先人の知恵に学ぼう!驚くほど役に立つ「名言集」

驚くほど役に立つ「名言集」では、世界の名言・金言・格言・故事・ことわざをご紹介します。

すべての人間は平等で独立しており・・・ / ジョン・ロック

      2017/02/10

2017.02.10-Vol.0771
—————————————————————————
■先人の知恵に学ぼう!驚くほど役に立つ「名言集」■
—————————————————————————

★今日の名言★
=================================

 すべての人間は平等で独立しており、

  何人も他人の生命、健康、自由、

   あるいは財産を侵害すべきではない。

              <ジョン・ロック>

 All mankind… being all equal and independent,
 no one ought to harm another in his life, health,
 liberty or possessions.

=================================

◆一口豆知識◆◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇広辞苑より◇◇◇◇

侵害(しんがい)・・・他人の権利や利益をおかし、損害を与えること。

=================================

※喫煙室(雑談コーナー)

これほど分裂したアメリカを見たことがない。
これほど世界中を混乱に陥れ物議をかもしている大統領が今までいただ
ろうか?独裁国家ではないのだ。

第45代アメリカ合衆国大統領ドナルド・ジョン・トランプ氏は「米国第
一主義」を掲げ、矢継ぎ早に公約を実行に移している。

「メキシコに壁を作る」「TPPを脱退する」「移民は受け入れない」など
、グローバル社会を築き上げる為に英知を絞り妥協を積み重ね積み上げ
てきた実績を「大統領令」という伝家の宝刀を繰り出していとも簡単に
反故にしてしまう。

自分の意に反する人物に対しては、口汚く相手をののしり罵倒する等々
、大統領としての知性や品位の欠片も感じない。

不思議なのは、アメリカ国民の半数近くがトランプ氏を支持しているこ
とである。米国民の本音を代弁しているとは思えないのだが・・・。

「今日の名言」は、17世紀の哲学者ジョン・ロックの名言である。

1776年7月4日大陸会議によって採択された「アメリカ独立宣言」は、イ
ギリスによって統治されていた13の植民地が独立したことを宣言する文
書である。

トーマス・ジェファーソンの起草した「独立宣言」は、自然権と個人の
自由という理念を重視したジョン・ロックらの影響を強く受けたもので
ある。

「アメリカンセンターJAPAN」アメリカ国務省
https://americancenterjapan.com/aboutusa/translations/2547/

「独立宣言」前文より主な部分を抜粋。

「われわれは、以下の事実を自明のことと信じる。すなわち、すべての
人間は生まれながらにして平等であり、その創造主によって、生命、自
由、および幸福の追求を含む不可侵の権利を与えられているということ。

こうした権利を確保するために、人々の間に政府が樹立され、政府は統
治される者の合意に基づいて正当な権力を得る。そして、いかなる形態
の政府であれ、政府がこれらの目的に反するようになったときには、人
民には政府を改造または廃止し、新たな政府を樹立し、人民の安全と幸
福をもたらす可能性が最も高いと思われる原理をその基盤とし、人民の
安全と幸福をもたらす可能性が最も高いと思われる形の権力を組織する
権利を有するということ、である。」

「The Declaration of Independence」

We hold these truths to be self-evident,
that all men are created equal,
that they are endowed by their Creator
with certain unalienable Rights,
that among these are Life,
Liberty and the pursuit of Happiness.

–That to secure these rights,
Governments are instituted among Men,
deriving their just powers from the consent of the governed,

–That whenever any Form of Government
becomes destructive of these ends,
it is the Right of the People to alter or to abolish it,
and to institute new Government,
laying its foundation on such principles
and organizing its powers in such form,
as to them shall seem most likely to effect
their Safety and Happiness.

         ☆—————————————-☆

ジョン・ロック

ジョン・ロック(John Locke、1632年8月29日 – 1704年10月28日)は、
イギリスの哲学者。哲学者としては、イギリス経験論の父と呼ばれ、主
著『人間悟性論』(『人間知性論』)において経験論的認識論を体系化
した。

また、政治哲学者としての側面も非常に有名である。『統治二論』など
における彼の自由主義的な政治思想は名誉革命を理論的に正当化するも
のとなり、その中で示された社会契約や抵抗権についての考えはアメリ
カ独立宣言、フランス人権宣言に大きな影響を与えた。

[概要]

ロックの著作の大部分は1687年から1693年の間に刊行されているが、明
晰と精密、率直と的確がその特徴とされており、哲学においては、イギ
リス経験論の父であるだけでなく、政治学、法学においても、自然権論
、社会契約の形成に、経済学においても、古典派経済学の形成に多大な
影響力を与えた。

[生涯]

1632年8月29日、サマセット州のリントンに生まれる。父はピューリタン
革命期の議会軍の騎兵隊長であった。1646年にウェストミンスター校、
1652年にオックスフォード大学のクライスト・チャーチに入学し、哲学
と医学を修めた。

1658年にはオックスフォード大学特別研究員となり、1660年には同大ギ
リシア語講師、1662年には同大修辞学講師をつとめた。同年には、チャ
ールズ2世とともにスチュアート朝が復活した。1664年『自然法論』を出
版。

1665年には外交官の秘書としてブランデンブルク選帝侯のいるクレーヴ
ェに派遣された。

1666年にはオックスフォードにやってきたホイッグ党の領袖であるシャ
フツベリ伯爵アントニー・アシュリー=クーパーと知り合い、ロックの
思想を気に入ったシャフツベリに以後愛顧を受けるようになった。

1667年シャフツベリ伯の私設秘書官、主治医となる。同年にはオックス
フォードを離れてロンドンに移住し、以後はシャフツベリ伯のブレーン
として利子率論争で自由放任を主張したり、王権に対する政治・信教の
自由を論じたりした。

1668年に『解剖学』、1669年『医術について』を執筆した。

1673年には通商植民地委員会の主事に就任し翌年までつとめるが、1673
年シャフツベリは下野した。1675年にはフランスに旅行し、パリやモン
ペリエに滞在している。

1680年ごろ、トーリー党の精神的支柱となるロバート・フィルマーの「
家父長論」が出版され、これに対する反論として「統治二論」を執筆す
る。

1682年にシャフツベリが反逆罪に問われオランダに亡命したときはロッ
クはイギリスにとどまったものの、王からの迫害を恐れ、翌1683年には
シャフツベリのいるオランダに亡命した。同年シャフツベリは死去した
ものの、ロックはユトレヒト、アムステルダム、ロッテルダムと転居し
ながら1689年まで亡命生活を続けた。

名誉革命が1688年に起きると翌1689年に帰国し、以後執筆活動を盛んに
おこなった。ロックの代表作である『統治二論』(『市民政府二論』)
および「人間悟性論」、さらには「A letter concerning toleration 寛
容に関する書簡」は、帰国したその年、1689年に出版されたものである
。特に統治二論は名誉革命後のイギリスの体制の理論的な支柱となった。

1693年には「教育論」を出版している。1696年には通商植民地委員会の
委員となり、1700年までその職にあった。1704年10月28日にエセックス
州のオーツにて死去した。

彼の哲学は以後のホイッグの精神的支柱となり、18世紀前半のホイッグ
長期政権を支えた。<抜粋>

        フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ジョン・ロックの本
自己啓発書のベストセラー

         ☆—————————————-☆

★☆「keiko通信 from NewYork」☆★

「国内切手値上がり」

先月末から国内通常切手が47セントから49セントに値上がりしました。

額面は書いていないフォーエバー・スタンプを購入していればそのまま
使用できます。

値上げ理由は、配達トラック燃料費、賃金、建物の管理費などとしてい
ますがオンラインで支払いが多くなり、支払を小切手で郵送する人が少
なくなった為と思われます、

ここ数年郵便局閉鎖が叫ばれていました。

Priority Mailで日本へ書類を送った私は普通便より早いはずが2週間も
かかり$50.00の金額は何処に使われたのかと疑問に感じています。

                      Keiko

★ちょっと一言!

※皆さん、お元気ですか?「名言集」の宮口です。

5月に買ったばかりのホンダのシャトル、助手席ドアに早くも小さな凹み
が・・・。誰かがドアを開ける時にでもぶつけたのでしょうか?

旭川の冬の一大イベント、「旭川冬まつり」が2月の7日から12日の日程
で開催されています。皆さんも一度いらしてくださいね♪

★皆さんのメールが何よりの励ましです。
出来る限り、お返事は差し上げますのでお気軽にメールして下さい。
当メルマガで掲載させていただくこともありますが、匿名希望と書いて
いただければ実名を出すことはありません。

まずは自分自身を信じ、愛することから始めよう!

■今号はいかがでしたか?
驚くほど役に立つ「名言集」へのコメントをどうぞ!
⇒ http://clap.mag2.com/sloulaiphu/input

=================================

☆お勧めの「無料レポート」大公開☆

◆先人の知恵に学ぼう!驚くほど役に立つ「名言集」part1◆
※今まで、メルマガでご紹介したvol.創刊号1~vol.50までの「名言」
を素敵な「名言集」に仕上げてレポートにしました。
⇒ http://maxim.no1wizard.com/page-34

=================================

編集後記+++++++++++++++++++++++++++++

世の中には人間の一生をも左右してしまうような、心の底から魂を揺さぶら
れるような素晴らしい金言や格言が数多くあります。
あなたも辛い時や悲しい時、何気ない一言で勇気づけられた経験はないだろ
うか?

仕事をしながらメルマガを発行しようと決意したのは、そういう名言の数々
を一人でも多くの方々に紹介したいと思ったからです。
今までの仕事だけの人生に物足りなさを感じていたということもあります。

「生きることとは自分自身を表現することである!」と言ったのは誰だった
ろう?自分自身を表現することにより、ほんの少しでも周りの人たちを幸せ
にするお手伝いが出来れば望外の幸せです。

+++++++++++++++++++++++++++++++++

ここまでお読み頂きありがとうございます。
皆さまからのご意見・ご感想をお待ちしています。

豊かで、より良き人生を共に歩んで行くことが出来ますように!

=================================
※メルマガ解除はご自身でお願い致します※
★まぐまぐ ≫ http://www.mag2.com/m/0000147942.html
★melma ≫ http://www.melma.com/mag/95/m00131695/
★ミニまぐ ≫ http://www.mag2.com/m/M0038759.html
———————————————————————————-
-先人の知恵に学ぼう!驚くほど役に立つ「名言集」-

■発行者 ≫ 宮口栄治
■連絡先 ≫ lupin2936★yahoo.co.jp (★→@)
■H.P ≫ 先人の知恵に学ぼう!驚くほど役に立つ「名言集」
■H.P ≫ 北海道の魅力
■H.P ≫ 旭川時事英語研究会
●ウェブログ ≫ Miyaguchi Diary
———————————————————————————-

 - ジョン・ロック , , , , ,

スポンサードリンク

スポンサードリンク

  関連記事

関連記事はありませんでした