先人の知恵に学ぼう!驚くほど役に立つ「名言集」

驚くほど役に立つ「名言集」では、世界の名言・金言・格言・故事・ことわざをご紹介します。

いずれ自分は死んでしまうってことを思い出すこと・・・ / スティーブ・ジョブズ

      2017/03/10

2017.03.10-Vol.0775
—————————————————————————
■先人の知恵に学ぼう!驚くほど役に立つ「名言集」■
—————————————————————————

ご登録いただき有難うございます。

このメルマガは古今東西、世界の金言・格言・故事・ことわざ・名言・・・
の中から厳選して、毎週一回(金曜日)配信の予定で名言をご紹介します。

古今東西の先人たちのシンプルな言葉の中に隠された奥深い真理を学ぼう!
言葉の魅力とは不思議なものである。

この激動の時代に一瞬立ち止まり、歴史の試練に耐え民衆の支持を受け続け
る先達(せんだつ)の言葉に耳を傾けてみよう。
金言や格言とは凝縮された言葉の中に隠された真理を通して、私たちに気付
きや勇気を与えてくれる。
悲しい時、寂しい時、辛い時、嬉しい時、その一言が私たちを勇気づけてく
れるのだ。

一口豆知識や雑談コーナーもお楽しみに!

=================================
★今日の名言★
=================================

 いずれ自分は死んでしまうってことを思い出すことは、

  自分には何か

   失うものがあると思い込んでしまう罠を避ける最良の方法だ。

 私たちはすでに裸、何にも持っていないのだ。

  だから自分の本懐、本心に従わない理由なんて一切ないよ。

              <スティーブ・ジョブズ>

=================================

◆一口豆知識◆◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇広辞苑より◇◇◇◇

本懐(ほんかい)・・・かねてからの願い。本望。本意。

=================================

※喫煙室(雑談コーナー)

2011年10月5日、アップル社の共同設立者スティーブ・ジョブズは56歳と
いう若さでこの世を去った。

伝説の演説と呼ばれるスタンフォード大卒業式でのスピーチが余りにも
有名だが、ジョブズの言葉には常に死を意識した魂の響きがあるように
思えてならない。

癌の宣告を受け、死期を悟ったジョブズが持てる力の限りを尽くして若
きエリートたちに伝えたかったことが最後の一言に凝縮されている。

「Stay Hungry. Stay Foolish.」

ネットで見つけた以下の訳が適しているように思えるが、自分の捉え方
で結構である。

・hungry:渇望せよ
「現状に満足して歩みを止めるな。より先の未来を渇望し、追い求めよ」

・foolish:常識に牙を抜かれるな
「インテリどもの言う常識に踊らされるな。
それはあなたの牙を抜くための罠だ」

「Steve Jobs’ 2005 Stanford Commencement Address」
⇒ http://english.no1wizard.com/?p=1716

自分の内奥の声に真摯に耳を傾け、種々雑多な雑音に惑わされることな
く、短い生涯の中で彼はある種の悟りのようなものを既に感じていたの
かもしれない。

全ての事象に対して全力で事に当たること!
手を抜かないこと!妥協しないこと!

以下の言葉も有名である。

<17歳のとき、こんな文章を読んだ。『毎日、今日こそが自分の最後の
日だと思うようにすれば、いつの日か、自分が正しかったということを
確信するだろう』この文章は、強烈な印象を私に与えた。
それ以来33年間、私は毎朝、鏡に向かって『もし今日が自分の最後の日
だとすれば、今日しようと思っていることが、本当にしたいことだろう
か?』と自問するようにしている。もしその答えが「ノー」だという日
が何日も何日も続くようであれば、何かを変える必要があると思うわけ
だ。>

以下、Wikipedia 「Think different」より抜粋。

1994年のPBSのドキュメンタリー番組『One More Thing』のインタビュー
で、ジョブズは次のように述べている。

大人になると、この世界とはこういうもので、自分の人生も、その中に
ある人生を生きることだ、と言い聞かされることになりがちだ。壁を叩
くようなことはしすぎるな。良い家庭をもって、楽しみ、少しばかりの
金を貯めよう。

そういうのは、とても制約された人生だ。たったひとつ、単純な事実に
気づけば、人生は可能性がずっと開けたものとなる。それは、自分を取
り囲んでいるすべてのもの、人生と呼んでいるものが、自分より賢いわ
けではない人々が作り出しているということだ。

周りの状況は自分で変えられるし、自分が周りに影響を与えることもで
きるし、自分のものを自分で作ることも、他の人々にもそれを使っても
らうこともできるのだ。

人生だと思っていたことも、突いてみることができ、自分が何かを押し
込むことで、反対側で何かが突き出たりするのだと悟り、人生は変える
ことができると理解すれば、自分で人生を造形していくことができる。

それこそが、おそらく何よりも大切なことなのだ。それこそが、人生は
そこにあり、自分はその中で生きるしかないという誤った考えを揺さぶ
って振り払い、人生を抱きしめ、変化させ、改善し、自分自身の痕跡を
刻み込むということなのだ。

私はこれはとても大切なことだと思うし、どのようにそれを学んだかに
関わらず、それを学んだ者は、このいろいろな意味で厄介なことがらを
抱え込んだこの人生を変化させ、より良いものにしようと望むことにな
るのだと思っている。

一度このことを学べば、それまでのままではいられないのだ。

⇒ https://ja.wikipedia.org/wiki/Think_different

         ☆—————————————-☆

スティーブ・ジョブズ

スティーブン・ポール・“スティーブ”・ジョブズ(Steven Paul “S
teve” Jobs、1955年2月24日 – 2011年10月5日)は、アメリカ合衆国の
実業家、資産家。アップル社の共同設立者の一人。アメリカ国家技術
賞を受賞している。

ファミリーネームを「ジョブス」と表記することもあるが、アップル
ジャパンの公式ウェブサイトでは「ジョブズ」と表記している。

[略歴]

1976年、スティーブ・ウォズニアックと共に初期のホームコンピュー
タ「Apple I」、その後「Apple II」を開発した。Apple IIは大成功を
収め、自宅からスタートしたアップル社は、シリコンバレーを代表す
る企業としてサクセスストーリーを築いた。1980年の株式公開時に2億
ドルもの巨額を手中にし、25歳でフォーブスの長者番付、27歳でタイ
ムの表紙を飾った。

1984年に発売した「Macintosh」が搭載したグラフィカルユーザインタ
ーフェースは当時のあらゆるパソコンを凌駕する洗練されたもので、
新たなコンピュータ像を創造した。しかし、本人の立ち居振舞いが社
内を混乱させたとして、1985年にアップルから追放された。

アップル退職後、ルーカスフィルムのコンピュータ・アニメーション
部門を買収して、ピクサー・アニメーション・スタジオを設立。また
、自ら創立したNeXT Computerで、NeXTワークステーション(NeXTcub
eとNeXTstation)とオペレーティングシステム (OS) NEXTSTEPを開発
した。

1996年、業績不振に陥っていたアップル社にNeXTを売却すると同時に
復帰、1997年には、暫定CEOとなる。同年には、不倶戴天のライバルと
さえされていたマイクロソフトとの提携と、同社からの支援を得るこ
とに成功し、また社内ではリストラを進めてアップル社の業績を回復
させた。

WWDC07でのスティーブ・ジョブズ

2000年、正式にCEOに就任。2001年から2003年にかけてMacintoshのOS
をNeXTの技術を基盤としたMac OS Xへと切り替える。その後はiPod・
iPhone・iPadといった一連の製品群を軸に、アップル社の業務範囲を
従来のパソコンからデジタル家電とメディア配信事業へと拡大させた。

暫定CEOに就任して以来、基本給与として、年1ドルしか受け取ってい
なかったことで有名であり(実質的には無給与であるが、この1ドルと
いう額は居住地の州法により、社会保障を受けるために給与証明が必
要なことによる)、このため「世界で最も給与の安い最高経営責任者
」とも呼ばれた。

2006年に、ピクサーをディズニーが買収したことにより、ディズニー
の個人筆頭株主となり、同社の役員に就任したが、ディズニーからの
役員報酬は辞退していた。

2011年10月5日、アップルはジョブズが死去したと発表した。別の報道
では死因は膵癌に伴う呼吸停止と報道している。享年56歳。

2012年2月11日、第54回グラミー賞で、特別功労賞の一つ「トラスティ
ーズ賞」が授与された。

        フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

スティーブ・ジョブズの本
自己啓発書のベストセラー

         ☆—————————————-☆

★☆「keiko通信 from NewYork」☆★

「鼓童」

ブルックリン・アカデミー・オブ・ミュージック(オペラハウス内)で
日本の太鼓芸能集団「鼓童」の35周年記念公演「DADAN(打男)2017」
が4日間開催されました。

アナウンスもなく突然静かに始まった太鼓の音は次第に大きく、身体
にドンドンと響きます。

小さい物から直径1メートル以上もある太鼓。

途中から上半身裸の若い男性たちのパフォーマンスに観客は立ち上が
り拍手、ヒュー・ヒューと口笛で湧き上がる会場。

観客のおよそ80%がアメリカ人でした。

2012年から坂東玉三郎さんが芸術監督を務めていらっしゃいます。

                    Keiko

★ちょっと一言!

※皆さん、お元気ですか?「名言集」の宮口です。

昨日の朝5時頃、玄関先にキタキツネが朝の挨拶に来てくれました。
雪の降る中、間近でジーッとこちらを見ているのです。
早速、スマホに撮っておきました♪

★皆さんのメールが何よりの励ましです。
出来る限り、お返事は差し上げますのでお気軽にメールして下さい。
当メルマガで掲載させていただくこともありますが、匿名希望と書いて
いただければ実名を出すことはありません。

まずは自分自身を信じ、愛することから始めよう!

■今号はいかがでしたか?
驚くほど役に立つ「名言集」へのコメントをどうぞ!
⇒ http://clap.mag2.com/sloulaiphu/input

=================================

☆お勧めの「無料レポート」大公開☆

◆先人の知恵に学ぼう!驚くほど役に立つ「名言集」part1◆
※今まで、メルマガでご紹介したvol.創刊号1~vol.50までの「名言」
を素敵な「名言集」に仕上げてレポートにしました。
⇒ http://maxim.no1wizard.com/page-34

=================================

編集後記+++++++++++++++++++++++++++++

世の中には人間の一生をも左右してしまうような、心の底から魂を揺さぶら
れるような素晴らしい金言や格言が数多くあります。
あなたも辛い時や悲しい時、何気ない一言で勇気づけられた経験はないだろ
うか?

仕事をしながらメルマガを発行しようと決意したのは、そういう名言の数々
を一人でも多くの方々に紹介したいと思ったからです。
今までの仕事だけの人生に物足りなさを感じていたということもあります。

「生きることとは自分自身を表現することである!」と言ったのは誰だった
ろう?自分自身を表現することにより、ほんの少しでも周りの人たちを幸せ
にするお手伝いが出来れば望外の幸せです。

+++++++++++++++++++++++++++++++++

ここまでお読み頂きありがとうございます。
皆さまからのご意見・ご感想をお待ちしています。

豊かで、より良き人生を共に歩んで行くことが出来ますように!

=================================
※メルマガ解除はご自身でお願い致します※
★まぐまぐ ≫ http://www.mag2.com/m/0000147942.html
★melma ≫ http://www.melma.com/mag/95/m00131695/
★ミニまぐ ≫ http://www.mag2.com/m/M0038759.html
———————————————————————————-
-先人の知恵に学ぼう!驚くほど役に立つ「名言集」-

■発行者 ≫ 宮口栄治
■連絡先 ≫ lupin2936★yahoo.co.jp (★→@)
■H.P ≫ 先人の知恵に学ぼう!驚くほど役に立つ「名言集」
■H.P ≫ 北海道の魅力
■H.P ≫ 旭川時事英語研究会
●ウェブログ ≫ Miyaguchi Diary
———————————————————————————-

 - スティーブ・ジョブズ, 外国人の名言 , , , ,

スポンサードリンク

スポンサードリンク

  関連記事