先人の知恵に学ぼう!驚くほど役に立つ「名言集」

驚くほど役に立つ「名言集」では、世界の名言・金言・格言・故事・ことわざをご紹介します。

私たちは地球の悲鳴にちゃんと耳を傾けないといけません・・・ / 国谷裕子

      2018/01/05

2018.01.05-Vol.0819
—————————————————————————
■先人の知恵に学ぼう!驚くほど役に立つ「名言集」■
—————————————————————————
★今日の名言★
=================================

 私たちは地球の悲鳴にちゃんと耳を傾けないといけません。

  これまで化石燃料や化学肥料、

   水資源をどんどん使って経済成長を追い求め、

    地球にものすごい負荷をかけてきました。

  20世紀型の大量生産、大量消費、大量廃棄という成長モデルでは、

   もはや人類は立ちゆかなくなっています。

              <国谷裕子>

=================================

◆一口豆知識◆◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇広辞苑より◇◇◇◇

悲鳴(ひめい)・・・

(1)悲しみなくこと。また、その声。
(2)驚き、恐れ、苦しみなどであげる声。

=================================

※喫煙室(雑談コーナー)

NHK総合テレビの報道番組「クローズアップ現代」のキャスターを務め、
他にも国連食糧農業機関( FAO )の親善大使も務めているという国谷裕
子さん。

非常に頭脳明晰で理路整然とした話し方だが、全く威圧感のない素直な
話し方に共感を覚えるのだ。

私の大好きなニュースキャスターの一人である。

その国谷裕子さんが「SDGs」に熱心に取り組んでいるということを1月3
日付北海道新聞で知ったのだが、一体、「SDGs」とは何のことなのだろ
う?

興味を覚えたので少し調べてみた。

要するに2030年までに達成させなければならない世界的な努力目標を列
挙したものである。それほどひっ迫した状況に今日の生存状況が悪化し
ているということなのだ。

道新に掲載された国谷さんの言葉を幾つか拾ってみよう。

「国連によると、気候変動などによる災害で住み慣れた場所を離れざる
を得ない人が16年の1年間だけで世界に2400万人もいました。水不足で農
業が出来なくなった地域も多い。今、世界全体では8億人が飢餓に苦しん
でいます。経済がグローバル化する一方で、国家間や同じ国の中で格差
が広がり、分断が進んでいる。貧困や格差、不平等がテロの温床になり
、さらに分断が進むという悪循環も見られます」

「こうした悪循環を断ち切るためにSDGsは作られました。一見、関係な
さそうな課題もそれぞれ底流でつながっています。SDGsはそれらを統合
的に解決する手法です。あるべき未来の姿を描き、そこから逆算して今
、何をするべきかを考える。(期限の)30年まであと12年。残された時
間は多くありません」

「例えば、日本国内でまだ食べられるのに捨てられる食品は年間600万ト
ンに上ります。世界全体の食糧援助量の2倍です。大量生産、大量消費の
ビジネスモデルを見直すことが必要です。売り上げ減につながるとして
も、食品メーカーやスーパーなどの廃棄食品削減の取り組みが評価され
るような社会に変える必要があります。また世界的に水資源の枯渇が心
配されている中で、大量のミネラルウォーターを輸入して消費する生活
も見直すべきでしょう」

<抜粋>

持続可能な開発目標(Sustainable Development Goals)は、SDGs(エス
ディージーズ)とも呼ばれる。持続可能な開発のための17のグローバル
目標と169のターゲット(達成基準)からなる。

2015年9月の国連総会で採択された『我々の世界を変革する: 持続可能
な開発のための2030アジェンダ』(Transforming our world: the 2030
Agenda for Sustainable Development)と題する成果文書で示された具
体的行動指針。

[グローバル目標]

17の分野別の目標と、169項目のターゲット(達成基準)が盛り込まれてい
る。

[17の目標]

1. 貧困をなくそう
2. 飢餓をゼロに
3. すべての人に保健と福祉を
4. 質の高い教育をみんなに
5. ジェンダー平等を実現しよう
6. 安全な水とトイレを世界中に
7. エネルギーをみんなに、そしてクリーンに
8. 働きがいも経済成長も
9. 産業と技術革新の基盤をつくろう
10.人や国の不平等をなくそう
11.住み続けられるまちづくりを
12.つくる責任つかう責任
13.気候変動に具体的な対策を
14.海の豊かさを守ろう
15.陸の豊かさも守ろう
16.平和と公正をすべての人に
17.パートナーシップで目標を達成しよう

         ☆—————————————-☆

国谷裕子

国谷 裕子(くにや ひろこ、1957年2月3日 – )は、日本のニュースキ
ャスター。2017年5月より国連食糧農業機関( FAO )の親善大使 。

[来歴]

大阪府出身。3人姉妹の次女で三和銀行国際部に勤務していた父親の海
外勤務に伴い、幼稚園時代から、ニューヨーク、サンフランシスコ(ア
メリカ合衆国)、小学校6年から中学校まで香港と日本を行き来しなが
ら過ごす。 帝塚山学院小学校、聖心インターナショナルスクールを経
て、アメリカのブラウン大学卒業(専攻:国際関係学、副専攻:国際経
済学)。なお、地元大阪にある北野病院の創立者田附政次郎は曽祖父に
あたる。

同大学を卒業後、日本国内の外資系メーカーに就職。商品の販売戦略を
担当したが、「結局、なぜ一つでも多くせっけんを売らなくてはいけな
いのかと、納得がいかなくなり、一年足らずで辞めてしまった」。

知人であったNHK特派員の紹介で1981年、『NHKニュース』(NHK)の英語
放送の同時通訳アナウンサー、ライター、リサーチャーを務めたのを機
に、報道の世界に。

26歳まで派遣会社や日本外国特派員協会に登録して、海外映像チェック
、リサーチなどに従事。

1985年、28歳で結婚すると渡米して専業主婦になるが、1986年にニュー
ヨーク総局のリサーチャーを担当し、1987年から『ワールドニュース』
(NHK BS1)のニューヨーク総局からの駐在キャスターを担当。

1988年に帰国。

帰国後、『ニュースセンター9時』の後継番組である、『NHKニュース
TODAY』の国際コーナーを担当。『NHKニュース21』、『ワールドニュー
ス』にも契約出演。

『NHKニュース21』が番組終了した、1993年4月5日から『クローズアップ
現代』のレギュラーキャスターを番組開始時から務める。2016年度の番
組改編に伴い、国谷の番組降板情報が報道され、1月12日付の報道で国谷
のキャスター降板が発表された。2016年6月7日『徹子の部屋』で民放の
テレビ番組に初出演。

夫は弁護士の国谷史朗。『クローズアップ現代』にゲスト・コメンテー
ターとして出演したこともある。

        フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

国谷裕子の本
自己啓発書のベストセラー

         ☆—————————————-☆

★☆「keiko通信 from NewYork」☆★

「2018年の幕開け」

あけましておめでとうございます

総合司会の内村さんが歌とは別の意味で楽しませてくれた今年の紅白歌
合戦を観ながらおせち料理を作りました。

アメリカのお正月は元日だけで会社も学校も2日から始まります。

クリスマスが終わるとHappy New Year !の挨拶に戸惑いを覚える日本人。

元旦の年賀状、カードの配達もないので日本よりちょっと寂しいお正月
ですが、30日から雪が降りマイナス気温の中、花火が打ち上げられたニ
ューヨークです。

  Keiko

★ちょっと一言!

※あけましておめでとうございます♪
皆さん、お元気ですか?「名言集」の宮口です。

年が明けて5日目ですね。こうしてあっという間に一年が過ぎ去っていく
のです・・・年明け早々、何を馬鹿なことを・・・と言われるのを覚悟
のうえで年と共に一年という単位が短くなっていくのを実感しています。
だからこそ充実した毎日を送ろうと・・・。

皆さんはどんなお正月を過ごされているのでしょうか?
今年も一年、皆様にとって素晴らし一年になりますように♪

★皆さんのメールが何よりの励ましです。
出来る限り、お返事は差し上げますのでお気軽にメールして下さい。
当メルマガで掲載させていただくこともありますが、匿名希望と書いて
いただければ実名を出すことはありません。

まずは自分自身を信じ、愛することから始めよう!

■今号はいかがでしたか?
驚くほど役に立つ「名言集」へのコメントをどうぞ!
⇒ http://clap.mag2.com/sloulaiphu/input

=================================

☆お勧めの「無料レポート」大公開☆

◆先人の知恵に学ぼう!驚くほど役に立つ「名言集」part1◆
※今まで、メルマガでご紹介したvol.創刊号1~vol.50までの「名言」
を素敵な「名言集」に仕上げてレポートにしました。
⇒ http://maxim.no1wizard.com/page-34

=================================

編集後記+++++++++++++++++++++++++++++

世の中には人間の一生をも左右してしまうような、心の底から魂を揺さぶら
れるような素晴らしい金言や格言が数多くあります。
あなたも辛い時や悲しい時、何気ない一言で勇気づけられた経験はないだろ
うか?

仕事をしながらメルマガを発行しようと決意したのは、そういう名言の数々
を一人でも多くの方々に紹介したいと思ったからです。
今までの仕事だけの人生に物足りなさを感じていたということもあります。

「生きることとは自分自身を表現することである!」と言ったのは誰だった
ろう?自分自身を表現することにより、ほんの少しでも周りの人たちを幸せ
にするお手伝いが出来れば望外の幸せです。

+++++++++++++++++++++++++++++++++

ここまでお読み頂きありがとうございます。
皆さまからのご意見・ご感想をお待ちしています。

豊かで、より良き人生を共に歩んで行くことが出来ますように!

=================================
※メルマガ解除はご自身でお願い致します※
★まぐまぐ ≫ http://www.mag2.com/m/0000147942.html
★melma ≫ http://www.melma.com/mag/95/m00131695/
★ミニまぐ ≫ http://www.mag2.com/m/M0038759.html
———————————————————————————-
-先人の知恵に学ぼう!驚くほど役に立つ「名言集」-

■発行者 ≫ 宮口栄治
■連絡先 ≫ lupin2936★yahoo.co.jp (★→@)
■H.P ≫ 先人の知恵に学ぼう!驚くほど役に立つ「名言集」
■H.P ≫ 北海道の魅力
■H.P ≫ 旭川時事英語研究会
●ウェブログ ≫ Miyaguchi Diary
———————————————————————————-

 - 国谷裕子, 日本人の名言 , , , , ,

スポンサードリンク

スポンサードリンク

  関連記事