アレサ・フランクリン 外国人の名言

常に自分のしていることに自信を持つこと・・・ / アレサ・フランクリン

投稿日:2018年8月31日 更新日:

Sponsored Links

2018.08.31-Vol.0853
—————————————————————————
■先人の知恵に学ぼう!驚くほど役に立つ「名言集」■
—————————————————————————
★今日の名言★
=================================

 常に自分のしていることに自信を持つこと。

  もし自信が持てないなら、やらないほうがいいわ。

              <アレサ・フランクリン>

=================================

◆一口豆知識◆◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇広辞苑より◇◇◇◇

殿堂(でんどう)・・・

(1)広大壮麗な建物。殿宇。堂宇。
(2)ある分野の中枢となる建物。
(3)神仏を奉祀した建物。

=================================

※喫煙室(雑談コーナー)

「わたしを射止める男は最高の女を手に入れることになるわ。」

強烈な自負心と自信に満ちたアレサ・フランクリンの言葉、この心境に
至るまでの苦難の道のりを考えずにはいられない。

久しぶりにアレサの歌を聞いてみたが、私は若い頃よりも年を重ね経験
を積み重ねたアレサの声が好きだ。益々、声に重厚さが増し心に響く歌
声になったような気がするのだ。

「ソウルの女王」(クイーン・オブ・ソウル)と呼ばれ、1987年に初め
て女性アーティストとして『ロックの殿堂』入りを果たしたアレサ・フ
ランクリンが8月16日に亡くなられた。

オバマ前アメリカ大統領の就任式典に於いて「My Country, ‘Tis of Thee」
(“America”)を熱唱したことでも知られている。

オバマ前大統領は死去に際して以下のような追悼コメントを出している。

「アレサ・フランクリンはアメリカという経験を定義することを手助け
した。その歌声で我々は、自らの歴史とその陰を感じ取った。我々の力
、痛み、闇、そして光、贖いの探求と敬意を感じることができた。
ソウルの女王に永遠の冥福を!」

トランプ大統領のお座なりな追悼コメントとは雲泥の差を感じるのは私
だけだろうか?

         ☆—————————————-☆

「アレサ・フランクリン」

アレサ・フランクリン(Aretha Franklin、1942年3月25日 – 2018年8月
16日)は、アメリカ合衆国出身の女性ソウル歌手。

[人物]

ソウル・ミュージック歌手の中でも、サム・クックと共に一際ゴスペル
・フィーリングの強い歌唱を持ち味としており、その圧倒的な歌声で、
“クイーン・オブ・ソウル”あるいは“レディ・ソウル”の異名を持つ。

1960年代後半の作品群が特に有名で、オーティス・レディングと共にサ
ザン・ソウルの隆盛に寄与した。

1987年、女性アーティストとして初めて『ロックの殿堂』入りを果たし
た。

「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100人のシンガー」にお
いて第1位に選ばれている。

「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100組のアーティスト」
において第9位に選ばれている。

「Q誌の選ぶ歴史上最も偉大な100人のシンガー」において第2位。

[経歴]

メンフィスの生まれ、デトロイト育ち。父C・L・フランクリンは説教者
として有名な教会の牧師であり、母バーバラ・シガーズ・フランクリン
は優れたゴスペル歌手であった。両親は、アレサが幼い頃から別居して
いたが、アレサは父のもとで育てられ、父の教会でゴスペルを歌ってい
た。

1961年にはコロムビア・レコードからデビューするが、同社は彼女をポ
ピュラー・シンガーとして売り出し、曲はジャズ色が濃く、ゴスペル・
フィーリングを前面に出した曲は発表しなかった。このためか、当時の
アレサのレコードは世間に大きなインパクトを与えるに至らなかった。

この時期の録音は、後にデビュー50周年の2011年にコンピレーション・
アルバム『グレイト・アメリカン・ソングブック』や、網羅的なボック
ス・セット『Take a Look: Aretha Franklin Complete on Columbia』の
形で再発されている。

1966年11月、アトランティック・レコードに移籍。同社のプロデューサ
ーであるジェリー・ウェクスラーは、彼女のゴスペル・フィーリングを
前面に押し出す方針を採り、1967年1月、レコーディングを同社の本拠地
であるニューヨークではなく、アラバマ州マッスル・ショールズのフェ
イム・スタジオで行った。

同社は、それまで南部色の強い歌手の作品をメンフィスのスタックス・
スタジオでレコーディングしていたが、この頃スタックスとの間に対立
が起きた為、その代替地としてフェイムが選ばれたものである。しかし
、レコーディング開始後にアレサの夫テッド・ホワイトとフェイムのオ
ーナーの間に論争が起きたのに伴い、ウェクスラーはフェイムでリズム
・セクションを務めていたミュージシャンをニューヨークへ連れて行き
、レコーディングを続行した。

この方針は成功を収め、アレサはアトランティックからの第1弾シングル
「I Never Loved A Man (The Way I Love You)」(1967年2月)とアルバ
ム『I Never Loved A Man The Way I Love You』(1967年3月)をヒット
させた。

1967年4月、オーティス・レディングのカヴァー「Respect」で全米1位を
獲得し一躍スターの座に躍り出た。その後も『Lady Soul』、『Aretha
Live at Fillmore West』などのヒット・アルバムを送り出し、サザン・
ソウル歌手としてはオーティス・レディングと人気を二分する存在とな
った。

代表曲は「チェイン・オブ・フールズ:Chain Of Fools」(ドン・コヴ
ェイ)、「ナチュラル・ウーマン:(You Make Me Feel Like) A Natural
Woman」(キャロル・キング)、「小さな願い:I Say A Little Prayer
」(バート・バカラック、ハル・デヴィッド)、「Bridge Over Troubl
ed Water」(邦題:明日に架ける橋, サイモン&ガーファンクル)など。

「Bridge Over Troubled Water」はゴスペルにアレンジされており、特
に当時アパルトヘイトで苦しんだ南アフリカでヒットし、教会で賛美歌
として歌われるようになる。

白人歌手の持ち歌のカヴァーも多いが、彼女が歌うと立派に“ソウルの
名曲”となる。“単に男女の恋愛を描いた曲でも、アレサが歌うとまる
で人類愛を歌っているように聞こえる”といった評価を受けている。

1971年にシングル「ロック・ステディ」、72年には「デイ・ドリーミン
グ」を発表。1972年には、ゴスペル・アルバム『Amazing Grace』を発表
した。74年には「アンティル・ユ-・カム・バック・トゥ・ミー」(ス
ティーヴィー・ワンダー作曲)がポップ・チャートでもヒットした。ま
た76年にはカーティス・メイフィールドと組んで「ギヴィン・ヒム・サ
ムシング・ヒー・キャン・フィール」がソウル・チャートでヒットした。

だが、1970年代後半のディスコ・ブームの時代からは、ヒットに恵まれ
ない時期が続く。また、1984年より深刻な飛行機恐怖症に悩まされ、海
外公演を行うのが困難になり、来日公演は実現しなかった、。

しかし、1980年代半ばに「Freeway of Love」、「I Knew You Were Wai
ting (For Me)」(全米1位、ジョージ・マイケルとのデュエットで、作
曲はクライミー・フィッシャーのサイモン・クライミー)などがヒット
。かなりポップな曲調で賛否両論があるが、人気を復活させたプロデュ
ーサー、ナラダ・マイケル・ウォルデンの手腕は高く評価された。

2003年のアルバム『So Damn Happy』をもって引退を表明したが、それを
撤回してライブなど精力的に活動している。

グラミー賞受賞回数は20回で、女性としては21回受賞のアリソン・クラ
ウスに次ぐ記録である。 2005年には、大統領自由勲章を受章。

2009年1月20日、アメリカ合衆国第44代大統領バラク・オバマの就任式式
典にて「My Country, ‘Tis of Thee」(“America”)を祝唱した。

アリスタ・レコードとの契約は2003年で終了した模様だが、2007年には
過去のデュエット曲に新曲2曲を加えたコンピレーションアルバム『Jewe
ls in the Clown』を発売。2008年には、書店チェーンのボーダーズ独占
で、クリスマス・アルバム『This Christmas, Aretha』をリリースした
。その後、自身のインディーズレーベルAretha Recordsを立ち上げ、20
11年に『A Woman, Falling Out of Love』を発売した。

2018年8月16日9時55分、膵臓がんのため、ミシガン州デトロイトの自邸
で死去。<以下略>

        フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

アレサ・フランクリンの本
自己啓発書のベストセラー

         ☆—————————————-☆

★☆「keiko通信 from NewYork」☆★

「Flu shot !」

今年もインフルエンザが猛威を振るうのでしょうか?

ニューヨークはドラッグストアーで予防注射が受けることができ、高齢
者にはすすめています。

予約なしでほとんどの保険が適用されます。

(Mr.ダグラスの祖母Sullivanさんから教わったサプリメントを飲んでい
るせいか、長年私は風邪をひいていません)

日本の学校は生徒全員が予防接種をしますが、アメリカでは各家庭でそ
れぞれファミリーdoctorを決めてます。

まずはファミリーdoctorにかかり、専門doctorの紹介をしてもらいます。
予防注射も受ける受けないは自由です。

                    Keiko

★ちょっと一言!

※皆さん、お元気ですか?「名言集」の宮口です。

Xサーバーで作っていたホームページ全てがウィルスに犯されハッキング
されたという連絡が来てから一週間、サーバーの指示通りに慌ててサブ
ドメインを含めて全てを初期状態に戻し、試行錯誤しながらやっとメイ
ンのホームページを復活させました。まだまだやることがあります^^;
ネットの世界では信じられないような出来事が起こります。

★皆さんのメールが何よりの励ましです。
出来る限り、お返事は差し上げますのでお気軽にメールして下さい。
当メルマガで掲載させていただくこともありますが、匿名希望と書いて
いただければ実名を出すことはありません。

まずは自分自身を信じ、愛することから始めよう!

■今号はいかがでしたか?
驚くほど役に立つ「名言集」へのコメントをどうぞ!
⇒ http://clap.mag2.com/sloulaiphu/input

=================================

☆お勧めの「無料レポート」大公開☆

◆先人の知恵に学ぼう!驚くほど役に立つ「名言集」part1◆
※今まで、メルマガでご紹介したvol.創刊号1~vol.50までの「名言」
を素敵な「名言集」に仕上げてレポートにしました。
⇒ http://maxim.no1wizard.com/page-34

=================================

編集後記+++++++++++++++++++++++++++++

世の中には人間の一生をも左右してしまうような、心の底から魂を揺さぶら
れるような素晴らしい金言や格言が数多くあります。
あなたも辛い時や悲しい時、何気ない一言で勇気づけられた経験はないだろ
うか?

仕事をしながらメルマガを発行しようと決意したのは、そういう名言の数々
を一人でも多くの方々に紹介したいと思ったからです。
今までの仕事だけの人生に物足りなさを感じていたということもあります。

「生きることとは自分自身を表現することである!」と言ったのは誰だった
ろう?自分自身を表現することにより、ほんの少しでも周りの人たちを幸せ
にするお手伝いが出来れば望外の幸せです。

+++++++++++++++++++++++++++++++++

ここまでお読み頂きありがとうございます。
皆さまからのご意見・ご感想をお待ちしています。

豊かで、より良き人生を共に歩んで行くことが出来ますように!

=================================
※メルマガ解除はご自身でお願い致します※
★まぐまぐ ≫ http://www.mag2.com/m/0000147942.html
★melma ≫ http://www.melma.com/mag/95/m00131695/
★ミニまぐ ≫ http://www.mag2.com/m/M0038759.html
———————————————————————————-
-先人の知恵に学ぼう!驚くほど役に立つ「名言集」-

■発行者 ≫ 宮口栄治
■連絡先 ≫ lupin2936★yahoo.co.jp (★→@)
■H.P ≫ 先人の知恵に学ぼう!驚くほど役に立つ「名言集」
■H.P ≫ 北海道の魅力
■H.P ≫ 旭川時事英語研究会
●ウェブログ ≫ Miyaguchi Diary
———————————————————————————-

Sponsored Links

-アレサ・フランクリン, 外国人の名言
-, , , ,

執筆者:

「名言集」記事一覧

Sponsored Links