レイ・カーツワイル 外国人の名言

人間は進化するにつれて、神に近づくのです・・・ / レイ・カーツワイル

投稿日:2019年10月11日 更新日:

=================================
♪配信スタンド「メルマ!」サービス終了のお知らせ♪
「メルマ」が、2020年1月末をもって終了となります。
読者の皆様にはお手数ですが、「まぐまぐ」への変更をお願い致します。
⇒ 「まぐまぐ」登録
=================================

2019.10.11-Vol.0912
—————————————————————————
■先人の知恵に学ぼう!驚くほど役に立つ「名言集」■
—————————————————————————
★今日の名言★
=================================

 つまり、人間は進化するにつれて、神に近づくのです。

  進化とは精神的なプロセスです。

 世界に存在する美しさ、愛、創造性、そして知性は、

  すべて新皮質で生まれます。

 脳の新皮質を拡張することによって、

  人間は神に近づいていくでしょう。

              <レイ・カーツワイル>

=================================

◆一口豆知識◆◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇広辞苑より◇◇◇◇

人工知能(じんこうちのう)・・・

(artifical intelligence)推論・判断などの知的な機能を実現するため
の研究。また、これらの機能を備えたコンピューター・システム。1956
年に、アメリカのマッカーシー(J.McCarthy 1927~2011)が命名。知識を
蓄積するデータベース部、集めた知識から結論をひきだす推論部が不可
欠である。データベースを自動的に構築したり誤った知識を訂正したり
する学習機能を持つものもある。AI

=================================

※喫煙室(雑談コーナー)

この傲慢ともいえるカーツワイルの主張に批判や非難・反論する学者も
多いが、少なくとも科学は好むと好まざるに関わらず進化を深めていく
ものと思われる。

科学の進化に伴う文明の利器を悪用するのか善用するのか、その刈り取
った果実の使い方次第で私達の未来が大きく左右されるのである。

世界的な未来学者であり発明家・実業家としても知られるレイ・カーツ
ワイルの予想によると、人間は脳をコンピューターに接続することによ
り、さらに複雑な感情や特質を発達させることが出来るという。

人工知能研究の世界的権威の言葉である。

彼によると、2045年にはコンピュータの進化により、人工知能が人間の
能力を完全に凌駕するというのである。技術的特異点論の時代がやって
くるという。

SFの世界ではないが、人間の感情までコンピューターに支配される時代
が、すぐそこまで迫っているのでないかと危惧するのは私だけではない
だろう。

※2015年にHaffPost掲載されたレイ・カーツワイルの記事を偶然目にし
たので以下に抜粋させていただく。

「この考え方は、一般の認識とはまったく対照的だ。SFでの描かれ方だ
と、人間はサイボーグ技術によってロボット化し、感情や人間らしさを
失っていく。このような不安を示しているのがデューク大学の神経工学
部長、ミゲル・ニコレリス氏だ。彼は機械に依存しすぎると、人間は行
動の多様性を失うだろうと懸念している。というのも、コンピュータは
白か黒か(0か1か)で思考を行うものであり、気晴らしなどしないから
だ。」

「カーツワイル氏の考えでは、コンピュータに接続することで、人間は
さらに人間らしく、ユニークな存在になり、神にさえ近づくという。」

「進化によって、時間と共に複雑さ、聡明さ、創造性が高まり、さらに
は愛情など、高度な感情表現の能力も向上する構造とパターンが生み出
されます」とカーツワイルは述べた。「進化は、神が無制限に備えてい
るものとして語られるような資質に向かっていきます」

「つまり、人間は進化するにつれて、神に近づくのです。進化とは精神
的なプロセスです。世界に存在する美しさ、愛、創造性、そして知性は
、すべて新皮質で生まれます。脳の新皮質を拡張することによって、人
間は神に近づいていくでしょう」

参照 : https://www.huffingtonpost.jp/2015/10/16/ray-kurzweil_n_8310564.html

         ☆—————————————-☆

レイ・カーツワイル

レイ・カーツワイル(Ray Kurzweil, 1948年2月12日 – )はアメリカ合
衆国の発明家、実業家、未来学者。本名はレイモンド・カーツワイル(
Raymond Kurzweil)。

人工知能研究の世界的権威であり、特に技術的特異点(technological
singularity)に関する著述で知られる。

発明家としては、オムニ・フォント式OCRソフト、フラットベッド・スキ
ャナー、”Kurzweil”ブランドのシンセサイザー「K250」、文章音声読み
上げマシーン(カーツワイル朗読機)などを開発している。

[経歴]

ニューヨーク・クイーンズにオーストリアから亡命したユダヤ系移民の
子として生まれる。1960年12歳の時、コンピュータに触れ、以後夢中と
なり、統計分析のプログラムや作曲を行うようになる。高校生の時テレ
ビ番組『私の秘密』(“I’ve Got a Secret”)に登場し、コンピュータ
ーに作曲させた音楽を披露。同発明で、国際科学フェア第一位を受賞、
ホワイトハウスでリンドン・ジョンソン大統領からウェスティングハウ
ス・サイエンス・タレント・サーチ賞を受賞する。

マサチューセッツ工科大学在学中20歳のとき起業し、諸大学のデータベ
ースを構築して大学選択のプログラムを作った(後に10万ドルで売却)
。1974年カーツワイル・コンピューター・プロダクツ社を設立。以後数
々の発明を世に送り出す。アメリカの「発明家の殿堂」に加えられた。

1982年、スティーヴィー・ワンダーがロサンゼルスに設立した新しいス
タジオに招待された際に、スティーヴィーに「コンピューターを使って
本物の生楽器の音を再現することは出来ないだろうか?」と尋ねられた
のをきっかけに、同年、スティーヴィーをミュージックアドバイザーに
迎えてカーツウェル・ミュージック・システムズを設立し、シンセサイ
ザーの開発に乗り出す。1984年には初の製品であるKurzweil K250を世に
送り出す。

1990年『The Age of Intelligent Machines』を公刊し米国出版社協会か
ら「ベスト・コンピュータ・サイエンス・ブック」に選ばれた。このと
きインターネットの普及、チェスの試合でのコンピューターの勝利を、
少しの時間的誤差で予測し、的中させる。1999年、著作『The Age of S
piritual Machines: When Computers Exceed Human Intelligence』で収
穫加速の法則 をまとまった形で発表し物議を醸す。

2005年、『The Singularity Is Near:When Humans Transcend Biology』
で技術的特異点・シンギュラリティーについての踏み込んだ記述を展開
。「特異点は近い The Singularity is near」と宣言し、世間一般に技
術的特異点という概念が広まるきっかけを作った。

2012年にGoogleに入社。2017年現在は「スマートリプライ」と呼ばれる
Gmailモバイルアプリの機能を担当している。また、知性に関する彼の階
層理論を元にしたKonaを使った新しいアプリケーションを開発している
とし、将来のグーグル製品としてリリースすることを目指している。

[人物]

・30代のころ遺伝型の糖尿病と診断されるも、科学者の立場から医師と
 共同で徹底した治療を行い、現在では完治したと主張している。

・万一死亡した場合はアルコー財団で人体冷凍保存を行う予定だという。

[研究]

・未来研究や収穫加速の法則について、「自分の発明が現実になる時期
 を知りたかった」と語っている。また収穫加速の法則はある日突然思
 いついたのではなく、様々な技術に触れるうちに徐々に理解を深めて
 いったという。

・その論調から「テクノロジー超楽観主義者」と呼ばれ批判されること
 もある。

・著作で「出会う人のほとんどが技術的特異点に関する私の見方を受け
 入れてくれない」と不満を口にしていた。

・次世代エネルギーとして太陽光発電を推しており、「パネル1平方メ
 ートルあたり数セントまでコストが低下する」と予想している。

・地球外文明が発見されない理由について「おそらく地球文明が宇宙の
 最先端を走っているため」としている。しかし「何もないことを発見
 することも重要である」と語り、SETIの有用性を認めている。

・AIによる大量失業問題について「農業が他の仕事に置き換わったよう
 に、新たな種類の仕事が生み出されるのではないか」と語っている。

・無神論者ではあるが、AIが遠い将来に全知全能に近い存在になること
 を見越して「神はまだいない。だがいずれ現れる」と語っている。

・超知能の誕生後直ちに(強化されていない)ホモサピエンスの時代は
 終了するという説があるが、カーツワイルは十数年のタイムラグがあ
 るだろうという立場をとっている。

・知能とは「限られた資源(時間など)で問題を解決する力」であると
 定義している。

[家族]

音楽家で若くして亡くなった父の資料を大量に集積している。DNA情報や
生きている人々に残された記憶等とも照らし合わせて、いつの日か父と
同じ人格を保有するAIを作成し「再会」することを目指している。この
ことは彼が研究を行うモチベーションになっている。

カーツワイルには、2人子供がいる。息子、イーサン・カーツワイルは
ベンチャーキャピタリストで、娘、エイミー・カーツワイルは作家・漫
画家である。また、作家のアレン・カーツワイルはいとこである。

[未来予測]

・ヒトゲノム解析プロジェクトでは最初の1%を解析するのに7年かかった。
 「このままでは終了まで700年かかる」という声が上がる中、カーツワ
 イルは「1%終わったのなら、もうほとんど終わりに近づいている」「
 この分野の研究は、毎年倍々で結果が伸びていくから、次の年には2%
 、 その次の年には4%、その次の年には8%……つまりあと7年で解析
 は終わりだ」と見抜いた。

The Singularity Is Near(2005年)より

2018年時点で、カーツワイルの2005年の予想の(全てではないが)かな
りの部分が的中している。<後略>

        フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

レイ・カーツワイルの本
自己啓発書のベストセラー

         ☆—————————————-☆

★☆「keiko通信 from NewYork」☆★

「スクラッチロットー」

以前も登場したサージオさん、小学生の娘さんの誕生日パーティーをレ
ストランで行い、$300のチップを支払った方です。

1枚$10のスクラッチカード、50枚入りをひと箱全部買いました。

さて、いくら当たったでしょうか?!

支払ったお金が$500、当たったカードはおよそ$200だったとのこと。

ナンバーズロットーにしてもスクラッチにしても当選するのはラッキー
というべき人なのですね。

                  Keiko

★ちょっと一言!

※皆さん、お元気ですか?「名言集」の宮口です。

数日前の旭川の最低気温が2℃。さすがに冷えました。まだ10月の初め
だというのに・・・。最近、颯太は元気がありません^^; 食欲もないよ
うなので心配です。

颯太(ふうた)は、我が家の愛犬です♪

★皆さんのメールが何よりの励ましです。
出来る限り、お返事は差し上げますのでお気軽にメールして下さい。
当メルマガで掲載させていただくこともありますが、匿名希望と書いて
いただければ実名を出すことはありません。

まずは自分自身を信じ、愛することから始めよう!

■今号はいかがでしたか?
驚くほど役に立つ「名言集」へのコメントをどうぞ!
⇒ http://clap.mag2.com/sloulaiphu/input

=================================

☆お勧めの「無料レポート」大公開☆

◆先人の知恵に学ぼう!驚くほど役に立つ「名言集」part1◆
※今まで、メルマガでご紹介したvol.創刊号1~vol.50までの「名言」
を素敵な「名言集」に仕上げてレポートにしました。
⇒ http://maxim.no1wizard.com/page-34

=================================

編集後記+++++++++++++++++++++++++++++

世の中には人間の一生をも左右してしまうような、心の底から魂を揺さぶら
れるような素晴らしい金言や格言が数多くあります。
あなたも辛い時や悲しい時、何気ない一言で勇気づけられた経験はないだろ
うか?

仕事をしながらメルマガを発行しようと決意したのは、そういう名言の数々
を一人でも多くの方々に紹介したいと思ったからです。
今までの仕事だけの人生に物足りなさを感じていたということもあります。

「生きることとは自分自身を表現することである!」と言ったのは誰だった
ろう?自分自身を表現することにより、ほんの少しでも周りの人たちを幸せ
にするお手伝いが出来れば望外の幸せです。

+++++++++++++++++++++++++++++++++

ここまでお読み頂きありがとうございます。
皆さまからのご意見・ご感想をお待ちしています。

豊かで、より良き人生を共に歩んで行くことが出来ますように!

=================================
※メルマガ解除はご自身でお願い致します※
★まぐまぐ ≫ http://www.mag2.com/m/0000147942.html
★melma ≫ http://www.melma.com/mag/95/m00131695/
★ミニまぐ ≫ http://www.mag2.com/m/M0038759.html
———————————————————————————-
-先人の知恵に学ぼう!驚くほど役に立つ「名言集」-

■発行者 ≫ 宮口栄治
■連絡先 ≫ lupin2936★yahoo.co.jp (★→@)
■H.P ≫ 先人の知恵に学ぼう!驚くほど役に立つ「名言集」
■H.P ≫ 北海道の魅力
■H.P ≫ 旭川時事英語研究会
●ウェブログ ≫ Miyaguchi Diary
———————————————————————————-

Sponsored Links
Sponsored Links

-レイ・カーツワイル, 外国人の名言
-, , , ,

執筆者:

「名言集」カテゴリ