日本人の名言 植木等

やらなければならないことと・・・ / 植木等

投稿日:2013年3月15日 更新日:

2013.03.15-Vol.0566
—————————————————————–
■先人の知恵に学ぼう!驚くほど役に立つ「名言集」■
—————————————————————–
★今日の名言★
=================================================================

 やらなければならないことと、

  やりたいことは違う。

              <植木等>

=================================================================

◆一口豆知識◆◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇広辞苑より◇◇◇◇

無責任(むせきにん)・・・

(1)責任のないこと。責任を負わないこと。
(2)責任を重んじないこと。責任を感じないこと。

=================================================================

※喫煙室(雑談コーナー)

高度経済成長期にハナ肇とクレージーキャッツの一員として一世を風
靡した植木等。

1960年代初頭に、サラリーマンの処世術を面白おかしく歌った「スー
ダラ節」や、クレージーの東宝映画第1作「ニッポン無責任時代」の主
題歌として作られた「無責任一代男」も、映画と共に大ヒットした。

植木等については、「無責任男」という嬉しくない流行語まで出来上
がってしまったが、浄土真宗の僧侶だった父の影響を受けたのか、植
木自身は自他共に認める非常にまじめな男だったようである。

思い悩んで作り上げたキャラクターへの反応に本人自身も複雑な心境
だったのではないかと推察する。

Wikipediaによると、「スーダラ節」について以下のように出ている。

        ——————————

作曲者の萩原はステージでの植木のキャラクターにあった曲作りのた
めに、まず植木の口癖でもあった「スイスイスーダララッタ~」のフ
レーズをメロディーにして、植木の承諾を取りつつ、残りの部分を作
った。 しかし、非常に生真面目な性格の植木は青島が書いた歌詞を見
て、歌うことを躊躇したそうだが、浄土真宗の僧侶である父の植木徹
誠から「『わかっちゃいるけどやめられない』は親鸞の教えに通じる
」「必ずヒットするぞ」と励まされた。

父の言う通り、発売されるや否や『スーダラ節』は大ヒットを記録し
た。しかし植木自身は「こんな歌がヒットするようでは悲しいなぁ」
「冗談じゃない」「こんなのがヒットするってことは、俺が考えてる
日本と本物の日本は違うものなのか」と思い悩んでいたと言う。

        ——————————

「やらなければならないことと、やりたいことは違う。」

「今日の名言」の真意は、どうやらこの辺にありそうである。

コメディアンという大雑把なジャンル分けでは本人も納得出来ないだ
ろうが、私も大好きだった植木等やお正月には必ず見に行った寅さん
シリーズで大活躍された渥美清など戦後の性格俳優たちが次々と亡く
なられていく。

非常に残念で寂しい気持ちになってしまうのは、私だけではないだろ
う。

       ☆——————————☆

植木等

植木 等(うえき ひとし、1926年12月25日〈戸籍上は1927年2月25日〉
– 2007年3月27日)は、日本の俳優、コメディアン、歌手、ギタリス
ト、タレントである。

高度経済成長時代を象徴するコメディアンとして1960年代に一世を風
靡し、数々のヒットギャグ、ヒット曲を放った。仲間内での愛称は植
木屋、植木やん。

長男は作曲家の比呂公一。

[人物]

[父の影響]

植木等の父親である徹誠(てつじょう)は、かつて徹之助と名乗って
おり、若い頃はキリスト教徒であった。後に浄土真宗の一つである真
宗大谷派常念寺の住職となる。被差別部落出身ではないが「自分は部
落民ではないと思うことが、すでに相手を差別していることだ」と述
べて、水平運動に参加した。治安維持法違反の罪に問われて投獄をさ
れても、積極的に反差別と反戦を貫いて運動をした。戦後は日本共産
党に入党し、60年安保のデモ隊にも参加した。

ただし、「謹厳実直」なだけの人物ではなく、息子・等から見ると「
支離滅裂」で、義太夫語りになろうとしたこともあり、「いわば蕩児
でもあった」という。

等の少年時代には、ステテコ一丁の徹誠が等を寺の「仏様」の前に連
れて行き、物差しで頭を叩きながら「この音を聞いてみろ。金ピカだ
けれども中は木だ。こんなものを拝んでもどうにかなると思ったら大
間違いだぞ」と諭したという。

「等」という名前は、社会運動家の顔も持っていた父が「平等」にち
なんで名づけた。少年時代の等は、投獄された父に代わって僧衣を纏
い檀家を回るという生活を送っている。その経験もあってか、1993年
にハナ肇が亡くなった際、その葬儀において自ら読経した。

また、代表作『ニッポン無責任時代』でも、植木が演じる主人公は当
初「香典泥棒」と設定されていたが、「寺の倅」として耐えられなか
ったのか、自ら設定を変え、「香典泥棒に限りなく近い人物」という
役になっている。

[自身の性格]

自他共に認める真面目な性格で、中尾ミエが「毎日同じおかずでも不
満を言わないくらい」と例えるほどであったという。『植木等デラッ
クス』ではゲストのさだまさしが、「無責任男」を「植木さんが無理
矢理お作りになったキャラクター」と述べたところ、植木は「そうな
んだよ、世間はあれが地だと思っているんだよ」と語っている。

「スーダラ節」の楽譜を渡された時には、「この曲を歌うと自分の人
生が変わってしまうのでは」と悩んだ。父親に相談すると「人類が生
きている限り、このわかっちゃいるけどやめられないという生活はな
くならない。これは親鸞聖人の教えに通じている。そういうものを真
理というんだ。上出来だ。がんばってこい」と諭され、植木は歌うこ
とを決意した。
ただし、交友があった小林信彦による評伝『植木等と藤山寛美』によ
ると、あの独特の高笑いは「植木本来のモノ」であったという。また
、生真面目ながらも独特のフラがあり、日常の座談も「無責任男とは
別種のおかしさ」があったという。

また、「貧乏人の倅」を自称し、「どん底でも平気だ」と語っていた
。成功前の貧乏時代から性格は非常に明るく、「私生活がわからなか
った」という。

植木自身は「男は道を自分で切り開け」という気持ちから、長男の比
呂公一が「植木浩史」の名で歌手デビューをした時は一切のバックア
ップをしなかった。その長男は後に作曲家へ転向、NHK-BSハイビジョ
ン特集で放送された『スーダラ伝説 植木等 夢を食べ続けた男』のエ
ンディングで息子が父に『スーダラ節』のジャズ版アレンジ曲を贈っ
た際に「嬉しいねぇ……」と息子からの粋なプレゼントに目を潤ませ
ていた。

その一方で末娘の植木裕子がバレリーナとなり、ドイツを中心に活動
して日本で娘が公演する時は舞台をよく見に行ったり、娘と一緒に舞
台を見に行くことを関係者に語ったりしていたという。

[主なギャグ]

・「お呼びでない?……お呼びでないね。こりゃまた失礼いたしました
!」(『シャボン玉ホリデー』より)
当時植木の付き人をしていた小松政夫に呼ばれ、誤って出番以外のコ
ーナーに登場してしまった際に植木が発したアドリブが元ネタ(ただ
し異論もあり)。

・「なんでアル? アイデアル」(「アイデアル傘」のCMで使われたギ
ャグ)

・「これでイーヘラ?」(「ヴィックス・インへラー」という鼻炎薬の
CMから生まれたギャグ。インヘラーは後年、覚せい剤成分が含有して
いる理由から日本国内での販売が中止になっている。現在は同じ名称
の吸入器がある)

・「この際カアちゃんと別れよう」(1971年、大塚食品「ボンシチュ
ー」のCMで使われたギャグ。ドラマ、レコードまで制作された)

・「分かっちゃいるけどやめられない」(『スーダラ節』より)

        フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

植木等の本
自己啓発書のベストセラー

        ——————————

■「まぐまぐ!かんたんクリック投票」メッセージより

●Hirohide様
メッセージ:
三浪された天野先生の話、尾崎士郎の言葉も、厳寒、低湿度、高地の
コロラドで、風邪を引きながら、牛のようにゆっくりもたもたと、生
活し学んでいる私を後押ししてくれています。
どうぞまた、いい話をお聞かせください。
60 代半ばの男より。

※Hirohideさん、黒目川さん、メッセージ有難うございます。
アメリカのコロラドにお住まいなのですね。相当に厳しい土地柄のよ
うですが、頑張っていらっしゃるHirohideさんを応援したいと思いま
す。

●黒目川太郎様
メッセージ:
本音で生きる人は煙たがれ、きれいごとでやると政治が乱れますね。

※黒目川さんのメッセージ、「生きる」ということの難しさを端的に
表現されています。全く同感です。残念ながら、人は一人では生きて
行くことが出来ないように思われます。しかし、周囲との調和を保つ
ことも一つの技術なのでしょうね。

★ちょっと一言!

皆さん、お元気ですか?
私は出張が続き忙しい日が続いています。
こうして頂くメッセージが本当に励みになります。皆さんもお気軽に
メッセージを送って下さいね。出来る限りご紹介したいと思います。

ところで、今年の北海道の異常気象は酷いものですね^^;
一昨日は暖かく一日中雨が降り続いたり、今日は一転雪模様・・・。
皆さんも、体調管理には十分留意してお体を大切になさって下さいね。
源太はいつも元気です^^;

源太は我が家の愛犬です。

★皆さんのメールが何よりの励ましです。
出来る限り、お返事は差し上げますのでお気軽にメールして下さい。
当メルマガで掲載させていただくこともありますが、匿名希望と書いて
いただければ実名を出すことはありません。

まずは自分自身を信じ、愛することから始めよう!

■今号はいかがでしたか?
驚くほど役に立つ「名言集」へのコメントをどうぞ!
⇒ http://clap.mag2.com/sloulaiphu/input

=================================

☆お勧めの「無料レポート」大公開☆

◆先人の知恵に学ぼう!驚くほど役に立つ「名言集」part1◆
※今まで、メルマガでご紹介したvol.創刊号1~vol.50までの「名言」
を素敵な「名言集」に仕上げてレポートにしました。
⇒ http://maxim.no1wizard.com/page-34

=================================

編集後記+++++++++++++++++++++++++++++

世の中には人間の一生をも左右してしまうような、心の底から魂を揺さぶら
れるような素晴らしい金言や格言が数多くあります。
あなたも辛い時や悲しい時、何気ない一言で勇気づけられた経験はないだろ
うか?

仕事をしながらメルマガを発行しようと決意したのは、そういう名言の数々
を一人でも多くの方々に紹介したいと思ったからです。
今までの仕事だけの人生に物足りなさを感じていたということもあります。

「生きることとは自分自身を表現することである!」と言ったのは誰だった
ろう?自分自身を表現することにより、ほんの少しでも周りの人たちを幸せ
にするお手伝いが出来れば望外の幸せです。

+++++++++++++++++++++++++++++++++

ここまでお読み頂きありがとうございます。
皆さまからのご意見・ご感想をお待ちしています。

豊かで、より良き人生を共に歩んで行くことが出来ますように!

=================================
※メルマガ解除はご自身でお願い致します※
★まぐまぐ ≫ http://www.mag2.com/m/0000147942.html
★melma ≫ http://www.melma.com/mag/95/m00131695/
★ミニまぐ ≫ http://www.mag2.com/m/M0038759.html
———————————————————————————-
-先人の知恵に学ぼう!驚くほど役に立つ「名言集」-

■発行者 ≫ 宮口栄治
■連絡先 ≫ lupin2936★yahoo.co.jp (★→@)
■H.P ≫ 先人の知恵に学ぼう!驚くほど役に立つ「名言集」
■H.P ≫ 北海道の魅力
■H.P ≫ 旭川時事英語研究会
●ウェブログ ≫ Miyaguchi Diary
———————————————————————————-

Sponsored Links
Sponsored Links

-日本人の名言, 植木等
-, , , ,

執筆者:

「名言集」カテゴリ

Sponsored Links