先人の知恵に学ぼう!驚くほど役に立つ「名言集」

驚くほど役に立つ「名言集」では、世界の名言・金言・格言・故事・ことわざをご紹介します。

すべての悩みは対人関係の課題である・・・ / アルフレッド・アドラー

   

Facebook にシェア
[`livedoor` not found]
[`fc2` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`yahoo` not found]

2017.03.17-Vol.0776
—————————————————————————
■先人の知恵に学ぼう!驚くほど役に立つ「名言集」■
—————————————————————————

★今日の名言★
=================================

 すべての悩みは対人関係の課題である。

  仙人のような世捨て人でさえも、

   実は他人の目を気にしているのだ。

           <アルフレッド・アドラー>

=================================

◆一口豆知識◆◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇広辞苑より◇◇◇◇

(アドラー[Alfred Adler])・・・

ウィーン生まれの精神医学者。神経症の原因を劣等感の処理の失敗に求
めた。また、劣等感の補償として「優越の努力」「権力への意思」を重
視、「個人心理学」を樹立した。(1870~1937)

=================================

※喫煙室(雑談コーナー)

フジTV系列で放映されている「嫌われる勇気」が話題になっているが、
原作はダイヤモンド社の『嫌われる勇気』(自己啓発の源流「アドラー
」の教え)岸見一郎、古賀史健著である。

アドラー心理学を分かり易く解説した本だが、100万部を突破したベスト
セラーになっているという。

フロイトやユングに隠れて一般的ではないアドラーだが、何故今これほ
ど注目されているのだろうか?

心理学者アルフレッド・アドラーの真骨頂が「嫌われる勇気」であり、
トラウマの存在や承認欲求を否定し、「人間の悩みは、すべて対人関係
の悩みである」と断言さえしている。

本当にそうなのだろうか?と、フロイトやユングに慣れ親しんだ世代と
しては違和感を覚えるが、残された名言の中にその真意を読み取ること
は出来ないだろうか?

アドラー心理学はあくまで「個人心理学」であり、個人の幸せを追求す
るための心理学であるがゆえに一般化しなかったという説がある。

アドラー心理学の求める本質とは、「人は変われるのか」「幸せとは何
か」「自由とは何か」を追求する個人心理の根幹に迫る心理学だという。

参考までに「嫌われる勇気を持つ時の5つのポイント」を載せておこう。

1.他人からの評価を気にしない。
2.自分の価値観をハッキリさせる。
3.他人を変えようとしない。
4.「いま、ここ」を大切にする。
5.自分と他人とを比較しない。

以下、「アドラーの名言」を転載させていただく。

★人生が困難なのではない。あなたが人生を困難にしているのだ。
 人生はきわめてシンプルである。

★人は過去に縛られているわけではない。
 あなたの描く未来があなたを規定しているのだ。

★健全な人は、相手を変えようとせず自分がかわる。
 不健全な人は、相手を操作し、変えようとする。

★自分だけでなく、仲間の利益を大切にすること。
 受け取るよりも多く、相手に与えること。
 幸福になる唯一の道である。

★悲しいから涙を流すのではない。
相手を責め、同情や注目を引くために泣いているのだ。

★人生には3つの課題がある。
 1つ目は「仕事の課題」
 2つ目は「交友の課題」
 3つ目は「愛の課題」である。
 そして後の方になるほど解決は難しくなる。

★重要なことは人が何を持って生まれたかではなく、
 与えられたものをどう使いこなすかである。

★行動に問題があるとしても、
 その背後にある動機や目的は、必ずや「善」である。

★「よくできたね」とほめるのではない。
 「ありがとう、助かったよ」と感謝を伝えるのだ。
 感謝される喜びを体験すれば、自ら進んで貢献を繰り返すだろう。

★判断に迷った時は、より大きな集団の利益を優先することだ。
 自分よりも仲間たち。仲間たちよりも社会全体。
 そうすれば判断を間違うことはないだろう。

★カッときて自分を見失い怒鳴ったのではない。
 相手を支配するために、怒りという感情を創り出し利用したのだ。

★苦しみから抜け出す方法はたった1つ。
 他の人を喜ばせることだ。
 「自分に何ができるか」を考え、それを実行すればよい。

★究極的には、
 われわれの人生において対人関係以外の問題はないように見える。

★「世話好きな人は、単に優しい人なのではない。
 相手を自分に依存させ、
 自分が重要な人物であることを実感したいのだ。

★もっとも重要な問いは「どこから」ではなくて「どこへ」である。

★楽観的であれ。過去を悔やむのではなく、
 未来を不安視するのでもなく、今現在の「ここ」だけを見るのだ。

★人の心理は物理学と違う。
 問題の原因を指摘しても、勇気を奪うだけ。
 解決法と可能性に集中すべきだ。

★「自分は役立っている」と実感するのに、
 相手から感謝されることや、ほめられることは不要である。
 貢献感は「自己満足」でいいのだ。

★できない自分を責めている限り、
 永遠に幸せにはなれないだろう。
今の自分を認める勇気を持つ者だけが、
本当に強い人間になれるのだ。

★「やる気がなくなった」のではない。
 「やる気をなくす」という決断を自分でしただけだ。
 「変われない」のではない。
 「変わらない」という決断を自分でしているだけだ。

★誰かが始めなければならない。
 他の人が協力的ではないとしても、それはあなたには関係がない。
 私の助言はこうだ。あなたが始めるべきだ。
 他の人が協力的であるかどうかなど考えることなく。

以下、「日本アドラー心理学会」より抜粋。

◆アドラー心理学とは

アドラー心理学は、オーストリアの精神科医であるアルフレッド・アド
ラー (A.Adler)が創始し、その後継者たちが発展させた心理学の理論、
思想と治療技法の体系です。

「理論的な特徴としては」

1.人間を分割できない全体として把握し、理性と感情・意識と無意識
  などの対立を認めないこと(全体論)
2.行動の原因でなく目的を理解しようとすること(目的論)
3.客観事実よりも、客観事実に対する個人の主観的認知のシステムを
  重視すること(仮想論)
4.精神内界よりも個人とその相手役との対人関係を理解しようとする
  こと(社会統合論)

などをあげることができます。

「思想的な特徴としては」

1.他者を支配しないで生きる決心をすること
2.他者に関心を持って相手を援助しようとすること

などがあげられます。

「治療技法としては」

1.現実的に達成可能な治療目標の一致をとること(目標の一致)
2.クライエントの言うことの主として目的について推量をして、それ
  をクライエントに確認をとること(解釈と推量)
3.クライエント自身が自分の責任で解決しなければならない課題と、
  クライエントには責任がなく介入する権利がない課題とを区別する
  こと(課題の分離)
4.目標達成のためのさまざまなアイディアを提供すること(代替案の
  提示)

などがあります。

アドラー心理学は、一般に理解されているように精神分析学の亜流や改
変ではなく、むしろアンチテーゼといえ、さらに社会精神医学・自我心
理学・人間学的心理学などの現代の心理学諸潮流の理論的先駆けである
ともいわれています。

参照元:http://adler.cside.ne.jp/about_adler/index.html

☆—————————————-☆

アルフレッド・アドラー

アルフレッド・アドラー(Alfred Adler、ドイツ語発音: (アルフレー
ト・アードラー)、1870年2月7日 – 1937年5月28日)は、オーストリア
出身の精神科医、心理学者、社会理論家。ジークムント・フロイトおよ
びカール・グスタフ・ユングと並んで現代のパーソナリティ理論や心理
療法を確立した1人。

初期の頃のフロイトとの関わりについて誤解があるが、アドラーはフロ
イトの共同研究者であり、1911年にはフロイトのグループとは完全に決
別し、個人心理学(アドラー心理学)を創始した。

[生涯]

1870年2月7日、ウィーンの郊外ルドルフスハイム(ドイツ語版)で、ハ
ンガリー系ユダヤ人の父とチェコスロヴァキア系ユダヤ人の母との間に
生まれた。アドラーが育った家庭はユダヤ人の中産階級に属していて、
父親は穀物商を営んでおり、母親は夫の仕事を手伝う勤勉な主婦だった
。アドラーは7人兄弟の次男で、上に2歳上の兄がいた。アドラーは、こ
のような大家族の中で育ったことが自身のパーソナリティの成長と、後
に独自の理論を発展させる基盤になったことを認めている。

アドラーは幼い頃に、声帯のけいれんとくる病に苦しんだ。また、3歳下
の弟が生後1年でジフテリアで死んだこと、何よりアドラー自身が4歳頃
に肺炎にかかって危うく死にかけたことが、医師を志す動機となった。

ギムナジウムを経て1888年にウィーン大学の医学部へ入学、1895年に卒
業すると、ユダヤ人が多く中下層階級の人が多く住むウィーン2区レオポ
ルトシュタットで診療所を始めた。

彼の患者は概して裕福ではなく、診療所がプラーター遊園地の近くにあ
ったので、遊園地で働く空中ブランコ乗りなどの軽業師や大道芸人など
、自分の身体能力で生計を立てている人が多かった。その中には、幼い
頃には身体が弱かったのにそれを努力によって克服して逆にその弱かっ
た部分を強くしたり活かしたりしているのも少なからず存在したため、
後に「器官劣等性」と呼ぶことになるアイディアについて考え始める切
っ掛けとなり、これはアドラーが「補償」「過補償」の理論を発展させ
るのに役立った。

また私生活では1897年に、ロシア系ユダヤ人のライザ・ティモフェヤー
ニャ・エプシュタインと結婚した。

1898年、アドラーは最初の著作となる『仕立て業のための健康手帳』を
刊行した。アドラーは、あくまで医学の正しい知識を通じて社会をより
よくしようと考えていたので、当時沸騰していた政治運動とは一線を画
していた。

1902年にジークムント・フロイトから招かれてフロイトの研究グループ
に参加し、これが彼と精神分析との関わりの始まりとなる。

1907年に処女作の『器官劣等性の研究』を上梓、1910年にウィーン精神
分析協会の議長に就任し『精神分析中央雑誌』の編集長を務めた。しか
しこの頃からフロイトと意見を異にすることが多くなり、1911年にアド
ラーは主だった仲間と共に自由精神分析協会を設立(1913年に個人心理
学会へと改称)。

フロイトらの学説とは完全に一線を画し、翌1912年に『神経質について
』を出版した。

第一次世界大戦では1916年から軍医として従軍し、戦争と大勢の負傷者
・とりわけその中でも神経症の患者を大勢観察する中で、アドラーは共
同体感覚こそが何にもまして重要であることを見出し、大戦終了後に共
同体感覚を個人心理学の最新の基礎として語り始める一因となる。

終戦の混乱から新しいオーストリアの建設が目指される中で、アドラー
は生涯でただ1度だけ政治活動に関わることになった。ウィーン1区の労
働者委員に就任して教育改革に従事し、その一環として1922年に児童相
談所を設立している。

1920年代にはアドラーは、教育、医学、心理学、ソーシャル・ワークなど
を含む学際的な努力を通じて、子どもたちの精神的な健康のために革新
的な考えを持つ心理学者として知られるようになっていた。アドラーは
親や教師を含む多くの非専門家の聴衆に対して精神医学や心理学の知識
を伝えていった。アドラーは診療所での診療の他に、児童相談所やフォ
ルクスハイム(ドイツ語版)で講義を行い、1924年にはウィーン教育研
究所治療教育部門の教授に就任した。

アドラーは絶え間ない診療、頻繁なる講演、著作活動、スーパーヴァイ
ズ、そして夜な夜な友人や仲間とカフェで議論をかわしていて、多忙を
極めた。なぜなら、家庭と学校において、子どもの教育についての効果
のある新しい方法が求められていたからである。

アドラーは、仕事のペースを緩めることなく精力的に活動し、その名声
は年々国際的に高まっていった。1926年末に初めてアメリカ合衆国へ数
ヶ月にわたる講演旅行に訪れ、大成功を収める。新聞は個人心理学につ
いて詳細に、そして讃美にあふれた記事を書くまでになっていた。これ
以降、アドラーは1年の半分ずつをヨーロッパ大陸と北米大陸とで過ごし
、カウンセリングと講演で大陸各地を廻る生活が続いた。

アメリカでの活動の拠点は、長らくニュースクール大学での連続講演だ
ったがつまり、ニュースクールでの講演とは別に、医学生に対しても教
育を行うようになったのである。また、教育診療所の評判も上々だった。

世界大恐慌以降のオーストリアでは政治が不安定となり、一方アメリカ
では1932年にロングアイランド医科大学の医学心理学招聘教授に任命さ
れ加えて大学付属の教育診療所の指導も任され、1932年には『人生の意
味の心理学』を刊行した。

1934年にオーストリアでドルフース首相のクーデターによるオーストロ
ファシズム政権が樹立されると、翌1935年に一家でアメリカに移住した。

1937年以降、一家を苦しめ悩ませたのは、長女ヴァレンタイン(ヴァリ
)と音信不通になっていることだった。ヴァリは社会学の博士号を取り
、ジェロ・サスという名前のハンガリー人ジャーナリストと結婚して、
ヒトラーの支配するドイツからストックホルムを経てモスクワへ移って
いた。

しかし、1937年1月半ばから連絡が取れなくなっていた。一家は手を尽く
したが、ヴァリの安否はわからなかった(後年、政治的嫌疑を受けて逮
捕され、シベリアの強制収容所で死亡した事が確認される)。そのよう
な中、ヨーロッパへ講演旅行に出かけた。4月半ばにフランスに着いて、
講演旅行が始まり、ほとんど10週連続でフランス、ベルギー、オランダ
を回り、その後イギリスに渡る計画だった。

イギリスでは次女のアレクサンドラと共同で授業を行う予定だったが、
5月28日にスコットランドのアバディーン大学での連続講義の4日目(最
終日の金曜日)に1人で朝食を済ませた後、ホテルを後にして散歩に出か
けた直後、ユニオン・ストリートの舖道の上で意識を失い昏倒。病院に
搬送される救急車の中で、心臓発作のため死亡した。67歳だった。

遺体はエディンバラ郊外のウォーリストン斎場(英語版)にて火葬され
た。遺骨は長らく不明だったが2007年に同斎場にて骨壷が発見され、20
11年に国際個人心理学会の協議を経てウィーン中央墓地に名誉改葬され
た。<抜粋>

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

アルフレッド・アドラーの本
『嫌われる勇気』(自己啓発の源流「アドラ ー」の教え)岸見一郎、古賀史健著
自己啓発書のベストセラー

☆—————————————-☆

★☆「keiko通信 from NewYork」☆★

「賞味期限」

賞味期限の表記が統一されていないことに気がつきました。

(年、月、日の順番が違っています)

日本は     17.3.20
ベトナムは   07/12/2017
タイは     200917
フランスは   06.21.2017
アメリカは   08/27/17
        12/14/17
        06DEC17
        Best enjoyed by Oct 2017

記載された日までが美味しく食べられる・・・と聞きましたが、賞味期
限を気になさいますか?

日曜日から夏時間に変わったアメリカ合衆国、国際電話を掛けるときは
お気をつけください。
                  Keiko

★ちょっと一言!

※皆さん、お元気ですか?「名言集」の宮口です。

今日の名言集は少し長かったですね^^;
最後までお読みいただき、ありがとうございます♪

最近、夜中に足の攣ることが多くて漢方の68番を飲むことがあります。
左腕の痺れもなかなか良くなりません。一体どうしたのでしょう?
頚椎と腰椎に相当負担がかかっているようです・・・。

★皆さんのメールが何よりの励ましです。
出来る限り、お返事は差し上げますのでお気軽にメールして下さい。
当メルマガで掲載させていただくこともありますが、匿名希望と書いて
いただければ実名を出すことはありません。

まずは自分自身を信じ、愛することから始めよう!

■今号はいかがでしたか?
驚くほど役に立つ「名言集」へのコメントをどうぞ!
⇒ http://clap.mag2.com/sloulaiphu/input

=================================

☆お勧めの「無料レポート」大公開☆

◆先人の知恵に学ぼう!驚くほど役に立つ「名言集」part1◆
※今まで、メルマガでご紹介したvol.創刊号1~vol.50までの「名言」
を素敵な「名言集」に仕上げてレポートにしました。
⇒ http://maxim.no1wizard.com/page-34

=================================

編集後記+++++++++++++++++++++++++++++

世の中には人間の一生をも左右してしまうような、心の底から魂を揺さぶら
れるような素晴らしい金言や格言が数多くあります。
あなたも辛い時や悲しい時、何気ない一言で勇気づけられた経験はないだろ
うか?

仕事をしながらメルマガを発行しようと決意したのは、そういう名言の数々
を一人でも多くの方々に紹介したいと思ったからです。
今までの仕事だけの人生に物足りなさを感じていたということもあります。

「生きることとは自分自身を表現することである!」と言ったのは誰だった
ろう?自分自身を表現することにより、ほんの少しでも周りの人たちを幸せ
にするお手伝いが出来れば望外の幸せです。

+++++++++++++++++++++++++++++++++

ここまでお読み頂きありがとうございます。
皆さまからのご意見・ご感想をお待ちしています。

豊かで、より良き人生を共に歩んで行くことが出来ますように!

=================================
※メルマガ解除はご自身でお願い致します※
★まぐまぐ ≫ http://www.mag2.com/m/0000147942.html
★melma ≫ http://www.melma.com/mag/95/m00131695/
★ミニまぐ ≫ http://www.mag2.com/m/M0038759.html
———————————————————————————-
-先人の知恵に学ぼう!驚くほど役に立つ「名言集」-

■発行者 ≫ 宮口栄治
■連絡先 ≫ lupin2936★yahoo.co.jp (★→@)
■H.P ≫ 先人の知恵に学ぼう!驚くほど役に立つ「名言集」
■H.P ≫ 北海道の魅力
■H.P ≫ 旭川時事英語研究会
●ウェブログ ≫ Miyaguchi Diary
———————————————————————————-

 - アルフレッド・アドラー , , , ,

スポンサードリンク

スポンサードリンク

  関連記事

関連記事はありませんでした