団藤重光 日本人の名言

根本の使命は住民の生命や生活を守ること・・・ / 団藤重光

投稿日:2018年12月7日 更新日:

2018.12.07-Vol.0867
—————————————————————————
■先人の知恵に学ぼう!驚くほど役に立つ「名言集」■
—————————————————————————
★今日の名言★
=================================

 根本の使命は住民の生命や生活を守ること。

  行政優位の考え方は、

   三権分立の精神から言ってとんでもない。

              <団藤重光>

=================================

◆一口豆知識◆◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇広辞苑より◇◇◇◇

三権分立(さんけんぶんりつ)・・・

(separetion of the three powers)権力の濫用を防ぎ、国民の政治的自
由を保障するため、国家権力を立法・司法・行政の相互に独立する3機関
に委ねようとする原理。18世紀のロックおよびモンテスキューの主張。
近代憲法に顕著な影響を与えた。

=================================

※喫煙室(雑談コーナー)

団藤重光(だんどう しげみつ)は、日本の刑事法学の第一人者であり、
また死刑廃止論者の代表的人物である。

「人間の終期は天が決めることで、人が決めてはならない。」

最高裁判事退官後は、東宮職参与、宮内庁参与を歴任しながら死刑廃止
運動や少年法改定反対運動関連の活動など、刑事被告人の権利確立のた
めの活動に重点を置いた。(Wiki)

日本に於ける司法制度に厳然として残る「死刑制度」。今年話題になっ
た大きな司法制度上の大きな出来事に「袴田事件」がある。世界で最も
長く収監されていた死刑囚だそうだ。

戦後、現在に至るまで冤罪に苦しみ獄中で幾人の人が命を落としたこと
だろう?死刑囚として収監されていた袴田巌さんは、長年にわたる再審
請求が実り3月下旬に再審決定が出て判決を待たずに釈放されることにな
った。

功を焦る警察による証拠の捏造が、無実の人間の自由を48年間も失わせ
る結果になってしまったことになる。人の一生を左右する結果にどう責
任を取ることが出来るのだろう?

英国をはじめとするヨーロッパでは死刑制度を廃止する国が増えている
一方、「死刑制度は存置するべきである」という意見も根強いという。

調べてみると、死刑制度はあったが死刑の執行がなされなかった時代が
350年間もあったという。

平安時代、嵯峨天皇の時代、810年(弘仁元年)の薬子の変において藤原
仲成が処刑された後から1156年(保元元年)の保元の乱で源為義らが処
刑されるまでの約350年間もの期間である。

死刑制度そのものが廃止されたというわけではなかったという。朝廷に
よる刑の執行が行われなかったということである。

この事実は如何に死という刑罰に対して厳かで慎重な判断を時の権力者
が求められていたかということに他ならない。

         ☆—————————————-☆

団藤重光

団藤 重光(だんどう しげみつ、正字体:團藤、1913年(大正2年)11月
8日 – 2012年(平成24年)6月25日)は、日本の法学者。岡山県出身(た
だし生まれは山口県)。東京大学名誉教授。1974-83年(昭和49-58年)
最高裁判所判事。1981年(昭和56年)日本学士院会員。1987年(昭和62
年)勲一等旭日大綬章。1995年(平成7年)文化勲章。

[人物]

1913年(大正2年)11月8日、山口地方裁判所検事局次席検事団藤安夫(
1878年 – 1935年)の長男として、山口県吉敷郡山口町で誕生した。翌1
914年(大正3年)、父が弁護士に転身するにあたり、父の郷里の岡山県
高梁に近い岡山市へ家族で転居した。以後、団藤は高等学校卒業まで岡
山において成長する。団藤自身が出身地を岡山であると言及するのは、
山口での生活は物心つく前の短期間にすぎず、幼少期を過ごしたのが岡
山だからである。

1925年(大正14年)岡山県女子師範学校附属小学校を飛び級で卒業(第
5年で卒業)。1929年(昭和4年)旧制第二岡山中学校(現岡山県立岡山
操山中学校・高等学校)第四学年を飛び級で修了。第六高等学校を経て
、1935年東京帝国大学法学部を首席で卒業。 専門は刑事法全般に及び、
戦後の日本刑事法学の第一人者である。また死刑廃止論者の代表的人物
でもあった。

[学説]

[刑事訴訟法学]

団藤の研究は刑事訴訟法から始まった。当時、民事訴訟法学においては
基礎理論の研究が既にドイツでなされていたが、これに対して刑事訴訟
法学の基礎理論研究は全くなされていなかった。そこで、法学部生時代
に聴いた兼子一の講義の中で、兼子がジェイムズ・ゴルトシュミット(
ドイツ語版)の説を引用していたことに示唆を得て『法律状態としての
訴訟』を読み込み、またヴィルヘルム・ザウアー(ドイツ語版)の『訴
訟法の基礎』を読み込み、民事訴訟法学の基礎理論を構築し、これを刑
事訴訟法に応用しようとした。

ザウアーが訴訟の発展過程を訴追過程、手続過程、実体形成過程の三面
に分けたのに対して、団藤はそのような区分に疑問を呈し、刑事訴訟手
続を手続発展過程と実体形成過程の二面として分析した。また、そのよ
うな観点から、刑事手続上の訴訟行為として実体形成行為と手続形成行
為の概念を提唱した。

以上の研究は助手論文として「刑事訴訟行為の無効」(法学協会雑誌55
巻1 号~3 号、1937年)にまとめられた。 その後も団藤は刑事訴訟の基
礎理論の研究を進め、その構築を自身の学問上の最も重要なテーマの一
つと位置づけるに至った。前述の助手論文など、刑事訴訟基礎理論に関
する論文は『訴訟状態と訴訟行為』(弘文堂、1949年)に収められてい
る。

[刑法学]

団藤は、師である小野清一郎と同じく後期旧派にたち、刑罰を道義的応
報とした上で、犯罪論において、構成要件を違法有責類型であるとする
小野理論を継承するが、小野理論が犯罪限定機能を有しなかったことか
ら、戦時中全体主義に取り込まれた点を批判し、罪刑法定主義の見地か
ら構成要件を形式的、定型的なものであるとしてその自由保障機能を重
視する定型説を提唱した。かかる見地からは、みずから実行行為に出て
いない共謀共同正犯は定型性を欠くものとして否定されるが、団藤は後
掲のとおり後に改説することになる。

違法性の実質については、小野と同じく規範違反説をとりつつも、その
内容を小野が国家的法秩序違反としていた点を批判し、法は道徳の最低
限を画すものであるとの考えから、国家の制定法とは独立した社会倫理
秩序違反をさすとして行為無価値論の立場をとり、後に結果無価値論に
立つことを明確にした平野龍一と対立した。

責任論において、小野がとる道義的責任論とその師である牧野英一がと
る新派刑法理論に基づく性格責任論との争いを止揚することを企図して
、道義的責任論を基礎としつつも、二次的に背後の行為者の人格形成責
任を問う人格的責任論を提唱した。

以上のように、団藤は、新派と旧派に分かれて大きく対立していた戦前
の刑法理論を発展的に解消した上で継承し、戦後間もない刑法学の基礎
を形成した。

刑事訴訟法においては、小野と同じくドイツ法に由来する職権主義構造
を本質とする立場をとるが、現実の審判の対象は訴因だが、潜在的な審
判の対象に公訴事実が含まれるとの折衷説をとる。この点を当事者主義
構造を本質とする平野から徹底的に批判された。

[法哲学]

団藤の法哲学は著書『法学の基礎 第2版』(有斐閣、2007年)に記され
ている。

団藤の思想の根本にあるのは「主体的」な人間の存在である。人間は権
利義務ないし法律関係の主体として、その立場から法を捉える点で主体
性を有すると同時に、客観的な法を動かす原動力でありかつ担い手であ
るという点でも法において主体的であるとする。団藤によれば、罪刑法
定主義の根拠や刑法が自己の責任に帰することができる場合にのみ刑罰
を科する責任刑法であることも、根源的には人間を主体的に見ていくで
根拠付けられるものとされる。

[社会的活動]

[現行刑事訴訟法の立法への関与]

戦後の新憲法制定に伴う法制改革の際に、各種の立法に関与した。刑事
訴訟法(1948年制定)の立案担当者の一人である(その他の担当者として
、中野次雄、植松正、岸盛一、西村宏一、佐藤藤佐など)。

[最高裁判所判事]

東大退官後、1974年から1983年まで最高裁判所判事に就任した。 強制採
尿令状は彼の考えによるものと言われる。

大阪空港訴訟では、毎日午後9時から翌日午前7時までの空港の利用差止
めを認めるべきか否かという問題について、訴えを却下した多数意見に
対して、差止めを認めるべきとの反対意見を述べた。

自白の証拠採否について「共犯者の自白も本人の自白と解すべきである
。」という補足意見を書いて、捜査における自白偏向主義に一石を投じ
た(もっとも、共犯者の自白が相互に補強証拠になりうるとしているた
め、当該事案の結論に影響はない。最判昭51.10.28参照)。

学者時代は共謀共同正犯を否定する代表的な論者であったが、最高裁判
事としては、実行行為に出ていないものの、犯罪事実について行為支配
を持った者を正犯として評価することを是認する肯定説の立場にたった
。この点について、団藤は実務家としては判例の体系を踏まえなければ
ならず、学者としての良心と実務家としての良心は必ずしも一致しない
という見解を示している。そして団藤は、肯定説に立ちながら行為支配
の理論等による修正を提唱している。

[死刑廃止論]

団藤は死刑廃止論者として知られているが、従来は死刑に賛成の立場で
あった。しかし、ある事件(この事件を名張毒ぶどう酒事件とする見解
もあるが、同事件は就任前の1972年の最高裁判決であるため誤りである
。実際は1976年の波崎事件の最高裁判決である。)で陪席として死刑判
決を出した際に、傍聴席から「人殺し」とヤジが飛んだ。

この事件では、団藤は冤罪ではないかと一抹の不安を持っていたうえに
、被告人も否認していた事件であった。これを契機として、被告人が有
罪であるとの絶対的な自信がなかったこと、そして冤罪の可能性がある
被告人に対して死刑判決を出したことへの後悔と実際に傍聴人から非難
されたことなどから、死刑に対する疑念が出てきたとのことである。

最高裁判事退官後は、東宮職参与、宮内庁参与を歴任しながら死刑廃止
運動や少年法改定反対運動関連の活動など、刑事被告人の権利確立のた
めの活動に重点を置いた。「人間の終期は天が決めることで人が決めて
はならない」と発言している。<以下略>

        フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

団藤重光の本
自己啓発書のベストセラー

         ☆—————————————-☆

★☆「keiko通信 from NewYork」☆★

「Global Entry 手続き」

申請料100ドルを支払い、フォームから申請する、書類が通過すれば、
指定された空港内の登録センターで面接を受けます。

運転免許証、パスポートなど提示して承認されたら指紋と写真撮影。
最後にカード使用方法などの説明を受けて終了です。

10日前後でGEカードが郵送されてきます。

入国審査の長い列に並ばなくて良く、優先レーンを通過できるのでスピ
ーディーに入国可能です。(私は今回初めて使いました)

                  Keiko

★ちょっと一言!

※皆さん、お元気ですか?「名言集」の宮口です。

前立腺癌の検査結果は大丈夫でした♪12個採った細胞のうち、1個に前癌
細胞になる可能性がある細胞が見つかり6か月後またに検査を受けますが
、心配はないようです。

病院は患者さんで溢れています・・・健康でピンピンコロリと逝きたい
ものです。

★皆さんのメールが何よりの励ましです。
出来る限り、お返事は差し上げますのでお気軽にメールして下さい。
当メルマガで掲載させていただくこともありますが、匿名希望と書いて
いただければ実名を出すことはありません。

まずは自分自身を信じ、愛することから始めよう!

■今号はいかがでしたか?
驚くほど役に立つ「名言集」へのコメントをどうぞ!
⇒ http://clap.mag2.com/sloulaiphu/input

=================================

☆お勧めの「無料レポート」大公開☆

◆先人の知恵に学ぼう!驚くほど役に立つ「名言集」part1◆
※今まで、メルマガでご紹介したvol.創刊号1~vol.50までの「名言」
を素敵な「名言集」に仕上げてレポートにしました。
⇒ http://maxim.no1wizard.com/page-34

=================================

編集後記+++++++++++++++++++++++++++++

世の中には人間の一生をも左右してしまうような、心の底から魂を揺さぶら
れるような素晴らしい金言や格言が数多くあります。
あなたも辛い時や悲しい時、何気ない一言で勇気づけられた経験はないだろ
うか?

仕事をしながらメルマガを発行しようと決意したのは、そういう名言の数々
を一人でも多くの方々に紹介したいと思ったからです。
今までの仕事だけの人生に物足りなさを感じていたということもあります。

「生きることとは自分自身を表現することである!」と言ったのは誰だった
ろう?自分自身を表現することにより、ほんの少しでも周りの人たちを幸せ
にするお手伝いが出来れば望外の幸せです。

+++++++++++++++++++++++++++++++++

ここまでお読み頂きありがとうございます。
皆さまからのご意見・ご感想をお待ちしています。

豊かで、より良き人生を共に歩んで行くことが出来ますように!

=================================
※メルマガ解除はご自身でお願い致します※
★まぐまぐ ≫ http://www.mag2.com/m/0000147942.html
★melma ≫ http://www.melma.com/mag/95/m00131695/
★ミニまぐ ≫ http://www.mag2.com/m/M0038759.html
———————————————————————————-
-先人の知恵に学ぼう!驚くほど役に立つ「名言集」-

■発行者 ≫ 宮口栄治
■連絡先 ≫ lupin2936★yahoo.co.jp (★→@)
■H.P ≫ 先人の知恵に学ぼう!驚くほど役に立つ「名言集」
■H.P ≫ 北海道の魅力
■H.P ≫ 旭川時事英語研究会
●ウェブログ ≫ Miyaguchi Diary
———————————————————————————-

-団藤重光, 日本人の名言
-, , , ,

執筆者:

「名言集」記事一覧

Sponsored Links