日本人の名言 菅野寛也

心が通じなければそれ以上は進まない・・・ / 菅野寛也

投稿日:2017年12月22日 更新日:

Sponsored Links

2017.12.22-Vol.0816
—————————————————————————
■先人の知恵に学ぼう!驚くほど役に立つ「名言集」■
—————————————————————————
★今日の名言★
=================================

 心が通じなければそれ以上は進まない。

  最後は人間は心の問題だから、理屈ではなくて、

   お互い共通の辛さがあったと言うようなことをお互い認め合ったり、

 悲しみだとか、そういうものを認め合うことによって、

  人種の壁、宗教の壁、言葉の壁、

   そういうものを取り除くことが慰霊祭はできるんだ

    と言うことで私は続けてきているし、

     そうなっているわけですから。

              <菅野寛也>


米軍兵士の遺品である黒焦げの水筒を持つ菅野寛也さん

=================================

◆一口豆知識◆◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇広辞苑より◇◇◇◇

慰霊(いれい)・・・死者の霊魂をなぐさめること。

=================================

※喫煙室(雑談コーナー)

「ファーストペンギン」、群れの中でリスクを恐れず勇気を奮ってエサ
を求めて最初に海に飛び込む勇気ある行為を指すが、私は先駆者のこと
だと理解している。

アメリカではベンチャー精神の持ち主に敬意を払って、「ファーストペ
ンギン」と呼ぶそうである。

NHKの特集でも紹介された「真珠湾、たった一人の慰霊祭」に感動した。

戦勝国アメリカと敗戦国日本という立場を超えて戦死者を弔い、日米の
真の和解を求めて慰霊し続ける菅野寛也氏の言葉には重みがある。

以下、お読みいただきたい。

2017年8月19日土曜日

菅野寛也(日米戦没者の慰霊を続ける医師)<戦争・平和インタビュー>

【真珠湾、たったひとりの慰霊祭】

84歳、少年時代2000人以上が犠牲になった静岡空襲を体験した菅野さん
は、昭和47年から45年間にわたって空襲の犠牲となった市民と、静岡市
内に墜落したB29のアメリカ軍兵士の合同慰霊祭を続けて来ました

平成3年からはハワイの真珠湾を毎年訪問し、真珠湾攻撃で沈んだ戦艦ア
リゾナの上に作られた記念館、アリゾナメモリアルで日米戦没者の慰霊
を続けています。

その活動は年々広がり、去年初めて開かれた日米両国の公式の追悼式典
の実現に繋がりました。

安陪総理大臣とアメリカの当時のオバマ大統領の共同会見も行われ、菅
野さんも出席しました。

菅野さんは敵味方無く死者を悼むことこそ、平和への道筋だと考えてい
ます。

静岡に空襲のあった6月に静岡で、真珠湾攻撃のあった12月にはハワイで
、それぞれ慰霊祭を開催しています。

元々は静岡空襲の慰霊祭で日米双方の犠牲者の御霊を安かれと言うこと
で始めた行事なので、日米の列席を求めて、献酒、献花、焼香が済んだ
あとで、B29の戦死者の遺品の水筒の中にバーボンを入れて、米軍関係者
が一人ずつ献酒しています。

毎年200人ぐらい、横田の米国軍の人達40~50人ぐらいが参列してくださ
っています。

真珠湾の方は真珠湾攻撃の生き残り、生存者協会があるが、一般の人も
多くなった感じです。

関係者が短いスピーチをした後で、牧師さんが祈祷してアリゾナの甲板
から真珠湾に向かって献酒する、小さいが厳かな雰囲気で行われます。

鎮魂慰霊ということは国境とか民族、時代も越えて、人類共通の気持ち
だろうと思います。

静岡では日米双方に犠牲者が出ている、日本の市民だけの慰霊祭をやっ
ていたらアメリカの人たちにはその気持ちは通じないです、逆も同じで
す。

死んでしまえば敵も味方もない。

両国の合同慰霊祭をやらなければ、ほんとうの和解とか理解は得られな
いんじゃないかと思います。

当時11歳、毎晩B29が大編隊で空襲に来ました。

富士山を目標に来ていて、東京がまたやられているなあと言っていまし
た。11時過ぎにラジオで少数機が伊豆半島を西北進行と云う放送が入っ
て、父がこれはいつもと違うと言ってました、市の中心街に火の手があ
がりました。(焼夷弾攻撃)

安陪川に逃げて、河原の近くにあった土管の中に隠れていました。
「落ちるぞ」と云う声があり、爆弾かと思ったら敵機が衝突して落ちた
ようだった。一機が安陪川の安西橋の近くに、もう一機川向こうによた
よた飛んで行った。

町は黒こげの真っ平らな土地だった。(皆焼けてしまった)
防火用水の中に上半身を突っ込んで、黒こげで死んでいるのを見ました。
敵愾心もわいてきたし、これでは戦争は負けではないかと思ったりしま
した。B29の残骸にはアメリカ軍23人いたが、何人かの遺体をみました。
それを見て中には石をぶつける人もいました。

私はこいつらも戦争の犠牲者だとは一瞬思いましたが、口には言えませ
んでした、回りから袋叩きに会いますから。

祖父が日露戦争で満州で戦っていたときに、弾が飛び交う中で、ロシア
兵の戦傷者にも手当をしたと、これが軍医の務めだと、私が小さい頃祖
父から聞いていました。

敵兵だけどもし生きていれば祖父だったら、手当をしたんではないかと
私は考えたんでしょうね。

昭和47年に静岡市で初めて日米合同慰霊祭をしました。

医者になって静岡に帰って来て、浅間神社のある賤機山(しずはたやま
)に登った時に、平和観音像の横にB29墜落搭乗者の碑を見て、一瞬思い
出したが、慰霊碑を建てた人がいたことが吃驚したと同時に、山の上に
石文を作る人が凄い人だなと思いました。

伊藤福松さんが建てたということが判り、話をしたいと思いました。
伊藤さんも死んでしまえば敵も味方もないということでした。
伊藤さんは当時市会議員だったそうで、伊藤さんのお兄さんの桑畑に落
ちたそうです。

最初木の十字架を立てたそうですが、その後伊藤さんはB29の死者を弔う
ために修行をして坊さんに成ったと聞いています。

私財をなげうって、静岡市民のための慰霊の観音像と、B29の石文の碑を
つくったということです。

米軍にそのことを連絡して、反応は早かった、2~3日の後で電話がかか
ってきて、アメリカ兵の人たちと一緒に慰霊祭をやりませんかと云うこ
とで、昭和47年に大使館のひとを含めてバス2台で80人ぐらい来ました。

それが日米合同慰霊祭のスタートでしたが、なんでアメリカ兵を弔うん
だと抵抗はありました。

間接的にもありましたが、直に私の方に2~3人来て言われました。
或るおばあさんが最初反対だったが、2から3年してから「有難う」と私
に言って下さって、判ってくれて良かったと思いました。

あとの懇親会で、或る人が「ここへきて日本に対する印象が全く変わり
ました、有難うございました」と言ってくれました。
亡くなった方は新婚早々の御主人だったそうです。

それを聞いた時には慰霊祭をやって本当によかったと思いました。

B29の搭乗員の遺品の軍用水筒、燃えさかるB29の中で指の関節の跡まで
くっきりと残っている、死の瞬間まで握っていたんでしょう。

たった一つの遺品で、慰霊祭の時にバーボンを入れて慰霊碑に注ぐとい
うセレモニーを行っています。


※6日、米ハワイ真珠湾のアリゾナ記念館で、戦没者の慰霊のためウイスキーを海に献じる菅野寛也さん(前列左から2人目)とジャクリン・アシュウェル氏(同3人目)ら(共同)

兵士の死の瞬間を記録する様な水筒でも水は漏らない。
墜落しないで帰っていたら、バーボンを飲んでいるだろうなと思って、
この水筒にバーボンを入れて献酒する、インパクトの強い行事の様で献
酒をしてきたことが広がる訳です。

慰霊祭のシンボルなのでこの水筒は宝物、平和の武器かもしれません。

慰霊祭を続けてきてよかったと思います。
慰霊祭、鎮魂式、戦死者に対する行事はよりアメリカでの反響の方がは
っきりしている。どんどん広がって評価してくれています。
真珠湾攻撃ではアメリカ側は民間人を含む約2400人、日本側は65人でし
た。

平成3年(日米開戦50年)ハワイの真珠湾でも慰霊を行おうと決心しまし
た。

戦争のはじまった土地で慰霊祭をするということは意義があるのではな
いかと、その年の夏にハワイに行きましたが、大変厳しい空気でした。

想像は或る程度していたが、アメリカ人に知ってもらわなければならな
いと思って、自分はこういうことをしていると言うことを知ってもらい
たいと思って、12月にたった一人で慰霊に向かいました。

聖水を桟橋で献水して帰って来ました。
(たった一人の慰霊祭これが最初)
一回だけでは意味がないと思った。(続けなければ成果は出ないと思い
ました)

恨みつらみはあると思います、日本人のくせになにしに来やがったと、
数年は突っかかって来る人はいました。

しかし、水筒を見せて、説明をすると全然ガラッと変わってしまいます。
日本に対するイメージを打破しようと、そういう意味では20数年かかっ
たけれども、それなりの目的、成果はあったと思います。

2年目からはアメリカ海軍の人たちがプライベートでエスコートしてくれ
ました。段々広がってきて、たった一人で慰霊祭で行ったことが、きっ
かけにはなったかなあと思います。

あなたと水筒がないと式が始まらないよといわれました。

日米双方の戦死者の慰霊をアメリカの海軍と日本の領事館の主催で行わ
れ、80名ぐらいでやりましたが、吃驚したのは両国の国旗が入場してき
て、両国国家の吹奏が行われました。

まさかアリゾナの沈んでいるところで、君が代が吹奏されるとは思わな
かった。

恨みつらみのある場所で君が代を聞いた時は身震いするほど感激しまし
た。

12月には日本の総理大臣とアメリカ大統領が真珠湾で一緒に戦没者の慰
霊が行われました。もっと早く実現してほしかったなあと思うことと、
安陪総理もオバマ大統領もまず第一に慰霊鎮魂と云う意を表してくれま
した。

かつての敵同士は本当に心底から理解しあえるかどうか判りませんが、
お互いの国の犠牲者を鎮魂するということは、心に伝える行事だから、
親善だとか、和解だとかの結果をもたらすには、まず第一にそのような
ことをやらなければ始まらないと思います。

心が通じなければそれ以上は進まない。

最後は人間は心の問題だから、理屈ではなくて、お互い共通の辛さがあ
ったと言うようなことをお互い認め合ったり、悲しみだとか、そういう
ものを認め合うことによって、人種の壁、宗教の壁、言葉の壁、そうい
うものを取り除くことが慰霊祭はできるんだと言うことで私は続けてき
ているし、そうなっているわけですから。

謝罪と云うことは物凄く難しい、謝罪をしても謝りにならないこともあ
るわけです、却って恨みつらみに火を付けることもあり、難しい。

84歳になり、後何年続けられるか、できるだけ続けられるように活動す
るのが目標です。

国家とか自治体とか、力を持った者が顔を向けてほしいです。

私がいけなくなった時にはどうしようとすることは、相談しようと思っ
ています。

https://tinyurl.com/y77ly28p より

         ☆—————————————-☆

菅野寛也

「黒焦げの水筒で慰霊祭 米真珠湾、静岡の医師」2016.12.7 19:15

旧日本軍の真珠湾攻撃から現地時間の7日(日本時間8日)で75年となる
のを前に、米ハワイ州真珠湾のアリゾナ記念館で6日、静岡市の医師菅野
寛也さん(83)が、第2次大戦中に静岡市を空襲中に墜落死した米兵の遺
品である水筒を用いた慰霊祭を行い、日米両国の犠牲者を悼んだ。

 水筒は1945年6月に静岡市を空襲したB29爆撃機の搭乗員のもの。黒く
焦げ、握りしめた指の跡が残っている。

 菅野さんは「戦死者に敵も味方もない」と米兵の遺体を手厚く葬った
静岡市の元市議、故伊藤福松氏の遺志を引き継いで、空襲犠牲者と米兵
搭乗員の慰霊を同市で続けている。
 今年の慰霊祭には日米から約200人が参加。菅野さんは、真珠湾を管理
する米国立公園局のジャクリン・アシュウェル氏らと共に水筒に入れた
ウイスキーを海へ献じた。(ホノルル共同)

                 『産経フォトより』

黒焦げの水筒に関する本
自己啓発書のベストセラー

         ☆—————————————-☆

★☆「keiko通信 from NewYork」☆★

「ケンタッキーフライドチキンを食べるの?」

クリスマスウィーク、いかがお過ごしでしょうか?

「日本人は何故クリスマスにKFCを食べるの?」と尋ねられ、さらに日
本のクリスマスケーキの値段が高いと驚きます。

皆様お正月は和食、クリスマスは洋食でお祝いしていらっしゃると思い
ます。

アメリカの感謝祭はメニューが決まっていますがクリスマスは特に決ま
っていなくローストビーフ、スモークサーモン、シーフード等ご馳走が
並びます。

ご馳走よりもツリーの下に置いてあるプレゼントの箱が気になる子供た
ちでしょうか!

                  Keiko

★ちょっと一言!

※皆さん、お元気ですか?「名言集」の宮口です。

ニューヨークでまたテロがありました。Keikoさんは無事だったようで一
安心。アメリカのどこでテロが起きても不思議ではない緊迫した状況で
す。

トランプ大統領はテルアビブからエルサレムにアメリカ大使館を移すと
いうとんでもない決断をしました。複雑に絡む宗教問題でこの決断がど
んな影響を及ぼすのか計り知れないものがあります。

★皆さんのメールが何よりの励ましです。
出来る限り、お返事は差し上げますのでお気軽にメールして下さい。
当メルマガで掲載させていただくこともありますが、匿名希望と書いて
いただければ実名を出すことはありません。

まずは自分自身を信じ、愛することから始めよう!

■今号はいかがでしたか?
驚くほど役に立つ「名言集」へのコメントをどうぞ!
⇒ http://clap.mag2.com/sloulaiphu/input

=================================

☆お勧めの「無料レポート」大公開☆

◆先人の知恵に学ぼう!驚くほど役に立つ「名言集」part1◆
※今まで、メルマガでご紹介したvol.創刊号1~vol.50までの「名言」
を素敵な「名言集」に仕上げてレポートにしました。
⇒ http://maxim.no1wizard.com/page-34

=================================

編集後記+++++++++++++++++++++++++++++

世の中には人間の一生をも左右してしまうような、心の底から魂を揺さぶら
れるような素晴らしい金言や格言が数多くあります。
あなたも辛い時や悲しい時、何気ない一言で勇気づけられた経験はないだろ
うか?

仕事をしながらメルマガを発行しようと決意したのは、そういう名言の数々
を一人でも多くの方々に紹介したいと思ったからです。
今までの仕事だけの人生に物足りなさを感じていたということもあります。

「生きることとは自分自身を表現することである!」と言ったのは誰だった
ろう?自分自身を表現することにより、ほんの少しでも周りの人たちを幸せ
にするお手伝いが出来れば望外の幸せです。

+++++++++++++++++++++++++++++++++

ここまでお読み頂きありがとうございます。
皆さまからのご意見・ご感想をお待ちしています。

豊かで、より良き人生を共に歩んで行くことが出来ますように!

=================================
※メルマガ解除はご自身でお願い致します※
★まぐまぐ ≫ http://www.mag2.com/m/0000147942.html
★melma ≫ http://www.melma.com/mag/95/m00131695/
★ミニまぐ ≫ http://www.mag2.com/m/M0038759.html
———————————————————————————-
-先人の知恵に学ぼう!驚くほど役に立つ「名言集」-

■発行者 ≫ 宮口栄治
■連絡先 ≫ lupin2936★yahoo.co.jp (★→@)
■H.P ≫ 先人の知恵に学ぼう!驚くほど役に立つ「名言集」
■H.P ≫ 北海道の魅力
■H.P ≫ 旭川時事英語研究会
●ウェブログ ≫ Miyaguchi Diary
———————————————————————————-

Sponsored Links

-日本人の名言, 菅野寛也
-, , , ,

執筆者:

「名言集」記事一覧

Sponsored Links