大隈重信 日本人の名言

諸君は必ず失敗する・・・ / 大隈重信

投稿日:2012年12月14日 更新日:

2012.12.14-Vol.0552
—————————————————————–
■先人の知恵に学ぼう!驚くほど役に立つ「名言集」■
—————————————————————–
★今日の名言★
=================================================================

 諸君は必ず失敗する。

  成功があるかもしれませぬけど、成功より失敗が多い。

   失敗に落胆しなさるな。

    失敗に打ち勝たねばならぬ。

              <大隈重信>

=================================================================

◆一口豆知識◆◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇広辞苑より◇◇◇◇

落胆(らくたん)・・・失望してがっかりすること。力を落とすこと。

=================================================================

※喫煙室(雑談コーナー)

世界大百科事典<第2版>による大隈重信の解説が簡潔で分かり易いの
で載せておこう。

おおくましげのぶ【大隈重信】 1838‐1922(天保9‐大正11)

「明治維新から大正期にかけて、財政・外交にすぐれた手腕を発揮し
た政治家。佐賀藩の上級士族の家に生まれ、幼少から藩校弘道館で漢
学を学び、のち蘭学に移り、ついで長崎に遊学してアメリカ人フルベ
ッキについて英学を学び世界的な視野を開いた。幕末の政局で、彼は
尊攘派として長州藩の外国船砲撃事件(1863)を支持し、1867年(慶応3
)には脱藩上京して徳川慶喜に政権返還を説こうとしたが捕らえられ、
王政復古のときも藩主に討幕出陣を勧めたが入れられなかった。」

それにしても、同じ事柄でも事典によって随分と解説に開きがあるも
のらしい。面白いので、序に「デジタル大辞泉」の解説も載せておこ
う。

「[1838~1922]政治家。佐賀の生まれ。明治14年(1881)の政変で
下野し、翌年立憲改進党を組織。伊藤・黒田内閣の外相として条約改
正にあたったが、爆弾を投げられて片脚を失う。同31年最初の政党内
閣を組織。大正3年(1914)再び首相となり、第一次大戦への参戦を決
定。東京専門学校(早稲田大学の前身)の創立者。」

如何だろうか?私達はほんの少し視点を変えるだけで、同じもの、同
じ結果でも、全く違うものの見方や感じ方・考え方が出来るというこ
とを考えてみる必要がありそうである。

ところで、大隈重信は早稲田大学の創設者として名が知られているが、
政治家としては勿論のこと、教育者としても一級品だったことを裏付
ける名言を数多く残しているので幾つかご紹介したい。

「個人としては幾多の失敗を重ねたが、しかし恐縮はせぬ。失敗はわ
が師なり。失敗はわが大なる進歩の一部なり」

「学問は脳、仕事は腕、身を動かすは足である。しかし、卑しくも大
成を期せんには、先ずこれらすべてを統(す)ぶる意志の大いなる力が
いる、これは勇気である」

「人間が生きるのは、社会の利益のために存在するということだ。た
だ生きてるのではつまらない」

「道が窮(きわま)ったかのようで他に道があるのは世の常である。
時のある限り、人のある限り、道が窮るという理由はないのである」

「最愚者の為す所が最賢者の頭脳を支配することもある。世に無価値
な人間があるべき理はない」

「枝葉を切っても木は蘇らない。根元を掘って、自然の力、太洋光を
根にあてて水を注げば、木は蘇生する」
(注)マックス・ウェーバーの「朽ちた枝は切り捨てるのが、真の保
守主義者だ」という言葉を、大隈流に表現したもの。大隈の方が、説
得力があるといえるだろう。

「議会の喧嘩のようにその場を云いくるめるのではだめだ。真に人を
心服させるようになりたいものだ」
(注)わずか4ヶ月で総辞職となった第一次大隈内閣を振り返って。日
本初の政党内閣として期待されたが、主に人事を巡る問題が紛糾しわ
ずか4ヶ月で総辞職に追い込まれた。

       ☆——————————☆

大隈重信

大隈 重信(おおくま しげのぶ、天保9年2月16日(1838年3月11日)
– 1922年(大正11年)1月10日)は、日本の武士(佐賀藩藩士)、政治
家、教育者。位階は従一位。勲等は大勲位。爵位は侯爵。

政治家としては参議兼大蔵卿、外務大臣(第3・4・11・14・29代)、
農商務大臣(第13代)、内閣総理大臣(第8・17代)、内務大臣(第30
・32代)、貴族院議員などを歴任した。早稲田大学の創設者であり、
初代総長である。

[生涯]

[生い立ち]

佐賀城下会所小路(現:佐賀市水ヶ江)に、佐賀藩士の大隈信保・三
井子夫妻の長男として生まれる。幼名は八太郎。大隈家は、知行300石
を食み石火矢頭人(砲術長) を務める上士の家柄であった。

重信は7歳で藩校弘道館に入学し、佐賀の特色である『葉隠』に基づく
儒教教育を受けるが、これに反発し、安政元年(1854年)に同志とと
もに藩校の改革を訴えた。安政2年(1855年)に、弘道館を南北騒動を
きっかけに退学(後に復学を許されたが戻らず)。この頃、枝吉神陽
から国学を学び、神陽が結成した尊皇派の義祭同盟にも参加した。安
政3年(1856年)、佐賀藩蘭学寮に転じた。のち文久元年(1861年)、
鍋島直正にオランダの憲法について進講し、また、蘭学寮を合併した
弘道館教授に着任、蘭学を講じた。

大隈は、長州藩への協力および幕府と長州の調停の斡旋を説いたが、
藩政に影響するには至らなかった。そして慶応元年(1865年)、佐賀
藩が長崎の五島町にあった諌早藩士山本家屋敷を改造した佐賀藩校英
学塾「致遠館」(校長:宣教師グイド・フルベッキ)にて、副島種臣
と共に教頭格となって指導に当たった。またフルベッキに英語を学ん
だ。 このとき新約聖書やアメリカ独立宣言を知り、大きく影響を受け
た。また京都や長崎に往来して、尊王派として活動した。慶応3年(18
67年)、副島と共に将軍・徳川慶喜に大政奉還を勧めることを計画し
、脱藩して京都へ赴いたが、捕縛の上、佐賀に送還され、1か月の謹慎
処分を受けた。

     フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』(抜粋)

大隈重信の本
自己啓発書のベストセラー

        ——————————

★ちょっと一言!

※皆さん、お元気ですか?

今年も残すところ半月。この「名言集」の読者の方はどんな一年だっ
たのでしょうね?

私は、今年の6月に腰の手術をしたことが大きな転機になったようです。

仕事や趣味で忙しいのは変わりませんが、長年悩まされてきた脚の痺
れや腰の痛みから解放されたのです。

健康の大切さを思い知らされた一年でもありました。

皆さんもお体を大切に厳しい冬を乗り切って下さいね。
源太は風邪をひきませんが・・・。

源太は我が家の愛犬です。

★皆さんのメールが何よりの励ましです。
出来る限り、お返事は差し上げますのでお気軽にメールして下さい。
当メルマガで掲載させていただくこともありますが、匿名希望と書いて
いただければ実名を出すことはありません。

まずは自分自身を信じ、愛することから始めよう!

■今号はいかがでしたか?
驚くほど役に立つ「名言集」へのコメントをどうぞ!
⇒ http://clap.mag2.com/sloulaiphu/input

=================================

☆お勧めの「無料レポート」大公開☆

◆先人の知恵に学ぼう!驚くほど役に立つ「名言集」part1◆
※今まで、メルマガでご紹介したvol.創刊号1~vol.50までの「名言」
を素敵な「名言集」に仕上げてレポートにしました。
⇒ http://maxim.no1wizard.com/page-34

=================================

編集後記+++++++++++++++++++++++++++++

世の中には人間の一生をも左右してしまうような、心の底から魂を揺さぶら
れるような素晴らしい金言や格言が数多くあります。
あなたも辛い時や悲しい時、何気ない一言で勇気づけられた経験はないだろ
うか?

仕事をしながらメルマガを発行しようと決意したのは、そういう名言の数々
を一人でも多くの方々に紹介したいと思ったからです。
今までの仕事だけの人生に物足りなさを感じていたということもあります。

「生きることとは自分自身を表現することである!」と言ったのは誰だった
ろう?自分自身を表現することにより、ほんの少しでも周りの人たちを幸せ
にするお手伝いが出来れば望外の幸せです。

+++++++++++++++++++++++++++++++++

ここまでお読み頂きありがとうございます。
皆さまからのご意見・ご感想をお待ちしています。

豊かで、より良き人生を共に歩んで行くことが出来ますように!

=================================
※メルマガ解除はご自身でお願い致します※
★まぐまぐ ≫ http://www.mag2.com/m/0000147942.html
★melma ≫ http://www.melma.com/mag/95/m00131695/
★ミニまぐ ≫ http://www.mag2.com/m/M0038759.html
———————————————————————————-
-先人の知恵に学ぼう!驚くほど役に立つ「名言集」-

■発行者 ≫ 宮口栄治
■連絡先 ≫ lupin2936★yahoo.co.jp (★→@)
■H.P ≫ 先人の知恵に学ぼう!驚くほど役に立つ「名言集」
■H.P ≫ 北海道の魅力
■H.P ≫ 旭川時事英語研究会
●ウェブログ ≫ Miyaguchi Diary
———————————————————————————-

Sponsored Links
Sponsored Links

-大隈重信, 日本人の名言
-, , , ,

執筆者:

「名言集」カテゴリ

Sponsored Links