々に鮮烈な印
象を与えた。

2000年に約10年間務めた国連難民高等弁務官を退任したが、その後も国
際的な知名度を活かして、世界を舞台に活躍を続けた。

※続く「名言」もお読み頂きたい。

「やはり日本は島国で、
 今までなんとなく自分たちだけを守っていれば
 生きていけると思っていたのだけれど、
 実態はそうではありません」

「深刻な問題を抱えたときに、
 日本人はいつもそれに立ち向かい克服してきました。
 しかし、相互依存の中にあって、
 日本だけを見ていてすべてのことを克服していくことはできません」

「人々の意識を変えるためには、時間が必要です。
 戦火を交えてきた人々の間に信頼を築き上げるのにも、
 時間がかかります。
 しかし、その実現は不可能ではありません」

「多くの兵士や将校たちが彼らの『剣』や『銃』を転用して、
 新しい『鍬』を再び手にしながら
 土地を耕し始める事を一緒に望みましょう」

「(日本は)国際交流によって発展してきた国なのです。
 誰も彼も日本に入ってきたらいいとは思いませんが、
 必要に迫られて
 日本に来る難民の受け入れには寛大でなければなりません」

         ☆—————————————-☆

緒方貞子

緒方 貞子(おがた さだこ、1927年9月16日 – 2019年10月29日)は、日
本の国際政治学者。学位は、政治学博士(カリフォルニア大学バークレ
ー校)。上智大学名誉教授。独立行政法人国際協力機構理事長、国連人
権委員会日本政府代表、国連難民高等弁務官、アフガニスタン支援政府
特別代表を歴任。また日本における模擬国連活動の創始者でもある。

[経歴]

[生い立ち]

1927年9月16日、東京府東京市麻布区(現東京都港区)に外交官・元フィ
ンランド特命全権公使の中村豊一・恒子夫妻の長女として生まれる。命
名は犬養毅による。父の転勤で幼少期をアメリカ・サンフランシスコ、
中国・広東省、香港などで過ごす。

小学校5年生の時に日本に戻り、聖心女子学院に転入、聖心女子大学文学
部英文科(現:英語英文学科英語英文学専攻)を卒業。その後、父の勧め
でジョージタウン大学およびカリフォルニア大学バークレー校の大学院
で学び、政治学の博士号を取得した。

[研究活動]

国際基督教大学准教授、上智大学教授を歴任する。在籍中は上智大学国
際関係研究所長や外国語学部長などを務め、また模擬国連団体として初
めて組織化された「模擬国連実行委員会」の顧問として、発足に携わっ
た。指導学生に野林健一橋大学名誉教授、納家政嗣一橋大学名誉教授な
どがいる。

[公的活動]

1968年(昭和43年)、国際基督教大学 (ICU) 講師を務めていた時に、参
議院議員を務めていた市川房枝の訪問を受けて、市川から「今年(1968
年)の国際連合総会日本代表団に加わって戴きたい」と要請される。こ
れが契機となって緒方自身は国際連合の仕事に関わるようになる。

国連は1975年(昭和50年)を国際婦人年とすることを宣言。日本社会党
の田中寿美子が参議院の外務委員会で「国際婦人年にちなみ、女性民間
人を大使、公使に起用しては」と提言すると、宮澤喜一外務大臣は「ぜ
ひ実現したい」と返答。曾野綾子や中根千枝など10人近くの候補が挙が
るが、いずれも断られ、結局緒方が口説き落とされた。これにより緒方
は女性国連公使第1号となった。

国際連合児童基金 (UNICEF) 執行理事会議長、国連人権委員会日本政府
代表、第8代国連難民高等弁務官:1990(平成2)年-2000(平成12)年他
を務める。2001年(平成13年)からアフガニスタン支援政府特別代表、
2003年(平成15年)から2013年 (平成25年)まで国際協力機構 (JICA) 理
事長を務めた。

2002年(平成14年)、外務大臣田中真紀子の更迭時にはその後任に推す
声もあったが、本人が固辞した。2007年11月のデイヴィッド・ロックフ
ェラー来日時には、回顧録出版記念パーティーの発起人を務めた。

小泉純一郎首相(当時)の私的諮問機関として、2004年(平成16年)12
月27日に設置された「皇室典範に関する有識者会議」に、メンバーの一
人として参加した。これは、いわゆる日本の皇位継承問題やそれに関連
する制度(皇室典範)について、2005年(平成17年)1月より17回の会合
を開き、同年11月24日には皇位継承について女性天皇・女系天皇の容認
、長子優先を柱とした報告書を提出したようなものとなった。なお、緒
方と平成の皇室とは、上皇后美智子の母校が自身と同じ聖心女子大学で
あるという共通点がある。

2012年(平成24年)4月17日には、東京都内の外務省飯倉会館にて、当時
の玄葉光一郎外務大臣主催で「緒方貞子氏の我が国及び国際社会への貢
献に敬意を表すレセプション」が開催され、当時の野田佳彦首相もあい
さつをした。

野田首相は、「昨年3月に私どもは東日本大震災(東北地方太平洋沖地震
)を経験しましたが、160を越える国から、40を越える国際機関から、温
かい支援の申し出をいただきました。(中略)世界のために最前線に立
って汗を流した日本人(=緒方貞子)がいたからこそ、このような世界
から温かいご支援をいただいたものと思います。」とも述べた。

[晩年] 

2019年10月29日死去。92歳没。

[人物]

キリスト教徒で、カトリック信者である。

[家庭・親族]

曽祖父は元内閣総理大臣の犬養毅で、祖父は外交官で犬養内閣外相の芳
沢謙吉。母・恒子は元共同通信社長の犬養康彦や評論家の犬養道子、エ
ッセイストの安藤和津の従姉に当たる。

夫・緒方四十郎(元日本銀行理事)は、朝日新聞社副社長や自由党総裁
、副総理をつとめた緒方竹虎の三男である。緒方姓は竹虎の祖父・郁蔵
(本姓大戸氏、備中(岡山県)出身)が緒方洪庵と義兄弟の盟を結びそ
の姓を名乗らせたことに始まる。息子の緒方篤は映画監督。

外務事務次官や在アメリカ合衆国日本大使を務めた外交官の井口貞夫は
おじ。外務事務次官や侍従長を務めた外交官の川島裕は従弟。
<以下略>

        フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

緒方貞子の本
自己啓発書のベストセラー

         ☆—————————————-☆

★ちょっと一言!

※皆さん、お元気ですか?「名言集」の宮口です。

あっという間の10月でしたね。今年も残り2ヶ月、そろそろ忘年会も数件
入ってきました。やり残したことはありませんか?今、追い込みに入っ
ています。庭木の冬囲いは終わり、今度の日曜日には冬タイヤに交換す
る予定です。天気が良ければ良いのですが・・・颯太は何もしません!

颯太(ふうた)は、我が家の愛犬です♪

★皆さんのメールが何よりの励ましです。
出来る限り、お返事は差し上げますのでお気軽にメールして下さい。
当メルマガで掲載させていただくこともありますが、匿名希望と書いて
いただければ実名を出すことはありません。

まずは自分自身を信じ、愛することから始めよう!

■今号はいかがでしたか?
驚くほど役に立つ「名言集」へのコメントをどうぞ!
⇒ http://clap.mag2.com/sloulaiphu/input

=================================

☆お勧めの「無料レポート」大公開☆

◆先人の知恵に学ぼう!驚くほど役に立つ「名言集」part1◆
※今まで、メルマガでご紹介したvol.創刊号1~vol.50までの「名言」
を素敵な「名言集」に仕上げてレポートにしました。
⇒ http://maxim.no1wizard.com/page-34

=================================

編集後記+++++++++++++++++++++++++++++

世の中には人間の一生をも左右してしまうような、心の底から魂を揺さぶら
れるような素晴らしい金言や格言が数多くあります。
あなたも辛い時や悲しい時、何気ない一言で勇気づけられた経験はないだろ
うか?

仕事をしながらメルマガを発行しようと決意したのは、そういう名言の数々
を一人でも多くの方々に紹介したいと思ったからです。
今までの仕事だけの人生に物足りなさを感じていたということもあります。

「生きることとは自分自身を表現することである!」と言ったのは誰だった
ろう?自分自身を表現することにより、ほんの少しでも周りの人たちを幸せ
にするお手伝いが出来れば望外の幸せです。

+++++++++++++++++++++++++++++++++

ここまでお読み頂きありがとうございます。
皆さまからのご意見・ご感想をお待ちしています。

豊かで、より良き人生を共に歩んで行くことが出来ますように!

=================================
※メルマガ解除はご自身でお願い致します※
★まぐまぐ ≫ http://www.mag2.com/m/0000147942.html
★melma ≫ http://www.melma.com/mag/95/m00131695/
★ミニまぐ ≫ http://www.mag2.com/m/M0038759.html
———————————————————————————-
-先人の知恵に学ぼう!驚くほど役に立つ「名言集」-

■発行者 ≫ 宮口栄治
■連絡先 ≫ lupin2936★yahoo.co.jp (★→@)
■H.P ≫ 先人の知恵に学ぼう!驚くほど役に立つ「名言集」
■H.P ≫ 北海道の魅力
■H.P ≫ 旭川時事英語研究会
●ウェブログ ≫ Miyaguchi Diary
———————————————————————————-

Sponsored Links
Sponsored Links

-日本人の名言, 緒方貞子
-, , , ,

執筆者:

「名言集」カテゴリ