先人の知恵に学ぼう!驚くほど役に立つ「名言集」

驚くほど役に立つ「名言集」では、世界の名言・金言・格言・故事・ことわざをご紹介します。

あてどない夢の過剰が、ひとつの愛から夢をうばった・・・ / 大岡信

      2017/04/14


2017.04.14-Vol.0780
—————————————————————————
■先人の知恵に学ぼう!驚くほど役に立つ「名言集」■
—————————————————————————
★今日の名言★
=================================

「青春」

あてどない夢の過剰が、ひとつの愛から夢をうばった。おごる心の片隅
に、少女の額の傷のような裂目がある。突堤の下に投げ捨てられたまぐ
ろの首から吹いている血煙のように、気遠くそしてなまなましく、悲し
みがそこから吹きでる。

ゆすれて見える街景に、いくたりか幼いころの顔が通った。まばたきも
せず、いずれは壁に入ってゆく、かれらはすでに足音を持たぬ。耳ばか
り大きく育って、風の中でそれだけが揺れているのだ。

街のしめりが、人の心に向日葵ではなく、苔を育てた。苔の上にガラス
が散る。血が流れる。静寂な夜、フラスコから水が溢れて苔を濡らす。
苔を育てる。それは血の上澄みなのだ。

ふくれてゆく空。ふくれてゆく水。ふくれてゆく樹。ふくれる腹。ふく
れる眼蓋。ふくれる唇。やせる手。やせる牛。やせる空。やせる水。や
せる土地。ふとる壁。ふとる鎖。だれがふとる。だれが。だれがやせる
。血がやせる。空が救い。空は罰。それは血の上澄み。空は地の上澄み。

(1956年・書肆ユリイカ)

              <大岡信>

=================================

◆一口豆知識◆◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇広辞苑より◇◇◇◇

詩(し)・・・

(1)中国の韻文の一体、書経舜典に「詩は志を言ひ、歌は言を永くす
   」とある。
(2)文学の一部門。風景・人事など一切の事物について起こった感興
   や想像などを一種のリズムをもつ形式によって叙述したもの。押
   韻・韻律・字数などの律格あるものと、散文的なものとがあり、
   また、叙事詩・抒情詩・劇詩などに分ける。ポエトリー。ポエム。
(3)詩経の略。

=================================

※喫煙室(雑談コーナー)

大岡信(まこと)氏といえば、1979年から2007年までの29年間に渡り、
「折々のうた」という朝日新聞の第一面に掲載されたコラムで多くの人
々に愛されてきた詩人である。

「日本経済新聞 / 2017/4/5 18:44」

詩人の大岡信さん死去 86歳「折々のうた」

「折々のうた」「紀貫之」などの著書で知られ、戦後を代表する詩人で
評論家の大岡信(おおおか・まこと)氏が5日午前10時27分、呼吸不全の
ため静岡県三島市内の病院で死去した。86歳だった。お別れの会を行う
が日取りなどは未定。喪主は妻、かね子さん。

 静岡県出身。中学時代から詩を書き始め、東大国文科を卒業した後、
読売新聞社に入社。退社後に明治大で教壇に立つかたわら、詩の創作を
続けた。豊かな感性で紡ぎ出す詩の世界が国内外で高い評価を受けた。

 連歌・連句を現代詩に取り込んだ「連詩」も展開。海外の詩人らと長
期にわたって共同創作を続け、欧米などで「Renshi」の言葉を広めた。

 豊富な知識を背景に小説、美術、音楽など幅広い分野の批評家として
も活躍。翻訳、戯曲にも精力的に取り組んだ。主な著作に「岡倉天心」
「詩人・菅原道真」「大岡信全詩集」など。詩集に「旅みやげ にしひ
がし」「春 少女に」「故郷の水へのメッセージ」など。

 日本ペンクラブ会長、日本文芸家協会理事なども歴任。1997年文化功
労者。2003年文化勲章。

ご冥福をお祈りいたします。

 「夏のおもひに」

 この夕 海べの岩に身をもたれ。
 ゆるくながれる しほの香に夕の諧調は 海をすべり。
 いそぎんちやくの かよわい触手は ひそかにながれ。
 とほくひがしに 愁ひに似て 甘く ひかりながれて。

 この夕 小魚の群の ゑがく 水脈に
 かすかな ひかりの小皺 みだれるをみ。
 いそぎんちやくの かよわい触手は ひそかにながれ。
 海の香と 胸とろかす ひびきに呆けて。

 とらはれの 魚群をめぐる ひとむれの鴎らに
 西の陽のつめたさが くろく落ち。
 はなれてゆく遊覧船の かたむきさへ 愁ひをさそひ。

 この夕 海べの岩に身をもたれ。
 こころひらかぬままに おづおづと 語らひもせず 別れしゆゑ
 ゆゑもなく慕はれる人の 面影を 夏のおもひに ゑがきながら。

参照元:https://kotobakan.jp/makoto/makoto_cat/makoto-poetry

「女は常に女であり、
 男は常に・・・子供である・・・のではないだろうか。」

「音楽は人を沈黙の深みに誘う。
 音は心の粒子なのだから。」

「成功も悪くはない。
 悪いのはただ、飲めば飲むほど渇きを産む塩水なのだ、成功は。」

「ただ達しえぬものに挑む、
 そのときだけ、人はたしかに持てると思ふ、ゆとりと笑ひを。」

         ☆—————————————-☆

大岡信

大岡 信(おおおか まこと、1931年2月16日 – 2017年4月5日)は、日本
の詩人、評論家。東京芸術大学名誉教授。日本ペンクラブ元会長。一ツ
橋綜合財団理事。

[人物]

1931年(昭和6年)、静岡県田方郡三島町(現・三島市)生まれ。父は歌
人の大岡博。旧制静岡県立沼津中学校(現・静岡県立沼津東高等学校)
を経て第一高等学校 (旧制)、東京大学文学部国文科卒業。

学生時代から詩人として注目され、読売新聞社外報部記者を経て明治大
学教授となる。1979年(昭和54年)より2007年(平成19年)まで『朝日
新聞』で『折々のうた』を連載。菊池寛賞、読売文学賞など受賞多数。
日本ペンクラブ11代会長も歴任。

大岡の詩は英語、オランダ語、フランス語、ドイツ語、中国語、スペイ
ン語、マケドニア語に訳されている。連歌や連句に倣い、現代詩人たち
が共同で詩を制作する「連詩」を1970年代初めに提唱し、精力的に連詩
制作を行ってきた。連詩集として『揺れる鏡の夜明け』や『ファザーネ
ン通りの縄ばしご』、『What the Kite Thinks』などを出版している。

詩歌や美術に関する評論も数多い。1959年(昭和34年)に、日本の現代
美術画廊のパイオニア「南画廊」の社主・志水楠男の依頼で「フォート
リエ展」カタログ作成に協力したのを機に、サム・フランシス、ジャン
・ティンゲリー、瀧口修造、加納光於といった作家たちと交流、共同制
作をするなど現代美術との関わりは深い。

また、1962年(昭和37年)に武満徹の管弦楽曲のために「環礁」を書き
下ろして以来、クラシック音楽の作曲家ともたびたび共作している。一
柳慧とは合唱曲「光のとりで 風の城」やモノオペラ「火の遺言」、木
下牧子とは合唱曲「なぎさの地球」などを生み出した。2009年(平成21
年)、静岡県三島市に「大岡信ことば館」開館。

九条の会に賛同する「マスコミ九条の会」呼びかけ人を務めている。

2017年4月5日、呼吸不全のため死去。

        フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

大岡信の本
自己啓発書のベストセラー

         ☆—————————————-☆

★☆「keiko通信 from NewYork」☆★

「ニューヨークのスーパーマーケットにある豆腐、しらたき」

アメリカのスーパーマーケットにお豆腐が並んでいます。

日本のサイズよりやや大きくFIRM かためです。

また隣には豆腐しらたき、種類はMACARONI・FETTUCCINE・ANGEL・HAIR
とイタリア風パスタのように作られています。

                    Keiko

★ちょっと一言!

※皆さん、お元気ですか?「名言集」の宮口です。

昨日の吹雪で真冬に逆戻りの旭川ですが、今日は暖かくなりそうです。

アメリカは、原子力空母カール・ビンソンを中心とする空母打撃群を朝
鮮半島付近に向かわせ、北朝鮮情勢が緊迫感を増しています。
実は・・・内緒ですが、妻が今日から5日間の日程で韓国旅行に行きまし
た。折しも、15日は北朝鮮の故金日成主席生誕105周年の記念行事が行わ
れる予定で挑発行為に出る可能性があります。心配です。

★皆さんのメールが何よりの励ましです。
出来る限り、お返事は差し上げますのでお気軽にメールして下さい。
当メルマガで掲載させていただくこともありますが、匿名希望と書いて
いただければ実名を出すことはありません。

まずは自分自身を信じ、愛することから始めよう!

■今号はいかがでしたか?
驚くほど役に立つ「名言集」へのコメントをどうぞ!
⇒ http://clap.mag2.com/sloulaiphu/input

=================================

☆お勧めの「無料レポート」大公開☆

◆先人の知恵に学ぼう!驚くほど役に立つ「名言集」part1◆
※今まで、メルマガでご紹介したvol.創刊号1~vol.50までの「名言」
を素敵な「名言集」に仕上げてレポートにしました。
⇒ http://maxim.no1wizard.com/page-34

=================================

編集後記+++++++++++++++++++++++++++++

世の中には人間の一生をも左右してしまうような、心の底から魂を揺さぶら
れるような素晴らしい金言や格言が数多くあります。
あなたも辛い時や悲しい時、何気ない一言で勇気づけられた経験はないだろ
うか?

仕事をしながらメルマガを発行しようと決意したのは、そういう名言の数々
を一人でも多くの方々に紹介したいと思ったからです。
今までの仕事だけの人生に物足りなさを感じていたということもあります。

「生きることとは自分自身を表現することである!」と言ったのは誰だった
ろう?自分自身を表現することにより、ほんの少しでも周りの人たちを幸せ
にするお手伝いが出来れば望外の幸せです。

+++++++++++++++++++++++++++++++++

ここまでお読み頂きありがとうございます。
皆さまからのご意見・ご感想をお待ちしています。

豊かで、より良き人生を共に歩んで行くことが出来ますように!

=================================
※メルマガ解除はご自身でお願い致します※
★まぐまぐ ≫ http://www.mag2.com/m/0000147942.html
★melma ≫ http://www.melma.com/mag/95/m00131695/
★ミニまぐ ≫ http://www.mag2.com/m/M0038759.html
———————————————————————————-
-先人の知恵に学ぼう!驚くほど役に立つ「名言集」-

■発行者 ≫ 宮口栄治
■連絡先 ≫ lupin2936★yahoo.co.jp (★→@)
■H.P ≫ 先人の知恵に学ぼう!驚くほど役に立つ「名言集」
■H.P ≫ 北海道の魅力
■H.P ≫ 旭川時事英語研究会
●ウェブログ ≫ Miyaguchi Diary
———————————————————————————-

 - 大岡信 , , , , ,

スポンサードリンク

スポンサードリンク

  関連記事

関連記事はありませんでした