先人の知恵に学ぼう!驚くほど役に立つ「名言集」

驚くほど役に立つ「名言集」では、世界の名言・金言・格言・故事・ことわざをご紹介します。

愛国心のために戦うという考え方は、国家成立以前の集団の考え方と根底から異なる・・・ / ジャレド・ダイアモンド

   

2016.04.01-Vol.0726
—————————————————————–
■先人の知恵に学ぼう!驚くほど役に立つ「名言集」■
—————————————————————–
★今日の名言★
=================================

 愛国心のために戦うという考え方は、

  国家成立以前の集団の考え方と根底から異なる。

 われわれがこのことに理解がおよばないのは、

  学校や教会や政府によって、

   愛国心の偉大さを頭にたたき込まれているからである。

              <ジャレド・ダイアモンド>

Jared_diamond

=================================

◆一口豆知識◆◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇広辞苑より◇◇◇◇

根底(こんてい)・・・物事や考え方のおおもと。根本。

=================================

※喫煙室(雑談コーナー)

世界的なベストセラー作家であり、進化生物学者・生物学者・生物地理
学者、そしてカリフォルニア大学の社会学部地理学科の教授でもあるア
メリカのジャレド・ダイアモンド氏の講演が2013年2月に日本科学未来館
で開かれた。

著書「銃・病原菌・鉄」が有名だが、幸運にも来日時の講演録全文を読
む機会に恵まれた。

異端とも思える独自の視点から文明の進化を説き起こし、示唆に富んだ
興味深い内容の講演である。

高齢者の問題を伝統的社会と現代社会の比較から取り上げ、現在の私達
の生き方に一石を投じ今後の糧にしようとする試みである。

講演の最後に、ダイアモンド氏に5つの質問が用意されていた。

非常に興味を引いた部分があるので抜粋させていただく。

質問1:「生物全体の中で人間はどのような存在でしょうか?」

ダイアモンド氏:「また、進化論や遺伝学で分かったことですが、99%
の遺伝子はチンパンジーのものと一緒です。われわれの遺伝子の中のど
こか1%だけが違って、だから私たちは言語を話せて、博物館のような会
場の中でこうして講演を聞くことができるわけです。そして、何か1%が
違ったために、チンパンジーには言語がなくて、動物園にいて、そして
匿われたような状態にいるのです。」

質問2:「地球と人間はどのように影響し合う存在でしょうか?」

ダイアモンド氏:「率直に思うのは、人間はほとんどの自然の資源を使
っているということです。他の動物ではなく、この人間たちが使ってい
るのです。太陽光線が地球に注ぎ、それを使って光合成が行われて、草
木が育ちます。実は太陽エネルギーの80%は人間が使っているのです。野
菜を栽培をしたり米を作ったり、あるいは草を栽培したり森林の再生育
成などにも使われています。しかし、残りは人間が使っているわけでは
ありません。光線が注がれても、使われていないものがあるのです。残
りの20%は、その他の動物や魚、カエルなどが使っています。」

質問3:「変化し続ける地球環境の歴史の中で、いま私たちはどのような
状況に置かれているのでしょうか?」

「いま、私たちは地球の歴史上で、非常に特別な時代にいると思います
。過去には、もっと人口が増えたとしても、それを賄うだけの消費を許
容する余地があったのですが、もうすでに太陽光の80%のエネルギーを使
ってしまっています。持続可能かと言えば、そうではありません。
すでに森林、魚、土壌、淡水などのいろいろな資源をすべて、どんどん
利用してしまっているわけです。」

質問4:「この先、人間が活動を続けていくために、私たちはどうあるべ
きでしょうか?」

「どのようにすれば私たちは持続可能になれるのか。日本を例に取って
、お話ししましょう。1600年代の、徳川将軍の江戸時代です。このとき
の日本は鎖国政策をしていて、自給自足の生活を営み、木材は輸入して
いませんでした。しかし、城を作るためには多くの材木の消費をしまし
たし、家は木造だったので江戸では火事が多く、焼失した家の再建には
さらにたくさんの材木を消費しました。近場の森林が伐採されつくした
後、徳川の将軍たちは、城や町を作りつづるけるために本州をさらに北
上して森林を伐採しなければならなかったのです。

 しかしそれは問題だとわかり、彼らは持続可能性のあるやり方で対応
したのです。彼らは、2つのやり方で木の消費量を減らしました。まず
、ある種類の木はある目的のために使うものだと決めました。さらに、
科学的な森林学の専門知識を使って、森林の再生もしました。1600年か
ら1700年の日本の森林について書かれた書物を読んだ方はいらっしゃい
ますか? 森林伐採の詳細な手引きについて書かれた書物があるのです
。例えば、幹の太さが何センチだったならば何年物の木だから伐採して
もよいと書かれています。そうして森林の再生をして、1855年になって
鎖国をやめた後には材木も輸入をするようになったのです。」

質問5:「科学、そして科学技術はどのような役割を果たすべきでしょう
か」

「一例を挙げましょう。まるでジョークみたいと思われるかもしれませ
んが、本当の話です。私の学生時代の家庭教師は、1909年から1910年あ
たりに初めて自動車がアメリカに紹介されたとき、何を思ったか。この
技術がすべての問題を解決すると思ったのです。「この自動車は素晴ら
しい」と。「自動車があることによって、馬が街からいなくなる。馬車
は騒々しく汚いが、自動車があれば街が静かになってきれいになる」と
思ったそうです。じゃあ、いまから私が外に出てみましょうか――びっ
くりするほどの、思ってもいなかった悪影響が存在しているわけです。
自動車が導入されたことで、マイナス面ももたらされたわけです。

 私たちがいま知りたいと考えている、持続可能な社会の作り方は、実
は現時点ですべてわかっているわけです。江戸時代からもうわかってい
ます。したがって、新しい技術を開発するのではなく、1600年から江戸
幕府がしていたことをすればいいのです。江戸幕府は、持続的な社会を
「政治的に」作ろうと思ったわけです。でも現在、ヨーロッパもオース
トラリアも日本も米国も、その政治的な決断ができていないのが問題な
のです。技術はあるのですから、むしろ政治的な決断をしてもらうのが
大事なのではないでしょうか。」

       ☆——————————☆

ジャレド・ダイアモンド

ジャレド・メイスン・ダイアモンド(Jared Mason Diamond, 1937年9月
10日 – )は、アメリカ合衆国の進化生物学者、生理学者、生物地理学者
、ノンフィクション作家。現在、カリフォルニア大学ロサンゼルス校
(UCLA)社会科学部地理学科の教授。

[経歴]

1937年、ボストンでベッサラビア出身のユダヤ系の両親の間に生まれる
。1958年にハーバード大学で生物学の学士号を取得後、1961年にケンブ
リッジ大学で生理学の博士号を取得した。

その後、生理学者として分子生理学の研究を続けながら、平行して進化
生物学・生物地理学の研究も進め、特に鳥類に興味を持ち、ニューギニ
アなどでのフィールドワークを行なった。

そこでニューギニアの人々との交流から人類の発展について興味を持ち
、その研究の成果の一部が『銃・病原菌・鉄』として結実した。

近著として、マヤ文明など、文明が消滅した原因を考察し、未来への警
鐘を鳴らした『文明崩壊』がある。福島原発事故後の2012年1月の朝日新
聞のインタビュー記事で、「温暖化のほうが深刻、原発を手放すな」と
主張し、原発肯定の姿勢を取った。

[『銃・病原菌・鉄』]

ジャレド・ダイアモンドの名を一躍有名にしたのが、一般向けの書籍『
銃・病原菌・鉄』である。この著作は、あるニューギニア人との対話か
ら起こった「なぜヨーロッパ人がニューギニア人を征服し、ニューギニ
ア人がヨーロッパ人を征服することにならなかったのか?」という疑問に
対し、一つの答えとして書かれたという。

ダイアモンドは、これに対して「単なる地理的な要因」(例えば、ユー
ラシア大陸の文明がアメリカ大陸の文明よりも高くなったのは大陸が東
西に広がっていたためだから等)という仮説を提示し、「ヨーロッパ人
が優秀だったから」という根強い人種差別的な偏見に対して反論を投げ
かけ、大きな反響を呼んだ。この著作は各国語に翻訳され、世界的なベ
ストセラーとなった。

        フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ジャレド・ダイアモンドの本
自己啓発書のベストセラー

        ——————————

★☆「keiko通信 from NewYork」☆★

「New York International Auto Show」

1900年に始まり今年で116回目を迎えた「ニューヨーク国際オートショー
」は、4月3日までジャビッツ・コンベンション・センターで開催中。

37ブランドが参加。約1000台の自動車、トラックがディスプレーされて
日本からはトヨタ、ホンダ、マツダ、スバル、日産の車です。

日産のリーフが2011年にWorld Car Awardsを受賞していますね。

会場にはスナックが用意されていてファミリーで楽しむことが出来ます。

運転、乗せてもらったことも含めて私はTOYOTAの車が快適だと感じてい
ます。
                      Keiko

★ちょっと一言!

※皆さん、お元気ですか?

ホンダのシャトル、届くのが5月末だそうです。人気車なので順番待ちと
いうところでしょうか?源太は怒ってます!

ところで、希望ナンバーは人気順に1位-1、2位-1122、3位-8888、4位-3
、5位-88と続くそうです。

源太は我が家の愛犬です。

★皆さんのメールが何よりの励ましです。
出来る限り、お返事は差し上げますのでお気軽にメールして下さい。
当メルマガで掲載させていただくこともありますが、匿名希望と書いて
いただければ実名を出すことはありません。

まずは自分自身を信じ、愛することから始めよう!

■今号はいかがでしたか?
面白かった、役に立ったと思った方は是非ワンクリックをお願いします!
⇒ http://clap.mag2.com/sloulaiphu

=================================

☆お勧めの「無料レポート」大公開☆

◆先人の知恵に学ぼう!驚くほど役に立つ「名言集」part1◆
※今まで、メルマガでご紹介したvol.創刊号1~vol.50までの「名言」
を素敵な「名言集」に仕上げてレポートにしました。
⇒ http://maxim.no1wizard.com/page-34

=================================

編集後記+++++++++++++++++++++++++++++

世の中には人間の一生をも左右してしまうような、心の底から魂を揺さぶら
れるような素晴らしい金言や格言が数多くあります。
あなたも辛い時や悲しい時、何気ない一言で勇気づけられた経験はないだろ
うか?

仕事をしながらメルマガを発行しようと決意したのは、そういう名言の数々
を一人でも多くの方々に紹介したいと思ったからです。
今までの仕事だけの人生に物足りなさを感じていたということもあります。

「生きることとは自分自身を表現することである!」と言ったのは誰だった
ろう?自分自身を表現することにより、ほんの少しでも周りの人たちを幸せ
にするお手伝いが出来れば望外の幸せです。

+++++++++++++++++++++++++++++++++

ここまでお読み頂きありがとうございます。
皆さまからのご意見・ご感想をお待ちしています。

豊かで、より良き人生を共に歩んで行くことが出来ますように!

=================================
※メルマガ解除はご自身でお願い致します※
★まぐまぐ ≫ http://www.mag2.com/m/0000147942.html
★melma ≫ http://www.melma.com/mag/95/m00131695/
★ミニまぐ ≫ http://mini.mag2.com/pc/m/M0038759.html
———————————————————
-先人の知恵に学ぼう!驚くほど役に立つ「名言集」-

■発行者 ≫ 宮口栄治
■連絡先 ≫ lupin2936★yahoo.co.jp (★→@)
■H.P ≫ 先人の知恵に学ぼう!驚くほど役に立つ「名言集」
■H.P ≫ 北海道の魅力
■H.P ≫ 旭川時事英語研究会
●ウェブログ ≫ Miyaguchi Diary
———————————————————

 - ジャレド・ダイアモンド, 外国人の名言 ,

スポンサードリンク

スポンサードリンク

  関連記事

貴方が持ち合わせた力に余る強さなど、人生は要求しない / ダグ・ハマーショルド

2014.03.28-Vol.0621 ——&#8212 …

人生は、できることに集中することであり・・・ / スティーブン・ホーキング

2018.03.30-Vol.0831 ——&#8212 …

あなた方の時間は限られています。だから、本意でない人生を生きて時間を無駄にしないでください・・・ / スティーブ・ジョブズ

2015.07.10-Vol.0688 ——&#8212 …

善人とは、自己の良心の命に従う人であるが・・・ / ガンジー

2017.05.19-Vol.0785 ——&#8212 …

どんな困難な状況にあっても、解決策は必ずある・・・ / ミゲル・デ・セルバンテス

2016.09.30-Vol.0752 ——&#8212 …

充実した一日が幸せな眠りをもたらすように / レオナルド・ダ・ヴィンチ

2013.07.26-Vol.0585 ——&#8212 …

失ったものを数えるな。残されたものを最大限に生かせ / ルートヴィヒ・グットマン

2014.03.14-Vol.0619 ——&#8212 …

すべての人間は平等で独立しており・・・ / ジョン・ロック

2017.02.10-Vol.0771 ——&#8212 …

彼が自分自身や自分のプレーに本当に自信を持っているか・・・ / マイケル・チャン

2015.01.16-Vol.0663 ——&#8212 …

もし我々が、軽蔑する人々にとっての表現の自由を信じていないなら・・・ / ノーム・チョムスキー

2016.03.04-Vol.0722 ——&#8212 …