ジョン・ラボック 外国人の名言

他人と比較して、他人が自分より優れていたとしても・・・ / ジョン・ラボック

投稿日:2018年5月4日 更新日:

Sponsored Links

2018.05.04-Vol.0836
—————————————————————————
■先人の知恵に学ぼう!驚くほど役に立つ「名言集」■
—————————————————————————
★今日の名言★
=================================

 他人と比較して、

  他人が自分より優れていたとしても、それは恥ではない。

   しかし、

    去年の自分より今年の自分が優れていないのは立派な恥だ。

              <ジョン・ラボック>

=================================

◆一口豆知識◆◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇広辞苑より◇◇◇◇

博学多才(はくがくたさい)・・・

幅広い知識を持ち、多くの才能に恵まれていること。

=================================

※喫煙室(雑談コーナー)

19世紀に最も影響駆力のあった博識多才なイギリスのジョン・ラボック
の名言である。銀行家、政治家、生物学者、考古学等々、それぞれの分
野で顕著な功績を残している。

「他人と比較するな、自分を超えろ!」とは、古代からいわれている至
言であるが、人間の性(さが)というものはそう簡単には変えられるも
のではない。

皆さんも良くご存じのはずだが、比較によって自分の位置を確かめる作
業というのは小さい頃から身についた習性なのだ。

以前は出身大学や会社の良し悪しで人間の価値を決めるような風潮があ
ったが、私は何人も高学歴の人間が自ら身を貶めるような言動を繰り返
し社会から脱落して悲惨な生活を送っている人々を何人も目にしている。

「人間の格」とは、学歴や社会での地位などとは全く関係のないもので
あると確信している。

他者との比較によるネガティブ思考やコンプレックスを克服する方法が
ニューヨークタイムスで紹介されたことがある。

1.「ネガティブ思考をやめようとしないこと。」
2.「ネガティブは進化上仕方がないことであり、頭が良い証拠」

簡単なことだが、ネガティブに考える自分を否定することがストレスに
なり、そう考える自分を受け入れることが大切だというものである。

自己防衛本能がなせる業なのだろうか・・・。

         ☆—————————————-☆

ジョン・ラボック

初代エイヴベリー男爵ジョン・ラボック(John Lubbock, 1st Baron Av
ebury, 1834年4月30日 – 1913年5月28日 )第4代エイヴベリー準男爵、初
代エイヴベリー男爵は、イギリスの銀行家、政治家、生物学者、考古学
者。準男爵ジョン・ウィリアム・ラボックの息子。

[生涯]

ラボックはイートン校で1845年から教育を受けた。卒業後、父の銀行に
勤め(後にその銀行はクーツ銀行に合併された)、22歳で共同経営者と
なった。1865年に父が死去すると準男爵位を相続した。

1870年と1874年にメイドストーン選挙区から自由党の下院議員に当選し
た。1880年に議席を失ったが、1872年以来彼が副学長を務めていたロン
ドン大学の支持者が当選した。彼は1871年の銀行休日法や1882年の古代
モニュメント法を含む多数の法律の制定に関わった。1886年に自由党が
アイルランド統治法のために紛糾すると、分裂した自由統一党に参加し
た。

ラボックは1879年の銀行家協会(Institute of Bankers)の初代理事長
となった。1881年にはイギリス学術協会の会長、1881年から1886年まで
ロンドン・リンネ学会の会長を務めた。1883年に銀行員孤児院(the Ba
nk Clerks Orphanage)を設立した。1986年にそれは銀行員と元銀行員、
および彼らの家族のための慈善団体、銀行員慈善財団:Bankers Benevol
ent Fundとなった。1884年に、のちに選挙改革協会となる比例代表制協
会を設立した。

[学術的経歴]

1865年にラボックはおそらく19世紀にもっとも影響力を持った考古学の
テキスト『前史時代:古代遺跡と、現代の未開人のマナーと習慣による描
写(Pre-historic Times, as Illustrated by Ancient Remains, and th
e Manners and Customs of Modern Savages)』を執筆した。

また石器時代を大きく二つにわけ、旧石器時代(Palaeolithic)と新石
器時代(Neolithic)という用語を提案した。ラボックはいくつかの分野
でアマチュアの生物学者であり、膜翅目に関する本『アリ、ミツバチと
スズメバチ:社会的膜翅目の習性の観察記録』(1884)を書いている。ま
た昆虫の感覚器とその発達について、動物の知性について、他の自然史
のいくつかの話題についても本を書いた。彼はトマス・ヘンリー・ハク
スリーのXクラブの9人の会員の一人でもあった。

ラボックはチャールズ・ダーウィンと幅広く交流した。ラボックの生家
はケント州ダウンにあり、広大な敷地の隣にはダーウィンの住まいがあ
った。彼らはラボックがチスルハーストにいた1861-1865年を除いて隣人
同士だった。ラボックは幼い頃からダーウィンと親しく、科学的思考や
自然の探求の方法を学んだ。有名なサンドウォークを産出する土地をダ
ーウィンに最初は貸し、後に売った。1882年にダーウィンが死去すると
Xクラブのメンバーはウェストミンスター寺院に埋葬するために奔走した
が、ラボックは国会と経済界に働きかけた。

ラボックはオックスフォード大学、ケンブリッジ大学(そこで1886年に
特別講義を行った)、エジンバラ大学、ダブリン大学、ヴュルツブルク
大学から名誉学位を授与された。1878年に大英博物館の理事に選ばれた
。1888年から1892年までロンドン商工会議所の理事長、1889年から1890
年までロンドン市議会の副議長、それから1892年まで議長を務めた。

1890年に彼は英国枢密院の委員に任命された。1891年に新硬貨デザイン
委員会の委員長を務めた。1900年1月に初代エイヴベリー男爵に叙され貴
族となった。<後略>

        フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ジョン・ラボックの本
自己啓発書のベストセラー

         ☆—————————————-☆

★☆「keiko通信 from NewYork」☆★

「紛らわしいコイン」

先住民はもちろん、世界中からの移民者が住んでいるアメリカ合衆国、
更に観光客も増え続けています。

日本の100円コインより少し大きめの25セントコイン。

カナダコイン、韓国コイン、フィリピンコインなどよく似ているので、
お釣りの中に混ざって戻って来ることがあります。

それに気が付かず支払う側になると、「このコインはだめです」と拒絶
され、よく見れば外国のコイン、お札の枚数だけは確認してもコインの
確認を怠る私です。

みなさまはすべて確認して財布に入れておいででしょうか?

                Keiko

★ちょっと一言!

※皆さん、お元気ですか?「名言集」の宮口です。

ゴールデンウィーク、皆さんいかがお過ごしでしょうか?
先週の日曜日に仲間5人で来た広島の三井アウトレットに行ってきまし
た。女性3人は買い物に夢中で!・・・男は・・・^^;
まあ、でも楽しい小旅行になりました。
後半も天気は悪そうですね。車の運転には十分気をつけて下さいね。

★皆さんのメールが何よりの励ましです。
出来る限り、お返事は差し上げますのでお気軽にメールして下さい。
当メルマガで掲載させていただくこともありますが、匿名希望と書いて
いただければ実名を出すことはありません。

まずは自分自身を信じ、愛することから始めよう!

■今号はいかがでしたか?
驚くほど役に立つ「名言集」へのコメントをどうぞ!
⇒ http://clap.mag2.com/sloulaiphu/input

=================================

☆お勧めの「無料レポート」大公開☆

◆先人の知恵に学ぼう!驚くほど役に立つ「名言集」part1◆
※今まで、メルマガでご紹介したvol.創刊号1~vol.50までの「名言」
を素敵な「名言集」に仕上げてレポートにしました。
⇒ http://maxim.no1wizard.com/page-34

=================================

編集後記+++++++++++++++++++++++++++++

世の中には人間の一生をも左右してしまうような、心の底から魂を揺さぶら
れるような素晴らしい金言や格言が数多くあります。
あなたも辛い時や悲しい時、何気ない一言で勇気づけられた経験はないだろ
うか?

仕事をしながらメルマガを発行しようと決意したのは、そういう名言の数々
を一人でも多くの方々に紹介したいと思ったからです。
今までの仕事だけの人生に物足りなさを感じていたということもあります。

「生きることとは自分自身を表現することである!」と言ったのは誰だった
ろう?自分自身を表現することにより、ほんの少しでも周りの人たちを幸せ
にするお手伝いが出来れば望外の幸せです。

+++++++++++++++++++++++++++++++++

ここまでお読み頂きありがとうございます。
皆さまからのご意見・ご感想をお待ちしています。

豊かで、より良き人生を共に歩んで行くことが出来ますように!

=================================
※メルマガ解除はご自身でお願い致します※
★まぐまぐ ≫ http://www.mag2.com/m/0000147942.html
★melma ≫ http://www.melma.com/mag/95/m00131695/
★ミニまぐ ≫ http://www.mag2.com/m/M0038759.html
———————————————————————————-
-先人の知恵に学ぼう!驚くほど役に立つ「名言集」-

■発行者 ≫ 宮口栄治
■連絡先 ≫ lupin2936★yahoo.co.jp (★→@)
■H.P ≫ 先人の知恵に学ぼう!驚くほど役に立つ「名言集」
■H.P ≫ 北海道の魅力
■H.P ≫ 旭川時事英語研究会
●ウェブログ ≫ Miyaguchi Diary
———————————————————————————-

Sponsored Links

-ジョン・ラボック, 外国人の名言
-, , , ,

執筆者:

「名言集」記事一覧

Sponsored Links