先人の知恵に学ぼう!驚くほど役に立つ「名言集」

驚くほど役に立つ「名言集」では、世界の名言・金言・格言・故事・ことわざをご紹介します。

昨日までためせる事も見し事も・・・ / 尾崎行雄

   


2017.05.05-Vol.0783
—————————————————————————
■先人の知恵に学ぼう!驚くほど役に立つ「名言集」■
—————————————————————————
★今日の名言★
=================================

 昨日まで

  ためせる事も見し事も

   明日往く道の

    しるべなるべし

              <尾崎行雄>

=================================

◆一口豆知識◆◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇広辞苑より◇◇◇◇

憲法(けんぽう)・・・

(1)(古くはケンボウ)おきて。基本となるきまり。国法。

(2)(constitution)国家存立の基本的条件を定めた根本法。国の統治
権、根本的な機関・作用の大原則を定めた基礎法で、通常他の法律・命
令を以て変更することを許さない国の最高法規とされる。

=================================

※喫煙室(雑談コーナー)

5月3日は憲法記念日。戦後根付いてきた日本の平和憲法が議論されてい
る。平和を希求する良識ある人々の願いに反して、世界中で争いが絶え
ない現実を私達はどう捉えたら良いのだろう?

広島・長崎への原爆投下により敗戦への道を余儀なくされた日本が歩ん
できた平和国家への道のりを大きく転換させることになる今回の憲法改
正論議。

自分の国は自分で守るという当たり前の論理。戦後、日本は二度と戦争
は起こさないという不戦の誓いとの整合性はどうなるのだろう?

[憲法第9条 条文]

1.日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国
権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解
決する手段としては、永久にこれを放棄する。

2.前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持し
ない。国の交戦権は、これを認めない。

「憲政の神」「議会政治の父」と呼び慕われた尾崎行雄。

第1次世界大戦後にヨーロッパを視察後、

「戦争は勝っても負けても悲惨な状況をもたらす」

として平和主義・国際主義による世界改造の必要を説き、全世界の協調
と世界平和の実現を願い、軍閥政治・藩閥政治に立ち向かった信念の人
が尾崎行雄である。

以下、Wikipediaと重複するが、是非お読みいただきたい。

<尾崎行雄記念財団より>

憲政の神様

憲政の神・尾崎行雄の歩み(略年譜)
尾崎行雄(おざき・ゆきお)

1858年、相模国(神奈川県)津久井群又野村に生まれる。

1868年、明治維新。翌69年、父行正が新政府に仕官したのに伴い、母に
連れられ上京。その後、父の転任により、71年に高崎県(群馬県)、翌
72年に度会県山田(三重県伊勢市)に移住。

1874年、板垣退助、後藤象二郎らが「民選議院設立建白書」を提出。そ
の年、尾崎は慶應義塾に入学するも、わずか一年半で退学。

1876年、当時の帝都四大新聞の一つ曙新聞に、尾崎の投書した「討薩論
」が掲載され、大きな反響を呼ぶ。そして79年、福沢諭吉の推薦で、新
潟新聞の主筆となる。

1882年、大隈重信を総裁とする「立憲改進党」の結成に、尾崎は犬養毅
らと共に携わる。その頃から尾崎は雄弁家として名を馳せ、犬養と共に
各地を遊説。

1887年、尾崎らは、後藤象二郎に呼びかけ、党派を超えて大同団結、後
藤を代表とする「丁亥倶楽部」を結成し、藩閥政治反対運動を展開。そ
の年の12月、尾崎は保安条例により東京退去を命じられ、翌88年1月に外
遊(米国・英国)の途につく。89年2月、大日本帝国憲法発布、恩赦によ
り東京退去命令が解かれた尾崎は12月に帰国。

1890年、第1回総選挙実施。尾崎は三重県から立候補し圧倒的多数で当選
(以後25回連続当選は議会史上に残る記録)。92年、第2回総選挙が実施
されるが、これが歴史に残る「選挙大干渉」となる。尾崎も中傷・妨害
を受けたが、苦闘の末、なんとか当選。その後の議会でも、尾崎は軍閥
・藩閥政治を攻撃する演説を積極的に行なう。

1898年6月、日本で初めての政党内閣が成立。大隈重信が首相に、板垣退
助が内務大臣に、そして尾崎は文部大臣となった。しかし同年8月、「共
和演説事件」が起こり、10月、尾崎は文部大臣を辞職。

1903年、尾崎は東京市長に就任。上水道拡張、下水道工事、道路改良、
街路樹植栽、港湾整備、東京市街鉄道の買収、ガス会社の合併など、市
の改善に積極的に努力、さらに多摩川水源林調査に着手し、市の水源林
を買収確保する。

1909年、米国大統領タフト氏夫人が、日本の桜を米国の首府ワシントン
のポトマック河畔に植えたいと希望していることを知り、尾崎は2000本
の苗木をワシントンに送るが、苗木は、その後の検査で害虫が発見され
すべて焼かれてしまう。残念に思った尾崎は、健全な苗を育てさせ、19
12年、今度は3000本を送る。苗木は無事育ち、現在も見事な美しさでポ
トマック河畔の春を彩っている。

1912年、尾崎は東京市長を辞任。犬養と共に憲政擁護運動を起こす。こ
の頃から尾崎と犬養は「憲政二柱の神」と呼ばれる。1913年2月、尾崎は
、後に桂首相を死に至らしめたといわれる桂内閣弾劾演説を行なう。ま
た翌14年には、シーメンス事件(日本海軍高官の収賄事件)で山本内閣
弾劾演説を行ない辞職に追い込み、その後成立した大隈内閣で司法大臣
に就任。

1919年、第1次世界大戦後のヨーロッパを視察。帰国後、「戦争は勝って
も負けても悲惨な状況をもたらす」として平和主義・国際主義による世
界改造の必要を説く。翌20年には、普通選挙運動の先頭に立つ。21年に
は軍備制限論を掲げ、軍縮を説き全国を遊説。また24年の第二次護憲運
動でも先頭に立つ。

1931年、カーネギー財団に招かれ米国に滞在している時、満州事変勃発
の報を聞いた尾崎は、「日本は間違っている」と主張。「国賊・尾崎を
殺せ!」という圧力が日に日に強まるも主張を曲げることなく、37年に
は、議会で辞世の句を懐に決死の軍部批判を行なう。42年、翼賛選挙に
反対し東条首相に公開質問状を送り、また同年、選挙中の応援演説がも
とで不敬罪で起訴され巣鴨拘置所に入れられる(44年、大審院で無罪判
決)。

1945年8月15日、終戦。尾崎は同年12月、全世界の協調と世界平和の実現
を願い、「世界連邦建設に関する決議案」を議会に提出。

1952年、衆議院より憲政功労者として表彰される。同年病床より立候補
し当選(第1回より連続25回当選)。翌53年4月、第26回総選挙において
初めて落選。7月に衆議院名誉議員、10月に東京都名誉都民(第1号)と
なる。「憲政の神」「議会政治の父」と仰がれつつ、翌54年10月、逗子
の風雲閣にて永眠(享年95歳)。

参照元 : http://www.ozakiyukio.jp/yukio.html

         ☆—————————————-☆

尾崎行雄

尾崎 行雄(おざき ゆきお、1858年12月24日(安政5年[注釈 1]11月20日
) – 1954年(昭和29年)10月6日)は、日本の政治家。

日本の議会政治の黎明期から戦後に至るまで衆議院議員を務め、当選回
数・議員勤続年数・最高齢議員記録と複数の日本記録を有することから
「憲政の神様」「議会政治の父」と呼ばれる。正三位勲一等(1946年5月
4日付返上)。

伊勢神宮内宮前・合格神社の祭神。

号は咢堂(がくどう。最初学堂。愕堂を経て咢堂)。称号は衆議院名誉
議員、東京都名誉都民。世界連邦建設同盟(現、世界連邦運動協会)初
代会長。

[略歴]

[生い立ち]

安政5年11月20日(1858年12月24日)、相模国津久井県又野村(現・神奈
川県相模原市緑区又野)生まれ。幼名は彦太郎。

行雄の父・尾崎行正の生家は漢方医を業とし、漢学者・藤森弘庵の私塾
に桂小五郎(木戸孝允)の先輩として学んだ。尾崎家の先祖は今川義元
の家来で、武田信玄に攻め立てられて没落した。尾崎家は天正18年(15
90年)に後北条氏が滅びてから又野に移り、累世相続いて里長となる。
掃部頭行永以前の尾崎家先祖が住んでいたといわれる伏馬田城というの
は現在の相模原市緑区牧野(まぎの)にあったが、その城跡一帯は現在
尾崎ヶ原といわれている。

父・行正(彦四郎)は、戊辰戦争の際、官軍土佐藩迅衝隊総督の板垣退
助の徳を慕って馳参じ、隊長・美正貫一郎の率いる断金隊(旧武田家臣
の子孫たちで構成された部隊)に加わって会津戦争を戦い抜き、貫一郎
の討死後は、断金隊の二代目隊長に任ぜられ、維新後は弾正台の役人と
なった。

行雄は11歳まで又野村で過ごした後、父・行正に従い明治元年(1868年
)に番町の国学者・平田篤胤の子・鉄胤が開いていた平田塾にて学び、
次いで明治4年(1871年)に高崎に引越し、地元の英学校にて英語を学ぶ
。その後、明治5年(1872年)に度会県山田(現・三重県宇治山田)に居
を移す。行雄も宮崎文庫英学校に入学した。父は熊本転任が予定されて
いたため、東京遊学を許し行雄に弟を同行させて慶應義塾へ向かわせた。

明治7年(1874年)に弟と共に上京し、当時「日本一の学校」との名声を
得ていた慶應義塾童児局に入学するやいなや塾長の福澤諭吉に認められ
、十二級の最下級から最上級生となる。明治8年(1875年)のクリスマス
に聖公会のカナダ人宣教師で英語教師のA・C・ショーよりキリスト教の
洗礼を受ける。

その後、直ちに世の中で役に立つ学問を求めた尾崎は、反駁する論文を
執筆して慶應義塾を退学し、福沢の友人で工学寮の校長ダイヤーと大鳥
圭介に紹介文を書いてもらい、染物屋になるため明治9年(1876年)に工
学寮(のちの工部大学校。現・東京大学工学部)に再入学するも学風の
違いや理化学へのいやけから『曙新聞』などに薩摩閥の横暴を批判する
投書を始め、それがいずれも好評を博したため、一年足らずで退学。そ
の後、慶應義塾に戻り、朝吹英二が経営した『民間雑誌』の編集に携わ
り、共勧義塾で英国史を論じたり、三田演説館で演壇に立つなどした。
明治12年(1879年)には福澤諭吉の推薦で新潟新聞の主筆となる。
<後略>

        フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

尾崎行雄の本
自己啓発書のベストセラー

         ☆—————————————-☆

★☆「keiko通信 from NewYork」☆★

「公立大学授業料が無料に」

今年の秋からNY市立、州立大学(2年、4年共に)の授業料が無料になる
ことをクオモ知事が決定。

ただし条件付き

●世帯年収12万5000ドル以下の家庭。
●授業料のみで学生寮は含まない。
●受給した年と同じ年数ニューヨークに住み働くこと。

もちろん私立大学から反発が出たのは言うまでもありません。

テキスト代も高いので先輩が使ったものを安く購入して使う生徒もいま
す。

                    Keiko

★ちょっと一言!

※皆さん、お元気ですか?「名言集」の宮口です。

ゴールデンウィークも今日で終わり。楽しい休日を過ごされたでしょう
か?旭川もやっと暑くなり、私も毎朝のテニスで汗を流しています。
先週の土曜日には一泊で妻と小樽に遊びに行ってきました。初めての車
中泊で腰が痛くなるやら・・・次回は大丈夫です^^v

★皆さんのメールが何よりの励ましです。
出来る限り、お返事は差し上げますのでお気軽にメールして下さい。
当メルマガで掲載させていただくこともありますが、匿名希望と書いて
いただければ実名を出すことはありません。

まずは自分自身を信じ、愛することから始めよう!

■今号はいかがでしたか?
驚くほど役に立つ「名言集」へのコメントをどうぞ!
⇒ http://clap.mag2.com/sloulaiphu/input

=================================

☆お勧めの「無料レポート」大公開☆

◆先人の知恵に学ぼう!驚くほど役に立つ「名言集」part1◆
※今まで、メルマガでご紹介したvol.創刊号1~vol.50までの「名言」
を素敵な「名言集」に仕上げてレポートにしました。
⇒ http://maxim.no1wizard.com/page-34

=================================

編集後記+++++++++++++++++++++++++++++

世の中には人間の一生をも左右してしまうような、心の底から魂を揺さぶら
れるような素晴らしい金言や格言が数多くあります。
あなたも辛い時や悲しい時、何気ない一言で勇気づけられた経験はないだろ
うか?

仕事をしながらメルマガを発行しようと決意したのは、そういう名言の数々
を一人でも多くの方々に紹介したいと思ったからです。
今までの仕事だけの人生に物足りなさを感じていたということもあります。

「生きることとは自分自身を表現することである!」と言ったのは誰だった
ろう?自分自身を表現することにより、ほんの少しでも周りの人たちを幸せ
にするお手伝いが出来れば望外の幸せです。

+++++++++++++++++++++++++++++++++

ここまでお読み頂きありがとうございます。
皆さまからのご意見・ご感想をお待ちしています。

豊かで、より良き人生を共に歩んで行くことが出来ますように!

=================================
※メルマガ解除はご自身でお願い致します※
★まぐまぐ ≫ http://www.mag2.com/m/0000147942.html
★melma ≫ http://www.melma.com/mag/95/m00131695/
★ミニまぐ ≫ http://www.mag2.com/m/M0038759.html
———————————————————————————-
-先人の知恵に学ぼう!驚くほど役に立つ「名言集」-

■発行者 ≫ 宮口栄治
■連絡先 ≫ lupin2936★yahoo.co.jp (★→@)
■H.P ≫ 先人の知恵に学ぼう!驚くほど役に立つ「名言集」
■H.P ≫ 北海道の魅力
■H.P ≫ 旭川時事英語研究会
●ウェブログ ≫ Miyaguchi Diary
———————————————————————————-

 - 尾崎行雄 , , , ,

スポンサードリンク

スポンサードリンク

  関連記事

関連記事はありませんでした