先人の知恵に学ぼう!驚くほど役に立つ「名言集」

驚くほど役に立つ「名言集」では、世界の名言・金言・格言・故事・ことわざをご紹介します。

人間は年を取るほど出来ない理由を並べます・・・ / 三浦雄一郎

      2016/04/01

2016.02.26-Vol.0721
—————————————————————–
■先人の知恵に学ぼう!驚くほど役に立つ「名言集」■
—————————————————————–
★今日の名言★
=================================

 人間は年を取るほど

  できない理由を並べます。

   しかし、最後の最後まで

    諦めなければいくつになっても夢は叶う。

              <三浦雄一郎>

U.miura

=================================

◆一口豆知識◆◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇広辞苑より◇◇◇◇

破天荒(はてんこう)・・・

(「天荒」は天地未開の時の混沌たるさまで、これを破りひらく意)今ま
で誰もしなかったことをすること。未曾有。前代未聞。

=================================

※喫煙室(雑談コーナー)

2013年5月23日、80歳のご高齢になられる冒険家の三浦雄一郎氏が世界最
高峰エベレストの登頂に成功し記録を塗り替えたことは記憶に新しい。

記録を辿ってみると、このご老人の歩んできた道のりは私たちの度肝を
抜く破天荒な型破りの人生だったことが分かる。

詳しくは下段のWikipediaからの抜粋をご覧いただきたいが、怪我や病気
など数々の困難を乗り越えて世界記録を打ち立てた三浦雄一郎氏の言葉
には非常に多くの教訓を含んでいるように思われる。

私達の会話の中でも、「出来ない理由」ばかり並べたてて自分の行動を
正当化しようとする人が見受けられるが、後ろ向きの考え方や否定的な
意見は人を不快にさせるだけではなく自分自身と周囲への悪影響を考え
てもらいたいものである。

登頂に成功した三浦氏は、「80歳でもまだまだいける」とコメントしたそ
うである。

幾つになっても決して諦めなければ夢は必ず叶うものだと断言する三浦
氏の積極的・肯定的人生の歩みに拍手喝采を送るとともに益々お元気で
ご活躍されることを期待したいものである。

       ☆——————————☆

三浦雄一郎

三浦 雄一郎(みうら ゆういちろう、1932年10月12日 – )は、青森県青
森市生まれのプロスキーヤー及び登山家である。クラーク記念国際高等
学校校長、全国森林レクリエーション協会会長、札幌市手稲区親善大使。

父の三浦敬三も山岳スキーヤーで、長男の三浦雄大は競技スキーヤー、
二男の三浦豪太はリレハンメルオリンピック・長野オリンピック出場し
たフリースタイルスキー・モーグル選手、長女の三浦恵美里はクラーク
記念国際高等学校・横浜青葉キャンパス校長、ミウラ・ドルフィンズ代
表取締役も兼務。母方の祖父は、第15回衆議院議員総選挙青森県第5区
選出議員の小泉辰之助。

[略歴]

幼少期は病弱で劣等生、幼稚園は中退、小学校4年生から5年生時には結
核で肋膜炎を患い長期入院のため一年の半分近くは学校に通えなかった
ほどだったという。農林省(現・農林水産省)営林局に勤めていた父の
仕事の都合で小学校は5回転校、旧制中学校は先述の健康問題が理由で1
度旧制黒沢尻中学校(現・岩手県立黒沢尻北高等学校)への入試に失敗
し小学生浪人、入学後も4回転校を繰り返した。

初めてスキーに接したのは小学校2年時、当時住んでいた弘前市の弘前城
公園の坂をスキーで滑ったのがきっかけで、その後一家で仙台市郊外の
農場に引っ越した際に本格的にスキーを始め、旧制青森中学校在学時に
岩木山で開かれたスキー大会で優勝し初タイトルを獲得する。青森県立
弘前高等学校在学時に、全日本スキー選手権大会の滑降競技で入賞、青
森県高等学校スキー大会で3年連続個人優勝するなどの実績を重ねた。

また同時期、スキージャンプを借り物のスキーで初めて飛んだにもかか
わらず、県の二位に入ったこともある。

大学進学において、スキーが出来るからという理由で北海道大学を受験
先に選び、入学試験直前にもかかわらず「もう来れないかもしれない」
と考え藻岩山でスキー三昧だったものの合格し、獣医学部に進学、北海
道大学では一般教養部で当時理学部に在籍していた作家の渡辺淳一と同
期だったがのちに、渡辺は札幌医科大学に転校した。

在学中に当時の学長秘書、かつアルペンスキーの女子選手だった妻・朋
子と出会い同棲の後結婚、大学院進学、そしてアメリカ留学を希望して
いたものの、肺の病気を患い、暫く母校の北大獣医学部に助手として勤
務、札幌市月寒(現・札幌市豊平区月寒)にあった当時の北大農事試験
場でブタやウシをあつかう獣医師をしていたが、26歳で助手の職を辞任
、スキーに挑戦するも、優勝した全日本スキー選手権青森県予選閉会式
で、全日本選手権への青森県からの派遣人数をめぐりスキー連盟関係者
と対立、結局アマチュア資格を剥奪され、アマチュアスキー界永久追放
の憂き目に遭う。

アマチュア資格剥奪後暫く、体力を鍛え直す意味も込めて、北アルプス
の立山でボッカとして働いていた。

1960年代始め頃からスキー学校を開設し、1962年、アメリカ合衆国でス
タートしたばかりの世界プロスキー選手権に参加、トニー・ザイラーら
冬季オリンピックの元メダリストも名を連ねる大会で世界ランク8位とな
るなど、 プロスキーヤーとして活躍、1964年7月イタリアで開催された
キロメーターランセに日本人で初めて参加、時速172.084キロの当時世界
新記録を樹立(なお、この前後に3度転倒し、「世界で最も速い速度で転
倒して無傷で生還する」という珍記録も樹立している)。なおこれに先
立ち、防衛庁(現・防衛省)航空研究所の風洞実験室を使用し、空気抵
抗の少ないスキーウェア開発も試みている。

1966年4月、富士山での直滑降を成功させる。この時ブレーキとしてパラ
シュート使用した映像から、後にパラグライダーが開発されたという。

1970年5月にはエベレストのサウスコル8000m地点からの滑降(ギネスブ
ックに掲載)を成功させ、その映像が『The Man Who Skied Down Evere
st』(「エベレストを滑った男」)というタイトルでドキュメンタリー
映画化され、アカデミー賞記録映画部門で賞を獲得した。

最終的に、1985年に54歳で南アメリカ大陸最高峰アコンカグアからの滑
降を成功させたことにより、世界七大陸最高峰全峰からの滑降を成功さ
せた(頂上からの滑降ではない)。

しかしその後目標を失い、不摂生な生活を送った挙句、身長164 cmに対
し体重85 kg超、血圧は200近くまで上がり、不整脈まで出る不健康な状
態となってしまう。

しかし、99歳にしてなおモンブラン氷河の滑降という挑戦を続ける実父
や、オリンピックに出場した次男の豪太らを見て改心、65歳の時に、5年
後の70歳でエベレスト登頂を果たすという目標を立て、外出時には常に
両足に重りを付け20 kg近いリュックを常に背負うというトレーニングを
再開、当初は藻岩山登山ですら息切れするという体たらくだった体力を
回復させ、2003年5月22日、世界最高峰のエベレストに世界最高齢(ギネ
スブックに掲載)となる70歳7か月での登頂を果たす。同時に二男・豪太
との日本人初の親子同時登頂も達成した。

1971年スポーツ英雄大賞(スペイン)、1975年に米アカデミー賞(長編
記録映画部門)=「THE MAN WHO SKIED DOWN EVEREST」。

1992年4月からクラーク記念国際高等学校(北海道深川市納内)校長。
2006年6月からNPOグローバル・スポーツ・アライアンス理事長を務める。

1995年4月、友人である平成維新の会代表・大前研一が月刊誌『文藝春秋
』(3月号)上で発表した新・薩長連合結成宣言の知事連盟構想に呼応し
て、新人対決の1995年北海道知事選挙に出馬したが新進党推薦の前副知
事堀達也と自民党推薦伊東秀子の争いに埋没し得票率7パーセント弱で供
託金没収の大惨敗(大前は1995年東京都知事選挙に立候補)。同年7月の
第17回参議院議員通常選挙には、同じく平成維新の会公認候補(比例代
表制名簿2位)として出馬している(いずれも落選)。

2005年6月、全国森林レクリエーション協会会長に就任。

2006年9月、日本経済新聞に「私の履歴書」を連載する。

2008年5月26日、75歳(世界歴代2位)でエベレストに再登頂した。その
前日に76歳で登頂を果たしたとされるネパール人男性ミン・バハドゥー
ル・シェルチャンの記録については、年齢を実証する書類、また登頂成
功を証明する書類が存在しないことから認定されず、ギネスブックには
三浦が最高齢登頂者として認定された。これに対してシェルチャン側が
書類を揃え、再度、申請を行い、2009年11月23日にシェルチャンに認定
証が授与された。

2009年2月、札幌市内のスキー場でコース内に作成されたバンクから飛び
出し骨盤を骨折。手術後リハビリに励み回復した。

2010年、オーストリア・アルベルト・シュバイツァー協会よりアルベル
ト・シュバイツァー章受章

2012年10月、2013年春に80歳で3度目のエベレストに再登頂することを会
見で発表した。

2013年5月23日、3度目のエベレスト登頂に成功した。エベレスト登頂の
歴史で最高齢登頂者となる。下山中に体調を崩し、標高6500mのキャンプ
2から標高5300mのベースキャンプまではヘリコプターを使って下山した
。この登頂成功が三浦アワード創設のきっかけとなった。三浦の成功を
知ったシェルチャンは、81歳で登頂を試みるが途中で胸痛が出現し、5月
28日断念して下山した。

        フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

三浦雄一郎の本
自己啓発書のベストセラー

        ——————————

★☆「keiko通信 from NewYork」☆★

「傘を差さない人」

ニューヨーカーは少しの雨では傘を差さないで歩きます。

特に雪の日はフード付きジャケットを着るのです。
雪道は歩きづらく、凍りついて滑ることを考えれば、両手を自由に使え
るようにしておくのが良いからでしょう。

日本のように急な雨が降ったとき小走りで軒下に駆け込みたくてもビル
ディングばかりで雨宿りも難しいです。

長い傘を持って出かけ地下鉄乗り換え時に慌てた私は、傘だけ持って買。
い物をしたバッグを全て置き忘れてしまいました。

LOST and FOUND に行ってもニューヨークでは忘れ物など紛失物はまず
見つかりません。
                   Keiko

★ちょっと一言!

※皆さん、お元気ですか?

昔は旭川の気温も低く、寒い日に見られたダイアモンドダスト。
太陽の光できらきら輝く空気中の水分が凍った細かな氷ですが、晴れた
日の朝マイナス15度以下の時に見られる現象です。
温暖化の影響でしょうか、何年も見ていないような気がします。

ところで、前回の雪の溶け方に関する質問には誰からも返信がありませ
んでした。同じような気もするのですが・・・。

仕事の都合で忙しい日が続き、少し焦っています。暫く残業が続きそう
です。新しく開店した楽天ショップも規約に引っかかる部分があり、色
々と指摘を受けて修正に時間がかかりそうです^^;

源太は我が家の愛犬です。

★皆さんのメールが何よりの励ましです。
出来る限り、お返事は差し上げますのでお気軽にメールして下さい。
当メルマガで掲載させていただくこともありますが、匿名希望と書いて
いただければ実名を出すことはありません。

まずは自分自身を信じ、愛することから始めよう!

■今号はいかがでしたか?
面白かった、役に立ったと思った方は是非ワンクリックをお願いします!
⇒ http://clap.mag2.com/sloulaiphu

=================================

☆お勧めの「無料レポート」大公開☆

◆先人の知恵に学ぼう!驚くほど役に立つ「名言集」part1◆
※今まで、メルマガでご紹介したvol.創刊号1~vol.50までの「名言」
を素敵な「名言集」に仕上げてレポートにしました。
⇒ http://maxim.no1wizard.com/page-34

=================================

編集後記+++++++++++++++++++++++++++++

世の中には人間の一生をも左右してしまうような、心の底から魂を揺さぶら
れるような素晴らしい金言や格言が数多くあります。
あなたも辛い時や悲しい時、何気ない一言で勇気づけられた経験はないだろ
うか?

仕事をしながらメルマガを発行しようと決意したのは、そういう名言の数々
を一人でも多くの方々に紹介したいと思ったからです。
今までの仕事だけの人生に物足りなさを感じていたということもあります。

「生きることとは自分自身を表現することである!」と言ったのは誰だった
ろう?自分自身を表現することにより、ほんの少しでも周りの人たちを幸せ
にするお手伝いが出来れば望外の幸せです。

+++++++++++++++++++++++++++++++++

ここまでお読み頂きありがとうございます。
皆さまからのご意見・ご感想をお待ちしています。

豊かで、より良き人生を共に歩んで行くことが出来ますように!

=================================
※メルマガ解除はご自身でお願い致します※
★まぐまぐ ≫ http://www.mag2.com/m/0000147942.html
★melma ≫ http://www.melma.com/mag/95/m00131695/
★ミニまぐ ≫ http://mini.mag2.com/pc/m/M0038759.html
———————————————————
-先人の知恵に学ぼう!驚くほど役に立つ「名言集」-

■発行者 ≫ 宮口栄治
■連絡先 ≫ lupin2936★yahoo.co.jp (★→@)
■H.P ≫ 先人の知恵に学ぼう!驚くほど役に立つ「名言集」
■H.P ≫ 北海道の魅力
■H.P ≫ 旭川時事英語研究会
●ウェブログ ≫ Miyaguchi Diary
———————————————————

 - 三浦雄一郎, 日本人の名言 , ,

スポンサードリンク

スポンサードリンク

  関連記事